スナップ エンドウ の 食べ 方。 スナップエンドウ

スナップエンドウの旬は春!正しい下処理と美味しい茹で方

スナップ エンドウ の 食べ 方

そもそもどんな夏野菜 スナップエンドウはグリーンピースをサヤごと食べられるように改良された品種になります。 4月~7月の旬のお野菜で1970年代に アメリカから日本へ導入されました。 特徴は生長してもサヤが軟らかく豆類の中でも甘みの強いことです。 そんなスナップえんどうを上手にこしらえて、美味しい料理を作りましょう。 でも、食べ方の前にもう少し豆知識を紹介します! スナップエンドウの栄養は、たんぱく質とでんぷんが主成分。 ってことは アンチエイジングにも良いってことになりますね。 また、体の成長や修復にかかわる必須脂肪酸のリジンを含み、 集中力を高めたり、カルシウムの吸収を促進したりする効果もあります。 スナップエンドウは若い実をさやごと食べることで、食物繊維もしっかりとることがでるのですね。 ビタミンCは、熱に弱いので、加熱はなるべく短く、ゆですぎずにさやのシャキシャキ感を楽しめるようにしましょう。 なので、おいしい食べ方の下ごしらえとして必ず筋取りをします。 額のほうをぱきっと折り、内側の弓なりに筋をひっぱりとりましょう。 次に外側の弓なりにすじをとります。 内側は途中で切れてしまっても気にせず、外側も残ることもありますが、自然に取れる分だけでいいです。 若いスナップエンドウはすじも柔らかく取れないこともありますよ。 その時に 塩をひとつかみ入れるのがポイントです。 沸騰してからスナップエンドウを入れ茹でます。 時間は2分位が目安ですよ。 茹ですぎると中の豆が飛び出してしまったり、色も悪くなりますよ。 せっかくの新鮮な緑を台無しにしてしまいますので、注意してください。 2分位で火を止め、茹で上がったスナップエンドウをザルにとり冷水につけ粗熱をとります。 スナップエンドウはすじをとり、塩を入れた沸騰したお湯で2分位さっとゆで水にとり水気を取る。 赤、黄パプリカは細切りににする。 グリーンアスパラは皮むきで下半分の皮をむいて長さ5cmに切り、塩を加えた熱湯でゆでて、水にとって水気をきる。 キュウリは皮むきで表面の皮をむき両端を切り落としたら塩もみをしてアクをっとておきます。 塩を落とすため水洗いをします その後は長さ5cmに切り、アスパラと太さとにあわせてカットします。 それぞれを色合いを考えてお皿に盛り付け、マヨネーズやお好みのドレッシングにつけるって食べ方をお楽しみださい。 食べ方のレシピ ちょっと変わった食べ方をいくつか紹介しますね。 針生姜を用意します。 生姜の皮をむき、細長く細かく針のように切っておきます。 鶏肉はもも肉を使用。 一口大に切ります。 皮を下にして切った方が滑らずに切れます。 フライパンに胡麻油ををひいて鶏肉をいれ焼色がつくまで焦がさないように両面を焼きます。 次に針生姜を入れ焼きます。 スナップエンドウはすじをとり、塩を入れた沸騰したお湯で2分位さっとゆで水にとり水気を取っておき最後に3の鶏肉と混ぜます。 酒を回しがけし、蓋をして3分ほど蒸します。 味付けは好みの塩かげんで調整してください。 美味しいゴマと生姜のいい香りの「鶏肉とスナップエンドウのソテー」の完成です。

次の

スナップエンドウとカニカマの天津飯 レシピ・作り方 by はじゃじゃ|楽天レシピ

スナップ エンドウ の 食べ 方

スナップエンドウの旬の時期と特徴 旬の時期は4~5月 スナップエンドウと絹さやはどちらも「えんどう」で、収穫初期の若い「えんどう」を早採りして、さやごと食べれるものが「絹さや」「さやえんどう」と呼ばれています。 絹さやの旬の時期は3~6月、スナップエンドウは4、5月が美味しい時期を言われています。 春から夏にかけて、青い豆が美味しくなる時期ですが、輸入品やハウス栽培もあるため1年を通して手に入ります。 主な産地は鹿児島県と和歌山県で、次いで愛知県、福島県となっています。 甘みが特徴 旬のスナップエンドウは、サヤが肉厚で歯ごたえがよいです。 そして一番の特徴はほんのりとした甘さです。 おやつにも最適であるということから、「スナックエンドウ」とも呼ばれているとも言われています。 スナップエンドウの旬の美味しさを逃さない茹で方 下処理 絹さやよりも筋が太いスナップエンドウは両側の筋を取る必要があるあります。 どちらもヘタ側からスタートするとしっかりと筋を取ることができます。 ヘタが付いていないほうの先端を、爪を立てて折り曲げます。 そのままスーッと引っ張り短いほうの筋を取ります。 ヘタのあるほうも同じように折り曲げながら、ゆっくりと引っ張り長いほうの筋も取っていきます。 茹で方• 口の広い鍋かフライパンときっちりと閉まる蓋を用意します。 底が深さ3、4ミリくらい隠れるくらいまで水を入れて沸騰させます。 沸騰したら塩を一つまみ入れます。 下処理したスナップエンドウを重ならないように入れます。 蓋をして1分半、中火で茹でます。 水にさらさないで、ザルにあけてそのまま冷まして完成です。 スナップエンドウを茹でるときのポイントは、塩加減と短時間でゆでることです。 適度な塩気を付けることで、スナップエンドウの味わいが引き立ち甘みを引き出してくれます。 また、この茹で方は茹でるというより「蒸し煮」という感じです。 ポイントは少ない水の量ときっちりしまる蓋を使うことです。 蒸し煮でなく普通に茹でる場合は、たっぷりの沸騰した塩を入れたお湯の中にスナップエンドウを入れて、2分程度茹でましょう。 10本くらいで2分程度が目安です。 ザルにあけたら、できるだけスナップエンドウの間隔をあけながら並べて冷ましましょう。 ツヤツヤ感を出したいときは 茹でるときに小さじ1杯程度の油を入れて茹でると、ツヤツヤとした見た目も鮮やかなスナップエンドウとなります。 油はオリーブオイルでもサラダ油でもよいです。 油を入れることで沸騰したお湯の温度も下がらないため、茹で時間も30~40秒程度と短い時間で茹でることができます。 美味しい食べ方と主な料理方法 下茹でしたスナップエンドウはサラダやあえ物に使ったり、炒め物や煮物、スープの具材として使います。 シンプルに塩やマヨネーズだけをつけてポリポリとした食感とほんのりとした甘みを味わうのも美味しい食べ方です。 また、鰹節などと和えておくと副菜やお弁当にも便利に使えます。 煮物やスープで使う場合は、色が抜けたり食感が失われないよう、仕上げに投入するのがコツです。 天ぷらとして使う場合、下茹では不要です。 旬のスナップエンドウの選び方 スナップエンドウは豆が熟してもサヤは柔らかく、豆も硬くならないのが特徴です。 そのため、豆は端から端まで詰まっているものを選びましょう。 全体的にふっくらとして鮮やかな緑色をしているものが新鮮で、茶色に変色していたり、表面に傷がついているものは選ばないほうがよいでしょう。 ガクの部分も鮮やかな緑色でいきいきとハリがあるものが新鮮です。 絹さやは逆に中の豆が膨らんでいるものは、育ちすぎて硬くなっているものです。 スナップエンドウはふっくらとして豆が育っているものを選びますが、絹さやは中の豆が育ちすぎていないものを選んだほうが良いので、混同しないように覚えておくとよいですね。 旬のスナップエンドウの保存方法 基本は野菜室 スナップエンドウは乾燥に弱いためあまり日持ちはしません。 できるだけ早く使い切るのおすすめです。 時間とともに乾燥により食感や甘味が落ちてしまいますので、2~3日以内に食べきりましょう。 保存方法は、乾燥を防ぐため保存袋に入れて空気に触れないようにして、野菜室で冷蔵保存します。 鮮度を保ちたい場合は、軽く湿らせてキッチンペーパーで包み保存袋に入れるとよいでしょう。 茹でてから冷凍保存する 2~3日で使いきる予定がないときは、冷凍保存する方法もあります。 生のまま冷凍するのではなく、少し硬めに下茹でしてから冷凍保存しましょう。 下処理の時の塩加減より少し多めに塩を入れると、解凍後に水っぽくなるのが抑えられ保存性も高まります。 また、茹で時間も下処理の茹で時間よりも短く2、30秒ほどサッと湯通ししたらザルにあげ粗熱を取ります。 粗熱が取れたスナップエンドウはキッチンペーパーでよく水気をふきとってください。 この時に水が残っていると解凍したときに水っぽくなるため、丁寧に水気を抑えるようにするのが美味しく冷凍できるポイントです。 使う分ずつ小分けにして、できるだけ重ならにように広げて冷凍用の保存袋に入れて保存しましょう。 ひと手間かけて、バットなどの上で広げて冷凍した凍らせた状態で保存袋に入れると、使う時に必要な分だけ取り出しやすくなります。 冷凍したスナップエンドウの使い方 冷凍したスナップエンドウを使う時は、炒め物や煮物に使うことができます。 ですが、冷凍のまま使うと他の材料の熱が下がってしまうのが気になる場合は、自然解凍や電子レンジで解凍してください。 生で食べることもできますが、食感は変わってしまいますので、冷凍したスナップエンドウは加熱料理のほうがむているでしょう。 下処理をして茹でて冷凍することで、使う時の料理が時短になるので便利です。 スナップエンドウの栄養 緑黄色野菜であるスナップエンドウにはさまざまな栄養素が含まれています。 また、体内の塩分濃度を調整してむくみ予防によいと言われているカリウムも豊富です。 塩分濃度が調整されるので、高血圧予防にも効果的かもしれません。 さらに、便秘解消によい食物繊維も含まれているため、女性にとってはうれしい栄養をがたくさん含まれています。 最後に グリーンピースとスナップエンドウは混同されやすいのですが、グリーンピースは豆を食べることを目的としているものです。 一方、同じように豆を食べることを目的にもしていますがスナップエンドウはサヤごと食べることができる点が特徴です。 このように同じく豆を食べるグリーンピースとスナップエンドウですが、食べる部分が異なっているのです。 さやも実も食べれるのが「すなっぷえんどう」「さやえんどう」「絹さや」で、実だけを食べるものは「グリーンピース」と呼ばれています。

次の

スナップエンドウの旬と美味しい茹で方。サクッと食感を壊さないコツはコレ!

スナップ エンドウ の 食べ 方

スポンサーリンク スナップエンドウの品種の選び方 初夏の味覚であるスナップエンドウ。 さまざまな種類がありますが、 それぞれには一体どんな違いがあるのでしょうか? まずは、スナップエンドウの 品種の選び方について紹介していきます。 「つるあり」と「つるなし」、違いは? スナップエンドウの品種には、 大きく分けて「つるあり」と「つるなし」の2種類が存在します。 これらの違いはその草丈にあり、 「つるあり」種は最終的に 200cmほど、 「つるなし」種では 50~100cmほどに成長します。 栽培スペースや希望する収穫量に合わせ、 育てる品種を決めていきましょう。 肉厚で食べ応えがあり、耐病性を持つつるあり種「スナック」。 北海道などの寒冷地では… 北海道や東北など、関東以北の 寒冷地では、 スナップエンドウは「 春まき・夏どり」で育てることになります。 一般的な「秋まき・初夏どり」の方法に比べ、栽培期間が短くなるため、 成長の早い「 つるなし」種を選ぶことがおすすめです。 強健な性質で、初心者にも育てやすいつるなし種「ホルンスナック」。 甘みが強く、おいしさには定評があります。 露地・プランター栽培における土作りのポイント では、実際にスナップエンドウを栽培していきましょう。 初めに、露地・プランター栽培における 土作りのポイント について説明していきます。 土の酸度調整を忘れずに スナップエンドウは酸性土壌を嫌うため、 露地栽培で育てる場合には、忘れずに 酸度調整を行いましょう。 植え付けの2週間前までには畑に苦土石灰を施し、 1週間前までに元肥を混ぜ込むようにします。 スナップエンドウをプランターで育てる場合は… スナップエンドウをコンテナで栽培するときは、 プランターには幅が60cm程度のものを使用します。 スナップエンドウは株間を 30cmほど取って育てるため、 栽培したい株数に合わせてプランターを選ぶとよいでしょう。 また、用土には野菜用培養土を利用する方法が手軽でおすすめです。 このとき、用土には適量の 元肥を混ぜ込むようにしてください。 種まき~定植までの育て方 スナップエンドウを種から栽培する場合、 一体どんなことに気をつければよいのでしょうか? ここでは、スナップエンドウの 種まきから苗の植え付けまでの育て方 についてピックアップしていきます。 種まきの適期は秋か春 一般的に、スナップエンドウの種まきは 10月中旬~11月中旬に行います。 種まきが早すぎると苗が育ちすぎてしまい、 冬の寒さに耐えられなくなってしまうため、 適期を守るようにしてください。 なお、北海道などの寒冷地では冬期の栽培は避け、 3月中旬~4月中旬に種をまくようにします。 種まきには育苗ポットを利用する スナップエンドウの種は、直まきにすることも出来ますが、 ポットまきにするとより確実です。 9cmのポリポットに 4粒ほど種をまき、発芽後、 本葉が出るころに2本を残して( 2本立ち)間引くようにしてください。 追肥と摘心・支柱立て~収穫までの栽培管理 苗の定植が完了したら、収穫に向けてしっかりと栽培を進めていきましょう。 最後に、スナップエンドウの 追肥・ 摘心のコツと収穫までの管理方法 について解説していきます。 追肥の適期は2月ごろ 2月ごろになり、気温が上がってきたら追肥を行います。 露地栽培では株元に化成肥料を施し、同時に 土寄せもしておきましょう。 プランター栽培の場合では、このころから 週に1回、 水やり代わりに希釈した液体肥料を与えるやり方が簡単です。 同時に支柱立てを行う 春になってスナップエンドウのつるが伸びてきたら、 それを支える支柱を立てる必要があります。 「つるあり」種では 2mほどの支柱を立ててネットを張り、 「つるなし」種では 1mほどの支柱を立てて、つるを絡ませましょう。 収穫量を増やす摘心・整枝のコツ スナップエンドウのつるを伸ばしっぱなしにしていると、 実つきが悪くなったり、味が落ちたりします。 おいしい実を多く収穫するためには、 摘心と 整枝を行いましょう。 根元から伸びる 親づる(主枝)と、 親づるから伸びる 子づるは実つきがよいので残し、 子づるから分かれた孫づるは早めに摘心していきましょう。 こうすることで、栄養を分散させずに収穫を迎えることが可能になります。 さらに、 3月下旬以降に伸びたつるや、 花つきの悪いつるも取り除いて整枝するようにしてください。 同時に、日照不足が起こらないよう、それぞれのつるの伸びる方向を変え、 誘引していくことも大切です。

次の