スカーフ エースバーン。 エースバーン育成論 : 【スカーフを殺るスカーフ】エースバーン【inサイクル】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン対策メモ

スカーフ エースバーン

はいどうもタカナです 今回は準速スカーフ型エースバーンの育成論です。 何故スカーフにするのか? 上から高火力を押し付けるというエースバーンの強みを最大限に生かすため 元より高いすばやさ種族値と攻撃種族値、豊富な技範囲で上から制圧し、 甘えた受け出しを許さないというのがエースバーンの強みですが。 逆に自分より素早い相手に対してはとても弱いというのが、エースバーンというポケモンだと思っております。 相手のスカーフに怯えて自由に動けないのならば、豊富な技の打ち分けを犠牲にしても尚、 上から殴るという1点に特化した方が活躍できるのでないかという事でスカーフを持たせます。 現環境のスカーフを巻くことが多いポケモンに対して強く出られるのでかなり動きやすく ダイマックス後の制圧力も高いのでおススメです。 ようき最速だったら努力値はAS252BorD4とかでいいと思います。 特性もうか 夢特性リベロが来るまではほぼ死に特性かと思いきや 意外と耐久があるのでダイマックスなどを絡めたりすると発動する時がある 努力値調整 努力値 H44 A252 S212 Hは余りをぶっぱで実数値は161のはず 16n+1の綺麗な数字になりましたが、 特にHPに振ることでの耐久調整とかはないので以下省略 Aは調整する必要がないので252全振りです。 S212は最速スカーフサザンドラ(実数値247)抜き調整です。 実数値は248。 4~105. 5%乱数1発)』以外ではエースバーンを倒せないのでスカーフならば後続への基点にしてしまえばいいので無視 リザに打点がなく、そもそも倒す役割でもないので無視。 と言うことで素早さは全振りしなくても大丈夫という事ですね。 技候補 かえんボール ほのお威力 120 命中 90 優秀な専用技メインウエポン1。 命中不安が怖い ミミッキュはH無振りの場合(96~112%)乱数1発(75%) HB特化アーマーガアは確定2発65~80%くらい とびひざげり かくとう威力 130 命中 90 メインウエポンその2 命中不安が怖い 役割対象のサザンドラに撃ちたいが裏にギルガルドがいると怖い ダイナックルにすると威力95になるので注意 HBバンギラスは確定1発 HBカビゴンは確定2発(53~62. 9%) とんぼがえり むし威力 70 命中 100 スカーフを巻いているのでほぼ安全に返ることができる。 不利対面はすぐに引こう 後ドリュウズ対面は不利なので突っ張らずとんぼしよう 自由枠技候補 残りの1つは自分のPTとご相談何を重く見ているかなどで変えていって良い。 基本的にエースバーンは「かえんボール」「とびひざげり」を通すというポケモンなので はっきりいうと何でも良い。 夢特性が来れば見方も変わってくる。

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策

スカーフ エースバーン

剣盾ランクマッチシーズン7にて突然解禁された特性リベロのエースバーンの対策を考察してみました。 今回紹介するのはスカーフヌメルゴン。 リベロエースバーンとは 特性リベロにより攻撃するときにタイプを変えすべての技をタイプ一致で攻撃できて、攻撃力と素早さが高く、耐久も低くはない。 現剣盾ランクマッチの環境では最強の能力を持っていると考えられる。 XYのガルーラも相当強かったが、他にもメガシンカできるポケモンがいたり、準伝説等高種族値のポケモンが多くいたりした為ガルーラ一強とまでは思えなかったが、今の剣盾環境で考えるとドラパルトがいるとはいえエースバーン一強だと思える。 冠の雪原で解禁される強すぎるポケモンが1体だけ迷い込んだのかな。 シーズン7はこの強すぎるエースバーンをどのように使うかがポイントになりそう。 一般的なエースバーン対策 エースバーンがどれだけ強くてもすべてのポケモンが勝てないということは無い。 エースバーン自体みずやこおり技などを覚えないなどすべてのタイプに変わることができないことや特攻は低めなので弱点でなければ物理耐久の高いポケモンで受けられるなど対策の取りようはありそう。 こう考えるとフェアリータイプ以外にタイプを変えられたゲッコウガが強く感じる。 エースバーン対策の一般的なポケモン インテレオン:素早さで勝っていてタイプ相性有利。 ドヒドイデ:高い耐久で受けきれ特性によりサイクルで有利。 しねんのずつきに注意 ウィンディ:特性いかく攻撃力を下げ、ほとんどの場合弱点攻撃されない。 ヌオー:特性により積み技無効。 弱点攻撃されない。 ギャラドス:特性いかく攻撃力を下げられる。 エレキボールに注意。 ミロカロス:高耐久とタイプ有利で戦えそう。 バンバドロ:特性で耐久を上げることができる。 弱点攻撃されない。 ドータクン:たいねつならダイアーク以外弱点攻撃されない。 スピードスワップで素早さ逆転できる。 ちょうはつに注意。 サダイジャ:てっぺきボディプレス型で行けそう。 へびにらみ覚えたり、特性でダイバーンの晴れを防いだりできる。 少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった。 シーズン7は強すぎるエースバーンとエースバーン対策で出てきたポケモン全員を相手にできるウォッシュロトムのウォッシュバーン構築が環境トップになりそう。 真面目にエースバーン対策考察してみた エースバーンとウォッシュロトムの構築が強いといっても使用するプレイヤーが多くなれば結局プレイングが強い人が有利になる。 そこでエースバーン対策でウォッシュロトム対策を考察することにした。 スカーフヌメルゴンがウォッシュバーンに強そうかな。 基本性能 ダイマックスしてダイアジットで特攻を上げながら攻撃してダイマックスが解除されたタイミングでこだわりスカーフにより無双する構成。 こだわりスカーフを持たせることで本来不利になるドラパルトに一方的に勝てる可能性がある。 対エースバーン性能 スカーフでエースバーンよりも早く行動できて、ハイドロポンプで弱点攻撃ができる。 但し補正無ハイドロポンプだと耐久無振りのエースバーンが乱数50パーセントなので奇襲が成功しても40パーセントなので注意が必要。 600族だけど思ったより特攻低くないか。 耐久は無振りでもエースバーンの補正無とびひざげりまで確定耐えできるので最低限の耐久はある。 600族だけど思ったより耐久低くないか。 対ウォッシュロトム性能については特殊耐久の高さと耐性によりウィッシュロトムから有効打が無く、数回受けだせるくらいの有利対面と言える。 使用感 未使用で机上論なので強そうに見えるが強さは未知数なのでご了承ください。 まとめ シーズン7は最終日良くて最終日深夜数時間対戦できるくらいなのでよほどのことが無い限り今期は上位を目指せないがエースバーン一強なのはシーズン7だけなので対策だけは考察したかったので本記事を作成しました。 鎧の孤島が公開されればマリルリや原種ヤドランなどエースバーンに強いポケモンも増えるためさすがにエースバーン一強は無いと思われる。 あれマリルリやヤドランもウォッシュロトムに弱いような。 ボーマンダくらい解禁されなければ冠の雪原までウォッシュバーン環境になりそうかな。 tenku64.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【主人公ポケモン!ヌルアント対策】

スカーフ エースバーン

ギャラドスとバンギラスが嫌いすぎてこんな型になった。 エレキボールは普通に使うとゴミゴミ&ゴミみたいな火力しか出ないけど、 ダイマックスしてダイサンダーにすると威力130の電気技になるので、ギャラドスを狩れるのだ。 そして帯とびひざげりでH252-B28までのバンギラスを確定一発。 エレキボール使わないならむじゃきである必要が無いのでようきASぶっぱでいいと思う。 候補はとんぼがえり、しねんのずつき、アイアンヘッド、ダストシュート、ふいうち、いかりのまえば、ちょうはつ、みがわりと多すぎじゃアホかお前。 リベロ解禁されたら絶対ヤバイ。 とんぼがえりは安定択、しねんのずつきはドヒドとかブシンとか見たいなら。 アイヘはフェアリー、っていうかミミッキュに強く出れる。 ダストシュートはエルフーンとオーロンゲピンポイント気味。 ふいうちは一般的なドラパルトに刺さる。 でんじはやみがわりから入ってくる変態型はNG。 いかりのまえばは受けに出てきた奴に一矢報いたいなら。 この速さでちょうはつするのはざわざわして鼻と顎が尖ってくるけどしねんのずつきと合わせてドヒド完封出来るかもしれない。

次の