高橋 大輔 アイス ダンス。 高橋大輔×村元哉中「一緒に決めた」目標は五輪出場

高橋大輔が語ったアイスダンス転向の背景と意味:時事ドットコム

高橋 大輔 アイス ダンス

フィギュア高橋大輔がアイスダンス転向を表明 フィギュアスケートの高橋大輔選手 33 が、アイスダンスに挑戦すると表明した。 9月26日午後5時ごろ、高橋選手は「2020年から村元哉中 かな 選手とカップルを組み、競技会に向けて新しい挑戦が始まります。 さらなる高みを目指して頑張ります」とコメントを発表した 日本男子フィギュア界の歴史を塗り替えてきた、レジェンド高橋大輔選手。 オリンピックで日本男子初のメダルを獲得。 さらに、2018年現役復帰を果たすと、4年のブランクをものともせず、全日本選手権銀メダル。 不可能を可能にしてきた。 そして今年、驚きの発言。 高橋大輔選手: 今シーズンでシングルとしては、最後にしようかなってことで、次のシーズンからはかなちゃんと一緒にアイスダンスをやることを決めました シングルからオリンピック種目でもあるアイスダンスへの転向を決断。 パートナーは、平昌オリンピック代表の村元哉中 むらもとかな 選手。 パートナーは平昌五輪代表・村元哉中選手 村元選手は平昌で15位だったクリス・リード選手とのペアを解消。 新たなパートナーを探す中、2019年のはじめ... 村元哉中選手: 私から大ちゃんの方に連絡とって、「 アイス ダンスに興味がある?」って聞いたんで… 高橋大輔選手: 「興味はあるよ」って話はしてたんだけど、ダンス今からやって間に合うのみたいな不安もあるし、「ちょっと考えさせて」ってことで終わったんですけど… しかし、その後二人は夏のアイスショーで共演。 実際に滑ることで思いが固まった。 高橋大輔選手: 1回滑ってやってみてめちゃくちゃ楽しくて、今までやってきたことと全然違う世界だった。 僕も経験してみたいって気持ちが強くなって フィギュアとはスケート靴も違う…2人での練習は 高橋が挑戦するアイスダンスは、『氷上の社交ダンス』とも呼ばれる種目。 特徴はジャンプがないこと。 その分、二人の同調性や細かなエッジワークなど高い表現力が求められる。 そして、シングルとは靴も違う。 高橋大輔選手: 靴も全然違うもん、種類が、かかとが… こまかなエッジワークができるよう、かかとの部分に切れ込みがあり、より足首を動かしやすくなっているのだ。 しかし、シングルの靴に慣れた高橋にとっては... 高橋大輔選手: めちゃくちゃ柔らかい。 怖い、怖い 慣れないアイスダンス用の靴にも関わらず、ツイズルと呼ばれる片足での連続ターンをきれいに決めていく高橋選手。 村元哉中選手: さすがです。 エッジが変わると揺れたりすることが多いが全然揺れてない そして、二人そろっての演技にも挑戦。 きれいにそろっているようにみえたが... 村元哉中選手: このタイミングの違いとか、全部あわせないといけない シングルと違い、二人の同調性が鍵。 滑ってはチェックを何度も繰り返す。 最後は、二人そろってのツイズル... 村元哉中選手: まあまあ、いいんじゃない。 最初にしては、いい感じ オリンピックでメダルを取るほどの選手がアイスダンスに転向するのは世界でも異例。 高橋が見据える先は... 高橋大輔選手: 2022北京ですね、オリンピック。 もうあと2年しかないからなかなか厳しいと思ってるんですけど、そこを目標にもちろんやっていこうかなと。 やるなら。 簡単じゃないことはわかってるんで 高橋大輔選手33歳、不可能を可能にしてきた男は... 高橋大輔選手: また新しいことにチャレンジできるってことはすごく楽しみ.

次の

アイスダンス転向!髙橋大輔が村元哉中と語るその理由

高橋 大輔 アイス ダンス

昨シーズン復帰を果たしたフィギュアスケートの高橋大輔。 4年のブランクを感じさせず、全日本選手権では2位という成績を収め、ファンからは世界選手権への出場も期待されていたが、世界大会に出るだけの準備ができていないとの理由で国内大会だけでシーズンを終えた。 今シーズンはスケート連盟の特別強化選手にも選抜され、GPシリーズにこそ出場しないものの、全日本で表彰台に立って今年こそ世界選手権に出てくれるのではと多くのファンがその活躍を期待していたのだが…。 「アイスダンスは日本では強い選手がおらず、これまでの国際試合での最高位は15位にとどまっています。 引退したクリス・リード選手とパートナーを組んでいた村元哉中選手がパートナー探しを続けるなかで、高橋選手に白羽の矢を立て、アイスダンスに誘ったようです」(スポーツライター) ダンス好きで、今季のプログラムにもダンス要素を多く取り入れた新しい発想の内容構成にしていたという高橋。 アイスダンスへの適応に問題はないだろう。 また、新しい挑戦によってモチベーションが高まり、ジャンプがない分、シングルより長く続けられそうで、いいことずくめのようにも思えるのだが…。 「この転向に、ガッカリするファンが少なくないのです。 昨シーズンは見送った世界選手権に、今年こそは挑戦してくれると思っていたのに、1月からアイスダンスに転向ということは、またもや全日本選手権だけでしかその演技が見られないということ。 好きだからこそ悔しいというブーイングが出ているのです。 他方、特別強化選手なのに国際試合には出ず、全日本への出場権だけを得ることに対する批判もありますね。 その分の強化費枠を将来有望な若手選手に譲るべきということのようです」(前出・スポーツライター) 2022年の北京五輪を目指したいと公言している高橋・村元ペア。 やるからにはファンを納得させる最高のアイスダンスを見せてほしいものだ。 (芝公子).

次の

フィギュア高橋大輔がアイスダンス転向を表明…パートナーは平昌五輪代表・村元哉中選手

高橋 大輔 アイス ダンス

フィギュア高橋大輔がアイスダンス転向を表明 フィギュアスケートの高橋大輔選手 33 が、アイスダンスに挑戦すると表明した。 9月26日午後5時ごろ、高橋選手は「2020年から村元哉中 かな 選手とカップルを組み、競技会に向けて新しい挑戦が始まります。 さらなる高みを目指して頑張ります」とコメントを発表した 日本男子フィギュア界の歴史を塗り替えてきた、レジェンド高橋大輔選手。 オリンピックで日本男子初のメダルを獲得。 さらに、2018年現役復帰を果たすと、4年のブランクをものともせず、全日本選手権銀メダル。 不可能を可能にしてきた。 そして今年、驚きの発言。 高橋大輔選手: 今シーズンでシングルとしては、最後にしようかなってことで、次のシーズンからはかなちゃんと一緒にアイスダンスをやることを決めました シングルからオリンピック種目でもあるアイスダンスへの転向を決断。 パートナーは、平昌オリンピック代表の村元哉中 むらもとかな 選手。 パートナーは平昌五輪代表・村元哉中選手 村元選手は平昌で15位だったクリス・リード選手とのペアを解消。 新たなパートナーを探す中、2019年のはじめ... 村元哉中選手: 私から大ちゃんの方に連絡とって、「 アイス ダンスに興味がある?」って聞いたんで… 高橋大輔選手: 「興味はあるよ」って話はしてたんだけど、ダンス今からやって間に合うのみたいな不安もあるし、「ちょっと考えさせて」ってことで終わったんですけど… しかし、その後二人は夏のアイスショーで共演。 実際に滑ることで思いが固まった。 高橋大輔選手: 1回滑ってやってみてめちゃくちゃ楽しくて、今までやってきたことと全然違う世界だった。 僕も経験してみたいって気持ちが強くなって フィギュアとはスケート靴も違う…2人での練習は 高橋が挑戦するアイスダンスは、『氷上の社交ダンス』とも呼ばれる種目。 特徴はジャンプがないこと。 その分、二人の同調性や細かなエッジワークなど高い表現力が求められる。 そして、シングルとは靴も違う。 高橋大輔選手: 靴も全然違うもん、種類が、かかとが… こまかなエッジワークができるよう、かかとの部分に切れ込みがあり、より足首を動かしやすくなっているのだ。 しかし、シングルの靴に慣れた高橋にとっては... 高橋大輔選手: めちゃくちゃ柔らかい。 怖い、怖い 慣れないアイスダンス用の靴にも関わらず、ツイズルと呼ばれる片足での連続ターンをきれいに決めていく高橋選手。 村元哉中選手: さすがです。 エッジが変わると揺れたりすることが多いが全然揺れてない そして、二人そろっての演技にも挑戦。 きれいにそろっているようにみえたが... 村元哉中選手: このタイミングの違いとか、全部あわせないといけない シングルと違い、二人の同調性が鍵。 滑ってはチェックを何度も繰り返す。 最後は、二人そろってのツイズル... 村元哉中選手: まあまあ、いいんじゃない。 最初にしては、いい感じ オリンピックでメダルを取るほどの選手がアイスダンスに転向するのは世界でも異例。 高橋が見据える先は... 高橋大輔選手: 2022北京ですね、オリンピック。 もうあと2年しかないからなかなか厳しいと思ってるんですけど、そこを目標にもちろんやっていこうかなと。 やるなら。 簡単じゃないことはわかってるんで 高橋大輔選手33歳、不可能を可能にしてきた男は... 高橋大輔選手: また新しいことにチャレンジできるってことはすごく楽しみ.

次の