パソコン ブルー ライト カット 設定。 パソコン設定でブルーライトカット!身体にやさしくパソコンを楽しもう|ドスパラ通販【公式】

Windows 10 のブルーライトをカットする機能「夜間モードの設定」

パソコン ブルー ライト カット 設定

PCの画面が眩しいと感じるなら明るさ調整とブルーライト低減 PCの画面が眩しいと感じるなら明るさ調整とブルーライト低減• 2019. パソコン作業を続けていて画面が眩しいときや目が疲れる場合の対策として、画面の明るさを暗くしたりブルーライトを低減する方法があります。 特に目への影響が懸念されているブルーライト対策は、モニター画面に付けるブルーライトカット用のフィルムやパネルがありますが、Windows10の標準機能でブルーライトを低減させることができるようになっています。 以下にWindows10での画面の明るさ調整とブルーライト低減のための設定方法を紹介します。 以上は古いバージョンの時の方法で、Windowsアップデート後のバージョンではタスクバー一番右側にあるアイコンをクリックしてアクションセンターを開くと、その一番下に明るさ調整のスライダーがあります。 デスクトップ上でマウスを右クリックして表示されるメニューからディスプレイ設定を選択するとディスプレイ設定ウィンドウが開き、そこにも明るさ調整のスライダーがあります。 下の画像は40に設定したところです。 下には「夜間モード」のスイッチがあり、これをオンにするとブルーライトを低減して暖色の強まった色合いで画面を表示できます。 夜間モードでブルーライトを低減できる PCディスプレイからのブルーライトが気になる方や寝る前にPC使うことが多い方はWindowsの夜間モードは注目の機能です。 上の画像の画面で夜間モードのスイッチをオンにしてからスイッチの下にある「夜間モードの設定」をクリックすると下の画像の画面になります。 色温度のスライドバーを動かしてで夜間モードのときに表示される色合いを調整できます。 左へ行くほど暖色の度合いが強まります。 上の「今すぐ有効にする」ボタンを押すと夜間モードでの表示が確認でき、もう一度押すとオフになります。 下の方では夜間モードにする時間帯を設定できます。 夜間モードのスケジュールは、デフォルトだと夜9時〜翌朝7時までになってますが、自分で夜間モードにしたい時間を設定できます。 上の「日没から朝まで」に設定したい場合は、「位置情報の設定」をクリックした先の設定画面で「位置情報」をオンにしてから「位置情報サービス」もオンにすれば「日没から朝まで」に設定されます。 ブルーライトを常に低減しておきたい場合は、「今すぐ有効にする」ボタンを押して夜間モードをオンにしたままにしておきます。 夜間モードのオン・オフの切り替えは、タスクバーの一番右端にあるアイコンをクリックして表示されるアクションセンターでもできます。 そこに夜間モードのボタンがあるので、これを押すことで素早くオンとオフを切り替えられます。 夜間モードのボタンが見当たらない場合は「展開」をクリックすると表示されるボタンが増えます。 さいごに パソコンを暗い場所で使うときや長時間PC作業をした後だといつもの明るさでは眩しく感じるときがあり、そんな場合にディスプレイ設定で画面の明るさを少し下げるといくらか緩和されます。 逆に明る場所では画面が暗すぎると見えにくくなるため、状況に応じて適切な明るさを設定しましょう。 Windows10の夜間モードでのブルーライト対策は手軽ですが、強度を上げるほど画面の色合いの変化も大きいため、できるだけ色味を買えずにブルーライトカットをしたい場合はブルーライトカットフィルムやパネルを取り付ける方法が良いでしょう。

次の

パソコンのブルーライトが体に与える影響とは!?ブルーライトの基礎知識と対処法を解説!

パソコン ブルー ライト カット 設定

こんにちは、 えむです。 今回は、 パソコンから出る ブルーライトを簡単にカットできるWindowsの設定について解説していきます。 パソコンの設定を活用すれば、100%カットとは言わないまでも、ブルーライトによる目の負担を軽減させることができるんです。 一般的に、ブルーライト対策として出てくるのは 【ブルーライトカット機能があるメガネ】ですよね。 サイドバーにいるアバターから感じていただけるかもしれませんが、 えむはもともと視力が悪く、メガネをかけることが習慣化しています。 ですから、【メガネをかけてブルーライトをカットする】という手段を苦に感じたことはありません。 ブルーライトって? パソコンの画面を長時間見ていると目が疲れてくるし、睡眠の質も悪くなると言われています。 その原因の1つとして、パソコンから発せられる 【ブルーライト】が挙げられます。 ブルーライトはその名の通り青い光で、目に見える光の中で最も強いエネルギーを持っています。 それゆえに、長時間ブルーライトを浴びていると、眼や身体に大きな負担がかかってしまうんですね。 目の疲れ、睡眠の質の低下以外にも、網膜へのダメージや肥満などの悪影響を及ぼすとされているので、浴びすぎには注意が必要です。 そうはいっても、パソコンだけでなくスマホやLED照明などにもブルーライトは含まれているので、完全に遮断するのは難しいです。 でも、できる限りは浴びる量を減らしていく工夫が必要なんですね。 パソコンのブルーライトをカットする設定方法 Windows10においては、ブルーライトをカットできる設定が 2つあります。 どちらの設定を採用するかは自由に選んでください。 下図のような画面に切り替わるので、右側のメニューに有る 【夜間モード】をオンにします。 夜間モードをオンにすると、オフにしない限り、午前7時まではパソコンのディスプレイがややオレンジがかった感じになります。 先ほど、夜間モードにすると画面がオレンジがかった感じになると述べましたけど、オレンジ色の濃さは自分で設定することができます。 夜間モードのスイッチの下にある 【夜間モードの設定】をクリックします。 【色温度(夜)】にあるカーソルを左に動かせばオレンジが濃くなって、右に動かすと薄くなります。 人によって、どのくらいの濃さが目に楽かは異なるでしょうから、少しずつカーソルを動かして調整してみてください。 また、午前7時まで夜間モードになるとも述べましたけど、何時から何時までを夜間モードの適用時間にするかは、自分で設定することもできるんです。 上図のページをそのまま下にスクロールしていくと、 【スケジュール】という項目が出てきます。 【時間の設定】で、何時から何時までを夜間モードのオンタイムにするかを設定できます。 さらに、 位置情報サービスをオンにすれば、 【日没から朝まで】という設定を選べるようになり、地域の日没の時間に合わせて夜間モードを使うことができます。 これで、夜間モードの解説は終わりです。 グラフィックス・プロパティー デスクトップ画面の何もない場所で 右クリックをして、出てきたメニューの 【グラフィックス・プロパティー】をクリックします。 下図のようなウィンドウが開くので、 【ディスプレイ】をクリックします。 左側のメニューにある 【色設定】をクリックします。 これで、グラフィックス・プロパティーでの設定は終わりです。 最後に 個人的な感想としては、2つの方法それぞれで、パソコンから出る光の強さ(キツさ)がグッと抑えられた印象を持ちました。 さらに、疲れ目が軽減できれば作業に対する集中力も増しますし、ぐっすり眠ることができれば体調を崩しにくくなります。 えむは、【ブログ・メルマガアフィリエイト】というネットビジネスで生計を立てています。 ネットビジネスを始めるまでは、「安いお給料」「少ないお休み」「当たり前に起こる残業」という、限りなくグレーな会社でOLをやってました。 そんなえむが、 ネコのように自由で気ままな時間を手に入れるまでの道のりを、メルマガレッスンとして無料で配信しています。 こんにちは、えむと申します。 何にも先のことを考えずにふわふわした学生時代を過ごし、社会人になってからも自分が何をしたいのかわからないまま、とりあえず仕事を転々としていました。 そのうち、仕事でのストレスで体を壊して病院通いをするハメになり、「こんな働き方でいいのか?」と自分に問いかけました。 自分が望む「ストレスフリー」で「自由」な生き方・働き方を実現できる方法を探す中でネットビジネスを見つけ、その世界に飛び込みました。 その結果、信頼できる教材を見つけ、それを実践することで、自分の望む生活を手に入れられました。 こんなふわふわした芯のない私でも、ネットビジネスで理想の生活を手に入れることができました。 ですから、今このブログを見ているあなたにもきっとできると信じています。 どうぞよろしくお願いします!.

次の

【windows10】ブルーライトカット設定方法!パソコンで目が疲れ対策!

パソコン ブルー ライト カット 設定

もくじ• 「ブルーライト」とは? そもそも「ブルーライト」とはなんでしょうか。 これはパソコンやスマートフォンなどのディスプレイから放射される光の一種です。 一般的なディスプレイはバックライトと呼ばれるLEDなどの光源を使って液晶パネルを光らせてその視認性を上げています。 ユーザーの目には液晶パネルを透過したバックライトの光が見えていることになります。 この光に含まれる青色成分が「ブルーライト」です。 ディスプレイから出る光は様々な色がありますがブルーライトは文字通り青色を含んだ光のことです。 可視光(目に見える光)の中で最もエネルギーが強く、網膜に負担をかけ、睡眠にも悪影響があると言われています。 「ブルーライト」は本当に危険なのか? 人間の体に悪影響を与える光として注目され始めた「ブルーライト」ですが、その影響について実は未だ研究段階にあり、医学的な根拠は示されていません。 網膜細胞を破壊するなどとも言われていますがその証明はされていないのです。 そもそもブルーライトは太陽光にも含まれる一般的な光であり特別なものではありません。 とはいえ、そこまで重大な影響ではないものの、ブルーライトを含むディスプレイの光が目の疲れを誘発したり睡眠に悪影響を与えること自体はあり得るようです。 「ブルーライト」をカットするには ブルーライトをカットするにはさまざまな方法があります。 ブルーライトカットを謳ったメガネを購入することでブルーライトを低減することができますが、これは購入したメガネによって効果はまちまちです。 そこでまずは無料でできる方法を試してはいかがでしょうか。 それはパソコンのディスプレイの輝度を下げることです。 画面全体は暗くなりますがこれによりブルーライトの放射を大幅に低減でき、ブルーライトカットメガネを使用するよりも確実です。 オフィスでパソコンを使っている場合など、輝度を下げても問題が無い業務を行っている場合には有効な方法です。 この方法はブルーライトが知られる以前から疲れ目を軽減する方法として使っていた人もいるのではないでしょうか。 さらにこだわるのならディスプレイの色温度や、青色の発色設定そのものを個別に下げることも有効ですがこれらの設定をした場合には画面の色もかなり変わってしまいますので注意が必要です。 スマートフォンなどの中にはブルーライトカット機能を内蔵しているものもあり、その機能を使えばブルーライトの発光を抑えてくれます。 ただし上記の青色の発色設定を変えた場合と同様、画面の見た目は変わってしまいます。 もちろんスマートフォンでも輝度を下げる設定は有効です。 実のところブルーライトが問題であるというより「明るすぎる液晶ディスプレイ」が問題の根底にあるともいえます。 たしかに明るいディスプレイの画面表示は美しく見栄えがするのですが、何時間も連続して常用する場合には明るさを抑えたほうが目の疲れは軽減されます。 文字を中心とした作業をする場合は輝度を下げ、写真や動画の鑑賞をする時には輝度を上げるなどして用途によって使い分けてみると良いかもしれません。 このようにブルーライトだけが一概に悪いとは言い切れない面もありますがブルーライトを含む光が疲れ目などを誘発する原因である可能性も否定できません。 無料でブルーライトを低減する方法もありますのでパソコンを使っていて「目が疲れてきたな」と感じたらぜひ試してみてください。

次の