年賀状 一 言 健康。 年賀状の一言文例集2020!友達~上司まで相手・状況別の添え書き例

年賀状で目上の人への書き方マナー 一言文例上司社長親戚パターン別

年賀状 一 言 健康

送る相手により年賀状の書き方を変える 面白い一言とはいえ、 おしなべて全員に同じ面白い一言を書くのは、 ちょっと無理がありますよね。 というのは、受け取る人の感性もあるし、 自分が、これまでその人と、 どんなおつきあいをしてきたのかによって、 面白い一言を書くのが良いのか、それとも、 普通の年賀状にした方が良い点のか、 決まってくるからですね。 すると 付き合いがない人に書く場合は、 面白いことは書かずに、普通の年賀状にするのが良いでしょう。 面白い年賀状に慣れてきたら、 少しおもろい一言を付け加えてもいいですよ。 また 少し付き合いがある人に対してや、 普段から付き合いがある人に対しては、 面白いことをさり気なく書くのもいいですね。 特に 普段から付き合いがある人に対しては• 最近の出来事について、面白い一言を書いてみる• 新年の目標について面白い一言を書く などがおすすめですね。 予め、この人には面白い一言を送るという相手を 選別しておくと良いですよ。 年賀状に一言!面白い文章の例 普段少しお付き合いがある相手に送る場合 普段少しお付き合いがある相手に送る場合は、 以下のような文章を参考にしてみてくださいね。 〈自分の最近の出来事編〉• 子どもたちはもう大学生!手が離れて私達も第二の青春です!• 昨年はいろいろと大変でしたね!お陰様てウェストほっそり一石二鳥!?• やっぱり田舎が一番ですね。 近所の川で鯉釣りに恋〜! 〈新年の目標〉• 今年はダイエットで5kg痩せたいですね。 達成したら食べに行きましょう!• 今年はお餅のように長~く柔らかく、弾力性をもって頑張ります!• 今年は市街旅行で、おすすめの場所を募集しています。 当選された方には、手作りの旅行券を進呈いたします。 〈自分の最近の出来事編〉• スキーゲレンデに行ってきました! まるで、私の白髪頭のように真っ白な白銀の世界! 今年もよろしくおねがいします!• 子どもたちはもう大学生! 余暇を利用して第二の青春を満喫中です!• 両親も80歳を超え、食生活の改善中! イワシと白ごはんで健康復活中です! 今年こそ新年のあいさつに行きますよ!• 引っ越しして、田舎の空気が新鮮で、 鼻毛が短くなった今日このごろ。 今年は是非遊びにきてくださいね! 〈新年の目標〉• 今年はダイエットして健康になりたい! それで飲み会して楽しく頑張ろう!• 今年は自分の目標達成します! え、何の目標だって?それは今度会うまで「ひ・み・つ」• 特に、面白い一言だったり、ユニークなものにすると いいですよ。 書く時は、相手と自分の関係、友人なのか、恋人なのか、 親友なのか など考えて書きましょう。 それでは、皆さん、楽しい年賀状を書いてくださいね。 人気記事一覧• 378,229件のビュー• 193,810件のビュー• 185,546件のビュー• 121,983件のビュー• 72,074件のビュー• 69,672件のビュー• 58,195件のビュー• 47,522件のビュー• 44,651件のビュー• 30,384件のビュー• 20,527件のビュー• 20,106件のビュー• 18,226件のビュー• 17,914件のビュー• 17,131件のビュー• 16,960件のビュー• 16,902件のビュー• 15,559件のビュー• 14,322件のビュー• 13,517件のビュー• 12,173件のビュー• 11,935件のビュー• 11,365件のビュー• 10,637件のビュー• 10,457件のビュー• 10,326件のビュー• 10,266件のビュー• 10,142件のビュー• 10,081件のビュー• 9,657件のビュー.

次の

年賀状に添え書きする一言が思いつかない時の書き方と文例

年賀状 一 言 健康

年賀状・寒中見舞いのマナーはこちらでご紹介しています。 お相手別 気の利いた文例 <義理のお父様、お母様へ> どんな言葉をつづったらうれしいか、相手の喜ぶ様子を想像しながら文字をしたためて。 一般的には、子ども(孫)や義母の手料理の話題、健康を気遣う言葉がよいでしょう。 ・お父さん、お母さん、ご無沙汰しておりすみません。 春に誠一を連れて帰省します。 そのときを心待ちにしています。 ・悠馬がスクスク元気に育っているのは、お父さま、お母さまのおかげです。 本年もよろしくお願いします。 ・3日にお会いできることを楽しみにしています。 お母さんの錦玉子、今度こそマスターしたいです。 ・いつもよくしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 身体に気を付けて、ますます元気なお二人でいてください。 ・健康に留意して、おだやかな毎日をお過ごしください。 帰国後のお土産話、楽しみにしていてくださいね。 <親戚へ> あまり顔を合わせない相手であれば、健康を気遣う言葉や再会を願う言葉を添えるほか、近況を知らせるのもよいものです。 親しみを感じてもらえるでしょう。 共通の話題があれば、その話題に触れても。 ・ご無沙汰しております。 昨夏の法事の際にはありがとうございました。 益々のご発展とご健勝をお祈りしています。 ・東京でも朝晩の冷え込みが続いています。 そちらはいかがですか。 どうかご自愛のうえ、よき一年をお過ごしください。 ・お久しぶりです。 お変わりありませんか。 福岡にお越しの際はぜひお知らせください。 ・その後、お元気ですか。 私は今月からピアノを習いはじめることにしました。 楽しみが広がりそうです。 ・お姉さん、お久しぶりです。 いつも麻衣子によくしていただき、ありがとうございます。 今年はいよいよ受験生。 引き続き、温かく見守ってください。 <友人、同僚へ> 手書きだからといって肩肘張らず、メールを打つ感覚で、普段と同じ言葉でしたためて。 ・20XX年がお互いにとってますますよい一年になりますように。 ・久しぶり。 その後、お元気ですか。 茜ちゃんは大きくなったかな。 笑顔いっぱいの毎日を過ごせますように。 ・旧年中は素敵なご縁をありがとうございました。 またお会いできますときを楽しみにしています。 ・おかげさまで、10月に新しい家族が誕生しました。 今年は飛躍の年になるよう、努力してまいります。 ・ご無沙汰しています。 その後、変わりなくお過ごしですか。 今年こそ再会できますように。 お互いの幸せを願って。 <お世話になっている目上の方へ> 日頃の感謝を伝えるとともに、引き続き変わらぬ支援や指導を願う気持ちをしたためて。 堅苦しい言葉より等身大の言葉のほうが読み手の胸に響きます。 ・旧年中のご縁に感謝いたします。 本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 心からの感謝を込めて。 ・いつも温かい声援をありがとうございます。 本年も一生懸命、励んでまいります。 ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・いつもお心遣いをありがとうございます。 期待に応えていけるよう、本年も精一杯、努力してまいります。 ・旧年中は何かとありがとうございました。 今年はさらに成長できるように、がんばります。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 また、「おいといください」の「いとう(厭う)」には、「大事にする」という意味があります。 ・その後、お変わりありませんか ・お変わりなくお過ごしのことと思います ・いかがお過ごしでしょうか ・ご健勝をお祈りしています ・どうかご自愛ください ・お身体を大切に ・お身体をお大事にしてください ・お身体をおいといください ・健やかな毎日をお祈りしています.

次の

年賀状で一言親戚に添え書きする時の文例は?健康を考えたメッセージ

年賀状 一 言 健康

そのため、 「去年」という言葉は使わず、「昨年」や「旧年」を使います。 また「昨年は体調を壊してしまい・・・」と書かれてしまうと相手に心配をかけたり気持ちが沈んでしまうため避け、明るい話題を選びましょう。 5 自筆で一言添える 今はパソコンで年賀状を作る人が多いのですが、全てパソコン任せにするのでなく、自筆で一言添える方が誠意が伝わるものです。 文章を考えるのが苦手な人や、きれいな字が書けないと悩む人もいるでしょうけど、丁寧に書けば気持ちは伝わるし、温かみを感じるものです。 デザインにほんの少し余白を設けて、一言書いてくださいね。 文字を書くのが苦手という方は、上手下手でなく、 ・相手の顔を思い浮かべて語りかけるように ・丁寧に文字の大きさを揃える意識で 書いてみてくださいね。 年賀状一言組み合わせ 上司 社長 親戚 目上の人 前回お話ししましたが、年賀状の構成は次のようになっています。 年賀状の枚数が多いから沢山の文字は書けないよ、という人もいるかもしれませんが、上記 2 から 4 まで全て書く必要はありません。 1 の賀詞は必須ですが、 2 から 4 については相手との現在の関係を考えて、1つか2つ選んで記入すれば良いのです。 次に、関係別の組み合わせ例をご紹介します。 日頃会っている会社の上司の場合 「昨年のお礼」と 「新年のお付き合いのお願い」両方を書くと丁寧です。 (会社で会う機会が多いので近況報告は不要です。 ) ご無沙汰している目上の人の場合 「ご無沙汰の挨拶」と 「相手の体への気遣い」を書くと丁寧です。 (ご無沙汰しているため新年に会う予定が未定であり、「今後のお付き合いのお願い」は書きづらいため。 ) 親戚・目上でも親しい関係など 親戚や目上でも親しい関係の場合は 2 から 4 だけでなく、近況報告や決意表明を入れても良いでしょう。 ただ、 年賀状は新年のお祝いが主目的ですので、目上の人に対してはあくまでも相手の健康などを気遣う言葉を優先させ、自分の近況報告は後回しにしましょう。 年賀状一言文例で目上へ 健康や近況報告 決意表明 では、項目別に一言メッセージ文例をご紹介します。 昨年お世話になったお礼(ご無沙汰している場合の挨拶) 昨年お世話になったお礼 ・旧年中は大変お世話になりました ・旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました ・旧年中は何かとご指導いただき、厚く御礼申し上げます ・旧年中は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます ・昨年はいろいろお世話になり、ありがとうございました ・昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました ・昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます ・昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます ご無沙汰の挨拶 ・ご無沙汰していますが、お元気でいらっしゃいますか ・すっかりご無沙汰しております ・平素の疎遠をお詫び申し上げます ・お子様も可愛らしい盛りになられたことでしょう ・今年こそ同窓会で会えるのを楽しみにしています 新年のお付き合いをお願いする ・今年もよろしくお願いします。 ・本年もよろしくご指導のほど、お願い申し上げます ・今後とも何卒よろしくお願い申し上げます ・今年もご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。 ・本年もご指導の程宜しくお願い申し上げます。 ・本年も相変わらぬご指導ご鞭撻を、お願い申し上げます ・本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。 ・今後も変わらぬご指導と、末永いお付き合いをお願い申し上げます ・本年も倍旧のお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。 相手へ新年の幸せ(健康や発展)を祈る 目上の人への言葉としては、出来れば健康を気遣う言葉を入れる方が一層丁寧で気持ちが伝わりやすいです。 年賀状の印刷デザインにこれらの文章を入れず、印刷後に 手書きで記入するのがおすすめです。 ・よい年でありますように ・くれぐれもお体を大切に ・ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます ・皆様お元気で幸多き年となりますように ・皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ちょっとの手間で好印象を与えるので、目上の人への年賀状は是非手書きメッセージを添えましょう。

次の