ペレ ミッドサマー。 「ミッドサマー」で起きたこと。あるいはダニーの笑顔について。|まつきりん|note

【ネタバレ】「ミッドサマー」あらすじ・感想・考察。内容を読み解く6つのポイントを解説!【地獄みたいな映画】

ペレ ミッドサマー

スポンサーリンク 映画「ミッドサマー」のあらすじ 明日公開の「ミッドサマー」ですが製作会社A24がミッドサマーが原因で別れたカップルに3ヶ月間無料のセラピーを提供する、別れたほうがいいカップルにおすすめ、などカップルで観たらヤバすぎる作品なのは間違いないですが 固い絆があるカップルは問題ないという監督の言葉を信じて観に行くのもアリ。 美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。 しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。 妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。 引用: 花が鮮やかに咲き、人々も優しい。 そんな楽園のところにやってきた主人公たち。 題名にもあるように ミッドサマーは白夜で夜でも明るいということ。 一見恐怖は想像できないようなこの地で、彼らを襲う運命とは!? という映画のあらすじです。 予告編を見る感じですと、ホラー映画!?となりがちですが決してホラー映画ではないそうです。 ジャンルもストーリーも今までにない新しい映画であることは間違いなさそうです! スポンサーリンク 映画「ミッドサマー」の内容をネタバレ 『ミッドサマー』 背景をよく見ると自殺した姉の顔があります。 ちゃんと管が口を塞ぐ姿で。 — 映画ランナー eigarunner ここからは『ミッドサマー』の内容を紹介していきます。 ダニーの悲劇 主人公のダニーは、姉からの「さようなら」という内容のメールを読んでから不安で落ち着きがありません。 ダニーは彼氏のクリスチャンに電話で相談しますが、いまいち相手にしてもらえませんでした。 それもそのはず、 クリスチャンはダニーと別れようと考えているのです。 しかし、ダニーの不安は的中し姉が家族を殺し、自殺してしまいます。 もちろんダニーはトラウマを抱え、気が動転してしまうのでした。 クリスチャンは、大学の友人3人 ペレ・マーク・ジョシュ と論文作成のためスウェーデンに行くことが決まっていました。 それを偶然に知ったダニーは、彼らと一緒にスウェーデンに行くことにしました。 途中でサイモンとコニーという婚約したカップルと合流し、目的地のスウェーデン奥地へ向かいます。 スウェーデンの奥地「ハルガ」 スウェーデンの奥地「ハルガ」に到着した一行。 そこでは白い衣装に身を包んだ男女が彼らを歓迎してくれました。 ここでは 90年に一度の夏至祭が行われるということで、クリスチャンたちはその模様を論文にするつもりなのです。 日が沈まないスウェーデンの奥地では、就寝時刻になっても明るく、不思議な感覚を感じながらダニーは床につくのでした。 90年に一度の祭典 恐怖の始まり 翌日、その祭典の初日。 ダニーらは伝統行事であるその祭典に参加し、村の人々のダンスを見たり会話を楽しんでいます。 宿舎にある壁には、村人の生涯が描かれた絵がありましたが、なぜか72歳までの絵しかありません。 ダニーはそれを不思議に感じていました。 祭典は食事の時間になり、その際に老婆と老人が何か奇妙なものを飲みます。 その後、彼らは崖に向かいなんの迷いもなく、崖から飛び降りたのです。 もちろん、彼らの体は見るも無残な状態に。 そのうちの一人は生きていましたが、村人の手で殺されてしまいました。 ダニーら一行はこの儀式に恐れおののき、どうにか帰りたいと考えるようになりました。 村人の話では、 「72歳になったらこれをしなければいけない 死ななければならない 」ということ。 つまりこれは儀式の一環だということでした。 いなくなる仲間たち しかし、恐怖は始まりに過ぎなかったのです。 その儀式を見て、コニーは婚約者のサイモンとこの村を離れようとしますがサイモンが見つかりません。 コニーは一人で村を後にすることにしました。 マークは美しい村人に呼び出され、ついていきます。 ジョシュは論文作成に精を出し、夜中に村の秘密の本を調べている最中に マークのデスマスクを被った何者かに襲われ殺されてしまうのでした。 それを知らないクリスチャンは、翌朝、村人のところへ抗議をしにいきます。 しかし村人は、村の女性マヤがクリスチャンにぴったりだということで、マヤの話をずっとしていました。 その頃、ダニーは謎の飲み物を飲まされているのでした。 というようなストーリーになっています。 まだラストではありませんが、オカルトチックな話ですよね。 カルト集団の儀式のようなものでしょうか? 72歳で死ななければならないという恐怖や仲間が次々に消えて行く怖さには ゾッとしますよね。 スポンサーリンク 映画「ミッドサマー」の結末最後 ラストシーン はどうなる? 『ミッドサマー』の気鋭監督アリ・アスターにインタビュー、スリラーの常識を覆したい 「恋人と別れた時の自分の苦しみを投影して作った。 小屋には裸の女性が数人とマヤがおり、クリスチャンは彼女らが見守る中マヤとセックスをします。 それを見たダニーは嘔吐してしまいます。 クリスチャンはセックスの後、村を全裸で疾走。 その中で、サイモン、ジョシュの死体を発見、その後突然倒れてしまいました。 その頃、村の祭典は最高潮に達していました。 この祭典では生贄を9人選ばなくてはならず、 村から4人 72歳の儀式で死んだ2人と生贄希望者2人 、 部外者の4人 殺されたサイモン・コニー・マーク・ジョシュ 、そして後一人をダニーに選ばせることにしました。 消えていた仲間たちは村人によって全員殺されていたのです。 村人はダニーに、クリスチャンか村人の中の一人かどちらかを選ばせます。 つまり、彼氏かなんでもない他人かをダニーに選ばせたのです。 ダニーはなんとクリスチャンを選びます。 選ばれたクリスチャンは内臓を取られ、生贄の一人として殺されてしまうのでした。 それを見ていたダニーは微笑み、物語はエンディングを迎えます。 なんということでしょう! ダニーは、彼氏のクリスチャンを自ら選び殺したのです。 この映画の恐怖は、オカルティックな集団狂気とダニーのこの選択にあるのではないでしょうか? ホラーではないとしても、やや過激な描写はあるので「観たい」と思っている方はちょっと用心したほうがいいのかもしれません。 スポンサーリンク ミッドサマーあらすじネタバレ!結末ラストで彼氏を火あぶりの刑?まとめ スウェーデンの人里離れた共同体で、九十年に一度、九日間続く祝祭を描いた映画『ミッドサマー』。 オカルティックな内容と衝撃の結末ラストが見所です! また、ダニーのトラウマなどの心理的変化にも注目して観て行きたい作品になっております。 また、日本でもかなり注目されている作品ですのでこれから話題になりそうです! 『ミッドサマー』は2020年2月21日 金 から上映が始まっていますので、ぜひこの機会に劇場へ足を運んで観てはいかがでしょうか?.

次の

『ミッドサマー』ネタバレ考察/ペレに関する3つの疑問

ペレ ミッドサマー

ここから「ミッドサマー」のネタバレ内容を含みますので、ご注意ください。 破局寸前のカップル、 ダニーとクリスチャン。 ダニーは 不慮の事故で家族を一度に全員亡くし、精神的に不安定に。 そんなダニーのそばに誰かがいてあげる必要がある、と、クリスチャンは別れを思いとどまる。 そして、ダニーを元気づけようと誘ったパーティで、クリスチャンは男友達だけで計画していた スウェーデン旅行にダニーもつれていくことに。 スウェーデンからの留学生・ペレの故郷で 90年に1度だけ開催される、9日間の夏至祭り。 夏至祭に学問的関心もあり、ダニーはクリスチャンの友人達と参加することを決める。 太陽が沈まない白夜の村で、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のような光景。 しかし、その祭りはただの夏至祭ではなく、 常軌を逸した凄惨なカルト的儀式だった。 白夜のまぶしいくらいに明るい日のもとで行われる、 老人の投身自殺、薬物入りの飲み物、明るく穏やかな村人による目を覆うような殺戮。 そして、 ダニーも徐々に村の狂気に飲み込まれていく。 ここから「ミッドサマー」のネタバレ内容を含みますので、ご注意ください。 スウェーデンの秘境 「ホルガ」に到着した翌日。 このホルガ出身のペレが 「アッテストゥパン」と呼ぶ儀式が行われる。 この儀式は、ホルガでの生命のサイクルを終えた老人が次の世代に命を引き継ぐため、 自ら崖から飛び降りて命を絶つというもの。 アメリカから来たダニー達と、ロンドンから来たサイモンとコニーはこの 儀式を目の当たりにし酷く動揺する。 しかし、このホルガを 大学での論文のテーマに選んでいたジョシュ、そしてジョシュのテーマを知りながら 自分も同じテーマで論文を書くと言い始めたクリスチャンは、夏至祭の間滞在を続けることに。 ダニーやクリスチャン以上に儀式に動揺していたコニー達はすぐにでも村を出ようとするが、村人が駅まで送って行ったという サイモン、そしてコニーも、姿を消してしまう。 村人達は何事もなかったかのように穏やかに暮らしているが、村人達が大切にしている 先祖の木にマークが立ち小便をしてしまったことに、激しい怒りを見せる。 その日の夕食中に マークはホルガの女の子に声をかけられてそのまま姿を消す。 その時、 マークの生皮を被った何者かがジョシュのもとに現れ、 ジョシュも姿を消してしまう。 その翌日、ダニーは村の女性達による ダンス競技に参加する。 ダンス競技で勝ち残った者は彼らの 女王(メイクイーン)となり、喜ぶ村人に受け入れられ、暖かい笑顔と笑い声に包まれながら食事をする。 ダニーの視界には、笑顔でいっぱいのホルガの人々の中に、ぽつんと、居心地悪そうにそわそわ、もじもじしているクリスチャンが映っている。 メイクイーンとして豊穣を祈る儀式をダニーが行っている間、クリスチャンは ホルガの少女・マヤのもとに連れていかれる。 クリスチャンにずっと恋のおなじないをかけつづけていたマヤ。 村の老人の手により 精力のための薬を嗅がされたクリスチャンは、裸の村人に囲まれ花の上に寝そべり全裸で待ち構えていた マヤに抗えず、抱いてしまう。 そして、頂点まで駆け上がってふと顔を上げると、事態の異様さ、己のしてしまったことに気が付き裸のまま建物を飛び出し走り出す。 その先で、植物といっしょに花壇から生えているジョシュの足や、生きたまま背中を開いて肺を引き出されて吊るされているサイモンを発見する。 唖然としているところに村の老人から強い薬を吹き付けられ、 クリスチャンは昏倒してしまう。 一方、豊穣を祈る儀式を終え、 クリスチャンがマヤを抱いているところを目撃してしまったダニー。 ショックを受けて泣き崩れると、村の女性達が彼女を取り囲み、 彼女と同じように声を上げてわんわん泣き叫ぶ。 夏至祭のクライマックスは、 神へ生贄を捧げる儀式。 クリスチャンという外部の血を、マヤの腹で村に取り入れたことへのお返しに、 9人の生贄を捧げるというもの。 外国から来た、マーク、ジョシュ、サイモン、コニーの4人。 ホルガからは、崖から飛び降りた老人2人、自ら生贄に志願した2人。 あと一人の候補は、福引のガラポンのような機械で選ばれたホルガの男か、クリスチャン。 このどちらを生贄にするか、メイクイーンであるダニーが選んでいいと言う。 そして儀式が始まり、熊の生皮に縫い込まれたクリスチャンは、 他の生贄と共に神殿に入れられ、火を放たれる。 燃え上がる神殿を前に、あたりに響く生贄の絶叫を聞いてまるで 同じ苦痛を味わっているかのように泣き叫ぶホルガの人々。 燃え上がっていくクリスチャンを見て涙を流していたダニーは、すべての痛みも喜びも共有するホルガの人々と、恋人だったクリスチャンを見比べ、 満足げに笑みを浮かべる。 以上が、映画【ミッドサマー】の結末となります。 映画【ミッドサマー】の口コミ・レビュー 『ミッドサマー』観てきました!! これは思考や考察が好きな方は最高の映画だと思う!! 私は怖いより芸術的だなと思いましたが…ゴア描写や色々あるので、苦手じゃない方だけ観て下さい!! アリ・アスターの内面的な怒りや孤独、悲しみや喜びなどの表現や、衣装や世界観が他には味わえない映画です — ろびー NekoTamaniRobin 『ミッドサマー』について1 観てる途中は「止めてくれ!」感じます。 しかし、話が進むにつれ心が安らぐ、観るトランキライザーです。 また友人が「鑑賞後、知り合いのカップルが2組ほど別れた」と言っていたので色々と試される映画です。 我こそは!と思う人は是非チャレンジを。 ホラー映画といえば薄暗い画面が中心、という イメージをぶち壊し、煌々と明るいのにとんでもなく怖い、という、 他に無い世界観を作り上げています。 また、白を基調とした服に色とりどりの生花がたっぷりの印象的な衣装や、血の赤が見事に映える色彩センスも必見です。 監督自身の失恋経験をもとに撮ったという話もあり、 鑑賞後別れたカップルもいるそうなので、 バレンタイン後にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?.

次の

ミッドサマーのあらすじ・ネタバレ!ヘレディタリーで有名になったアリ・アスター監督の最新作

ペレ ミッドサマー

アッテストゥパン=飛び降りの儀式 アッテストゥパンとは、スウェーデン語で「崖」を意味する言葉です。 《ミッドサマー》では、 ホルガにおける輪廻転生(=飛び降り)の儀式として描かれていましたね。 北欧神話では、「自分で自分の世話をできなくなった老人が崖から飛び降りる」という話があります。 また、スウェーデンには「無理に介護するくらいなら、食事も水も与えず自然な形で看取る」という風土もあるそう。 しかし、それゆえに、寝たきりの高齢者は非常に少なく、亡くなるまで自立している方ばかりのようです。 《ミッドサマー》製作のため、北欧文化を大量に研究したアスター監督は、この儀式や風土をホルガの風習として取り入れています。 ダニーからすれば、クリスチャンは自分を裏切った最低最悪の男。 しかし、ホルガの人々からすれば、村の存続に欠かせない人間だった。 そう考えると、 わざわざ熊の毛皮を被せたのは、死者を敬う「供え物」だったのかもしれませんね。 クリスチャンとマヤの子どもはどうなる…? クリスチャンとマヤの間に生まれた子どもって、 ダニーからすれば超・邪悪な存在ですよね。 そうなると、後日譚も不穏です(笑)。 イチイに痛み止めの効果なんてなかった! 個人的にものすごく好きな描写が、イチイの痛み止めの効果を信じたホルガの人が、身を焼かれ、あまりの痛みに悲鳴を上げるシーン。 土着信仰の強い村ですし、クリスチャンにだけイチイを飲ませなかったところを見るに、 ダニー一家を殺したのはホルガの人々?• 妹は以前から自殺をほのめかしていたが、自殺直前のチャットに、ダニーは違和感を感じていた。 つまり、別人が送信した可能性がある。 ダニーがホルガに来ると知り、男連中の中でペレだけが喜んでいた。 ダニーをメイ・クイーンにできるから。 ホルガ出身のペレは、クリスチャンをダニーから引き離そうとしていた。 ダニーをホルガに溶け込ませる策略。 こんなところですかね。 他にもあるかも…。 結局、ペレのやろうは、友達よりもホルガ優先だったんです。 クリスチャンや他の友達のように、彼もまた、 優しく見えて、実は利己的な男でした。 ペレにとって「ホルガは家族」ですから、優先順位(?)としては、まぁ間違ってはないんですけど。 「真昼間のサイコ・サスペンス」という真新しさ• 時間感覚の矛盾からくる、違和感や不安感 などを観客にお届けできるため、 ホラー描写的にもグット・アイディア。 この映画を観た人が夢の中にいるような感覚に陥ってくれたらうれしいよ。 《ミッドサマー》映画パンフレットより と、監督が語る通りです。 観客を、ダニーと同じサイケデリックにさせられる上に、• 「暗くないのに怖い」という矛盾• 真昼間のホルガの美しさ この2点を両立するために、白夜は効果的に使われています。 《ミッドサマー》は恋人との別れから生まれた 《ミッドサマー》は、アスター監督自身が恋人と別れた体験から生まれた作品です。 当時、恋人と別れたばかりで、それを描写する手段を探していたんだ。 《ミッドサマー》映画パンフレットより そしてダニーは、アスター監督の経験を体現するキャラクターだそうです。 どれだけつらい失恋だったんだろう…。 そして、そのトラウマを作品に昇華させて克服するという 「作家性を全面に押し出す」ような作風が、アリ・アスターの監督術です。 《ミッドサマー》はハッピーエンド? 《ミッドサマー》は、自力では断ち切れない人間関係のしがらみを、偶然まとめて断捨離できちゃうという、 実はハッピーエンドな映画なのです。 「これは『ヘレディタリー 継承』と同じで、僕自身のトラウマを癒すためのおとぎ話なんだ。 」アスターは言う。 「だからハッピーエンドなんだよ」 《ミッドサマー》映画パンフレットより 前作《ヘレディタリー》も、アスター監督の家族の不幸というトラウマを、映画の中で家族をメチャクチャに崩壊させることで解消している、ある意味ハッピーな映画です。 どちらも「家族」と「不幸」という点が共通しているあたり、 アスター監督のトラウマの深さが伺えますね…。 観客全員、アリ・アスターの手のひらの上 《ヘレディタリー》と《ミッドサマー》の作りで分かる通り、 アリ・アスター監督は「伏線」が大好きなお方ですよね。 それも「綿密な」伏線です。 アスター監督いわく、やっぱり「 伏線を張るのが大好き」なんだとか。 避けられない運命や変えられない結末に向かっていく場合、またジャンルでストーリーの行方がすでに定まっている場合、今回の映画みたいに預言的かつ補足的な要素を散りばめることに僕は喜びを見いだしている。 《ミッドサマー》映画パンフレットより 《ヘレディタリー》も《ミッドサマー》も、観客は結末をほぼ予想でき、その結末を期待できる作りになっています。 だからこそ、途中に張る伏線を綿密に計算して、観客に予言的なヒントを与えて期待感を煽った上で、期待通り(というか、期待以上)の結末で幕を閉じさせるのです。 「予想通りなのに予測不能」という矛盾が、アリ・アスター監督作品の面白さですね。 《ミッドサマー》考察の終わりに。 《ミッドサマー》は、ダニーが経験する失恋や喪失感の大きさを、ダニーが感じた規模で表現している作品です。 この映画は「アスター監督の失恋から生まれた」と紹介しましたが、もう少し深堀りすると、「 アスター監督の<失恋直後の生々しい体験>から生まれた作品」です。 友達は、「まぁ、よくあることだから立ち直れよ!」というかもしれない。 でも別れた本人にとっては世界が終わる、自分が死んでしまう、終末が来てしまったかのような気持ちだと思うんだよ! 《ミッドサマー》映画パンフレットより と語るのは、アスター監督本人。 監督はきっと、この「世界が終わるほどの失恋」を経験したのでしょう。 派手に失恋、ないし失敗した直後って、 復讐したい とか、 不幸な目に遭わせたい とか、はたまた、 自分の記憶を消したい って思ったりしますよね。 その願望が、偶然にも、全部叶っちゃう映画が《ミッドサマー》なのです。 この映画は、 ダニーのような喪失を体験したり、居場所がなくて孤独を感じていたり、心に闇を抱えていたりする人ほど、不思議な解放感に包まれるんじゃないでしょうか。 映画《ジョーカー》を観て、自分のことのようにつらくなり、また、すべてから解放されたアーサーへの憧れに近いものを感じました。 ダニーは最後、自分が抱えていたしがらみをすべてを燃やして、満面の笑みを浮かべます。 ダニーのように孤独を感じている人ほど、《ミッドサマー》は癒される映画だったと思います。 この矛盾もまた、自分がアリ・アスターを大好きな理由の1つなのかもしれません。 こんにちは。 映画を見て違和感を感じたのは『祝祭は90年に一度』という説明です。 大量にあるメイクイーンの写真 モノクロからカラー写真まで 石碑の数、そしてペレの両親の焼死。 約100年に一個で50個近くあるのなら祝祭は5000年も続けられてたことになります。 ペレは大学の留学生です。 両親は生きていれば5. 60歳。 ペレは20代半ばといったところでしょうか。 ペレが何歳の時に両親が死んだかは明言されていませんでしたが、熊と一緒に焼かれたのはここ20年程度の近々の話ということになります。 また、崖の上の石碑には割と生々しい血の跡があります。 10年程度でも風化してしまうはずなのにです。 さらに、宿舎には赤ちゃんの泣き声が昼夜問わず響いています。 儀式によって外の血を入れるのにはずなのに、若い命が誕生してるのは1年程度前にも祝祭が行われたということではないでしょうか? 外の血を入れるのは祝祭でなくてもやるのかもしれません。 でなければ90年に一度しか外の血を入れられなくなってしまいますし。 メイクイーンは通常の夏至祭でも選ばれるのかもしれません。 謎は深まるばかりです・・・。 カトコドさん 素敵なコメントをいただき、ありがとうございます。 しばらく更新が滞り、かなり遅くの返信となってしまいました。 申し訳ございませんでした。 ディレクターズカット版、私は劇場で見ることができませんでした…。 通常版でも150分あるのに、まったく飽きさせず、余韻もず~~っと感じていたほどですから、180分ともなると、もう、想像を絶するほどの至福の時間になりそうです…。 アスター監督が見せたかった(でもグロい、などで見せられなかった)シーンが詰め込まれているはずですから、私もいつか必ず見ます。 このシーンはうろ覚えで恐縮なのですが、マーク(オシッコをした学生)から剥いだ表皮を身につけたホルガの人間、だったと記憶しています。 何回も見て咀嚼できる作品ですので、いろんなシーンの疑問が解けるまで、この先も何回も鑑賞したいと思います。 infinityさん コメントありがとうございます。 う~~~ん。 納得する部分がたくさんあります!すごく深い考察ですね。 今回は90年に一度 とされている の一大イベントに参加した時の出来事ですが、それ以外の時期にメイクイーンの選定や外の人との交配がないとは言われていませんからね…。 90年に一度という説明自体が嘘かもしれませんし、小規模な行事として1年に一度ないし定期的に行われているのかもしれませんね。 だとすると、あえて「90年に一度」と煽りを付けなくてもいい気もしますし、これは何のことを指していたんでしょうかね…? 論文を書きたいクリスチャンたちの気を引き、生贄に捧げるためのウソ……? 昼夜問わず赤ちゃんの鳴き声がしていたことについては、最近にも交配が行われていた説と、ホルガの人々が外から誘拐してきた説も考えられますね。 ダニーの両親を殺したのがホルガの人たちだと仮定すると、物心付く前の他人の赤ちゃんを誘拐してホルガで育てることも平気で行ってそうです。 どちらにしろ怖い話です…。 infinityさんのコメントで、また映画を観たくなりました!! 他のブログなどでいろんな方が素晴らしい考察をされていて、この記事が全然未熟に見えたりもしますが、こちらもお読みいただき、またコメントもしてくださり本当にありがとうございます。

次の