ヤン ドングン。 ヤン・ドングンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

「バラコラ」ヤン・ドングン×キム・ジョンミンら79年生まれの俳優・芸人6人が新バラエティ「濃い友達」で共演! 同級生トークで大盛り上がり!

ヤン ドングン

彼ら6人の共通点は1979年生まれ、42歳(数え年)ということ。 番組の演出を手掛けるのは、大人気バラエティ「無限に挑戦」、「ラジオスター」、「私は歌手だ」(全てMBC)などを演出してきたイ・ビョンヒョクPDで、同級生が集まる番組を作ろうと考えていたところ、79年生まれが今年42歳というところに目をつけたという。 数字をくっつけると7942(チル・ク・サ・イ)。 番組が始まる前に行われた初顔合わせの食事会では、ちょうどその日がヤン・ドングンの誕生日でもあり、メンバーたちが特別なケーキをプレゼントするなど、すぐに仲良くなったという。 初回放送では、1つ100万ウォン相当だという友情リング6個をかけた6つのゲームにチャレンジしたメンバーたち。 お揃いのTシャツにもんぺ姿で、干潟にやってくると、泥まみれになりながら、体を張って奮闘。 しかも、事あるごとに、泥をぶつけ合ったり、いたずらしたりと童心に返ったように、大はしゃぎ。 その表情は実にいきいきとしているのだ。 そして、ゲームをしながら、自分たちが不利な状況になってくると、5歳年下のPDにルール変更を申し立てるなど、ベテランらしい駆け引き、図々しさも見せながら、有利に進めていくあたりも、さすがバラエティを知り尽くした芸人メンバーたちだ。 結局、友情リング6個を無事に獲得した。 さらに、夕飯をかけたイメージゲームでも、お題が出され、名前が出たメンバーは水中にドボンするという、これまた若手芸人がやるようなゲームだったが、ノリノリで挑戦したメンバーたち。 「オヤジみたいな人は? 」「一番おめでたい人は? 」「一番ナルシストな人は? 」「もし妹がいたら、紹介したくない人は? 」など、ちょっとお互いをディスるようなお題で、盛り上がった。 また、何よりも、休憩中の楽屋でも本番でも、彼らはタメ口で話せる気楽さからか、ズケズケと本音を言いまくる同級生トークが痛快で、笑いのポイントが随所に。 昔を懐かしむ話題、加齢にともなう変化や悩みなど共感できる話題もたくさんあるうえ、先輩後輩がいない現場なので、よそ行きの顔ではなく、思い切り本来の顔を見せていたのが、番組を面白くしている見どころだった。 番組は全8話で展開される予定だが、伝説の国民的バラエティ「無限に挑戦」の同い年バージョンになるか? と期待されている。 記者会見では、ハハが「同い年のコン・ユとダニエル・ヘニーを待っている」とラブコールを送っていたが、出演が実現したら、最強ラインナップになりそうだ。

次の

ヤンドングン妻・娘ジョイ・家族についてインスタの子供画像と共に紹介!

ヤン ドングン

彼ら6人の共通点は1979年生まれ、42歳(数え年)ということ。 番組の演出を手掛けるのは、大人気バラエティ「無限に挑戦」、「ラジオスター」、「私は歌手だ」(全てMBC)などを演出してきたイ・ビョンヒョクPDで、同級生が集まる番組を作ろうと考えていたところ、79年生まれが今年42歳というところに目をつけたという。 数字をくっつけると7942(チル・ク・サ・イ)。 番組が始まる前に行われた初顔合わせの食事会では、ちょうどその日がヤン・ドングンの誕生日でもあり、メンバーたちが特別なケーキをプレゼントするなど、すぐに仲良くなったという。 初回放送では、1つ100万ウォン相当だという友情リング6個をかけた6つのゲームにチャレンジしたメンバーたち。 お揃いのTシャツにもんぺ姿で、干潟にやってくると、泥まみれになりながら、体を張って奮闘。 しかも、事あるごとに、泥をぶつけ合ったり、いたずらしたりと童心に返ったように、大はしゃぎ。 その表情は実にいきいきとしているのだ。 そして、ゲームをしながら、自分たちが不利な状況になってくると、5歳年下のPDにルール変更を申し立てるなど、ベテランらしい駆け引き、図々しさも見せながら、有利に進めていくあたりも、さすがバラエティを知り尽くした芸人メンバーたちだ。 結局、友情リング6個を無事に獲得した。 さらに、夕飯をかけたイメージゲームでも、お題が出され、名前が出たメンバーは水中にドボンするという、これまた若手芸人がやるようなゲームだったが、ノリノリで挑戦したメンバーたち。 「オヤジみたいな人は?」「一番おめでたい人は?」「一番ナルシストな人は?」「もし妹がいたら、紹介したくない人は?」など、ちょっとお互いをディスるようなお題で、盛り上がった。 また、何よりも、休憩中の楽屋でも本番でも、彼らはタメ口で話せる気楽さからか、ズケズケと本音を言いまくる同級生トークが痛快で、笑いのポイントが随所に。 昔を懐かしむ話題、加齢にともなう変化や悩みなど共感できる話題もたくさんあるうえ、先輩後輩がいない現場なので、よそ行きの顔ではなく、思い切り本来の顔を見せていたのが、番組を面白くしている見どころだった。 番組は全8話で展開される予定だが、伝説の国民的バラエティ「無限に挑戦」の同い年バージョンになるか?と期待されている。 記者会見では、ハハが「同い年のコン・ユとダニエル・ヘニーを待っている」とラブコールを送っていたが、出演が実現したら、最強ラインナップになりそうだ。 掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。 Copyright MANTAN Inc. All rights reserved. 2016 All Rights Reserved. All Rights Reserved. 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。

次の

“俳優ヤン氏”に逮捕報道…ヤン・セジョン&ヤン・ドングンらが予想外の被害に

ヤン ドングン

ヤン・ドングンについて ヤン・ドングンは、1987年KBS特別放送ドラマ『塔里』で、わずか7歳で子役として芸能界デビューした。 その他、数々のドラマで子役として活躍。 その後、混声グループ「Will」のメンバーとなり、歌手デビューも果たす。 現在では、俳優、タレント、HIP-HOP歌手としても活動をしており、独特でユニークなキャラクターで人気を得ている。 独特な世界観を生み出し、作り出す俳優で、マニアックなファンを着々とつけてきたが、2002年MBCドラマ『勝手にしやがれ』では、そのマニアックなファンを量産させた。 また、HIP-HOP歌手としては、CNBLUE(FNCエンターテインメント所属の男性4人組バンド)のボーカルであるジョン・ヨンファとのコラボ曲でアイドル好きな若い女性たちや、今までのマニアックなファン層とは違い、大衆的に多くの人に知られることとなった。 基本プロフィール MBCラジオ『ソン・ベッキョンのダブルインパクト』でヤン・ドングンは「私の気持ちが彼女に届くことを祈ります。 」と好きな女性がいることを明かしたため、その彼女が誰なのか話題になった。 その彼女とはイ・ユリのことである。 イ・ユリがデビューしてから間もないころ、ヤン・ドングンはイ・ジェニと別れた。 その後、イ・ユリとヤン・ドングンは撮影などで一緒になる機会が増え、自然と親しくなっていった。 ヤン・ドングンもイ・ユリに心を開くようになり、二人は江南のあるカフェで待ち合わせしたり、映画を見に行ったりと平凡なデートを楽しんだ。 しかしヤン・ドングンは交際について否定し、「お兄さんと妹のような関係である」と発表した。 ヤン・ドングンは、2013年、女優のパク・カラムと結婚。 妻であるパク・カラムとは、軍隊入隊中の広報MV撮影の際に初めて会ったが、ヤン・ドングンの方から連絡先を聞き、猛烈にアタックして交際に至り、結婚したという。 現在では男児2人、女児1人を持つ父親であり、芸能バラエティ番組『スーパーマンが帰ってきた』では、独特でユニークな子育て方法が話題になり注目を集めている。 好きなタイプ ヤン・ドングンは自身の理想のタイプについて、以前女優キム・テヒと共に芸能バラエティ番組に出演した際に、独特な意見を述べている。 「見た目としては、動物的に綺麗でなくてはならない…内面としては、僕自身が俳優の他にも歌手活動もしており、その面についても知識を持って理解してくれなければならない。 」と話し、その際に司会者から「女優キム・テヒさんはどうか?」といった質問をされた際には「容姿はNot Bad(悪くない)だ…しかし、内面についてはキム・テヒさんとお話しする時間が少ないので、内面がどういった方なのか分かりませんのでお答えできません。 」と話していた。 性格 インタビュー記事や、記者らの話から見るとヤン・ドングンは、大変アーティスティックで気難しい性格なのかと思われがちだが、友人や周りが決めた事には黙って付いて行ったりと、周囲の意見に合わせて行動するような配慮も持ち合わせていて、相手の気持ちを優先させるといった優しさのある性格のようだ。 また、宗教について敬虔であり、信仰の深さから自身が関わる作品について大変真面目に取り組むといった姿がほとんどである。 以前インタビューにて「演技は、神様が僕に与えて下さったものであり、僕自身はその領域で主の仕事をするような気持ちで臨むのだ。 」と話していたことがある。 こういった点から、真面目で周囲を良く見ており、配慮の多い人物ということが良く分かる。 また、彼の中では「演技と歌を歌っている時だけが楽しい」としており、あとの事は何をしていても「仕事」という気持ちになってしまうのだとか。 趣味 ヤン・ドングンは、レコード収集が趣味。 なかでも本人が大好きなジャンルであるヒップホップのレコードを収集するのが好きなのだという。 特技 ヤン・ドングンは、ヒップホップダンス、バスケットボールが得意である。 HIP-HOP歌手として歌手活動もしているため、ヒップホップダンスが得意なのは、韓国のさまざまな番組でも見られ、有名である。 モゴモゴと口元で語る印象のある演技からは想像がつかないが、かなりの腕前のようだ。 デビュー前の経歴 ヤン・ドングンは、子役出身で、わずか8歳で芸能界デビューしているので、デビュー前の経歴よりもデビューしてからの経歴の方が長い。 詳細は不明であるがデビューのきっかけは、6歳の頃にテレビを観ていて、ドラマなどで演技をする子役を見て「僕もテレビに出てみたい」と思い、母親に頼んで演技レッスンを受けられるスクールに通ったことがきっかけであると話していた。 出身・家族・学歴 兄弟 兄2人 出生国 出生地域 高校 景福高等学校 大学 龍仁大学校、瑞逸大学校 解散・引退について 周囲からの評判 2002年のドラマ『勝手にしやがれ』で一躍人気スターの一員となったヤン・ドングンは、4年後の2006年4月MBCドラマ『ドクター・ギャング』でドラマ復帰を果たしているが、前作との比較をされることを大変嫌がり、ドラマ作品の話が来ても断り続けていた時期があったと話す。 約4年間の間に、制作側から出演交渉が約40件あったという事実にも驚いたが、ヤン・ドングン本人が「僕はスターになりたいという気持ちでここにいる訳ではなくて…ただ、演技をする力は神様が僕にくれたものだと思って、その領域で主の仕事をするというような気持で毎回臨んでいるだけです。 」と話している。 記者らが「彼と親しくなるのと同じくらいに、彼の事を理解することは難しい…」と語り、それも、かつては記者らの質問に「分かりません。 」「嫌です。 」などの短答を返すといった言動があったからである。 かと思えば、記者からの難しい質問に約3分間休まずに真剣に返答し続ける事があったりと、彼の気持ちの波や思考の波を読み取ることは大変難しいと評されるほどアーティスティックなマルチ俳優である。 整形 なし 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の