た あ のんちゃん ネル。 ちゃんネルDays

辻ちゃんネル

た あ のんちゃん ネル

2020. 今回は、2月の終わりくらいから5月の始めくらいまでの期間分を並べてみました。 娯楽も仕事も、世の中がじわじわと自粛や在宅に向かった時期と重なっていますね。 5月に近づくにつれ、食べもの描写が多めになっていくのが興味深いです。 スーパーで買ったおやつのパッケージまで貼りつけています。 (食事くらいしか、1日を象徴する変化がないんだと思う...。 そして春以降はベランダ園芸に力を入れ始めました。 ) 私は元々超インドア派なので、生活はそんなに変わらないだろうと予想していましたけれど。 実際のところは、いろんなことが非日常過ぎて不便も不安も多め。 (な日もあれば、うわー引きこもり楽しい.. と、文具いじりやデジタル作業に興じる日も有り。 ) 後々になって「こんな特殊な期間もあったよなあ」と遠い目をして振り返ることが出来れば良いんですけれど、どうなんでしょうね。 というわけで例によって Instagramのほうには出来次第ペース(最近やや遅れ気味)で、もうちょっと解像度高め かつ 使用筆記具などいろんなタグをつけてアップしています。 ここでは備忘録的な小さめ画像ですみません。 今までの、同じテーマのページは下記にまとめてあります。 滲みや裏抜けの心配が無く、すべすべ過ぎない(適度な繊維感のある)書き心地。 この紙はとてもおすすめです。 数字フォントもちっちゃくシンプルで可愛いです。 絵日記用として占有することになるので、実はもう1セット全く同じリフィルを購入しました。 こちらは普通に手帳っぽく、メモ用。 バイブルの見開きを8分割している、小さなカードのようなサイズ感がけっこう好きで。 買った時点で今年も何ヶ月か過ぎていましたから、印刷してある日付とは関係なくいろんなことを書き付けています。 (文具はまだ買いに行けそうもないので、植物育成のメモ多め) [] 2020. 10 革のミニデスクマットを使い始めました。 (万年筆用におすすめ) デスクマットは、そんなに大きくないものですがここ数年愛用しています。 上記の、ヒャクパーセントのものにはマウスパッドサイズも有り、(クオリティの良さは把握済みのため)それにしようかとも思ったのですが... お揃い過ぎるのもちょっとつまらない。 出来れば全く違うテイストで使い分けたりもしたい... というところにふと画面に流れてきた、フォロワーさんのフォロワーさんがミニデスクマットを制作中であるという話。 さんのミニデスクマットです。 ( NezMozzさん) SOLD-OUT表示は、初回発売の結果です。 現在どんどん制作中とのことで、間もなく購入できるようになると思われます。 デスクトップ画面からも買えますが、スマホやタブレットからはbaseのアプリを入れてお気に入りを付けておくなどの準備もおすすめ。 それぞれの革ごとに、既に筆記使用を行った裏花火( urahanabi)さんの丁寧な手書きレビューが各製品の画像群に入っていますので、熟読しておくことをおすすめします。 私が購入したのは、「クロム厚革」のワインレッド色のものです。 これは最も柔らかめの革で、ふわふわな筆記感が特徴。 正直なところ「このワイン色、最高に好きだわ」という見た目の衝動で選んだようなものなのですが... ソフトタイプであるということは、既に使っているヒャクパーセントのものがだいぶ硬めな筆記感なことと対極。 楽しく使い分けられるだろうなあという期待もかなりありました。 (革のデスクマット、どんなもんだか使ってみたいという「1枚目」に選ぶなら... 私はどちらかといえば硬めの革のものをおすすめします。 いくらでも書けてしまいそうにペン先が進む感じを是非。 ) このワインレッド、たまたま上に置いて気づきましたが、パイロットの万年筆のダークレッド軸にかなり近い色味です。 表面には美しい光沢が入っていますが、表情豊かな皺模様が薄く入っていてサラッとした手触り。 指でそっと押してみると、僅かながらもふわりとスポンジが入ってそうな柔らかみがあります。 さすが、ダレスバッグの専門工房の技術だよなと思わせる、かっちりとしたコバ塗りが施され、新しい革製品特有の甘香ばしい匂いも素敵。 !」 つまり、フワッホワです! ペン先がスっと沈むのがわかるくらいの柔らかさがあるのですが、私の筆圧の場合、埋もれるというほどのイヤな引っ張られ感は無いです。 ガチッと硬めの書き味かつ渋めフローで手こずっていたペン先を使ってみると、驚くほど(疑似的に)筆圧を吸ってフワっとしなるような手応えに変貌し、紙の中にインクが入っていく... そこにまず感動しました。 こういう「柔らか系」は中字以上向けな先入観もありますが、私はあえて、とんがったEFやFで書いてみるのが楽しくて。 書き心地はもっと複雑ではありますが高級版の「ソフト下敷き」みたい... ペン先が細いほど、そして筆圧強いほど顕著であると思われますが、紙の裏がボールペンで書いたかのようにちょっと出っ張ります。 本当にボールペンで書いたら穴を開ける人もいるかも? というくらい筆圧を選ぶ革かも あと、速書きは出来ないのでスイスイという感じでは進みません。 (ゆっくり、考えながら書くときのスピードになるのかも。 ) 上に挙げた件、このデスクマットの欠点のようにも思われますし、好みが分かれるところだとは思います。 しかし、現在のところ、万年筆をはじめとするあらゆる筆記具(私はシャーペンにも感動した... )の書き心地がマイルドにふんわりするので。 本体サイズは、私のは17. 5センチぐらい。 大きさの割に驚くほど軽くて、荷物の隙間に差し入れて外出書きのお供におすすめな感じです。 そして裏側にはスエードのような布がはってあり、スチール机上でピタリとくっついて動きません。 私はこのデスクマットを、贅沢ながらマウスパッドとしても堪能しています。 仕事ではMagicMouseを使うのですが、革の微少な皺模様のおかげできっちりとカーソルの動きを捉えてくれ、今まで使った中で最もストレスが無いかもしれないです。 (マウスパッドにしては)やや縦長に大きめなところも、作業中にはみ出す心配が無くなって有り難い。 仕事以外では腱鞘炎防止のためにトラックボール(ロジクールのMX ERGO... これもそのうち感想書かなくちゃ... )がメインなのですが、これの置き台としても素晴らしいのは、機器裏側が吸い付いたように固定されて動かないから。 今まで100均で買った食器棚用滑り止めを小さく切ったものを置いてましたが、ついに不要に。 そしてそして! 下のポケット部分がちょうど手首に当たり、ほんの少しふんわり度とあたたかみが増すところが幸せ。 スチール机の最大の欠点「冬は冷たい」からも救われたのです。 (今までは、マウス用リストレストなるものを使わねばならず、それは位置的にしょっちゅう床に落ちるのでした。 ) というわけで、 まだ使い込んでない状況ですが、ペンで書くときも書かないとき(=マウス使ってるとき)も欠かせないアイテムになりつつあります。 この使用度なら、何らかのお手入れもほぼ要らないかなと思いますし。 万年筆好きの人たちの間にはやく行き渡って欲しいなあ。 私も、硬さ違いで使ってみたいという気持ちも大いにある(革色でいうとパープルなど気になる!)ので、次の発売を楽しみにしましょう。 冒頭でも言及しましたが、私がメイン置き(?)してるのはこちらのデスクマット。 現在7年目。 立派なLサイズもありますよ。 1枚革仕様ですが、反りなどのストレスは全く無いです。 サクサクと気持ち良く書ける硬めタイプなので、たまにですがボールペンも使ってます。 (書き跡が凹むのであまり推奨はしたくないかな。 ここに埃が溜まったりするんですよ... [] 2020. 24 ブレイリオのシステム手帳が増えました(チョコ色のコードバン) 今となっては、銀座の買いものや、街の活気ある大混雑は.... 遙か遠い昔のようにも思えます。 『買いものレビュー』もどんなテンションでやっていいのかわからないゆえに、ブログの更新も捗ってないのが正直なところ。 これは「ザワザワした、人が密集して楽しげな文具店(伊東屋)の感じ」を懐かしく思い出しながらお読みください。 昨年12月に、伊東屋でシステム手帳のバインダーを買いました。 11月中に行われた「システム手帳サロン」というイベントに行きそびれてしまって残念に思っていたのですが。 その跡地ではまだ売場や他の催しが小規模継続されていると聞いて、早速10階へ行ってみました。 これの現物を見てから決めたいな!というぼんやりした目当てのバインダーはありました。 しかし実物は予想に反して、うぅむとうなる感じ。 欲しかったのと似たような、厚めボリュームの各社サンプルを手に取って吟味していったところ、ブレイリオのコードバン(19ミリリング)の革手触りがもう飛び抜けて好みで。 と撫で回していたら、後ろから近づいてきたブレイリオの方に話しかけられました。 なんということか、その日はブレイリオの販売イベントの初日でありました。 決めたのは下記リンク先のもの。 細身向き。 )のしっかりした作りのものです。 詳しいサイズなどは下記でご確認ください。 試しましたが、フランクリン・プランナーのリフィルには不向きです。 タブ無しリフィルでもはみ出します。 赤や緑などの派手色な染めのコードバンもあったんですよね。 懐かしい。 しかし結局、価格とのバランス含めて現行モデルが結構気に入りまして。 在庫の中から色味など見せて頂き(色つや的におすすめなのをプロの目で選んで頂き)つつ、チョコ色のを購入しました。 このバインダーは、他にネイビーや黒があります。 チョコ革はわりと暗めの焦げ茶で、ほぼ黒にも見えるほど濃いです。 (既に4年ほど、比較的ヘビーに使っている薄型バインダーのほうは色味が明るくなってきているので)新品ならではのブラウンなのかも。 指先には堅めでサラっとした触感ですが、掌など広いところで触ると、吸い付くような不思議な心地よさと温かみがあり。 背の、しっくりと握りに沿う丸みも本当に気持ちが良い。 (この、手のひらに乗せてそっと握る体験が嬉しいので、革バインダーは丸背が好き!) 独特な感触に加えて、とても丈夫で見た目の変化もゆっくりなのがコードバンの好きなところなんです。 お手入れ方法も質問したのですが「とにかく使うこと」が一番、革に良いとのこと。 内側には明るいベージュの革が使ってありまして、こちら側は柔らかくしっとりした触り心地です。 (伸縮性もある感じ。 ) それでも購入当初はピンと張っていて、バインダーがあまり開かなかったのですが。 半年近く経った現在は、そんなに頻繁に開閉しない使用度でも:160度くらいは開くように。 薄型のほうも似たような感じで、現在は水平開き問題なくますます快適に使えています。 このバインダーは、今まで作ってきた絵日記リフィルをずっと綴じていまして、19ミリリングなら1年半分くらいは入りそうです。 でも、蓄積専用にするにはちょっと勿体ないな。 もっと日常的に手に取っていきたいという思いが強いので、使い方を考えてみます。 バイブルサイズに関しては、今回のブレイリオで「バインダー増やしたい」という欲がピタリとおさまり、これが一応のゴールかな(?)という満足が大きいです。 リフィルや使い方については、SNSでまとまりなく日々投稿しているので、それらが整理できる次元になったらこちらに書いていこうと思います。 自分がそれなりに気持ちを入れて選んだ道具って愛おしいですね。 なにかとドキドキすることが多い今、手元に置くと安心します。 ---- ブレイリオ公式の他、下記サイトで購入できます。 良いね。 [] 2020. 10 立て掛けるToDoメモを使いはじめました。 これは、(写真のとおり)3月はじめ頃に思いついたのですけれど、便利なので今も続いていることです。 その日のToDoを手帳やノートへ書き並べるよりも、「いつでも目に入るよう立て掛けておく」と、かなり効率よく、もの忘れ(主に家事的な件)が無く動けるようになりました。 単純なことですけれど、机に平置きするよりも角度的に視界に入りやすいからなのかもしれないです。 (前の晩に寝る前や当日の朝などにパパッと書き出します。 ) 使っているのは、A7程度のメモ用紙が挟めるほどの小型クリップボードとスマホ用スタンド、それにセットしているのはenikkiiさん制作のミニ5穴デイリーリフィルです。 紙質は万年筆インクにも問題なく快適に使えます。 このごろのシステム手帳好きの間では、持っていて当たり前!的に大流行のミニ5穴(マイクロ5:M5)のシステム手帳。 しかしインドア傾向な私にはどうも「小さすぎて使い方がよくわからない」というのが本音でした。 このやり方だと小さな日めくりカレンダーや日付シートのようで、毎日便利。 ちなみにクリップボードは、ハイタイド(penco)から出ているミニサイズのもの。 大きめでレトロなデザインのクリップが可愛いです。 取っ手上にペンを横置きもできるのが地味に便利だったりします。 挟む力は強めで、クリップが金色と銀色の2種類あり、壁掛けも可能。 (偶然ながらこのリフィルの日付が隠れないギリギリの位置で留まります。 ) 板は軽くて硬いMDF材で、ボードを持ったまま書きこみやすいです。 シャーペンは、この時に感想を書いたもの。 3B芯を入れてます。 )のです。 ダブルクリップや目玉クリップと、ある程度強度のある板状の何かで手作りするのも良いと思います。 日めくりリフィル自体も、A4のコピー用紙を半分の半分の更に半分に折ってA7サイズを作成し、日付もチェックボックスも自分で書いたりハンコで押してしまえば良いのですよね。 シンプルに「やること」を書き出すならM5リフィルくらいの大きさでも充分ですけれど、お仕事がリモートに切り替わって、自分の時間割を把握したい場合もあるかと思います。 その場合、例えば時間軸付のフランクリン・プランナー1日1ページ版なども「立て掛け」におすすめなリフィルです。 リフィルは、自作や、無料のダウンロードサイトから自分に合う感じのを探すのもよいと思います。 このサイトは私も数年前からお世話になっているところです。 頑張りましょう。 ----使っているもの、Amazonでは下記にあります。 iPad mini程度までは快適に使えますが、A5に近いサイズだと後ろに倒れやすいです。 --- [] 2020. 07 春の花を眺めたり育てたりのこまごま。 )のですが。 非常事態宣言まで出てしまった本日ですから仕方ないですね。 なんとか細心の注意を払って乗り越えたいと思います。 皆さまもどうぞご自愛ください。 体も元気になってきたので、一時休止していたベランダ園芸も小規模進行ではありますが今春から再開しています。 小花密集系が好きなので、いろいろと選んで植えていきたいです。 かわいい紫陽花も欲しいな... この春はチューリップを育てていたのですが (ホームセンターの園芸売場に、15〜20球くらいが既に埋められているプランターが売ってるのです。 1000円くらい。 花色もさまざまに選べます。 ) つぼみが出現した時点では茎が短すぎて異常気象のせいなのか、そういう品種なのか.... 悩みました。 Macのチューリップ絵文字並みに可愛かったけど。 しかし、つぼみ以降の背丈の伸びがめざましく、毎朝水をやるのが楽しみに。 開花時はすらっとチューリップらしくなりました。 人の世界はこんなだけど、花は毎年変わらず元気で綺麗だなあ。 というわけで、まずは園芸ネタをまとめてみました。 物欲系の話はこの次に。 [] 2020. 14 モンブランのチャイニーズブルーは春のあおみどりインクです。 去年の夏に、公式通販ページで注文したインクです。 もともとローラーボールの芯を購入目的だったのですが、ついでにボトルインクでもどうかな〜と探し出したもの。 販売ページでは、瓶と箱の画像しかなかったので、箱を構成する水色な部分を眺め 「可愛い感じのターコイスブルーかな!」と勝手に想像。 色彩雫の天色みたいな? 届いて実際に試してみたところ、箱に使ってあるライトブルーとはだいぶ違うような.... 既視感のほうが勝っているような... 「ま、また似たような青緑(あおみどり)を買ってしまった!」 という感想となりました。 好きな色は勝手に集まってくるという件、ホントなんだなあ... 青みがいくらか勝っている傾向の青緑で、爽やかな印象です。 紙の上に置いた一瞬は、藍色のような濃い紺なんですよ。 その後まもなく、じわっとグリーンが浮かんできて、濃淡多めで明るい発色になります。 とはいえ、書き込む紙質により「緑化」具合も大きく違いそうで、表情も大きく変わるであろう件は、他のあおみどりインクと同じかもです。 ここ何ヶ月かはTWSBI GOのスタブペン先の軸で、日記帳や太罫のノート用に使っていました。 ライフやNOLTYのクリーム紙では、下地の黄色っぽさが透けるせいか緑味が濃くなり、青磁のような趣深い感じとなります。 いわゆるブルーブラックよりも明るく軽い雰囲気があるせいか、なんとなく春っぽい感じ。 現在の手持ちのあおみどり族のなかでは一、二を争う好きなインクになってきました。 入れたい(使ってみたい)ペンもじわじわと増えてます。 とはいえモンブランお約束の分厚いガラスなので重量感がけっこうあり。 (開封後は箱の「引き出し」部がスポスポ抜けやすいです。 不意の落下が怖いので、私はモンブランの箱はマステで封をしてあります。 ) 「チャイニーズ・ブルー」が本来どういう物質なのかは、ハン・ブルーという名前で検索した方が解説ページが多く勉強になりました。 秦王朝時代からの人工顔料で、兵馬俑にも塗られていたんですって... それぞれなかなかの値段ですし、「またこれも(微妙に違うけど結局は)青緑か... 」となるかもしれませんが、興味津々です。 09 桜のマグカップを買ってきました。 (スターバックス2020) 良い感じのデザインが出てましたので、久しぶりにスタバで購入の記録です。 桜マグは毎回発売を楽しみにしてまして、好みのが出たら買ってます。 上写真のようにじわじわと増えてきましたが、コレクションと言えるほど大切に仕舞ってるわけでもなく日常的にすっかり使い慣れた食器です。 曲線に切られたデザインが面白いし、ピンク過ぎず紫〜グレー寄りでくすんだ色味が今っぽい. 見た目に関して言えば、今年はなかなかの完成度じゃないかなーと感心です。 ただし背が低い分直径が大きく、厚地で重め。 (私の手にはとても扱いやすいものの)持ち手の輪っかがこのサイズのマグにしては比較的大きめに張り出している... というところも、今後どれくらいの期間無傷で生きのびてくれるのか不安ではあります。 とはいえ、巨大サイズなマグの良いところは、飲み物をたっぷり入れて机上に置けば長時間作業中の水分補給器として都合が良いことかな〜 午後から夕方まで、ずーっとちびちび飲んでキープ出来るというか... (ほら、こんなご時世ですから。 リモートワークの友としても大型マグカップはおすすめです。 ) というわけで、日々たくさん使い回してます。 マグカップ購入に関するやたらと多い過去記事はこちら。 わりと毎日使ってます。

次の

上田ちゃんネル

た あ のんちゃん ネル

チャンネル順• いやいや…ホントの話です!! このままでは芸人として大ピンチ!! 恒例「高校野球大好き芸人」登場!! 米騒動!? 歴代の面白エピソード続々!! 怪物・江川&落合㊙話続々!! いやいや…ホントの話です!! ストレス満載の上田の愚痴が止まりませんw• このままでは芸人として大ピンチ!! 恒例「高校野球大好き芸人」登場!! 米騒動!? 歴代の面白エピソード続々!! 怪物・江川&落合㊙話続々!!

次の

お兄ちゃんネルの最新動画|YouTubeランキング

た あ のんちゃん ネル

2020. 今回は、2月の終わりくらいから5月の始めくらいまでの期間分を並べてみました。 娯楽も仕事も、世の中がじわじわと自粛や在宅に向かった時期と重なっていますね。 5月に近づくにつれ、食べもの描写が多めになっていくのが興味深いです。 スーパーで買ったおやつのパッケージまで貼りつけています。 (食事くらいしか、1日を象徴する変化がないんだと思う...。 そして春以降はベランダ園芸に力を入れ始めました。 ) 私は元々超インドア派なので、生活はそんなに変わらないだろうと予想していましたけれど。 実際のところは、いろんなことが非日常過ぎて不便も不安も多め。 (な日もあれば、うわー引きこもり楽しい.. と、文具いじりやデジタル作業に興じる日も有り。 ) 後々になって「こんな特殊な期間もあったよなあ」と遠い目をして振り返ることが出来れば良いんですけれど、どうなんでしょうね。 というわけで例によって Instagramのほうには出来次第ペース(最近やや遅れ気味)で、もうちょっと解像度高め かつ 使用筆記具などいろんなタグをつけてアップしています。 ここでは備忘録的な小さめ画像ですみません。 今までの、同じテーマのページは下記にまとめてあります。 滲みや裏抜けの心配が無く、すべすべ過ぎない(適度な繊維感のある)書き心地。 この紙はとてもおすすめです。 数字フォントもちっちゃくシンプルで可愛いです。 絵日記用として占有することになるので、実はもう1セット全く同じリフィルを購入しました。 こちらは普通に手帳っぽく、メモ用。 バイブルの見開きを8分割している、小さなカードのようなサイズ感がけっこう好きで。 買った時点で今年も何ヶ月か過ぎていましたから、印刷してある日付とは関係なくいろんなことを書き付けています。 (文具はまだ買いに行けそうもないので、植物育成のメモ多め) [] 2020. 10 革のミニデスクマットを使い始めました。 (万年筆用におすすめ) デスクマットは、そんなに大きくないものですがここ数年愛用しています。 上記の、ヒャクパーセントのものにはマウスパッドサイズも有り、(クオリティの良さは把握済みのため)それにしようかとも思ったのですが... お揃い過ぎるのもちょっとつまらない。 出来れば全く違うテイストで使い分けたりもしたい... というところにふと画面に流れてきた、フォロワーさんのフォロワーさんがミニデスクマットを制作中であるという話。 さんのミニデスクマットです。 ( NezMozzさん) SOLD-OUT表示は、初回発売の結果です。 現在どんどん制作中とのことで、間もなく購入できるようになると思われます。 デスクトップ画面からも買えますが、スマホやタブレットからはbaseのアプリを入れてお気に入りを付けておくなどの準備もおすすめ。 それぞれの革ごとに、既に筆記使用を行った裏花火( urahanabi)さんの丁寧な手書きレビューが各製品の画像群に入っていますので、熟読しておくことをおすすめします。 私が購入したのは、「クロム厚革」のワインレッド色のものです。 これは最も柔らかめの革で、ふわふわな筆記感が特徴。 正直なところ「このワイン色、最高に好きだわ」という見た目の衝動で選んだようなものなのですが... ソフトタイプであるということは、既に使っているヒャクパーセントのものがだいぶ硬めな筆記感なことと対極。 楽しく使い分けられるだろうなあという期待もかなりありました。 (革のデスクマット、どんなもんだか使ってみたいという「1枚目」に選ぶなら... 私はどちらかといえば硬めの革のものをおすすめします。 いくらでも書けてしまいそうにペン先が進む感じを是非。 ) このワインレッド、たまたま上に置いて気づきましたが、パイロットの万年筆のダークレッド軸にかなり近い色味です。 表面には美しい光沢が入っていますが、表情豊かな皺模様が薄く入っていてサラッとした手触り。 指でそっと押してみると、僅かながらもふわりとスポンジが入ってそうな柔らかみがあります。 さすが、ダレスバッグの専門工房の技術だよなと思わせる、かっちりとしたコバ塗りが施され、新しい革製品特有の甘香ばしい匂いも素敵。 !」 つまり、フワッホワです! ペン先がスっと沈むのがわかるくらいの柔らかさがあるのですが、私の筆圧の場合、埋もれるというほどのイヤな引っ張られ感は無いです。 ガチッと硬めの書き味かつ渋めフローで手こずっていたペン先を使ってみると、驚くほど(疑似的に)筆圧を吸ってフワっとしなるような手応えに変貌し、紙の中にインクが入っていく... そこにまず感動しました。 こういう「柔らか系」は中字以上向けな先入観もありますが、私はあえて、とんがったEFやFで書いてみるのが楽しくて。 書き心地はもっと複雑ではありますが高級版の「ソフト下敷き」みたい... ペン先が細いほど、そして筆圧強いほど顕著であると思われますが、紙の裏がボールペンで書いたかのようにちょっと出っ張ります。 本当にボールペンで書いたら穴を開ける人もいるかも? というくらい筆圧を選ぶ革かも あと、速書きは出来ないのでスイスイという感じでは進みません。 (ゆっくり、考えながら書くときのスピードになるのかも。 ) 上に挙げた件、このデスクマットの欠点のようにも思われますし、好みが分かれるところだとは思います。 しかし、現在のところ、万年筆をはじめとするあらゆる筆記具(私はシャーペンにも感動した... )の書き心地がマイルドにふんわりするので。 本体サイズは、私のは17. 5センチぐらい。 大きさの割に驚くほど軽くて、荷物の隙間に差し入れて外出書きのお供におすすめな感じです。 そして裏側にはスエードのような布がはってあり、スチール机上でピタリとくっついて動きません。 私はこのデスクマットを、贅沢ながらマウスパッドとしても堪能しています。 仕事ではMagicMouseを使うのですが、革の微少な皺模様のおかげできっちりとカーソルの動きを捉えてくれ、今まで使った中で最もストレスが無いかもしれないです。 (マウスパッドにしては)やや縦長に大きめなところも、作業中にはみ出す心配が無くなって有り難い。 仕事以外では腱鞘炎防止のためにトラックボール(ロジクールのMX ERGO... これもそのうち感想書かなくちゃ... )がメインなのですが、これの置き台としても素晴らしいのは、機器裏側が吸い付いたように固定されて動かないから。 今まで100均で買った食器棚用滑り止めを小さく切ったものを置いてましたが、ついに不要に。 そしてそして! 下のポケット部分がちょうど手首に当たり、ほんの少しふんわり度とあたたかみが増すところが幸せ。 スチール机の最大の欠点「冬は冷たい」からも救われたのです。 (今までは、マウス用リストレストなるものを使わねばならず、それは位置的にしょっちゅう床に落ちるのでした。 ) というわけで、 まだ使い込んでない状況ですが、ペンで書くときも書かないとき(=マウス使ってるとき)も欠かせないアイテムになりつつあります。 この使用度なら、何らかのお手入れもほぼ要らないかなと思いますし。 万年筆好きの人たちの間にはやく行き渡って欲しいなあ。 私も、硬さ違いで使ってみたいという気持ちも大いにある(革色でいうとパープルなど気になる!)ので、次の発売を楽しみにしましょう。 冒頭でも言及しましたが、私がメイン置き(?)してるのはこちらのデスクマット。 現在7年目。 立派なLサイズもありますよ。 1枚革仕様ですが、反りなどのストレスは全く無いです。 サクサクと気持ち良く書ける硬めタイプなので、たまにですがボールペンも使ってます。 (書き跡が凹むのであまり推奨はしたくないかな。 ここに埃が溜まったりするんですよ... [] 2020. 24 ブレイリオのシステム手帳が増えました(チョコ色のコードバン) 今となっては、銀座の買いものや、街の活気ある大混雑は.... 遙か遠い昔のようにも思えます。 『買いものレビュー』もどんなテンションでやっていいのかわからないゆえに、ブログの更新も捗ってないのが正直なところ。 これは「ザワザワした、人が密集して楽しげな文具店(伊東屋)の感じ」を懐かしく思い出しながらお読みください。 昨年12月に、伊東屋でシステム手帳のバインダーを買いました。 11月中に行われた「システム手帳サロン」というイベントに行きそびれてしまって残念に思っていたのですが。 その跡地ではまだ売場や他の催しが小規模継続されていると聞いて、早速10階へ行ってみました。 これの現物を見てから決めたいな!というぼんやりした目当てのバインダーはありました。 しかし実物は予想に反して、うぅむとうなる感じ。 欲しかったのと似たような、厚めボリュームの各社サンプルを手に取って吟味していったところ、ブレイリオのコードバン(19ミリリング)の革手触りがもう飛び抜けて好みで。 と撫で回していたら、後ろから近づいてきたブレイリオの方に話しかけられました。 なんということか、その日はブレイリオの販売イベントの初日でありました。 決めたのは下記リンク先のもの。 細身向き。 )のしっかりした作りのものです。 詳しいサイズなどは下記でご確認ください。 試しましたが、フランクリン・プランナーのリフィルには不向きです。 タブ無しリフィルでもはみ出します。 赤や緑などの派手色な染めのコードバンもあったんですよね。 懐かしい。 しかし結局、価格とのバランス含めて現行モデルが結構気に入りまして。 在庫の中から色味など見せて頂き(色つや的におすすめなのをプロの目で選んで頂き)つつ、チョコ色のを購入しました。 このバインダーは、他にネイビーや黒があります。 チョコ革はわりと暗めの焦げ茶で、ほぼ黒にも見えるほど濃いです。 (既に4年ほど、比較的ヘビーに使っている薄型バインダーのほうは色味が明るくなってきているので)新品ならではのブラウンなのかも。 指先には堅めでサラっとした触感ですが、掌など広いところで触ると、吸い付くような不思議な心地よさと温かみがあり。 背の、しっくりと握りに沿う丸みも本当に気持ちが良い。 (この、手のひらに乗せてそっと握る体験が嬉しいので、革バインダーは丸背が好き!) 独特な感触に加えて、とても丈夫で見た目の変化もゆっくりなのがコードバンの好きなところなんです。 お手入れ方法も質問したのですが「とにかく使うこと」が一番、革に良いとのこと。 内側には明るいベージュの革が使ってありまして、こちら側は柔らかくしっとりした触り心地です。 (伸縮性もある感じ。 ) それでも購入当初はピンと張っていて、バインダーがあまり開かなかったのですが。 半年近く経った現在は、そんなに頻繁に開閉しない使用度でも:160度くらいは開くように。 薄型のほうも似たような感じで、現在は水平開き問題なくますます快適に使えています。 このバインダーは、今まで作ってきた絵日記リフィルをずっと綴じていまして、19ミリリングなら1年半分くらいは入りそうです。 でも、蓄積専用にするにはちょっと勿体ないな。 もっと日常的に手に取っていきたいという思いが強いので、使い方を考えてみます。 バイブルサイズに関しては、今回のブレイリオで「バインダー増やしたい」という欲がピタリとおさまり、これが一応のゴールかな(?)という満足が大きいです。 リフィルや使い方については、SNSでまとまりなく日々投稿しているので、それらが整理できる次元になったらこちらに書いていこうと思います。 自分がそれなりに気持ちを入れて選んだ道具って愛おしいですね。 なにかとドキドキすることが多い今、手元に置くと安心します。 ---- ブレイリオ公式の他、下記サイトで購入できます。 良いね。 [] 2020. 10 立て掛けるToDoメモを使いはじめました。 これは、(写真のとおり)3月はじめ頃に思いついたのですけれど、便利なので今も続いていることです。 その日のToDoを手帳やノートへ書き並べるよりも、「いつでも目に入るよう立て掛けておく」と、かなり効率よく、もの忘れ(主に家事的な件)が無く動けるようになりました。 単純なことですけれど、机に平置きするよりも角度的に視界に入りやすいからなのかもしれないです。 (前の晩に寝る前や当日の朝などにパパッと書き出します。 ) 使っているのは、A7程度のメモ用紙が挟めるほどの小型クリップボードとスマホ用スタンド、それにセットしているのはenikkiiさん制作のミニ5穴デイリーリフィルです。 紙質は万年筆インクにも問題なく快適に使えます。 このごろのシステム手帳好きの間では、持っていて当たり前!的に大流行のミニ5穴(マイクロ5:M5)のシステム手帳。 しかしインドア傾向な私にはどうも「小さすぎて使い方がよくわからない」というのが本音でした。 このやり方だと小さな日めくりカレンダーや日付シートのようで、毎日便利。 ちなみにクリップボードは、ハイタイド(penco)から出ているミニサイズのもの。 大きめでレトロなデザインのクリップが可愛いです。 取っ手上にペンを横置きもできるのが地味に便利だったりします。 挟む力は強めで、クリップが金色と銀色の2種類あり、壁掛けも可能。 (偶然ながらこのリフィルの日付が隠れないギリギリの位置で留まります。 ) 板は軽くて硬いMDF材で、ボードを持ったまま書きこみやすいです。 シャーペンは、この時に感想を書いたもの。 3B芯を入れてます。 )のです。 ダブルクリップや目玉クリップと、ある程度強度のある板状の何かで手作りするのも良いと思います。 日めくりリフィル自体も、A4のコピー用紙を半分の半分の更に半分に折ってA7サイズを作成し、日付もチェックボックスも自分で書いたりハンコで押してしまえば良いのですよね。 シンプルに「やること」を書き出すならM5リフィルくらいの大きさでも充分ですけれど、お仕事がリモートに切り替わって、自分の時間割を把握したい場合もあるかと思います。 その場合、例えば時間軸付のフランクリン・プランナー1日1ページ版なども「立て掛け」におすすめなリフィルです。 リフィルは、自作や、無料のダウンロードサイトから自分に合う感じのを探すのもよいと思います。 このサイトは私も数年前からお世話になっているところです。 頑張りましょう。 ----使っているもの、Amazonでは下記にあります。 iPad mini程度までは快適に使えますが、A5に近いサイズだと後ろに倒れやすいです。 --- [] 2020. 07 春の花を眺めたり育てたりのこまごま。 )のですが。 非常事態宣言まで出てしまった本日ですから仕方ないですね。 なんとか細心の注意を払って乗り越えたいと思います。 皆さまもどうぞご自愛ください。 体も元気になってきたので、一時休止していたベランダ園芸も小規模進行ではありますが今春から再開しています。 小花密集系が好きなので、いろいろと選んで植えていきたいです。 かわいい紫陽花も欲しいな... この春はチューリップを育てていたのですが (ホームセンターの園芸売場に、15〜20球くらいが既に埋められているプランターが売ってるのです。 1000円くらい。 花色もさまざまに選べます。 ) つぼみが出現した時点では茎が短すぎて異常気象のせいなのか、そういう品種なのか.... 悩みました。 Macのチューリップ絵文字並みに可愛かったけど。 しかし、つぼみ以降の背丈の伸びがめざましく、毎朝水をやるのが楽しみに。 開花時はすらっとチューリップらしくなりました。 人の世界はこんなだけど、花は毎年変わらず元気で綺麗だなあ。 というわけで、まずは園芸ネタをまとめてみました。 物欲系の話はこの次に。 [] 2020. 14 モンブランのチャイニーズブルーは春のあおみどりインクです。 去年の夏に、公式通販ページで注文したインクです。 もともとローラーボールの芯を購入目的だったのですが、ついでにボトルインクでもどうかな〜と探し出したもの。 販売ページでは、瓶と箱の画像しかなかったので、箱を構成する水色な部分を眺め 「可愛い感じのターコイスブルーかな!」と勝手に想像。 色彩雫の天色みたいな? 届いて実際に試してみたところ、箱に使ってあるライトブルーとはだいぶ違うような.... 既視感のほうが勝っているような... 「ま、また似たような青緑(あおみどり)を買ってしまった!」 という感想となりました。 好きな色は勝手に集まってくるという件、ホントなんだなあ... 青みがいくらか勝っている傾向の青緑で、爽やかな印象です。 紙の上に置いた一瞬は、藍色のような濃い紺なんですよ。 その後まもなく、じわっとグリーンが浮かんできて、濃淡多めで明るい発色になります。 とはいえ、書き込む紙質により「緑化」具合も大きく違いそうで、表情も大きく変わるであろう件は、他のあおみどりインクと同じかもです。 ここ何ヶ月かはTWSBI GOのスタブペン先の軸で、日記帳や太罫のノート用に使っていました。 ライフやNOLTYのクリーム紙では、下地の黄色っぽさが透けるせいか緑味が濃くなり、青磁のような趣深い感じとなります。 いわゆるブルーブラックよりも明るく軽い雰囲気があるせいか、なんとなく春っぽい感じ。 現在の手持ちのあおみどり族のなかでは一、二を争う好きなインクになってきました。 入れたい(使ってみたい)ペンもじわじわと増えてます。 とはいえモンブランお約束の分厚いガラスなので重量感がけっこうあり。 (開封後は箱の「引き出し」部がスポスポ抜けやすいです。 不意の落下が怖いので、私はモンブランの箱はマステで封をしてあります。 ) 「チャイニーズ・ブルー」が本来どういう物質なのかは、ハン・ブルーという名前で検索した方が解説ページが多く勉強になりました。 秦王朝時代からの人工顔料で、兵馬俑にも塗られていたんですって... それぞれなかなかの値段ですし、「またこれも(微妙に違うけど結局は)青緑か... 」となるかもしれませんが、興味津々です。 09 桜のマグカップを買ってきました。 (スターバックス2020) 良い感じのデザインが出てましたので、久しぶりにスタバで購入の記録です。 桜マグは毎回発売を楽しみにしてまして、好みのが出たら買ってます。 上写真のようにじわじわと増えてきましたが、コレクションと言えるほど大切に仕舞ってるわけでもなく日常的にすっかり使い慣れた食器です。 曲線に切られたデザインが面白いし、ピンク過ぎず紫〜グレー寄りでくすんだ色味が今っぽい. 見た目に関して言えば、今年はなかなかの完成度じゃないかなーと感心です。 ただし背が低い分直径が大きく、厚地で重め。 (私の手にはとても扱いやすいものの)持ち手の輪っかがこのサイズのマグにしては比較的大きめに張り出している... というところも、今後どれくらいの期間無傷で生きのびてくれるのか不安ではあります。 とはいえ、巨大サイズなマグの良いところは、飲み物をたっぷり入れて机上に置けば長時間作業中の水分補給器として都合が良いことかな〜 午後から夕方まで、ずーっとちびちび飲んでキープ出来るというか... (ほら、こんなご時世ですから。 リモートワークの友としても大型マグカップはおすすめです。 ) というわけで、日々たくさん使い回してます。 マグカップ購入に関するやたらと多い過去記事はこちら。 わりと毎日使ってます。

次の