精 器 ヘルペス 男性 何 科。 丸善クリニック

性器ヘルペスかも…受診は泌尿器科?皮膚科?病院は何科に行けばいいの?

精 器 ヘルペス 男性 何 科

とにかく早く病院(皮膚科)へ行こう ヘルペスを早く治すために最も大切であるといっても過言ではないのが、「とにかく早く病院へ行く」ということです。 ヘルペスの治療においては抗ウイルス薬が処方されますが、この種の 薬はいつ飲んでも同じように効くというわけではなく、できるだけ早い段階で服用することで本来の効果が発揮されます。 例えば口唇ヘルペスに対して良く処方されるバルトレックスという内服薬ですが、このお薬はヘルペス発症後5日以内に服用を開始する必要があります。 また口唇ヘルペスは治療開始が遅れると、症状が重篤化して患部の肌細胞に深刻なダメージを与え、痕(跡)になってしまうこともあります。 なので、口唇ヘルペスと思われる症状が出た場合には、できるだけ早く病院へ行って治療を受けるようにしましょう。 なお、病院の何科にかかればいいのか迷う方もいると思いますが、基本的には 皮膚科を受診しましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 ) 病院に行けない時でも、前兆を感じたら市販薬を塗ろう 「ヘルペスを早く治すにはすぐに病院に行ったほうが良い」、それはわかっていても、仕事や学校、家事などで忙しくしているとなかなか病院に行けないこともありますよね。 そんな時でも、再発した場合に限っては、 薬局やドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬を使用するという方法もあります。 口唇ヘルペスの治療薬(塗り薬)は、薬局はもちろん、「マツモトキヨシ」や「ココカラファイン」といった一般的なドラッグストアでも市販されていますので、何度も再発を繰り返しているという方は予め購入しておきましょう。 そして、ヘルペスが再発する前兆と思われる症状があらわれた場合に、薬を塗るのです。 代表的なヘルペス再発の前兆としては、 ・口唇やその周りがピリピリ・チクチクする ・患部がムズムズするなど違和感がある ・患部が熱っぽくなる といった症状があげられます。 ヘルペスも何度か再発を繰り返しているとその前兆がわかるようになりますので、これを感じた場合は早めに市販薬を塗布することで症状を早く軽快させることができます。 ヘルペスに初感染・初発症した場合はその症状がヘルペスによるものでない可能性もありますので、病院に行って医師の診断を仰ぐ必要があります。 「ヘルペスだと思っていたら実は他の病気だった」なんてケースもありますので、ヘルペスと思われる症状が初めて出たという場合は、必ず病院に行くようにしましょう。 残る2つは、ヘルペスの薬が手元にないときにでも、できる事を紹介します。 リジンを積極的に摂取しよう 口唇ヘルペスを早く治すには、「リジン」を積極的に摂取するという方法もおすすめです。 「リジン」は必須アミノ酸の一種で、ヘルペスウイルスの栄養分となるアルギニンを減らす役割があることがわかっています。 そのためリジンを多く摂取すれば、その作用によってヘルペスウイルスの活動を抑制し、辛い症状を軽減させる効果が期待できるのです。 (参考:) リジンを多く含む食材には、 ・ 魚介類 ・ 牛肉 ・ チーズ ・ 鶏肉 ・ ビール酵母 ・ 卵 ・ もやし ・ 野菜 ・ 大豆製品 ・ フルーツ 等がありますので、普段の食事の中に意識的に取り入れてみてはいかがでしょう。 ちなみにヘルペスウイルスの栄養分(つまり身体にとってはNG)となるアルギニンは、 ・ チョコレート ・ カフェイン ・ ナッツ類 ・ 干しぶどう 等に多く含まれています。 ヘルペスの症状が出ている時は、これらの食材をなるべく摂取しないようにするというのもおすすめです。 リジンを摂取できるヘルペス向けのサプリが注目されています 普段の食事でリジンを補うことが難しい場合や、大切なイベント前など、効率よくリジンを摂取したい場合に役立つのがサプリメントです。 最近は、ヘルペス向けサプリメントの種類も増えているので、サプリについては以下の別記事にまとめています。 ヘルペスが再発すると2週間は辛い思いをしてしまうため、こういったサプリを活用し、日々の生活の中で無理なく予防するというのも1つの方法ですね。 実際に私自身も、体調に合わせてサプリを取り入れるようにしてから、ヘルペスの症状に悩まされる頻度が減っています。 体と心を休めよう 最後は基本中の基本ですが、ヘルペスを早く治すためには、体と心を休めるということも大切です。 というのも、ヘルペスは、 ・体力が弱っているとき ・病み上がりのとき ・免疫機能が低下しているとき ・ストレスを過剰に感じたとき ・夏場、炎天下で活動したとき に再発しやすい傾向にあります。 体力や免疫機能が弱っていると神経細胞の奥に潜んでいたウイルスが活発化して増殖し始め、ヘルペスの症状が出てくるわけですね。 もちろん抗ウイルス薬を服用すればウイルスを鎮静化することはできますが、体力が著しく低下していると、薬を服用してもなかなか症状が改善されないことがあります。 そこでヘルペスの症状がでたときは、あまり無理をしないで体と心をしっかり休めるようにしましょう。 特に過剰なストレスはヘルペス再発の原因になりやすいことがわかっていますので、 ・リラックス習慣を身に着ける ・趣味に没頭する時間を作る ・誰かに話を聞いてもらう などして、 あまりストレスを溜めないようにすることが大切です。 また睡眠不足もヘルペス再発の原因となりますので、ヘルペス発症中はもちろん、日頃から睡眠時間をしっかりと確保することによってヘルペス再発を予防することができます。 まとめ ヘルペスになってしまった場合、その症状を早く治すにはできるだけ早い段階で病院に行くことが大切です。 仮に病院に行くのが難しいという場合でも、口唇ヘルペスは市販薬が販売されていますのでこれを使って対処しましょう。 そして薬による治療と同時進行で、体を休めたり食生活の改善に取り組んだりすれば、より効果的に、そして早く辛い症状を改善することができるのです。

次の

性器ヘルペスの原因-写真・画像で見る性器ヘルペスや帯状疱疹の症状、性器ヘルペスの再発を抑える再発抑制療法、性器ヘルペスにならないためにはどうしたらいいの?

精 器 ヘルペス 男性 何 科

「唇に水ぶくれができてピリピリズキズキ痛い!もしかして、これって口唇ヘルペスかも!? もし口唇ヘルペスだとしたら、人に感染させちゃう可能性もあるし、痛いし痛いし痛いし、見た目も悪い!とにかく早く治したーい!!」 と悩んでいるあなた。 口唇ヘルペスを早く治したいなら病院を受診するのが1番です。 しかーし、ここで1つ疑問。 「あれ?口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診するんだけ?」 唇だから皮膚科?いや、でも内科かも?唇以外の違う場所にもヘルペスができた場合はどうするの? と疑問ですよね。 ここでは「 口唇ヘルペスで病院に行く時、何科を受診するのか」症状別で紹介していますよ。 また、その他にも「病院で処方される薬(内服薬、外用薬)」や「かかる値段」について紹介しています。 口唇ヘルペスらしき症状がある人は参考にしてくださいね。 口唇ヘルペス 病院は何科を受診する? 口唇ヘルペスができた時、主症状が「唇の水ぶくれや赤み・発疹」の場合、 基本的に「皮膚科」を受診すればOKです。 大人、子供に関わらず、受診するのは「皮膚科」です。 口内や喉、目、手足、性器等の唇以外にも症状がある時も、基本的には皮膚科を受診してもらって大丈夫です。 が、問題は唇には水泡等のヘルペスの症状が無く、他の場所にだけ症状が出ている場合です。 その際は、患部の場所によって、以下の科を受診してください。 ヘルペスが口内・喉にできた場合 唇の内側、舌、舌の裏、歯茎、喉等に白い水泡ができた場合は「内科」を受診してください。 もしくは耳鼻咽喉科、口腔外科でも構いません。 医者もそれぞれ得意分野があるので、どこの科が「1番適切」とは言えません。 ひとまず上記の科のうちどこかを受診すれば、症状に合わせて良い科を紹介してもらえます。 ヘルペスが目や目の周りにできた場合 目の下や目の周りにできた時、病院は眼科を受診してください。 というもの、目の周りにできたヘルペスは悪化すると「角膜ヘルペス」になる事があります。 目がゴロゴロとしたり、充血していませんか?もし目の中の不快感や充血があったとしたら既に「角膜ヘルペス」になっている可能性があります。 できるだけ早く病院を受診してください。 ヘルペスが精器にできた場合 ヘルペスが陰部にできた場合、女性と男性で受診する科が異なります。 それぞれ ・男性・・・泌尿器科 ・女性・・・婦人科 を受診すればOKです。 受診するのは恥ずかしいですが、放置すると症状が悪化する可能性もありますので、勇気を出して病院へ行きましょう。 ヘルペスが頬や腕、手、おしり、足等にできた場合 ヘルペスが頬や腕、手、お腹、おしり、背中、ふともも、ふくらはぎ、足等、とにかく皮膚にできた場合、全て「皮膚科」を受診すればOKです。 特に顔にヘルペスができた場合、悪化して跡が残ると嫌ですよね。 できるだけ早く病院を受診しましょう。 関連記事 『』 スポンサーリンク 口唇ヘルペス 処方される薬はどんな物があるの? 口唇ヘルペスで病院に行った時、症状等でも違いますが、よく処方されるのは「 抗ウイルス薬」になります。 ヘルペスはウイルスによる炎症が原因なので、ウイルスをやっつける薬になるんですね。 んで、その「抗ウイルス薬」は以下のような薬になります 【内服薬(飲み薬)】 ・バルトレックス ・ゾビラックス 【外用薬(塗り薬)】 ・アラセナA軟膏 ・ゾビラックスクリーム ただ、ヘルペスになって3日くらい経過していると、抗ウイルス薬の効果が薄くなってきて他の感染の危険が出てきます。 その際は、医者によっては以下のような「 抗生剤入りの薬」が処方される事もあります。 【外用薬(塗り薬)】 ・ゲンタシン軟膏(ステロイドは含まれていません) ・リンデロンVG軟膏(ステロイド剤) ・テラ・コートリル軟膏(ステロイド剤) 「リンデロンVG軟膏」と「テラ・コートリル軟膏」にはステロイドが含まれており、効果がとても強い薬になります。 長期間使い続けると副作用も出る可能性がありますので、注意してくださいね。 とはいえ、妊婦や子供でも決められた容量を数日塗るだけなら、問題ないですよ。 ステロイド剤と聞くと「身体に害があるんじゃないか!?」と警戒する人も多いですが、何かしら影響が出るのは長期間・広範囲に塗り続けた場合です。 医者の指示通り普通に使う分には、ほとんど影響はありません。 あと、これらの「抗生剤入りの薬」は口唇ヘルペスを治すという目的というよりは「感染を抑える」という目的で使用されます。 ですので、「抗生剤入りの薬」単体ではあまり効き目がありませんので、注意してくださいね。 ちなみに、口唇ヘルペスになっても病院を受診できない場合、オロナイン等「家にある軟膏で代用できないか?」って考えちゃいますが、オロナインをヘルペスに塗っても良くなりませんので、使わないようにしてくださいね。 また、口唇ヘルペスができている時は、リップクリーム、ワセリンも塗らないようにしましょう。 できたらメイク等のお化粧もしない方が良いです。 女性はマスクをしてごまかしましょう。 スポンサーリンク 口唇ヘルペス 病院の費用値段はどのくらい?病院には行くべき? 口唇ヘルペスの治療費はいくらくらい? 口唇ヘルペスで病院を受診した際、かかる費用についてですが、 ・診察料、処方箋料・・・1,100円 の基本料金がかかり(初めての病院の場合は初診料も)、それに加えて薬の代金がかかります。 薬は人によって処方される内容が違いますので具体的な値段は答えれませんが、 【内服薬・飲み薬】 ・バルトレックス(5日分)・・・1,600円 ・ゾビラックス(5日分)・・・1,300円 【外用薬(塗り薬)】 ・アラセナA軟膏1本・・・500円 ・ゾビラックスクリーム1本・・・500円 保険適用後の値段で大体このくらいですので、症状が軽ければ「診察料+外用薬(塗り薬)」で1,500円くらい、症状が重ければ「診察料+内服薬(飲み薬)+外用薬(塗り薬)」で2,500~3,000円くらいになると思います。 ちなみに、ゾビラックスは「値段が安いジェネリック」が出ているので、そちらを処方するように頼めば(お医者さんによっては嫌がるかもですが)、もっと安い金額になると思いますよ。 口唇ヘルペス 病院には行くべき?薬局じゃダメ? 口唇ヘルペスになると「薬局の市販薬で治らないかな」とか思っちゃいますよね。 もしあなたが、1度病院で「口唇ヘルペス」と診断されているなら、薬局でも市販薬が買えますのでそれも有りです。 が、もしあなたが初めて口唇ヘルペスになったというなら 病院を受診する事を強くおすすめします。 というのも、私の友達は「口唇ヘルペス」になった時、市販薬を塗って治していたのですが、何回か再発を繰り返すうちに市販薬が全く効かなくなりました。 仕方がないので、最終的に病院を受診すると、 「ヘルペスウイルスとは全く関係ない湿疹」だったというね・・・。 症状は完全にヘルペスと同じだっただけに、私も友人もかなり驚きましたが、その時処方された薬(飲み薬と塗り薬)で3日くらいで完治しましたよ。 ですので、見た目が口唇ヘルペスだとしても決めつけるのは早いです。 このような私の友達の例もあるので、「初めて口唇ヘルペスになった」という人は最初に病院を受診するのがおすすめですよ。 関連記事 『』 口唇ヘルペス 病院は何科に行くべき?薬の処方例や値段は?まとめ いかがだったでしょうか?口唇ヘルペスで病院を受診する時は基本的に「皮膚科」を受診すればOKですよ。 処方される薬は症状が軽ければ「外用薬」のみで費用は1,500円程度、症状が重ければ「内服薬と外用薬」で3,000円くらいになると思います。

次の

性器ヘルペスに感染してしまった場合・・・

精 器 ヘルペス 男性 何 科

性器ヘルペスを早く治すには、病院で治療を受けることが大切です。 ただ、いざ病院へ行こうと思っても「何科に行けばいいのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、性器ヘルペスになったら何科を受診すればいいのか、詳しくご紹介します。 性器ヘルペスは病院に行かなければ治らないの? 性器ヘルペスを発症した、あるいはその疑いがあり病院で診察を受ける場合、当然ではありますが陰部を医師に見せなければなりません。 そのため皆様の中には、「病院に行った方がいいことはわかっていても、恥ずかしい」という方も多いかと思います。 では、そもそもヘルペスは、病院に行かなければ治すことができないものなのでしょうか。 市販のお薬などを使って、自力で治すことはできないのでしょうか。 市販されているのは口唇ヘルペスの薬 ドラッグストア等に行けば、ヘルペスの薬を購入することは可能です。 しかしこれはあくまで、「口唇ヘルペス」の症状を改善するためのものにすぎません。 また、水ぶくれや赤み、かゆみといった症状が出ていても、その原因が性器ヘルペスであるとは限りません。 そのため性器ヘルペスが疑われる症状がある場合は、病院へ行くことをおすすめします。 性器ヘルペスになったら何科に行けばいい? では、性器ヘルペスになってしまった場合、何科を受診すればいいのでしょうか。 性器ヘルペスを発症すると、皮膚に以下のような症状が出ます。 ・痛み ・痒み ・赤いできもの ・潰瘍 ・びらん 「皮膚」に関する症状は皮膚科で治療していくのが基本ですので、性器ヘルペスが疑われる症状がある場合、まずは皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。 婦人科・泌尿器科でも治療が受けられる! 皮膚科を受診する場合、仕切り等がない診察台の上で患部を見せることになります。 そのため女性の中には、皮膚科を受診することに抵抗がある方も少なくないことと思います。 そんなときは、婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。 性器ヘルペスは性感染症の一種であり、婦人科の一般診療では、性感染症の診察・治療を受けることができます。 婦人科であれば専用の内診台が設置されていますし、プライバシー面に配慮した診察を受けることもできますので、皮膚科より受診しやすいかもしれません。 また男性の場合は、泌尿器科で治療を受けることもできます。 病院ではどんな治療をするの? 皮膚科もしくは、婦人科、泌尿器科で治療が受けられる性器ヘルペスですが、病院では、具体的にどのようなことをするのでしょうか。 性器ヘルペスが疑われる症状が出ている場合、まずはそれが本当に性器ヘルペスによるものなのかどうか確かめなければなりません。 そのためまずは患部の組織を採取し、どのようなウイルスがいるのか検査します。 そして性器ヘルペスへの感染が確認できた場合は、薬を使った治療を行っていきます。 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで発症しますので、治療では「抗ヘルペスウイルス薬」を使うことになります。 基本的には内服薬と外用薬による治療になりますが、初感染・発症で症状がかなり重い場合は、点滴による治療が行われることもあります。 性器ヘルペスは放置していると症状が重篤化して完治までに時間がかかってしまうこともありますので、気になる症状がある場合、性器周辺に違和感を覚えた場合は、早めに病院に行くようにしましょう。 まとめ 性器ヘルペスの治療は、女性の場合は皮膚科もしくは婦人科、男性の場合は皮膚科もしくは泌尿器科で受けることができます。 性器ヘルペスは早期に治療を開始することで早く治すことができますので、再発を含め疑わしい症状がある場合は早めに病院へ行くようにしましょう。

次の