カルチョ ビット 特訓。 3DS版カルチョビット攻略サイト 特訓と隠しパラメーター

3DS版カルチョビット攻略サイト 特訓と隠しパラメーター

カルチョ ビット 特訓

COPYRIGHT C カルチョビット攻略wiki[GAME-CMR. com]. ALL RIGHTS RESERVED. 当サイトで公開している文章や画像等は、当サイトまたはその文章や画像等の著作権者が著作権を持っています。 掲載している画像や文言などに著作権侵害の意図は御座いません。 また情報提供して頂いているデータも掲載しています。 カルチョビット攻略wiki[GAME-CMR. com]では相互リンクを募集しています。 ダビスタシリーズ、カルチョビット関係のサイトやブログをお持ちの方で、相互リンクをご希望の方はご連絡下さい。 パリティビットの3DS用ゲーム「カルチョビット」の著作権はパリティビットにあります。

次の

スペシャルメニューの一覧

カルチョ ビット 特訓

3DS版カルチョビット攻略サイト 特訓メニューと効果 ポケットサッカーリーグカルチョビット 3DS版 の攻略サイト。 レビューや育成方法や裏技など。 特訓メニューと効果 効果的なメニューは 基本メニューを組み合わせると、スペシャルメニューになります。 基本メニューを個別に使った場合よりも、たいてい効果が高くなります。 (下表の"増"を参照) ただし、スペシャルメニューの中には、基本メニューをバラで使った時と大差ないものや、逆に効果が下がるものもあるので、注意が必要です。 逆に、ポストプレーは、バラで使った時よりも効果が下がった例です。 上がった数値の合計では同じですが、お得度で考えると大きな差があります。 さらに、上がる能力で比較すると、ファンサービスが比較的成長しやすいメンタルばかりが上がるのに対し、ボディバランスが比較的成長しにくいテクニックが上がるので、長期的な観点で育成を計画するなら、ボディバランスの方がおすすめです。 また、カルチョビットには隠しパラメーターとして、ボールを持っていない時の動きに関する数値があります。 検証結果を「」に掲載していますが、これは非常に難しいので、上級者以外はこだわらない方がいいです。 メニューの効果 下表は、特訓メニューの組み合わせと効果です。 保有するカードにチェックを入れると、可能なメニューの色が変わります。 この表は、並び替えができます。

次の

3DS版カルチョビット攻略サイト 特訓メニューと効果

カルチョ ビット 特訓

3DS版カルチョビット攻略サイト 特訓と隠しパラメーター ポケットサッカーリーグカルチョビット 3DS版 の攻略サイト。 レビューや育成方法や裏技など。 特訓と隠しパラメーター 動きに関する隠しパラメーター 選手には、能力以外に動きに関する隠しパラメーターがあります。 ディフェンス関連が「ゾーンマーキング」「マンツーマン」「プレッシング」「シュートカット」「インターセプト」、オフェンス関連が「サポート ボール保持者の近くへ移動 」「トライアングル 三角形をつくるポジショニング 」「マークを外す」「オーバーラップ 前にいる味方を追い越す 」「ダイアゴナルラン ピッチを斜めに移動 」「スペースに走り込む」「ゴール前待機」の計12種類です。 この動きに関するパラメーターは、最初はポジションに関わらず全選手同じで、特訓によって徐々に変化していきます。 特定の動きをさせたい場合は、特訓で調整するしかあります。 このページには、各特訓が隠しパラメーターにどんな影響を及ぼすかを調査した結果が書かれています。 発売直後から地道に調べた結果ですが、現在は攻略本が発売されていますので、より正確な情報を知りたい方は、この本を購入することをおすすめします。 選手タイプと動き 選手タイプは、隠しパラメーターである動きの数値で決まります。 そのため、選手タイプの変化を観察していれば、その特訓がどんな動きに効果があるのかだいたい判断できます。 まずは、選手タイプの特徴を理解しておきましょう。 バックアップ ゾーンで守る。 スイーパーよりもシュートコースをふさぐ。 スイーパー ゾーンで守る。 バックアップよりもプレスをかける。 ストッパー マンツーマンで守る。 マンマーカーよりもプレスをかける。 マンマーカー マンツーマンで守る。 ストッパーよりもインターセプトを狙う。 リベロ ゾーンで守る。 オフェンスではゴールへ向かう。 オールラウンド マンツーマンで守る。 オフェンスではボール保持者をサポート。 ダイナモ オーバーラップ、マークを外す、スペースへ走りこむ。 レジスタ サポートとトライアングルが多い。 アタッカー オーバーラップ、スペースへ走り込む、ゴール前待機。 チャンスメーカー マークを外す、ダイアゴナルラン、ゴール前待機。 ストライカー マークを外す、ゴール前待機、スペースへ走り込む。 特訓による隠しパラメーターの変化 1種類の特訓だけを10回繰り返した場合の選手タイプの変化を調べました。 これを見れば、その特訓でどんな動きに変わって行くかがだいたい分かります。 10回行っても選手タイプが変化しない特訓もありましたが、それは変化量が小さいのが原因と考えられます。 この表は、並び替えができます。

次の