赤鼻 の センセイ。 「赤鼻のセンセイ」へのクチコミ(口コミ)

赤鼻のセンセイ

赤鼻 の センセイ

副島賢和先生という、院内学級(内のさいかち学級)の先生がいる。 院内学級とは、簡単に言うと、病院の中の教室であり、全国に200あるという。 副島先生は年間120人の子どもと関わるが、1人当たりでは僅か平均1週間だそうだ。 元々は公立小学校の先生をされていたが、2006年からさいかち学級の担任となった。 のプロフェッショナル仕事の流儀に取り上げられたり、主演のドラマ「」のモデルにもなった人である。 副島先生の講演が八王子であり、行ってきたのでその概要と感想を書く。 〇講演の概要 講演では、まず登場するとすぐに、子どもたちにやるように、赤鼻をつけ、手品やバルーンが繰り広げられた。 (ちなみに、赤鼻は子どもの前や講演に限らず、街中や電車でも付けるそうだ。 )講演のテーマは最初は「笑いも涙も力になる」と掲げられていたが、副島先生の意向により「涙も笑いも、力になる」になった。 講演は以下の4つについて進められた。 視点を変えて見ることについて理解するために、会場で簡単なゲームを行った。 天井に向けて人差し指を上げて円を描き、そのまま下ろし、目の下まで持ってくると、不思議と逆に回っているように見える。 下から見るのと、上から見るのでは物事が異なって見えることを伝えるために、子どもたちにもやっているそうだ。 そのため、かかわりや教育によって肯定的な自己イメージを持ってもらうようにする。 もちろん、子どもの方からもメッセージを発信していることがある。 ただ、それは言語化されたものとは限らない。 大人は子どもに言語化を求めるが、必ずしもそれができるわけではなく、子どもは行動化、身体化という形で表現することもある。 それは大人にとってはノイズであるが、子どもにとってはサインやシグナルであり、メッセージである。 そのメッセージにいかに耳を傾けられるかが鍵となる。 会場では「そうですねゲーム」というものをやった。 2人1組になって、Aさんは「あれは〇〇ですね。 」と言い、Bさんは「そうですね。 」と頷くものである。 これにより、子どもたちに話の聴き方を教えるそうだ。 話の聴き方のキーワードは「あいうえお」。 「あいてをみて、いっしょうけんめい、うなずきながら、で、おわりまで」。 特に大人はそんな気持ちを持ってはダメだと言いがちであるが、 感情にいい悪いはない。 どんな感情も大切にして、その伝え方を学んでほしいという。 一方、大人は不快な感情に対して、抑え込んだり、先回りして取り除いたり、無視してはならない。 だからといって、子どもの要求を全て受け入れるのではなく、受容(感情を受け止めること)はするが、許容(行動を容認すること)はしないというスタンスを取ることは大事。 院内学級では粘土等でお弁当を作ったそうだが、医師、看護師から食事制限している子どももいるのだから控えてほしいと言われたそうだ。 これについて、副島先生はどんな感情も大切なのだから、お弁当作りは続けたという。 そのため、自分のことをもっと大切にしてほしいとメッセージを送るようにしているという。 には基礎的と社会的があるそうだ。 基礎的は、「生まれてきてよかった」や「自分に価値がある」といった自分のことを大事にする感情で、社会的は「できることがある」や「他の人より優れている」といった相対的な基準によって生まれる感情である。 学校では行動に対して褒めるなど社会的に重きを置きがちであるが、基礎的が土台となって社会的が築かれるのが望ましいという。 Doingの前にBeingである。 〇講演の感想 副島先生の著書は読んだことがあるが、実際に話を聞くと、よく通る声で話され熱量が伝わってきた。 テーマとしてはのことを話されたが、それより印象に残ったのは子ども達のエピソードである。 スクリーンに子ども達が言ったことが表示されて、どんな子どもが言ったのか、どうしてそのように言ったのか、そのとき自分はどう思ったのかを丁寧に話されて、情景がまじまじと浮かび上がってきた。 特に印象に残ったのは、「おやくにたてればよろこんで」という言葉。 絵の得意な小学校4年生の女の子が言ったそうだ。 日々できることがなくなっていく中、副島先生が女の子に絵を描いてほしいとお願いしたところ、女の子の口から出たそうだ。 副島先生は素敵な言葉だと子どもから学んだという。 一人ひとりの子どもと向き合い、大切にしていることが感じられた。 また、講演では自立に必要なことは何かという問いがあり、その答えが意外性のあるものだった。 その答えは、一見矛盾していると思ええる依存先を増やすことだそうだ。 確かに人は1人では生きていけないので、頼ることは重要なことだ。 グラフにすると、自立が徐々に増えていき、保護が徐々に減っていき、交差するところが思春期だという。 子育てにおいても、自立と保護のバランスが鍵となるので、子どもがどの段階にいるのかをよく見ながら子どもと関わっていきたいと思う。 そして、子どもにも自分の感情を大切にしてほしいと伝えることは重要であるが、私自身も自分の感情を大切にしていきたいと思った。 tommyytan.

次の

赤鼻のセンセイ ロケ地ガイド

赤鼻 の センセイ

最初に申し上げますこの作品は駄作です そして、面白くありません、 [newpage] 体長不良? やえがしくん大好きだ~ あて~しょん! ・すごい妄想だぞ! ・喘息発作なうだぞ ・誤字脱字あるかも・・・。 ピシー! それでも。 よいのだ~っという人は、どうぞ ムリっすわ~っていう人は、 回れ右~WWW [newpage] ある夜のこと・・・。 やえっち「ヒューヒューゴホゴホ」 わだっち「…大丈夫?」 やえっち「ヒューヒューゲホゴホ・・だ…大丈夫・・・ 起こしてゴメンな和田・・・。 」 わだっち「べつにいいよ。 でも、大丈夫じゃなさそうだね・・・。 」 やえっち「ヒューヒュー・・ご・・・ゴメン」 わだっち「苦しい?」 やえっち「大丈夫だよ・・ゴホゴホ・・」 わだっち「ムリすんなって、薬どこ?」 やえっち「ゴホゴホ・・本棚の・・!!!!ゴホゴホ!」 わだっち「!!大丈夫??・・・あった!!!これだ!!」 やえっち「ヒューヒュー」 わだっち「やえっち、ハイ吸って!」 プシュ やえっち「ヒューヒュー・・!!ゲホゲホ!!」 わだっち「やえっち・・薬きかないの??」 やえっち「ヒューヒュー・・・う・・うん。 」 わだっち「くるしい?」 やえっち「ヒューヒュー苦しい・・・・」 わだっち「素直だね・・・。 」 やえっち「別に…!!ゲホゴホ!! オウェ!」 わだっち「やえっち!!大丈夫!! ナースコールするからね!!」 やえっち「っヒューヒューい・・いやだ!! ゴホゴホゴホ!!」 わだっち「ダメ!! ちゃんと息吸えてない! だから、ダメ」 ゴメンねやえっちだけど、喘息の中発作だから やえっちは、いっつも我慢してるから・・・。 40分以上たっているよ!。 」 七瀬先生「ありがと。 八重樫君紫いろの吸入器どこにある?」 やえっち「ヒュォーゲホゴホほ・・・ほ、ん棚のごほご と、こポーチにゴホゴホは、いているゲホ」 七瀬先生「ど・・どのポーチのなか!!」 やえっち「ヒュォーヒュォーゴホゴホ ゲホ、ほ、しがら、ゲホポーチ、!ゲホゴホ」 七瀬先生「わかった。 !!」 わだっち「やえっち!!!!!」 [newpage] 続くかも・・・。 続かないかも・・・ 最初に申し上げますこの作品は駄作です そして、面白くありません、[newpage] 体長不良? やえがしくん大好きだ~ あて~しょん! ・すごい妄想だぞ! ・喘息発作なうだぞ ・誤字脱字あるかも・・・。 ピシー! それでも。 よいのだ~っという人は、どうぞ ムリっすわ~っていう人は、 回れ右~WWW [newpage] ある夜のこと・・・。 やえっち「ヒューヒューゴホゴホ」 わだっち「…大丈夫?」 やえっち「ヒューヒューゲホゴホ・・だ…大丈夫・・・ 起こしてゴメンな和田・・・。 」 わだっち「べつにいいよ。 でも、大丈夫じゃなさそうだね・・・。 」 やえっち「ヒューヒュー・・ご・・・ゴメン」 わだっち「苦しい?」 やえっち「大丈夫だよ・・ゴホゴホ・・」 わだっち「ムリすんなって、薬どこ?」 やえっち「ゴホゴホ・・本棚の・・!!!!ゴホゴホ!」 わだっち「!!大丈夫??・・・あった!!!これだ!!」 やえっち「ヒューヒュー」 わだっち「やえっち、ハイ吸って!」 プシュ やえっち「ヒューヒュー・・!!ゲホゲホ!!」 わだっち「やえっち・・薬きかないの??」 やえっち「ヒューヒュー・・・う・・うん。 」 わだっち「くるしい?」 やえっち「ヒューヒュー苦しい・・・・」 わだっち「素直だね・・・。 」 やえっち「別に…!!ゲホゴホ!! オウェ!」 わだっち「やえっち!!大丈夫!! ナースコールするからね!!」 やえっち「っヒューヒューい・・いやだ!! ゴホゴホゴホ!!」 わだっち「ダメ!! ちゃんと息吸えてない! だから、ダメ」 ゴメンねやえっちだけど、喘息の中発作だから やえっちは、いっつも我慢してるから・・・。 40分以上たっているよ!。 」 七瀬先生「ありがと。 八重樫君紫いろの吸入器どこにある?」 やえっち「ヒュォーゲホゴホほ・・・ほ、ん棚のごほご と、こポーチにゴホゴホは、いているゲホ」 七瀬先生「ど・・どのポーチのなか!!」 やえっち「ヒュォーヒュォーゴホゴホ ゲホ、ほ、しがら、ゲホポーチ、!ゲホゴホ」 七瀬先生「わかった。 !!」 わだっち「やえっち!!!!!」 [newpage] 続くかも・・・。 続かないかも・・・.

次の

病気の子にも教育を 院内学級「赤鼻のセンセイ」が訴え:朝日新聞デジタル

赤鼻 の センセイ

第一回3・11から学ぶ 「 防災冬キャンプ体験会in江別 泉の沼公園2014」 (北海道防災カレッジ) 平成26年3月8、9日(土日)江別市泉の沼公園 参加者5名(男性3名、女性2名) 最低気温ー8度という最高?の冬キャンプ日和となりました。 3・11に最も近い土日に、「冬の北海道で大災害が起きました!?」という想定のもと、住宅街の近隣の公園内でスクリーンタープ(テント)を設営して防災宿泊訓練を開催しました。 参加者の声(原文のまま掲載) Q、体験後の朝、今の率直なご感想 女性/40代/簡易郵便局長 「寒くて眠れなかった事以外はとても楽しく、貴重な体験になりました。 防寒対策が重要だということを実感しました」 女性/60代/パート 「良い寝袋でしたが、背中にカイロを入れないとやはり下から冷気がきて少し寒かったです。 これが何日も続くと思うと心配です」 男性/40代/小学校教員 「とても貴重な経験でした。 一晩あのような形で過ごすことで、何か起きた時の自信につながりますね。 訓練という名称が大げさでないとわかりました」 Q、スクリーンタープ内での火器の使用について、あなたの考え、感想は? 女性/40代/簡易郵便局長 「ルールを決めての使用なら可。 (理由は寒さに対する)ストレスを軽減できるから」 男性/40代/小学校教員 「ルールを決めての使用なら可。 タープであれば換気が容易であり、何より暖かい」 男性/50代/自治体職員(市役所勤務) 「消極的賛成。 必要な人が暖をとれるスペースは確保すべきだが、一時的な活用にとどめるべきかも!暖房を確保できない時の工夫や方法を考える、学習することも大切にしたい」 Q、今回の冬キャンプ体験会は? 参加者5名中5名とも 「とても、面白かった(楽しかった)」 女性/60代/パート 「想像するだけの冬キャンプでしたが実際にやってみると意外に面白い。 おまけとしていろいろな人に出会えた」 女性/40代/簡易郵便局長 「初体験で冬の寒さを体感することができた」 Q、冬の防災訓練として、今回の「冬キャンプ体験会」は、あたたの役に立ちましたか? 参加者5名中5名とも「 とても役に立った」 その理由 男性/40代/農業(元自衛官) 「北海道の冬という特性を体で知る事ができた」 男性/40代/小学校教員 「経験を通してしかわからないことばかりなので」 Q、冬キャンプの課題、可能性について 男性/40代/農業(元自衛官) 「課題は、(キャンプ機材、火器使用のルール等含)物の使い方を知ってもらう。 夜になるのが早い為、明るい時間の有効活用。 安全を最優先にした考え方を植え付ける。 可能性は、(防災訓練として)これからに期待できるので、まずは知ってもらうことが重要」 男性/50代/自治体職員(市役所勤務) 「非日常を体験することは必要。 理解者を少しでも多くするよう取り組みの継続が大切」 女性/60代/パート 「冬キャンプ体験により、冬の災害時のパニック状態が少なくなる」 参加されたみなさん、御協力ありがとうございました! 第一部 冬キャンプ説明会(前座ストリート・ティーチャー) 第二部 栗城史多氏講演会 130名を超すご来場者を前にストリート・ティーチャーも前座でお笑い授業パフォーマンス! 第一部は、北海道における冬の防災訓練としての冬キャンプの必要性をお話しさせていただきました。 第二部は、「冬キャンプのノウハウは、冬山登山者が持っていた」と言うことで、登山家・栗城史多氏を講師にお招きしエベレストでの冬キャンプのエピソードを交え、目標に向かって努力することの大切さや夢の叶え方などをお話いただきました。 お話を聞いた後、「勇気と元気をもらった」という言葉を多くの方からいただきました。 講演後は希望者(ご来場者ほぼ全員!)に丁寧にサインや写真撮影をして頂くなど、笑いあり感動、感激ありのとてもアットホームな講演会になりました。 大成功でした! ワークショップ 【世界で一番受けたい授業】 平成26年2月9日(日)江別市野幌公民館 現役高校教師の川原茂雄教諭を講師にお招きして、「かわはら先生の原発出前授業」とストリート・ティーチャーの「3・11から学ぶ 防災冬キャンプのすすめ なぜ、冬キャンプなのか」を開催しました。 受講生の声(原文のまま掲載) 原発出前授業のご意見・ご感想 女性・50代・主婦 「とにかく、原発は止めなきゃいけないと感じました」 男性・60代・無職 「熱意の感じられるお話、素晴らしかったです。 私は安倍首相が福島に住むべきだと思います。 核廃棄物は東京に置くべきです」 3・11から学ぶ 防災セミナー なぜ、冬キャンプなのか!?のご意見・ご感想 女性・60代・主婦 「(冬の)防災の必要性を感じた」 男性・60代・無職 「(冬の防災の)必要性を強めた。 自宅でも対策が必要だ」 女性・50代・主婦 「できれば自治体単位でも大きなキャンプを計画してもらえたらと思いました」 女性・60代・無職 「もっと具体的に詳しく聞きたいです。 その為の資料もあるといいですね」 男性・70代・無職 「自治会で講演ができたらよい」 3・11から学ぶ避難訓練ゲームと冬キャンプのすすめ 赤鼻塾主催 防災イベント(北海道防災カレッジ) 平成25年9月8日 札幌エルプラザ ゲーム参加延べ人数15人 お客様の声(一部抜粋) 女性・40代・会社員 「セッティングの状況では、どんな感じになるのかな?と想像がつきませんでしたが、実際にやってみて 、不安や困難さを経験出来てびっくりです。 工夫次第でバリエーション豊富に体験できるゲームですね」 女性・20代・教員 「様々な状況(目隠し、骨折)での避難を体験出来たのが良かった。 誘導する側、される側それぞれやってみて、誘導の難しさ、けがをしている側の気持ちなどを感じることができました。 実際に体験してみないとわからないものもあるなと感じました。 女性・10代・学生 「(目を負傷した役で)アイマスクをすると、とたんに不安になり、どこもけがをしないまま避難できるとは限らないので勉強になりました」 女性・60代・無職 「見えているのに動こうとすると(避難行動が)難しかった。 具体的な情報があればよいと思った」.

次の