社会 主義 国。 【東欧・社会主義国】「社会主義国」といってもこれだけの違いがある

社会主義とは何か?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

社会 主義 国

資本主義の意味 まず、「資本主義」の意味を調べると 次のように書かれています。 生産手段を資本として私有する 資本家が、自己の労働力以外に売るものを持たない 労働者から労働力を商品として買い、それを上回る価値を持つ商品を生産して 利潤を得る経済構造。 生産活動は利潤追求を原動力とする市場メカニズムによって運営される。 キャピタリズム。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 資本主義」とは、 「 資本を持つ資本家が労働者を雇い、利益を得る社会システム」 だと思ってください。 一つずつ説明すると、 「資本」とは、「 お金」のことです。 「資本家」とは、 「お金を元手に会社を立ち上げる 経営者」を イメージしてもらうと分かりやすいです。 そして、「労働者」とは、サラリーマンやOLなど 「 社長に雇われて会社で働いている全ての従業員」のことです。 したがって、「資本主義」とは、 「 お金を持った経営者が従業員を雇い、利益を得る社会システム」 ということになります。 別の言い方をすれば、 「 資本主義」=「 自由に商売ができる社会」 とも言えるでしょう。 つまり、「資本主義」は、 今の私たちが生活している日本の社会そのもの ということですね。 日本という国で働いてお金を稼ぐ以上、 「資本家」か「労働者」のどちらかに当てはまります。 日本では一般的に、 まず資本を持つ人が会社を作って労働者を雇います。 そして、みんなで商品を作り、 多くのお客さんにモノを売って利益を上げていますよね? その結果、 私たちは給料を得ることができ、 いろんな物を買うことにより経済が回っているのです。 日本に限らず、アメリカやヨーロッパなど 先進国のほとんどが資本主義というシステムで経済を回しています。 元々、「資本主義」というシステムは、 18世紀半ば~19世紀のイギリスで起こりました。 今では当たり前のシステムですが、 実は当時のイギリスの産業革命によりできた考えだったのですね。 スポンサーリンク 社会主義の意味 続いて、 「社会主義」の意味です。 空想的社会主義・共産主義・社会民主主義など。 各人は能力に応じて働き、働きに応じて分配を受けるとされる。 1917年のロシア革命により、 1922年に世界初の社会主義国家としてソビエト社会主義共和国連邦が成立したが、硬直化した官僚体制への不満などから 1991年に崩壊した。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 社会主義」とは、 「 国が国民の給料や財産を管理して、 平等を実現しようとするシステム」だと思ってください。 「国民の財産」とは、 「働いて得たお金や持っている土地のこと」ですね。 お金や土地を国が管理するとは一体どういうことでしょうか? 分かりやすい例を出しましょう。 資本主義の場合、 月に70時間働いた人と月に100時間働いた人だと、 当然もらえる給料の額は違います。 なぜなら、 働いたら働いた分だけ給料を多くもらえるのが 資本主義だからです。 一方で、社会主義の場合は、 資本家ではなく国が会社を作り、 そこに工場を建てて人を雇います。 そのため、 どれだけ一生懸命働いても、 働いた分のお金はいったん国が預かります。 その後、 預かったお金を国民に平等に分けるのです。 土地に関しても同様です。 資本主義の場合は、 「私有財産(しゆうざいさん)」と言って、 土地は個人のものという決まりがあります。 私たち日本人は、 土地を買いたいときに買い、 売りたいときに売ることができますよね? 一方で、社会主義の場合は、 「 土地は、国や政府のもの」という考えなので、 国民が土地を所有することは許されません。 すべては、 「国民を平等にするため」ということですね。 社会主義の国は、現在 キューバ・ラオス・ベトナムなどが挙げられます。 スポンサーリンク 共産主義の意味 3つ目は、 「共産主義」の意味です。 古くはプラトンなどにもみられるが、現代では主としてマルクス・エンゲルスによって体系づけられたマルクス主義思想をさす。 そこでは 階級は消滅し、生産力が高度に発達して、各人は能力に応じて働き、 必要に応じて分配を受けるとされる。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 共産主義」とは、 「 社会主義をさらに発展させた考え方」だと思ってください。 「社会主義」は、 「国民の平等を目指した考え方」でした。 「共産主義」は、 社会主義よりもさらに人の平等を目指します。 具体的に、どういうことかというと、 まず「 国や政府という概念をなくすこと」を主張しました。 「概念」の意味は、 以下の記事を参照してください。 つまり、「いくら平等といっても、 国や政府が国民をコントロールしていては、 真の平等ではないだろ!」ということですね。 共産主義では、 資本家や労働者のような序列はもちろん、 国や国民といった序列も許されません。 また、お金を貯めることも許されません。 「必要な時に必要な分だけしかお金を受け取れない」 という考え方ですね。 社会主義では給料は平等でしたが、 お金の貯蓄までは禁止されていませんでした。 まさに「 究極の平等」だと言えるでしょう。 共産主義という思想は、社会主義をさらに発展させると、 「最終的に人類が皆平等になり幸せな社会が訪れる」と考えています。 社会主義を発展させた最終段階が 共産主義の世界ということですね。 ちなみに、 共産主義というシステムが 成立した国は過去に一つもありません。 そのため、共産主義は、 実現不可能なユートピア(理想・空想)を目指した考え方 とも言われています。 スポンサーリンク 歴史的背景 それぞれの意味を理解するには、 歴史という背景を知っておく必要があります。 まず、「資本主義」は、 18世紀半ばのイギリスで起こったシステムでしたね。 当時のイギリスは、 資本家が大規模な工場を建てて、 大量の労働者を雇って利益を出していました。 働けば働いた分だけお金がもらえるのは嬉しいですが、 資本主義にもデメリットがあります。 それは、 貧富の差が拡大しやすいということです。 特に、資本家と労働者の間には 大きな貧富の差が生まれました。 なぜなら、 働いた分の利益は最初に資本家がもらい、 労働者にはその後分配されるからです。 労働者にとってみれば、 お金をもらって雇われている以上、 資本家に逆らうことはなかなかできません。 また、労働者同士の間でも格差が出てきました。 理由は簡単で、 資本主義では、給料は実力次第だからです。 「 能力のあるものは給料が多いが、 能力のないものは少ない」 当たり前のことかもしれませんが、 能力が足りない人にとっては厳しい現実ですよね。 こうして、 労働者たちの不満は 少しずつたまっていったのです。 「 資本主義って本当に幸せになれるの?」 世界中の労働者たちが、 資本主義に対して疑いを持つようになりました。 こうした流れで出てきたのが 「社会主義」という考え方です。 「 そもそも給料をコントロールする 資本家がいるからいけないんだ!」 「 ならば、国が給料を管理して みんなに平等に分けようじゃないか!」 という意見が出てくるようになりました。 そして、 最初に「社会主義」を実行したのが 当時、地球で一番面積が大きかった「 ソ連」という国です。 当時の労働者たちは、 「ソ連が社会主義を目指すのか!」 「いよいよこれからは社会主義の時代か?」 と期待しましたが、ところがどっこい。 結論から言うと、 「社会主義」は見事に失敗しました。 「 ソ連崩壊」という言葉を 何となく聞いたことがあるかと思います。 崩壊した原因は色々ありますが、簡単に言うと、 給料がみんな同じだと、なまける人が増えたからです。 これは、社会主義の 一番のデメリットと言われています。 「 俺は一生懸命働いているのに、 あいつはめちゃくちゃなまけてる・・・」 「 それでも給料は一緒?ばかばかしい、俺も手を抜こう。 」 こんな感じでみんながなまけてしまえば、 経済がうまく回るわけがないですよね。 結果、ソ連という国は崩壊してしまいました。 つまり、 社会主義というのは 経済的にうまくいかないシステムということが 歴史的に証明されてしまったのです。 社会主義が失敗した結果、 共産主義という考えは見向きもされなくなりました。 「社会主義ですら無理だったのに、共産主義なんて絶対無理」 ということですね。 現在のイデオロギーの主流が資本主義というのは、 このような過去の歴史があったからなのです。 「イデオロギー」の意味は、 以下の記事を参照してください。 資本主義・社会主義・共産主義の違い 最後に、 それぞれの違いを整理しておきましょう。 (例)なし ということでしたね。 給料は実力次第。 給料は国が管理するので平等。 ユートピアの世界。 となるわけです。 ということになります。 まとめ いかがでしたか? 今回は 「資本主義・社会主義・共産主義」 について解説しました。 難しそうな言葉ですが、 本や新聞などでもよく出てくるので、 とても大事な内容です。 ぜひ、この記事をきっかけに しっかりと理解して頂ければと思います。 では、今回は以上です。

次の

資本主義と社会主義の違いは?|地歴公民|苦手解決Q&A|進研ゼミ高校講座|ベネッセコーポレーション

社会 主義 国

社会主義国家中国を理解する上で大切な歴史と毛沢東主義 中国共産党が国民党を台湾島へ追放した結果として、1949年10月1日に中華人民共和国が設立された直後、最高指導者であった毛沢東とその政府は、中国において共産主義政権を打ち立てることに尽力しました。 しかし、当時の中国にける共産主義は「 毛沢東主義」とも呼ばれ、このシステムには非常に多くの問題点がありました。 例えば、「 大躍進政策 (注)」、別名「 第2次5か年計画」では、政府が掲げる目標があまりにも人々の常識や生活とかけ離れていたため、非常に悲惨な結果を招くこととなってしまったのです。 不十分な農業計画、異なった意見の完全排除、そして不作による飢饉が原因で、 5000万人もの人が命を落としたと言います。 このような悲劇の後、毛沢東はいったん隅に追いやられますが、「 文化大革命」という「 中国にはびこる資本主義の影響を消し去る」ことを目的とした社会政治改革または政策を打ち出し、再び主役の座に躍り出ました。 そしてこの文化大革命もまた、経済の破綻をもたらし、何百万人もの人が犠牲になってしまったのです。 1976年に毛沢東が亡くなり、高い役職に就いていた彼の支持者らも逮捕されて、ようやく文化大革命は終わりを迎え、中国は新たなステージへと進んでいきました。 農業の脱集団化が実施され、農民は余剰生産物を販売することが可能となった• 政府の統制が緩く、外国資本の受け入れが許可された経済特区が設立されった• 都市産業に対する政府の価格統制が緩和された• 数十年ぶりに民営企業の設立が可能になった• 上海証券取引所の営業が再開し、多くの国営企業が民営化された さらに、この中国式社会主義は、ソビエト連邦(ソ連)のが実施した改革とは違い、 まずは地域レベルで実験的に導入されてから、効果があると認められた後に全国レベルの改革へと発展する 段階的発展形式を採用。 この段階的な導入こそ、中国では改革が成功し、のような悲劇に陥らなかった理由であると指摘されています。 実際、改革が取り入られるようになってすぐに、中国経済は急速な発展を遂げるようになり、この経済成長の結果として人口のほとんどの生活環境が改善し、また食糧不足の問題の多くも解決されました。 ちなみに、鄧小平が採用した市場経済の採用は「 社会主義に矛盾していないのか?」という疑問を引き起こしますが、この決定は理念的にも歴史の中で起こった経験則的にも正当化出来るでしょう。 まず、社会主義の理念において市場経済は「 廃止」または「 制限」の対象であり、鄧小平の採用した政策は、 市場経済を自由競争に完全に任せているわけではないので、これは 「制限」に当たると言え、理念には矛盾していないと考えられます。 そして、実は他の社会主義国家においても、同様に制限を加えた市場経済の導入が過去の歴史の中で起こっています。 その最たる例が、当時社会主義の盟主的存在だったソ連。 1921年、ソ連の経済は危機に陥っていました。 当時の最高指導者は、即座に行動を起こさなければ、誕生したばかりの新国家ソ連が崩壊してしまうことを悟ります。 そこで、 ネップ(NEP)と呼ばれる新経済政策を打ち出したのです。 ネップは、 市場経済の導入によって中国は資本主義国家になったのか? 鄧小平が採用した市場経済を利用する改革によって中国は、「 共産主義を手放して資本主義へと転換したのではないか?」と考える人も多くいます。 確かに、価格統制の緩和や企業の民営化などは、市場における自由競争を促進し、中国へ急速な経済発展をもたらす大きな要因となりました。 しかし、それでもなお、中国は社会主義国家であることには変わりありません。 中国政府は経済の大部分をコントロールしている 中国政府は、今現在でも経済の大部分をコントロールしています。 管制高地 (国家が国内経済を把握するために占領する地点/競争優位、つまり勝ちやすい支配的な地位を確立すること は、未だに政府の統制の下に置かれ、産業の種類によっては政府による独占体制も存在しているのです。 また、政府主導で5年の期間で達成すべき目標と、その手法について定めた長期的な計画である「 五カ年計画」は引き続き実行されています。 確かに、過去の五カ年計画に比べ、現在の中国の五カ年計画が採用している目標はより幅広いものとなっている上に、目標達成に向けた計画が作成・実行されるのは国営産業に限られています。 しかし、 国家にとって最も重要で戦略的に抑えておくべき分野の企業は、国によって直接所有されているのです。 例えば、フォーチュングローバル500に含まれるトップ15の中国企業は全て、国家所有の会社だとされ、中国国内のエネルギー、銀行、通信、鉄道の分野では支配的な立場にあります (参照:)。 ちなみに現在、五カ年計画と言わずに五カ年指針と言う言葉の方が好まれているようです。 このような「 所有の分担」が非常に多いため、中国の民間セクターが実際にどれくらいの規模なのか正確に測ることが出来なかったり、政府は民間企業を通して間接的に市場経済へ強い影響を与えていることが想像出来るのです。 さらに、政府が株式を保有しない完全民営の企業も、政府との結びつきが強かったり、特別なパートナーシップを築いていたりすることが多々あります。 なかには会社の憲章に「政府との関わり」を明記している企業まであるほどです。 実際の生活では他の資本主義国家とほとんど変わらない 見てきたように、中国は「 資本主義の仮面を被った社会主義国家」と言えるような国で、両主義の矛盾を見事に包含しながら機能していると言え、実際のところ、現地へ行っても大抵の場合、他の資本主義国家との違いはほとんど見出せないでしょう。 例えば、上海のような大都会で見かける、高級ショッピング街が立ち並び、また高級車も多く走っている情景は、ここが本当に社会主義国家なのか疑うほどです。 また、政府運営の電車には最先端技術が備え付けられた車両を導入しているものもあり、そのクオリティは資本主義国家を標榜する日本以上であることが多々あります。 他にも、政府運営の銀行に口座を開けたとしても、日本にある民間の銀行とほとんど変わらず、むしろもっと便利だと言えるサービスも見かけます。 一方で、確かに中国にいると社会主義国家の側面を垣間見ることがあります。 特に、他の領域に比べて「情報」の領域ではそれが顕著で、例えば、中国では(特別な方法でない限り)Facebookを利用出来ないことは有名です。 合わせて読みたい世界雑学記事• 政府による経済の直接的、そして間接的統制のあんばいによって、通常、この国の社会に関して強く社会主義を意識することはそこまでありません。 一方で、現在の中国にとって、「社会主義なのか?資本主義なのか?」という疑問は大した意味を持たないのかもしれません。 と言うのも、近年の中国の指導者たちは、共産党のコントロールを維持するために社会主義イデオロギーを唱えていますが、実際のところ、それ以上に実利を重視していると言えるからです。

次の

世界の共産主義国一覧(2019年現在)

社会 主義 国

社会主義とは富を平等に分配するためにその生産手段を社会のものにする制度です。 現代の日本人には比較的なじみが薄い社会主義ですが、国際政治を理解する上で学んでおくと役に立つ部分でもあります。 本記事では• 社会主義の成り立ちや歴史• 国民生活への影響 について考察しています。 この記事がお役に立てば幸いです。 1、社会主義とは何か まずは社会主義とはなんなのかより詳しく解説していきます。 社会主義は、「みんなが平等で公正な社会を実現しよう」という思想です。 会社や工場などの「生産手段」をみんなの共有物とし、そこから生み出された利益は働いた成果に応じて分け与える、という考え方が社会主義の原則です。 お金持ちの「資本家」が会社や工場を所有し、労働者を雇って利益を出すことを目指す「資本主義」とは、労働や生産に対する考え方が根本的に異なります。 社会主義が掲げる理想は、階級格差をなくし人々が皆幸せな社会を実現することです。 会社や工場などの生産手段自体が社会全体のものになれば、資本主義における「資本家」のように、莫大な利益を得る人が出なくなる代わりに、失業や低収入で苦しむ人もいなくなる、という考え方です。 現在の日本を始め、多くの国では「資本主義」を採用していますが、中国など一部の国では社会主義で成り立っています。 社会主義が生まれたのは18世紀です。 諸説ありますが、フランス革命の流れの中で発生したと言われています。 当時は一国の王政に反発した市民が反乱を起こす「市民革命」が各地で起きていて、誰でも自由に経済活動ができる「資本主義」が台頭していました。 その結果、一部の資産家が莫大な富を得る結果となった一方で、「持たざるもの」との貧富の差が浮き彫りになりました。 そこで生まれた思想が、「誰でも平等で公正な社会を実現しよう」という社会主義です。 特に有名なものが19世紀中頃にドイツで生まれた思想「マルクス主義」です。 労働者の悲惨さを訴え、階級のない協同社会を目指すと宣言しました。 第一次世界大戦後にはレーニンによるロシア革命が起き、「ソビエト連邦」という世界で初めての社会主義国家が誕生しました。 このソビエト連邦は世界恐慌の真っ只中で目覚ましい経済発展を遂げました。 第二次世界大戦ではソ連が大躍進して世界的な影響力を強めたことで、東ヨーロッパやアジア、アフリカでも社会主義を採用する国が増えることになったのです。 しかし、戦後の米ソ対立、いわゆる「冷戦」が深まるにつれ、ソ連を始めとする社会主義国の経済情勢悪化が表面化しました。 その後ソ連では民主化を目指すゴルバチョフによる「ペレストロイカ政策」が進められました。 ロシア語で「立て直し」を意味するペレストロイカは、経済発展を目的として一部に自由市場を取り入れるものでした。 基本的には市場を政府の支配下に置きながら、資本主義の要素も採用しました。 結果としては上手くいかず、崩壊する産業が相次ぎソ連経済は大不況になりました。 1991年にはソ連の崩壊を招き、自由経済を前提としたロシアが誕生したのです。 (1)社会主義の種類(思想) 一口に社会主義と言っても、厳密にはいくつかの種類が存在します。 この項目では社会主義の思想について解説していきます。 資本主義の対抗策として掲げられました。 暴力革命やプロレタリア独裁を否定し、あくまで議会制民主主義に則った社会主義の実現を目指します。 アナーキズムと呼ばれます。 シンボルに赤色や赤旗が使われることで有名です。 第二次世界大戦前後のナチス・ドイツや戦前の日本を指すことが多いです。 (2)共産主義 社会主義の中では最も本流と言える共産主義ですが、これも厳密には細かく分けることができます。 これまでの社会主義を「空想的だ」と批判し、詳細なデータや根拠に基づいた「科学的社会主義」を主張しました。 マルクス主義を基本としていて、ロシア革命の基礎となりました。 スターリンの一国社会主義を批判し、世界革命による世界社会主義の達成を目指していました。 スターリン自体は自らを「マルクス・レーニン主義」と呼称していたため、第三者目線での呼び名になります。 一国社会主義論を展開しました。 マルクス・レーニン主義を掲げながら、農民中心のゲリラ戦術など武力革命を展開しました。 「マルクス主義を基礎としつつもそれを超越した」としており、国家には強力な軍事的姿勢と国家的資源が必要になると主張しています。 大きく違うのは「個人が資本(生産のための土地、資金、施設・設備など)」を持てるか持てないかという点です。 共産主義では資本は国有とするか、国民全体の共有物とします。 個人が自由に資本を持つことはできません。 個人間や企業間で自由な競争はできず、生産行動は全て国の方針に従います。 結果として大きな経済格差が生まれない代わりに、競争がない分、経済発展がしにくいというデメリットもあります。 資本主義のもとでは個人や企業が自由に資本を持つことができます。 自由に競争することで、商品やサービスの価値を高め合うことができ、技術刷新も起こりやすいのがメリットです。 一方で、資本を持つ「資本家」と、雇われている「労働者」との間で大きな貧富の差が生まれるという側面もあります。 2、戦後の社会主義 第二次世界大戦でソ連が躍進したことをきっかけに、社会主義国が次々と誕生しました。 主な社会主義国は以下の通りです。 (1)ベトナム マルクス・レーニン主義とホーチミン思想を基礎にしています。 (2)キューバ マルクス・レーニン主義を採用。 チェ・ゲバラによるキューバ革命後、アメリカと対立を深め、一方でソ連との関係を深めました。 (3)東ドイツ マルクス・レーニン主義を採用しました。 第二次世界大戦後の1949年、「ドイツ民主共和国」による社会主義国家の樹立を宣言しました。 その後、石油危機などの影響で経済が停滞し、西ドイツに流れる国民が続出します。 世界的に相次いだ社会主義国崩壊の流れをくむ形で「ベルリンの壁崩壊」を契機に西ドイツと統合、消滅しました。 (4)北朝鮮 第二次世界大戦後はマルクス・レーニン主義を採用していましたが、次第に軍事力を高めていく「主体思想」に変化していきました。 3、日本における社会主義 日本では資本主義が採用されていますが、社会主義的な考え方を支持する人々もいます。 (1)日本の社会主義の歩み 日本では、明治時代の日清戦争後に、労働組合運動や社会主義運動が本格化されるようになりました。 1898年には社会主義研究会が発足します。 これを母体として社会民主党が誕生し、平民主義や平和主義を掲げるようになります。 戦後は日本社会党が台頭し、1947年には民主党・国民協同党との3党連立で片山哲内閣が成立しました。 その後いくつかの社会主義政党に分裂しましたが、1955年に社会党として統一されてからは、1993年に「55年体制」が崩れるまで野党第一党に君臨し、与党・自民党の対抗馬として存在感を示しました。 今でこそ世界有数の資本主義国として名を馳せる日本ですが、一部からは「成功した社会主義国」と呼ばれることもあります。 経済学者の高橋正雄は、独裁的なソ連と対比すると平和的でありながらも、どこか横並び的な日本を指して「日本型社会主義」と呼称しました。 背景は以下の通りです。 戦後の日本はGHQの意向を受け、国力を立て直すために財閥解体や政教分離、農地改革などが推し進められました。 その結果、これまで力を持っていた資本家や地主が急速に力を失いました。 一方で、池田内閣の「所得倍増計画」などの政策により、中流層が大多数を占める社会構造へと変化します。 高度経済成長期には終身雇用を前提とした日本型企業が次々と登場し、資本主義を採用しながらも横並び的で特徴のない日本人の社会構造を揶揄する言葉として「日本型社会主義」と指摘したのです。 (2)社会主義政党 現代における社会主義系の政党は、大きく分けると日本共産党と社会民主党です。 現存する政党としても日本最古です。 憲法第9条の改定は平和の流れに逆行するとして断固反対し、自衛隊は戦力不保持を定める憲法に反する存在だと指摘しています。 社会民主主義思想をもとに資本主義を改良していく、としているため、厳密には社会主義や共産主義を目指しているわけではありません。 日本共産党と同じように憲法9条の改定には反対の立場ですが、日米安全保障条約や自衛隊の容認など、政策ではかなり違いがあります。 (3)消えない社会主義 ソ連崩壊を節目に、東ヨーロッパの社会主義国が次々と崩壊し、世界的な影響力を失った社会主義ですが、現代でも様々な形に変化して生き残っています。 中国やベトナムは、経済政策では市場経済を導入しているものの、政治的には共産党による一党独裁政権が続きます。 核保有国として国際社会の脅威である北朝鮮も、独自の社会主義的思想を貫いています。 南米でも、キューバを筆頭に• ベネズエラ• ボリビア• エクアドル• ニカラグア などが社会主義を掲げて独自路線を歩んでいるのが現状です。 近年では、中国がアメリカと2大巨頭と並び称されるまでの目覚ましい経済発展を遂げました。 今や「社会主義国=貧しい国」という概念は完全に覆されたと言えます。 以下の関連記事では民主主義について詳しく解説しています。 まとめ 日本を始め、現在の国際社会では資本主義が王道だとされています。 しかし、ほんの数十年前まで日本でも社会主義政党が政権を握っていたように、いつ時代の潮流が変わるのかは誰にもわかりません。 社会主義と聞くと他人事のように聞こえてしまいがちですが、私たちも社会主義や資本主義の成り立ちを改めて見直して、これからの変化に対応できる準備をしておく必要があると言えるでしょう。

次の