我々 だ ツー マンセル。 【d!】コンビ&トリオの呼び名まとめ

【wrwrd‼︎】○○の主役は我々だ‼︎雰囲気ユニット【メンバー募集】:コミュニティ

我々 だ ツー マンセル

pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinterest. pinterest. 「我々だ, 我々だ イラスト, 〇〇の主役は我々だ」のアイデアをもっと見てみましょう。 pinimg. 「我々だ, 我々だ イラスト, 〇〇の主役は我々だ」のアイデアをもっと見てみましょう。 pinimg. pinterest. 「我々だ, 我々だ イラスト, 〇〇の主役は我々だ」のアイデアをもっと見てみましょう。 pinterest. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. png? pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pixiv. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. pinimg. twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. pinimg. png? twitter. pinimg. ico? pinimg. pinimg. pinimg. ico? twitter. pinimg. ico? pinimg. png? pinimg. png? twitter. pinimg. pinimg. pinimg. pinimg. twitter. twitter. twitter. pinimg. pinimg.

次の

【wrwrd‼︎】○○の主役は我々だ‼︎雰囲気ユニット【メンバー募集】:コミュニティ

我々 だ ツー マンセル

attention!!! この小説は、実況者さんの名前をお借りしています。 本人様には一切関係ありません。 方言、文法、性格がガタガタの場合があります。 誤字、脱字があるかもしれません。 軍パロです。 それでもいいという心に地平線が見える方は、どうぞ! [newpage] 何の変哲もない、ある一日。 いつも通りの朝食。 だが、何かが違う。 そんな違いを、鬱は見逃さなかった。 なんやこれ。 朝食を食べるために食堂に入った鬱は、まず初めにそう思った。 いつもは隣合って二人で楽しそうに銃や戦術、悪戯等の話をしているゾムとショッピが、コネシマの席挟んで一言も喋らずにいたのだから。 鬱を見つけたコネシマは、何かから逃げるように鬱の元へ抱きついた。 鬱「うへぇ?シッマ、これどういう状況?」 コネ「分からへん!けど、二人とも殺気立ってたで!めっちゃ怖かった... 」 コネシマの目を見ると、今にも泣き出しそうになっていた。 いつでも明るいと言われているコネシマがこうなるのだから、余程のことなんだろう。 試しに鬱は、二人に声をかけてみた。 鬱「ショッピくん、ゾムさん、おはよう~」 ゾム「... チッス」 ショ「... おはようございます」 その瞬間、鬱は、体中が凍るような悪寒を感じた。 ゾムとショッピは一度目を合わせ、睨み合ってからそっぽを向いた。 ゾム「... ごちそーさん」 ゾムはいつもの半分程しか食べていないようだったが、食器を片付けて出ていってしまった。 コネ「だ、大先生... ?大先生!」 鬱「っ、やっばい、迫力ばりやばい。 シッマ、よく耐えたなぁ」 コネ「せやろ!?もうナイフが飛び交っとる幻覚見えたもん... 」 さて、これは事情聴取コースだな、と鬱は溜息をつく。 鬱「シッマ、ショッピくん抑えて」 コネ「いやいや、無理やって!」 鬱「出来るやろ?シッマなら」 コネ「... はぁ、しゃーないな」 その瞬間、何かを感じたショッピはすぐに逃げようとしたが、コネシマの速度には叶わなかった。 コネ「捕獲したでー」 ショ「っ!離せ!このくそ先輩!」 鬱「それで?ゾムさんと何があったんや?」 ショ「い、言いたくないです」 鬱「... あんなぁ、ショッピく、ん?」 鬱が再度ショッピの目を見ると、目に水... いや、涙が溜まっていた。 シッマ」 鬱の一言でコネシマは察し、ショッピを拘束していた手を離した。 ショッピは一度目を擦り、食堂を出ていった。 万事休す、やな」 コネ「せやなぁ、後は二人に任せるしかないな」 鬱「じゃあ... 」 コネ「じゃあ?」 コネシマは鬱の言葉に首を傾げると、鬱は指をピンと立てた。 鬱「飯食お!!」 コネ「ふっ、ちょ、大先生www」 鬱「もーう腹ぺこやねん!シッマ、付き合ってーや」 コネ「あのテンションからいきなり飯食お言われて、もう笑うしかないんやけどwww」 鬱は朝食を持ってき、コネシマの向かい側に座る。 鬱「まぁ、あの二人なら大丈夫やろ。 だって... [newpage] 食堂を出たゾムは、自室にこもっていた。 ゾム「分かっとる、悪いのは俺なんや... 」 遡ること昨日の夜、ゾムとショッピはゾムの部屋で今日の夕方から行く任務について話していた。 ゾム「... やから、こっちのルートで行かん?」 ショ「そっすね、こっちの方が安全そうやし」 ゾム「まぁ、ショッピくんアクロバット技苦手やからなぁ」 ショ「ん、別に苦手やないですよ」 ゾム「でも、俺より下手やん」 何も考えずに言ったゾムの一言が、ショッピの何かを刺激した。 ショ「っ、なら言いますけど、ゾムさんって正確さ低いですよね。 もうちょっと狙って撃ったらええんやないですか?」 ゾム「別に殺れりゃええやん。 そんなん気にしてるから動き遅くなるんや」 ショ「だから、別に遅くないっす。 だって実際、前の模擬戦俺勝ったやないですか。 正確さがないからっすよ」 ゾム「あの時は調子が悪かっただけや!ショッピくんより俺の方がPS高いし」 ショ「はぁ?俺の方がPS高いやろ」 ゾム「ならもうええ、明日の任務、俺一人で行ってくるわ!」 ショ「あぁええで、一撃で仕留めれんくて数で負けてボコされてくるんやろうけど!」 ゾム「っ、もう出てってや」 ショ「言われなくても帰るわ」 そう言って、ショッピはゾムの部屋から出て、乱暴に扉を閉めた。 ゾム「はぁ」 昨日のことを思い出し、思わず溜息がこぼれる。 正直、俺一人で勝てるか分からんねやなぁ。 でも、事の発端はゾムにあるので、ショッピに謝っても着いてきてくれるか分からない。 そんなことから、なかなか謝れずに今日の朝食も終わってしまった。 ゾム「はぁ、どないしよ... 」 あまり使わない思考をぐるぐると巡らせ、やがて睡魔が襲ってきた。 その睡魔に逆らうことは出来ず、ゾムは眠りに落ちた。 [newpage] コンコン 規則正しいノックが二回鳴った。 シャオロンは誰だろう、と思いながら、はーいと返事をして扉を開けた。 扉の先には、思わぬ人物がいた。 シャ「ショッピくん?」 ショ「ちっす、シャオさん」 シャ「どうしたん、なんかあったん?」 シャオロンがそう聞くと、ショッピは顔を歪めた。 シャ「... まぁ、入ってや」 ショ「お邪魔します」 シャオロンは部屋にショッピを招き入れ、適当に置いてあった座布団に座らせた。 シャ「てか、なんで俺のとこ来たん?」 ショ「なんか、シャオさんが一番話しやすそうだったんで」 ショッピの言葉を聞いて、シャオロンはそうかそうかと満足そうに頷く。 シャ「んで、何があったんや?」 ショ「実は... 」 ショッピはシャオロンにゾムと喧嘩していることを伝えた。 ショ「分かっとる、俺が悪いんや。 調子に乗って煽ってもうたから... 」 シャ「まぁ、どっちもどっちやなぁ。... んで、ショッピくんはどうしたいん?」 ショッピは一度下を向き、そして真っ直ぐにシャオロンを見た。 ショ「ゾムさんと、一緒に行きたいです... !」 その言葉に、シャオロンはふふっと微笑んだ。 シャ「それなら、簡単なことや」 [newpage] ショ「シャオさん、ありがとうございました」 シャ「ええってええって。 それより、任務ってそろそろやなかった?」 時計を見ると、午後4時の5分前だった。 ショ「やっば、4時から任務や」 シャ「はよ行ってき!頑張ってな!」 ショ「はい!」 ショッピはシャオロンに笑顔を向けた。 ショッピが出ていった部屋で、一人呟いた。 シャ「まぁ、大丈夫やろ。 だって... 急げ、急げ、あの人の元へ。 城から出てバイクに乗り、走らせる。 ゾムは、国外の森へ入る寸前だった。 ショッピのバイク音に、ゾムが振り返った。 ゾム「ショッピくん... 」 ショ「... ゾムさん」 シャ『ええか、こう言うだけでええねん... 』 一度息を吸い、吐く。 そしてもう一回吸ったときに、自然な笑みを浮かべる。 ショ「ツーマンセルで行きましょう!」 顔を伏せていたゾムは、何かに弾かれたかのようにショッピを見て、無邪気な顔で笑った。 ゾム「んふふ、勿論や!」 [newpage] 鬱「あの二人、仲直り出来たんかなぁ」 コネ「もうそろそろ任務終わる時間やと思うねんけど... 」 コネシマがそう言った瞬間、何かが上から降ってきた。 「「ちぃぃぃぃっす!!!」」 「「うわぁぁあああ!!!」」 鬱とコネシマはびっくりして、尻もちをついてしまった。 ゾム「んふふ、大成功やな、ショッピくん!」 ショ「そーっすね、最高に気持ちいいっす!」 くすくすと笑うゾム、ショッピと、まだ何が起こったか理解できていない鬱、コネシマの元に、ある人が通りかかった。 シャ「お、ショッピくん。 仲直り出来たんか?」 ショ「あ、シャオさん。 お陰様で」 コネ「おお、良かったぁぁぁ!お前らばり怖かったんやで!」 鬱「ほんまに。 もう喧嘩せんといてぇや... 」 ゾム「もうせぇへんってwだって俺たち... 本日は本小説を最後までお読み頂き、ありがとうございます。 今回は、ツーマンセルが喧嘩する話を書いてみました! 普段めっちゃ仲良さそうなんで、喧嘩したらどうなるんかなーっていう興味本位で書き上げた小説です。 ちなみに「__」 アンダーバー に入る文字は、ご察しの通り、タイトルです! 分かってなかった方は確認してみては? という訳で、半分自己満の小説でした!パチパチ~ いいね、ブクマ、コメント、フォロー等はこれからの励みになります。 それではまた次の小説で。

次の

#○○の主役は我々だ! ツーマンセルやもん。

我々 だ ツー マンセル

attention!!! この小説は、実況者さんの名前をお借りしています。 本人様には一切関係ありません。 方言、文法、性格がガタガタの場合があります。 誤字、脱字があるかもしれません。 軍パロです。 それでもいいという心に地平線が見える方は、どうぞ! [newpage] 何の変哲もない、ある一日。 いつも通りの朝食。 だが、何かが違う。 そんな違いを、鬱は見逃さなかった。 なんやこれ。 朝食を食べるために食堂に入った鬱は、まず初めにそう思った。 いつもは隣合って二人で楽しそうに銃や戦術、悪戯等の話をしているゾムとショッピが、コネシマの席挟んで一言も喋らずにいたのだから。 鬱を見つけたコネシマは、何かから逃げるように鬱の元へ抱きついた。 鬱「うへぇ?シッマ、これどういう状況?」 コネ「分からへん!けど、二人とも殺気立ってたで!めっちゃ怖かった... 」 コネシマの目を見ると、今にも泣き出しそうになっていた。 いつでも明るいと言われているコネシマがこうなるのだから、余程のことなんだろう。 試しに鬱は、二人に声をかけてみた。 鬱「ショッピくん、ゾムさん、おはよう~」 ゾム「... チッス」 ショ「... おはようございます」 その瞬間、鬱は、体中が凍るような悪寒を感じた。 ゾムとショッピは一度目を合わせ、睨み合ってからそっぽを向いた。 ゾム「... ごちそーさん」 ゾムはいつもの半分程しか食べていないようだったが、食器を片付けて出ていってしまった。 コネ「だ、大先生... ?大先生!」 鬱「っ、やっばい、迫力ばりやばい。 シッマ、よく耐えたなぁ」 コネ「せやろ!?もうナイフが飛び交っとる幻覚見えたもん... 」 さて、これは事情聴取コースだな、と鬱は溜息をつく。 鬱「シッマ、ショッピくん抑えて」 コネ「いやいや、無理やって!」 鬱「出来るやろ?シッマなら」 コネ「... はぁ、しゃーないな」 その瞬間、何かを感じたショッピはすぐに逃げようとしたが、コネシマの速度には叶わなかった。 コネ「捕獲したでー」 ショ「っ!離せ!このくそ先輩!」 鬱「それで?ゾムさんと何があったんや?」 ショ「い、言いたくないです」 鬱「... あんなぁ、ショッピく、ん?」 鬱が再度ショッピの目を見ると、目に水... いや、涙が溜まっていた。 シッマ」 鬱の一言でコネシマは察し、ショッピを拘束していた手を離した。 ショッピは一度目を擦り、食堂を出ていった。 万事休す、やな」 コネ「せやなぁ、後は二人に任せるしかないな」 鬱「じゃあ... 」 コネ「じゃあ?」 コネシマは鬱の言葉に首を傾げると、鬱は指をピンと立てた。 鬱「飯食お!!」 コネ「ふっ、ちょ、大先生www」 鬱「もーう腹ぺこやねん!シッマ、付き合ってーや」 コネ「あのテンションからいきなり飯食お言われて、もう笑うしかないんやけどwww」 鬱は朝食を持ってき、コネシマの向かい側に座る。 鬱「まぁ、あの二人なら大丈夫やろ。 だって... [newpage] 食堂を出たゾムは、自室にこもっていた。 ゾム「分かっとる、悪いのは俺なんや... 」 遡ること昨日の夜、ゾムとショッピはゾムの部屋で今日の夕方から行く任務について話していた。 ゾム「... やから、こっちのルートで行かん?」 ショ「そっすね、こっちの方が安全そうやし」 ゾム「まぁ、ショッピくんアクロバット技苦手やからなぁ」 ショ「ん、別に苦手やないですよ」 ゾム「でも、俺より下手やん」 何も考えずに言ったゾムの一言が、ショッピの何かを刺激した。 ショ「っ、なら言いますけど、ゾムさんって正確さ低いですよね。 もうちょっと狙って撃ったらええんやないですか?」 ゾム「別に殺れりゃええやん。 そんなん気にしてるから動き遅くなるんや」 ショ「だから、別に遅くないっす。 だって実際、前の模擬戦俺勝ったやないですか。 正確さがないからっすよ」 ゾム「あの時は調子が悪かっただけや!ショッピくんより俺の方がPS高いし」 ショ「はぁ?俺の方がPS高いやろ」 ゾム「ならもうええ、明日の任務、俺一人で行ってくるわ!」 ショ「あぁええで、一撃で仕留めれんくて数で負けてボコされてくるんやろうけど!」 ゾム「っ、もう出てってや」 ショ「言われなくても帰るわ」 そう言って、ショッピはゾムの部屋から出て、乱暴に扉を閉めた。 ゾム「はぁ」 昨日のことを思い出し、思わず溜息がこぼれる。 正直、俺一人で勝てるか分からんねやなぁ。 でも、事の発端はゾムにあるので、ショッピに謝っても着いてきてくれるか分からない。 そんなことから、なかなか謝れずに今日の朝食も終わってしまった。 ゾム「はぁ、どないしよ... 」 あまり使わない思考をぐるぐると巡らせ、やがて睡魔が襲ってきた。 その睡魔に逆らうことは出来ず、ゾムは眠りに落ちた。 [newpage] コンコン 規則正しいノックが二回鳴った。 シャオロンは誰だろう、と思いながら、はーいと返事をして扉を開けた。 扉の先には、思わぬ人物がいた。 シャ「ショッピくん?」 ショ「ちっす、シャオさん」 シャ「どうしたん、なんかあったん?」 シャオロンがそう聞くと、ショッピは顔を歪めた。 シャ「... まぁ、入ってや」 ショ「お邪魔します」 シャオロンは部屋にショッピを招き入れ、適当に置いてあった座布団に座らせた。 シャ「てか、なんで俺のとこ来たん?」 ショ「なんか、シャオさんが一番話しやすそうだったんで」 ショッピの言葉を聞いて、シャオロンはそうかそうかと満足そうに頷く。 シャ「んで、何があったんや?」 ショ「実は... 」 ショッピはシャオロンにゾムと喧嘩していることを伝えた。 ショ「分かっとる、俺が悪いんや。 調子に乗って煽ってもうたから... 」 シャ「まぁ、どっちもどっちやなぁ。... んで、ショッピくんはどうしたいん?」 ショッピは一度下を向き、そして真っ直ぐにシャオロンを見た。 ショ「ゾムさんと、一緒に行きたいです... !」 その言葉に、シャオロンはふふっと微笑んだ。 シャ「それなら、簡単なことや」 [newpage] ショ「シャオさん、ありがとうございました」 シャ「ええってええって。 それより、任務ってそろそろやなかった?」 時計を見ると、午後4時の5分前だった。 ショ「やっば、4時から任務や」 シャ「はよ行ってき!頑張ってな!」 ショ「はい!」 ショッピはシャオロンに笑顔を向けた。 ショッピが出ていった部屋で、一人呟いた。 シャ「まぁ、大丈夫やろ。 だって... 急げ、急げ、あの人の元へ。 城から出てバイクに乗り、走らせる。 ゾムは、国外の森へ入る寸前だった。 ショッピのバイク音に、ゾムが振り返った。 ゾム「ショッピくん... 」 ショ「... ゾムさん」 シャ『ええか、こう言うだけでええねん... 』 一度息を吸い、吐く。 そしてもう一回吸ったときに、自然な笑みを浮かべる。 ショ「ツーマンセルで行きましょう!」 顔を伏せていたゾムは、何かに弾かれたかのようにショッピを見て、無邪気な顔で笑った。 ゾム「んふふ、勿論や!」 [newpage] 鬱「あの二人、仲直り出来たんかなぁ」 コネ「もうそろそろ任務終わる時間やと思うねんけど... 」 コネシマがそう言った瞬間、何かが上から降ってきた。 「「ちぃぃぃぃっす!!!」」 「「うわぁぁあああ!!!」」 鬱とコネシマはびっくりして、尻もちをついてしまった。 ゾム「んふふ、大成功やな、ショッピくん!」 ショ「そーっすね、最高に気持ちいいっす!」 くすくすと笑うゾム、ショッピと、まだ何が起こったか理解できていない鬱、コネシマの元に、ある人が通りかかった。 シャ「お、ショッピくん。 仲直り出来たんか?」 ショ「あ、シャオさん。 お陰様で」 コネ「おお、良かったぁぁぁ!お前らばり怖かったんやで!」 鬱「ほんまに。 もう喧嘩せんといてぇや... 」 ゾム「もうせぇへんってwだって俺たち... 本日は本小説を最後までお読み頂き、ありがとうございます。 今回は、ツーマンセルが喧嘩する話を書いてみました! 普段めっちゃ仲良さそうなんで、喧嘩したらどうなるんかなーっていう興味本位で書き上げた小説です。 ちなみに「__」 アンダーバー に入る文字は、ご察しの通り、タイトルです! 分かってなかった方は確認してみては? という訳で、半分自己満の小説でした!パチパチ~ いいね、ブクマ、コメント、フォロー等はこれからの励みになります。 それではまた次の小説で。

次の