スピーチ レス 歌詞 アラジン。 実写版映画アラジンでジャスミンが歌う最新曲Speechless 歌詞の和訳紹介!

【歌詞和訳カタカナ】Speechless(スピーチレス) アラジン

スピーチ レス 歌詞 アラジン

2019年7月18日の時点で日本国内の興行収入が100億円越え、全世界興行収入は1,000億円を超えている大ヒット映画『アラジン』。 映画とともに大ヒットとなっているサウンドトラックと、その中で新たな書き下ろし楽曲として収録された楽曲「スピーチレス〜心の声」について、映画や音楽関連だけではなく、今年3月には2作目となる小説も発売されるなど幅広く活躍されているさんに寄稿いただきました。 90年以上の長い歴史を持つウォルト・ディズニー・カンパニー。 ピクサーやルーカス・フィルム、マーベル・エンターテイメントといったグループ各社を含むヒット連発ぶりから、昔からずっと絶好調だったと思いがちだけど、大抵の老舗がそうであるように何度かの浮き沈みがあった。 特に深刻だったのが70年代後半から80年代前半にかけて。 というのも、テレビアニメーションに押されて新作の劇場用アニメーションの製作が殆どされなくなっていたのだ。 こうした状況を打ち破ったのが、1984年に映画部門の責任者に就任したジェフリー・カッツェンバーグだった。 彼はスティーブン・スピルバーグ(製作)とロバート・ゼメキス(監督)とのコラボで実写とアニメを巧妙に合成した『ロジャー・ラビット』(1988年)の大ヒットを足がかりに、自ら陣頭指揮を執った新作アニメの製作に乗り出していく。 その第一弾こそが、アンデルセンの童話をベースにした『リトル・マーメイド』(1989年)。 劇場用アニメにしか出来ない作品とは何か? その問いへのカッツェンバーグの答えは、大音量を前提とした映画だからこそ映えるミュージカル・シーンだった。 それを実現すべく起用されたのが、ブロードウェイ・ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(1986年に映画化された)で注目されたアラン・メンケンである。 ロック世代のメンケンは、ディズニーの伝統に敬意を払いながら、ポップ・ミュージックのイディオムを楽曲に導入。 結果、カリプソのフレイバーを漂わせた『アンダー・ザ・シー』はアカデミー主題歌賞を受賞したのだった。 中でも多くの人に愛されているナンバーが、『千夜一夜物語』の一編を原案とした『アラジン』(1992年)の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」だろう。 しかもその年の最も優れた楽曲に与えられるグラミー賞最優秀楽曲賞まで受賞したのだ。  そんな『アラジン』が27年の歳月を経て、ガイ・リッチー監督によって実写リメイクされた。 もちろんアラン・メンケンの楽曲も再び歌われている。 ところが意外にも観客から最も支持を受けたナンバーは「ホール・ニュー・ワールド」ではなかった。 今作のために新たにメンケンが書き下ろした「スピーチレス〜心の声」だったのである。 オリジナル版では、主人公アラジンに「ひと足お先に」、ランプの精ジーニーに「フレンド・ライク・ミー」とひとりで歌うナンバーが用意されていたのに対し、ヒロインのジャスミンのソロ曲は存在しなかった。 私は黙らない。 誰も私を静かにさせることなんて出来ない。 こうした歌詞をジャスミンは、アグラバー王国を乗っ取ろうと企む大臣ジャファーに幽閉されそうになるとき、衛兵の手を払いのけてひとりで歌い上げる。 このシーンはワンカットで撮影されているため、ジャスミン役のナオミ・スコットの表情の切迫感も凄まじい(しかも歌の前半部はライブで歌っているそうだ)。 今回、メンケンの楽曲に歌詞を提供したのはブロードウェイ出身で、『ラ・ラ・ランド』(2016年)の作詞家として注目されたベンジ・パセクとジャスティン・ポールのコンビ。 インタヴューによると、ふたりは詞の着想を得ようとアニメ版をあらためて見直したとき、ジャファーに結婚を強いるジャファーの口から漏れる「喜びで声も出ないようですな」というセリフに「これだ!」と閃いて詞を作り上げたそうだ。 ふたりの作品としては『グレイテスト・ショーマン』(2017年)で歌われる「ディス・イズ・ミー」の系譜を汲んだ「自分を愛するアンセム」であり、近年のMe Tooムーヴメントとも共振したナンバーと言えるだろう。 もともとジャスミンは、ディズニー初の有色人種ヒロイン、しかも王子からプロポーズされる女性ではなく最初からプリンセスだった点でも画期的なキャラクターだった。 今回のリメイク版ではそんな彼女がさらにアップデートされている。 アニメ版では自由恋愛による結婚を望んでいただけだったのに対して、今作のジャスミンは歴史始まって以来の女性サルタンとして国を統治したいとの野心を抱き、その実力も兼ね備えた人物として描かれたのだ。 その変貌を端的に示したのがこの曲だったというわけだ。 ちなみに『アラジン』の舞台となった中東の多くの国では、女性の権利は今も厳しく制限されている。 特にサウジアラビア(2017年に世界経済フォーラムが発表した世界男女格差指数では144カ国中131位)では、女性が自動車を運転できるようになったのはたった2年前、不特定多数の男女が同じ空間にいる映画館が35年ぶりにオープンしたのは昨年のことである。 ラストシーンでジャスミンがサルタンに就任する『アラジン』が、サウジアラビアの映画館で上映されることはおそらくないだろう。 しかし同国ではアメリカ映画のDVDの売り上げは好調と聞く。 おそらく将来、男女同権が実現されたとき、ジャスミンが歌う「スピーチレス〜心の声」が状況を変えるきっかけだったと語られるのではないだろうか。 もちろん、同じことが日本(世界男女格差指数101位)で将来語られても、全然おかしくはないわけだけど。 Written By 発売日:2019年6月5日.

次の

映画『アラジン』で観客から最も支持を受けた新曲「スピーチレス」が生まれた背景とは by 長谷川町蔵

スピーチ レス 歌詞 アラジン

「Speechless」の歌詞和訳 私を押し流そうと波が押し寄せる 海の底、潮の流れが私を砂の中に引き込もうとする 何も言わせないように 私の声は雷鳴にかき消された でも私は泣かない 絶望に崩れ落ちることはない どれだけ私を黙らせようと、打ちのめそうとしても 決して沈黙することはない 私を黙らせておくことはできない いくら矯正しても震えておとなしくなんかしない 絶対に声を上げないことなど考えにすらうかばない 息ができぬほど押しつぶそうとしても 声を上げるために大きく息を吸い込むのだから 私を見くびらないで 絶対に黙って何もしないなんてことはないから 岩に刻まれたすべてのルール、すべての言葉 幾世紀ものあいだ変わらぬまま ここに受け継がれている 見た目は美しく、しかし意見は言えない そんなバカげた話はたった今、終りを迎える なぜなら私は、 私は切望に崩れ落ちることなんてできない だからここに来て試してみるといいわ 私を黙らせようと、打ちのめそうとしてみるがいいわ 決して沈黙することはない 私を黙らせておくことはできない いくら矯正しても震えておとなしくなんかしない 絶対に声を上げないでいられないわけがない 嵐のような困難がやってくるのというのなら その困難に負けてしまうことなんてできない そう、声を上げずに生きていくことなんてできない 絶対に黙っていることなんていられないから 檻の中に閉じ込めてみたらいいわ おとなしく横たわって死を待つことなんてない 痛めつけられた羽をひろげ 燃え盛る空を横切る私をみることになるでしょう そして私の発する言葉がこだまする 黙らせられることはない 私が声を上げようとしているとき 私が震えて怖がっていることなどない 絶対に声を上げないでいられないわけがない 息ができぬほど押しつぶそうとしても 声を上げるために大きく息を吸い込むのだから 私を見くびらないで 絶対に黙って何もしないなんてことはないから より現代を意識した歌詞 「アラジン」はアラビアンナイトの中にある中東のはるか昔の物語を原作としています。 そんな昔話は、面白い反面、やはり現代の考えに即していない面が多くあるのも事実です。 「アラジン」だけではなく、「シンデレラ」、「白雪姫」、「眠れる森の美女」など、こういった昔話に登場するお姫様は、基本的にトラブルにあった際に、他人の助けを得ることでハッピーエンドに向かっていきます。 そしてそのハッピーエンドは、 王子様と結婚をして、迎えることになります。 この部分は「アラジン」は少し違いますが、基本的に昔話は お姫様は受け身の存在で、 他人によって幸せにしてもらうという考えが多かれ少なかれ、あると思うのです。 が、今は男女平等の時代。 実際には平等でなかったとしても平等であるように扱われない事自体が問題になる、そんな世の中です。 「アラジン」のジャスミンも適齢期が来たので王子と結婚という古い風習に嫌気が差していたことで、アラジン全体の冒険が始まってしまうわけですし、2019年という現代に合うように、ジャスミンをキャラチェンジするのは、おかしくないでしょう。 現実にはアラビアのサルタン制で、女性が政治に口を出すなんてことはご法度だったでしょう。 が、そこは、現代風にジャスミンも国のこと、国民のことを考えて、正しいと思ったことを行動に移していくだけの気概を持っています。 ジャファーによって簒奪されそうになったスルタンの地位、故郷アグラバーのために、相手がいかに強大な力を持っていたとしても、無条件降伏することはできません。 そんな思いを歌にしたのがこの「Speechless」です。 更に一歩踏み込んでいると思うのがこの一節。 Written in stone Every rule, every word Centuries old and unbending Stay in your place Better seen and not heard But now that story is ending それも今ここで終りを迎える。 そんなメッセージを強烈に発している一節です。 映画の中でSpechlessを聞いた感想 ネタバレあり ここは映画で全編を見た上で、Speechlessを聞いた感想をお話したいと思います。 ネタバレを含みますので、ご注意ください。 映画の中でジャスミンが歌うSpeechless の場面はなんと2度ありました。 アンダース王子がジャスミンに求婚した後。 父親に自分の考えを、伝統やこれまでのしきたりを理由に真っ向から押しつぶされた直後。 正直こんなに映画が始まってすぐにSpeechlessが登場するのか、と驚きました。 その場面で歌うことによるメッセージ性はそれなりに伝わってきましたが、それほど強いものではない、と少し失望してしまいました。 というのも、ナオミ・スコットのインタビューでもウィル・スミスのインタビューでも、メナ・マスードのインタビューでも、今回の実写版で初めて登場したジャスミンのSpeechlessは、 とてつもないメッセージ性があり、感情が高ぶるシーンだったと答えていたからです。 例えば、ウィル・スミスがインタビューで話していて有名になりましたが、ナオミ・スコットとウィル・スミスはSpeechlessのシーンの撮影を終えた直後、 鼻水のついた手でハイタッチをしあった程なのです。 詳しく説明すると、Speechlessのシーンで役に入り込み、感極まったナオミ・スコットは歌いながらないてしまいました。 「カット」の声がかかった後、ナオミは顔に手をやって涙を拭いて鼻をすすっていました。 そこまで役に入り込み、感極まった瞬間でとても感動的な場面なのですが、スタッフがナオミにティッシュやタオルを渡す前に、同じくそのシーンの撮影を見ていたウィル・スミスも感動して、ナオミに背後から近づき、ナオミの状態を正確に理解する前に、「よくやった、感動したよ」という意味を込めて、片腕を挙げてハイタッチを求めてしまいました。 ナオミが振り向いた瞬間、ウィルはナオミがどんな状態で、何をしていたのかを正確に理解したのですが、すでに挙げているハイタッチを求めた腕を下ろすことができるタイミングではありません。 ナオミは、彼女の手が鼻水まみれだったと主張するウィルを、 盛って話をしていると主張していますが、とにかくそんな撮影秘話がインタビューで答えられるほど、素晴らしいシーンだったと言うことなのです。 それが、映画が始まって30分も経っていないのに、Speechlessを聞けることになったのは、驚きでした。 しかもそのシーンは、決して悪いタイミングではありませんが、涙をながすほど感動的なシーンではありませんでした。 が、実際にはジャファーに国を乗っ取られ、「女は黙っていろ」と吐き捨てるジャファーに向かって、ジャスミンが歌い始めたとき、このシーンでSpeechlessを持ってくる演出の旨さに感動しました。 映画の初めに数フレーズだけいれておいて、ある意味観客を失望させておいて、フィナーレでより効果的にストーリーに挟んでくるところはさすがだ、としか思えません。 またナオミ・スコットの歌声も素晴らしかったですし、 彼女がジャスミンに込めたかった思いはこの曲とともに、力強く世界に向け、発信されたと感じました。 まとめ 実写版映画「アラジン」のオリジナル曲である「Speechless」 ジャスミン演じるナオミ・スコットの美声で歌い上げられた、 強烈なメッセージを含んだ曲です。 近年、男性の助けなしでは生きられないようなお姫様ではありません。 ディズニープリンセスは ともに協力する、場合によってはプリンセス一人でも困難に立ち向かっていくような女性像になってきています。 今回の「アラジン」もその考えが根底にあり、ジャスミンを生き生きと描いています。 そしてそんな彼女の思いをオリジナル曲の「Speechless」は、はっきりと表現しているのでした。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: ディズニー映画を視聴できる動画配信サービス紹介 最後にディズニー映画を無料で視聴できる方法があるので、お知らせしたいと思います。 「アラジン」に代表されるディズニー映画は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することができます。 しかも条件によっては無料で視聴することができる方法もあります。 U-NEXTでディズニー映画を視聴する方法 U-NEXTでは多くのディズニー映画は有料作品に分類されています。 しかし、初めてU-NEXTに登録する方には31日間の無料トライアルサービスを利用することができ、有料作品を視聴する際に利用できるボーナスポイントをもらうことができます。 つまりそのサービスを利用すれば、もらえたボーナスポイントを使って 無料でディズニー映画を視聴することができるのです。 もし興味がありましたら、下のリンクよりお試しください。

次の

実写版アラジン『Speechless!/スピーチレス』の歌詞を日本語・和訳にしてみました(2パターン)

スピーチ レス 歌詞 アラジン

「Speechless」の歌詞和訳 私を押し流そうと波が押し寄せる 海の底、潮の流れが私を砂の中に引き込もうとする 何も言わせないように 私の声は雷鳴にかき消された でも私は泣かない 絶望に崩れ落ちることはない どれだけ私を黙らせようと、打ちのめそうとしても 決して沈黙することはない 私を黙らせておくことはできない いくら矯正しても震えておとなしくなんかしない 絶対に声を上げないことなど考えにすらうかばない 息ができぬほど押しつぶそうとしても 声を上げるために大きく息を吸い込むのだから 私を見くびらないで 絶対に黙って何もしないなんてことはないから 岩に刻まれたすべてのルール、すべての言葉 幾世紀ものあいだ変わらぬまま ここに受け継がれている 見た目は美しく、しかし意見は言えない そんなバカげた話はたった今、終りを迎える なぜなら私は、 私は切望に崩れ落ちることなんてできない だからここに来て試してみるといいわ 私を黙らせようと、打ちのめそうとしてみるがいいわ 決して沈黙することはない 私を黙らせておくことはできない いくら矯正しても震えておとなしくなんかしない 絶対に声を上げないでいられないわけがない 嵐のような困難がやってくるのというのなら その困難に負けてしまうことなんてできない そう、声を上げずに生きていくことなんてできない 絶対に黙っていることなんていられないから 檻の中に閉じ込めてみたらいいわ おとなしく横たわって死を待つことなんてない 痛めつけられた羽をひろげ 燃え盛る空を横切る私をみることになるでしょう そして私の発する言葉がこだまする 黙らせられることはない 私が声を上げようとしているとき 私が震えて怖がっていることなどない 絶対に声を上げないでいられないわけがない 息ができぬほど押しつぶそうとしても 声を上げるために大きく息を吸い込むのだから 私を見くびらないで 絶対に黙って何もしないなんてことはないから より現代を意識した歌詞 「アラジン」はアラビアンナイトの中にある中東のはるか昔の物語を原作としています。 そんな昔話は、面白い反面、やはり現代の考えに即していない面が多くあるのも事実です。 「アラジン」だけではなく、「シンデレラ」、「白雪姫」、「眠れる森の美女」など、こういった昔話に登場するお姫様は、基本的にトラブルにあった際に、他人の助けを得ることでハッピーエンドに向かっていきます。 そしてそのハッピーエンドは、 王子様と結婚をして、迎えることになります。 この部分は「アラジン」は少し違いますが、基本的に昔話は お姫様は受け身の存在で、 他人によって幸せにしてもらうという考えが多かれ少なかれ、あると思うのです。 が、今は男女平等の時代。 実際には平等でなかったとしても平等であるように扱われない事自体が問題になる、そんな世の中です。 「アラジン」のジャスミンも適齢期が来たので王子と結婚という古い風習に嫌気が差していたことで、アラジン全体の冒険が始まってしまうわけですし、2019年という現代に合うように、ジャスミンをキャラチェンジするのは、おかしくないでしょう。 現実にはアラビアのサルタン制で、女性が政治に口を出すなんてことはご法度だったでしょう。 が、そこは、現代風にジャスミンも国のこと、国民のことを考えて、正しいと思ったことを行動に移していくだけの気概を持っています。 ジャファーによって簒奪されそうになったスルタンの地位、故郷アグラバーのために、相手がいかに強大な力を持っていたとしても、無条件降伏することはできません。 そんな思いを歌にしたのがこの「Speechless」です。 更に一歩踏み込んでいると思うのがこの一節。 Written in stone Every rule, every word Centuries old and unbending Stay in your place Better seen and not heard But now that story is ending それも今ここで終りを迎える。 そんなメッセージを強烈に発している一節です。 映画の中でSpechlessを聞いた感想 ネタバレあり ここは映画で全編を見た上で、Speechlessを聞いた感想をお話したいと思います。 ネタバレを含みますので、ご注意ください。 映画の中でジャスミンが歌うSpeechless の場面はなんと2度ありました。 アンダース王子がジャスミンに求婚した後。 父親に自分の考えを、伝統やこれまでのしきたりを理由に真っ向から押しつぶされた直後。 正直こんなに映画が始まってすぐにSpeechlessが登場するのか、と驚きました。 その場面で歌うことによるメッセージ性はそれなりに伝わってきましたが、それほど強いものではない、と少し失望してしまいました。 というのも、ナオミ・スコットのインタビューでもウィル・スミスのインタビューでも、メナ・マスードのインタビューでも、今回の実写版で初めて登場したジャスミンのSpeechlessは、 とてつもないメッセージ性があり、感情が高ぶるシーンだったと答えていたからです。 例えば、ウィル・スミスがインタビューで話していて有名になりましたが、ナオミ・スコットとウィル・スミスはSpeechlessのシーンの撮影を終えた直後、 鼻水のついた手でハイタッチをしあった程なのです。 詳しく説明すると、Speechlessのシーンで役に入り込み、感極まったナオミ・スコットは歌いながらないてしまいました。 「カット」の声がかかった後、ナオミは顔に手をやって涙を拭いて鼻をすすっていました。 そこまで役に入り込み、感極まった瞬間でとても感動的な場面なのですが、スタッフがナオミにティッシュやタオルを渡す前に、同じくそのシーンの撮影を見ていたウィル・スミスも感動して、ナオミに背後から近づき、ナオミの状態を正確に理解する前に、「よくやった、感動したよ」という意味を込めて、片腕を挙げてハイタッチを求めてしまいました。 ナオミが振り向いた瞬間、ウィルはナオミがどんな状態で、何をしていたのかを正確に理解したのですが、すでに挙げているハイタッチを求めた腕を下ろすことができるタイミングではありません。 ナオミは、彼女の手が鼻水まみれだったと主張するウィルを、 盛って話をしていると主張していますが、とにかくそんな撮影秘話がインタビューで答えられるほど、素晴らしいシーンだったと言うことなのです。 それが、映画が始まって30分も経っていないのに、Speechlessを聞けることになったのは、驚きでした。 しかもそのシーンは、決して悪いタイミングではありませんが、涙をながすほど感動的なシーンではありませんでした。 が、実際にはジャファーに国を乗っ取られ、「女は黙っていろ」と吐き捨てるジャファーに向かって、ジャスミンが歌い始めたとき、このシーンでSpeechlessを持ってくる演出の旨さに感動しました。 映画の初めに数フレーズだけいれておいて、ある意味観客を失望させておいて、フィナーレでより効果的にストーリーに挟んでくるところはさすがだ、としか思えません。 またナオミ・スコットの歌声も素晴らしかったですし、 彼女がジャスミンに込めたかった思いはこの曲とともに、力強く世界に向け、発信されたと感じました。 まとめ 実写版映画「アラジン」のオリジナル曲である「Speechless」 ジャスミン演じるナオミ・スコットの美声で歌い上げられた、 強烈なメッセージを含んだ曲です。 近年、男性の助けなしでは生きられないようなお姫様ではありません。 ディズニープリンセスは ともに協力する、場合によってはプリンセス一人でも困難に立ち向かっていくような女性像になってきています。 今回の「アラジン」もその考えが根底にあり、ジャスミンを生き生きと描いています。 そしてそんな彼女の思いをオリジナル曲の「Speechless」は、はっきりと表現しているのでした。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: ディズニー映画を視聴できる動画配信サービス紹介 最後にディズニー映画を無料で視聴できる方法があるので、お知らせしたいと思います。 「アラジン」に代表されるディズニー映画は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することができます。 しかも条件によっては無料で視聴することができる方法もあります。 U-NEXTでディズニー映画を視聴する方法 U-NEXTでは多くのディズニー映画は有料作品に分類されています。 しかし、初めてU-NEXTに登録する方には31日間の無料トライアルサービスを利用することができ、有料作品を視聴する際に利用できるボーナスポイントをもらうことができます。 つまりそのサービスを利用すれば、もらえたボーナスポイントを使って 無料でディズニー映画を視聴することができるのです。 もし興味がありましたら、下のリンクよりお試しください。

次の