声優になるには。 声優には中学生や高校生でもなれるの?

【声優になれる確率】あなたの夢をかなえる方法を教えます

声優になるには

声優になりたい!声優になるにはどうすればいいのかを調べている方の中には、まだ小学生という方もいれば、40歳や50歳という方もいらっしゃるでしょう。 以下に、声優になるには早くて何歳から、そして遅くても何歳までならなれるのか、声優デビューと年齢について解説していきます。 声優になるには何歳から? 現代は多くの子役タレントがドラマやバラエティで活躍しているように、声優業界でも低年齢化が進んでいます。 小学生や中学生のようにまだ義務教育の年齢であっても、プロの声優としてデビューすることは可能です。 最近ではアニメなどの収録現場で、中高生の声優を見かけることもかなり多くなりました。 アイカツ!星宮いちご役の声優の諸星すみれさんは、7歳の時にアニメRED GARDENで声優デビューしています。 年齢が若いというのは声優を目指す上で大きな武器となりますし、10代以下の年齢の声優にしかできない仕事もあります。 声優になるには何歳から可能?自分の年齢では若すぎるのでは?と悩んでいるのであれば、今すぐにでも声優養成所に通って、声優の勉強を始めるべきです。 「声優になるには年齢が若すぎる」ということはありえないことで、とにかく少しでも多くのチャンスに恵まれるためにも、今からでも声優の勉強をスタートさせるべきです。 声優を育てる養成所は、基本的には高校生以上から入所可能というところが多くなりますが、わずかながら年齢に関係なく何歳でも入所できる声優養成所もあります。 それら年齢に関係なく入所できる声優養成所の中でも、インターナショナルメディア学院は実績が豊富でおすすめの声優養成所です。 まずは親御さんと相談してみて、可能であれば声優養成所に通うことを検討してみましょう。 社会人でも声優になれる?20代〜30代の方へ 現在社会人やフリーターとして働いている人でも声優になれるのか?20代〜30代前半であれば、声優になるチャンスは十分にあると言えます。 小林裕介さんや田村ゆかりさんなど、現在活躍している声優の中には、社会人を経験してからデビューした方はたくさんいらっしゃいます。 最近テレビで見かけることも多くなった金田朋子さんにいたっては、27歳の時に青二プロに所属となり、プロの声優としてのスタートを切っています。 特に最近では30代を前にしてブレイクする声優も多いので、30歳までであれば年齢的に声優になれる可能性は十分あると言えます。 声優養成所や声優専門学校の中には週に1回から通えるところもあるので、まずは仕事を続けながら声優業界にチャレンジしてみると良いでしょう。 声優養成所や声優専門学校には、プロの声優を目指しているわけではなく、趣味や習い事として通っている方もいらっしゃいます。 まずは本格的な声優の勉強を始めてみて、自分の年齢からでもプロの声優になれるかどうか、自分で感触を確かめてみるのが一番確実と言えます。 ただし、声優養成所の中には、「入所可能年齢は27歳以下」といったような年齢条件を設けているところもあります。 年齢が20代後半よりも上の人は、声優養成所を選ぶ際に年齢制限を必ず確認するようにしましょう。 40代以上から声優になるには あなたの年齢が20代〜30代前半であれば、まだ声優になるチャンスは十分にあると言えます。 しかし40代以上の年齢となると、その年齢からプロの声優になるにはかなり厳しいチャレンジとなります。 過去にそのくらいの年齢から声優デビューした方はいらっしゃいますが、数としては多いとは言えません。 特に女性声優は若ければ若い方が声優デビューしやすいので、年齢を理由に声優になることを諦めるのも1つの道と言えます。 しかしその反面、高齢になってから声優デビューした人がいるのも事実で、中には還暦を超えてから声優デビューした方もいらっしゃいます。 40歳を超えてから声優になるのは簡単なことではありませんが、不可能なことでもありません。 週に1回声優養成所に通うくらいなら大きな負担にはなりませんから、習い事くらいの軽い気持ちで、まずは声優養成所でレッスンを始めてみるのも良いでしょう。 ナレーションやアナウンスの仕事であれば、年齢に関係なく仕事が来ることも多いので、そのような道から声優の仕事をスタートできるかもしれません。 ドラゴンボールZでセル役を演じる若本規夫さんは、ナレーションやアナウンスの仕事から声優業を始めて、50代半ばからアニメへの出演が増えた声優です。 いきなりアニメ出演でデビューする声優は、むしろ少数派と言えます。 声優になるにはまずは声優養成所へ 声優になるには年齢が若い方が有利にはなりますが、何歳からであっても声優になった人の実例があるのは事実です。 声優になりたいと思ったら、とにかく動き出さないことには何も始まりません。 声優になるには自分の年齢ではどうこう考えることよりも、実際に行動を起こすことが大切です。 あなたの年齢が10代であっても50代であっても、声優になるには声優養成所でレッスンを受け始めることが最も近道と言えます。 声優養成所によっては入所可能年齢に条件を設けているところもありますが、年齢無制限の声優養成所もいくつかあります。 各声優養成所の年齢制限 声優養成所名 入所可能年齢 インターナショナルメディア学院 無制限 よこざわけい子声優・ナレータースクール 中学生以上 プロフィット 中卒以上 スクールデュオ 中卒以上 アクセルゼロ 15歳以上 ぷろだくしょんバオバブ付属養成所B. O 15歳以上 talk back 高卒以上 日本ナレーション演技研究所 小4〜40歳未満 81 ACTOR'S STUDIOS 中卒〜40歳位まで 俳協ボイス 16歳〜38歳 プロダクションエース演技研究所 14歳〜35歳位まで クレアボイス 中1〜30歳位まで アトミックモンキー声優・演技研究所 15歳〜30代位まで シグマセブン声優養成所 16歳〜30歳 マウスプロモーション付属俳優養成所 18歳〜27歳 ほとんどの声優養成所は週に1回2時間程度から通うことができますから、まずは学校や仕事と両立しながら、声優養成所で勉強することから始めてみましょう。 声優養成所に通うことで声優業界をより深く知ることができますし、 今の年齢と実力から声優になれるかどうか、講師と具体的に相談することもできます。 声優養成所の選択は非常に重要ですから、まずは資料請求して目を通してみて、できれば入所前には見学にも行ってみましょう。

次の

声優になるには? 向いている人の特徴とは

声優になるには

皆さんこんばんわ、声優さんのマネージャーをしているひよこです。 今日は声優を目指す学生さんが取るべき進路について勉強しましょう 声優になりたい!と考えた時、一つのゴールになるのが声優プロダクション 事務所 に所属し、プロの声優になる事です。 プロダクションに所属していなければ殆どのオーディションを受ける事が出来ないため、まずは皆さんここを目指します。 が、その前に学生の皆さんは自分の進路に迷ってしまう方も多いと思います。 「普通に大学に進んでいいのかな?」 「声優専門学校に入った方が夢に近づけるハズ!」 「声優養成所はどうなんだろう?」 今回はどの道が最も声優さんに近づくことが出来るのか、一緒に考えていきたいと思います。 声優になるための進路は3つある• 高校を卒業し、声優専門学校に入学する• 声優スクールに通い、社会人の仕事や学校と両立する• 声優養成所に通い、社会人の仕事や学校と両立する 声優を目指す進路としてはこの3つが定番でしょう。 ですが実際にこの中でオススメ出来る進路はたった1つ、声優養成所だけです。 声優専門学校やスクールが進路になりえない理由 声優学校や声優スクールは技術の基礎を身に着けることが出来ますが、 残念ながら声優事務所とそれ程強い結びつきがあるワケではありません。 声優事務所・プロダクションは自分達が抱える声優を、自分達が運営する声優養成所から選びます。 いかに専門学校やスクールで技術を磨いても、肝心の声優養成所に繋がる道が無ければ本末転倒です。 また、声優になるための技術だけを磨いた人材は現場で高い評価を受ける事は難しいでしょう。 実際に社会で多くの経験を積み、色々な感情を学んでこそ役になりきった演技が出来るからです。 声優専門学校では高い学費がかかります、年間200万円程の授業料がかかるところもあります。 しかしそこを卒業し、万が一声優の夢を叶えられなかったら、厳しい未来が待ち受けています。 声優としての技術しか身に着けていなければ、一般的な多くの仕事に就くことが難しくなってしまいます。 声優スクールであれば学業や仕事と両立できますが、であれば最初からプロダクションと繋がっている声優養成所に入るべきです。 声優養成所は週1回からレッスンを受ける事が出来ますし、ジュニアクラスでは小学生から応募を受け付けています。 一刻も早く声優養成所に所属してプロの声優から直接指導を受け、養成所とつながりのある声優事務所・プロダクションに所属する事がプロの声優になる一番の近道です。 声優養成所はどこを選べば良い? 佐倉綾音さんや松岡禎丞さんの出身養成所である、をオススメします。 小学4年生からジュニアクラスに入所することが出来、声優になるための技術を基礎からじっくり身に着けられる他、大手声優プロダクション・事務所がグループ企業にあるため、プロ声優への道がすぐに開けます。 以下の事務所・プロダクションが全てグループ企業です。 保志総一郎さんや内山 夕実さん、下田 麻美さん、藤田咲さん等が所属するアーツビジョン。 内田真礼さんや佐倉綾音さん、釘宮 理恵さんや下野 紘さん、鈴木 達央さん等が所属するアイムエンタープライズ。 森久保 祥太郎さんや梶 裕貴さん村瀬 歩さん堀江 由衣さん、山本 希望さん等が所属するVIMS。 いかがでしょう、これらの事務所に所属できるチャンスがある、 それだけで入所する価値は大いにあるのではないでしょうか。 実際に第一線で活躍されている天野由梨さんや坂本千夏さんが講師として指導をしてくれるため、現場で使える実践的な技術もしっかりと身に付けられますし、 声優としての技術を大きく伸ばし、事務所所属のチャンスも沢山ある、そんな日ナレが最もオススメの養成所です。

次の

声優になるには・声優になりたい!マネージャーが教えるプロへの道

声優になるには

声優の仕事とは 2017年に発表された 女子中学生のなりたい職業では「歌手・俳優・声優などの芸能人」が1位を獲得しました。 声優は演技をする仕事なので、俳優が声優の仕事をすることもありますし、元は舞台俳優だった声優もいます。 そんな「声優」という職業について紹介していきます。 声優の仕事内容 アニメでキャラクターに声をあてての演技や、外国の映画や海外ドラマで俳優のセリフを吹き替えたり、番組やCMのナレーションをしたりするなど、多数の仕事があります。 声優は稼げるのか 声優は仕事ごとのギャラが収入になるため、仕事が少ないうちは収入も少ないです。 同じ仕事でも新人とすでに実績ある人気声優はギャラが異なります。 人気声優は年収数千万ということがある一方で、無名のうちは100万にも満たないことも多々あります。 若手のうちはアルバイトなどと両立している人も多いです。 声優に向いている人とは 声優は経験や実績がものを言う職業なので、 すぐに結果が欲しい人には向いていません。 演技が好きな人 声優は俳優と違って、表情や体の動きで表現することはできません。 つまり、感情表現もすべて声だけで行うことになります。 演技力は、養成所などでの努力により伸ばすこともできますが、演技が好きかどうかは他人には変えることのできない要素です。 また、声優は子供や少年の役を女性が務めるケースが多いこともあってか女性の方が数は多いのですが、女性だけの仕事ではなくもちろん男性もなれます。 男性だからといって仕事が少ないわけではありません。 一度は別の職業に就いたとしても、声優になることはできます。 声優という 職業自体には年齢制限はないので社会人でも養成所に通うことはできますし、週に何回かだけ通えるコースがある養成所もあります。 すべての養成所に年齢制限があるわけではないので安心してください。 声優になるためにはどんな方法やステップがあるか 声優とは、TVやアニメーションキャラクター、洋画の登場人物の声の吹き替えをするのが主な仕事です。 声優の活躍の場は広く、CMやドキュメンタリー番組、CDブックのナレーション、ラジオのDJなど、さまざまあります。 気になる声優のなり方ですが、養成所や専門学校などを経てプロダクション会社に入社するか、オーディションなどを経て声優となるのが一般的です。 声優養成所に入る 声優になるには養成所に入るのが一般的です。 専門学校を卒業してから養成所に入るパターンもありますし、大学卒業後や社会人になってから入る人もいます。 養成所は声優事務所やプロダクションが経営していることが多く、 入所にあたっては基礎的な能力が身に付いているかどうか審査がある場合がほとんどですが、専門学校と比較すると授業料は安価です。 審査に合格したら入所手続きを行ない、レッスンに通い始めることになります。 声優事務所に所属する 養成所に入ると、基本的には卒業後に事務所に所属する流れになります。 その場合、 卒業後自動的に事務所所属となる場合と、 オーディションを受けて合格した人のみが所属できる場合があります。 事務所に所属しても、 一定期間内に何らかの仕事を取らないと退所になるなど条件がつく場合がありますので油断できません。 声優の仕事は、基本的にオーディションで取ります。 事務所に所属できなかった場合は、無所属を対象としたオーディションに参加することも可能ですし、 フリーランスの声優になるという手段もあります。 声優オーディションを受ける 仕事はオファーを受けてオーディションすることもありますが、ほとんどの場合 オーディションを受けて役を勝ち取るのが一般的です。 事務所にオーディションの案内が送付され、事務所から所属タレントにオーディションを受けるように話があります。 中には養成所に通っている段階からオーディションの話を受けることもあります。 事務所に所属していない人は一般公募のオーディションなら受けることができます。 オーディションはベテランの声優も受けています。 声優になるのに遅いことはない 声優として成功するのは簡単なことではありません。 しかし、 仕事自体に年齢制限はないため、声優の仕事に早く取り組めばそれだけ多く経験を積むことができます。 若い方が選択肢は多くありますが、 社会人になってからも声優になる道はあります。 多くの養成所で見学やレッスン体験を実施していますので、気になる養成所を調べてみることをおススメします。 声優になるための最初のステップとして、どの養成所を選べば良いか 声優の養成所は全国に数多くあります。 近所の養成所でもいいですし、 憧れの声優が所属していた養成所に見学に行くという選択肢もあります。 おすすめの声優養成所はここ! は、週1回からレッスンがあります。 昨今の声優は演技だけでなく歌や踊りが必要になることもあるので、ナレーションだけでなく、ボーカルやダンスのレッスンを行なうクラスもあります。 レッスンの回数が少ないので仕事をしながらでも学ぶことができます。 入所面接はありますが、 基礎からレッスンを受けることができます。 教材費や施設費も受講料に含まれているので、追加で費用がかかることもありません。 無料体験レッスンやレッスン見学、資料請求も無料です。

次の