竹内 まりや マンハッタンキス。 マンハッタン・キス : 作品情報

竹内まりや マンハッタン・キス LYRICS

竹内 まりや マンハッタンキス

20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715.

次の

竹内まりや マンハッタン・キス LYRICS

竹内 まりや マンハッタンキス

20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715. 20200715. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200715.

次の

竹内まりや マンハッタン・キス LYRICS

竹内 まりや マンハッタンキス

僕は、妻子のある身でありながら、 1年半の間、また、家庭を持つ女性と関係を持っていた。 彼女と体を重ね 帰りの車の中で聴く曲は いつもこの歌だった マンハッタン・キス/竹内 まりや Don't disturb 閉ざされた ドアの中だけが 私になれる場所 ここで あなたが見せる優しさに 偽りはないけど どうして こんなに寂しい 夜明けの足音 近づいてくると 何もかもまるでなかったように シャツを着る 愛しい背中 眺めるの 私より本当はもっと孤独な誰かが あなたの帰り 待ってるわ すれ違う心の奥見透かしながら ひとり残された部屋の窓の外 手を振る気もなくて 霞む摩天楼の彼方 天使が涙で覗き込む どうして 愛してるだけじゃ満たされなくなる 愛されるまでは 長すぎる一日をもてあまし 彷徨えば 悲しいくらい自由なの 街の灯が 夕闇に灯り始める頃に あなたもきっと感じてる ほろ苦い昨夜のキスのその余韻を どうして あなたじゃなきゃ駄目 声かける人は たくさんいるのに できるなら 知り合う前の私に戻って 置いてきた夢探したい いつの日か 遠い思い出だと笑い会える そんな時がくるのかしら 明日さえ 手探りで生きる二人にも Till I hear you say you love me Don't disturb. むろんこの歌は、女性の立場での歌である。 しかし、不倫と言う悲しい恋の模様を切ないメロディーに乗せ 今、その状況にある男女にとっては、染み入る曲だ 歌い出しの 『Don't disturb』 ホテルで密会を続ける二人 ホテルのドアにぶら下げる札・・・ ただそれだけの意味ではない、いろいろな意味を持っている 邪魔しないで、かく乱しないで、妨害しないで・・・ いろいろな意味で考えても、この歌いだしは強烈に聞き手の心を 引き寄せる。 『私より本当はもっと孤独な誰かが あなたの帰り 待ってるわ すれ違う心の奥見透かしながら』 この歌詞を聴くと、男の立場では、家族の、嫁の顔が浮かび心が痛む。 しかし、不倫と言う恋を歩む者は、いつでも自分を正当化しなければいけない。 見透かされた心の奥の・・・その先の心を繕わなければ。 『できるなら 知り合う前の私に戻って 置いてきた夢探したい いつの日か 遠い思い出だと笑い会える そんな時がくるのかしら 明日さえ 手探りで生きる二人にも』 ここで訴えかけられてしまう。 彼女と会わなければ・・・。 そんなことを考えても 二人は出会ってしまった。 まるで、僕らのことを歌っているように、 二人はいつも手探りだった。 そして、今現実に別れを迎えた二人 いつの日か、笑って彼女を思い出したい・・・。

次の