より いち 強 すぎ。 【鬼滅の刃考察】継国縁壱の正体が最強にヤバすぎたw【日の呼吸】【つぎくによりいち】【嫁うた】

【鬼滅の刃考察】継国縁壱の正体が最強にヤバすぎたw【日の呼吸】【つぎくによりいち】【嫁うた】

より いち 強 すぎ

鬼滅の刃:十二鬼月とは? 十二鬼月とは、無惨の直属で働く選ばれた最強の鬼達です。 鬼は人を喰らうことで強くなりますが、十二鬼月は数百人単位の人を喰らうことができ、柱ではない通常の鬼殺隊士では全く相手になりません。 上弦と下弦に壱(いち)から陸(ろく)の計12名で構成されており、上弦の壱の鬼が最も強く下弦の陸の鬼が最も弱いです。 上弦と下弦では実力に天地ほどの差があり、下弦の鬼は柱1人に一瞬で倒されるレベルです。 しかし、上弦の鬼で一番弱いはずの堕姫・妓夫太郎で柱が22人も倒されるほど、 上弦の鬼は圧倒的な強さを持っています。 十二鬼月に選ばれることは鬼たちにとって名誉あることですが、無惨からその地位を容赦なく奪われることもあるようです。 また、「入れ替わりの血戦」と呼ばれる、一対一の勝負を申し込み、挑んで勝つことができれば席位を上げることができるようです。 十二鬼月のメンバー:上弦の鬼の名前や読み方などまとめ 十二鬼月上弦は、無惨からたくさんの血を分け与えられ、140年もの間変わらない顔ぶれの鬼たちの最強にして頂点と呼べる集団です。 無惨に「代替の利き辛い希少な手駒」と言われるほど非常に高い評価を受け、多少機嫌を損ねた程度では殺されることもありません。 そんな鬼たちの最強にして頂点のような集団は、いったいどんなメンバーがいるのでしょうか? 十二鬼月の上弦の壱:黒死牟(こくしぼう) 会社のアニメ好きな人とよく鬼滅の刃の話をするのだけど目が六個ある黒死牟のデザインの良さをどれだけ語っても理解して貰えなくて悲しい。 めっちゃイカれたデザインで大好きなんだけどなー。 — 愛猫はポチ poti1974 黒死牟とは黒髪の長髪を後ろで一括りにし、侍のような戦士姿の鬼。 顔には6つの目を持ち、額と頬には始まりの剣士と思われる揺らめく火を思わせる痣がくっきりと浮かんでいます。 童磨に対する猗窩座の横柄な態度に腹を立て腕を切り落としていまうような、ルールや序列を重んじる性格です。 また、常に安定した精神状態で、同族嫌悪を刷り込む「呪い」がかかっているにも関わらず、無惨への忠誠としての組織論を説いたりと、無惨にもビジネスパートナーとして見られ信頼されています。 人間だった頃の名前は「継国巌勝」。 元鬼殺隊の隊士で、 月の呼吸という呼吸法を用いて戦う、柱である時透無一郎の祖先でもあります。 さらに、無惨の回想に登場する日の呼吸の剣士「継国縁壱」は双子の弟であり、縁壱の剣士としての才能に嫉妬していた模様。 弱点が少なく、「無限の修練」を己に課している猗窩座に気配を察知される事すら無いという圧倒的な強さを持つ最強の鬼です。 十二鬼月の上弦の弐:童磨(どうま) あの元上弦の陸は現上弦の弐かーあのキャラデザで回想だけの一発キャラではないと思ってたけど案の定出世してやがった。 人間だった頃から両親の立ち上げたカルト教、「万世極楽教」の教祖を務めています。 しかし、その口から放たれる言葉全てが戯言で、極楽や神様の存在を信ている大人たちを蔑み、「すべての苦痛を開放する」という目的のため人を殺しています。 楽しいふりや悲しいふりをして取り繕っていることを指摘されることもあり、 童 磨自身は他人の喜怒哀楽や感情を理解することができません。 不老不死の永い時間をただ戯れて過ごしながらも、陸から弐へ一気に駆け上がった実力の持ち主で、「無限の修練」を己に課している猗窩座を「俺には勝てまいよ」と哂うほど。 凍える吐息と、対の扇で攻撃を仕掛け、霧状の氷を吸いこむと肺を凍らせてしまうため、呼吸を用いて戦う鬼殺隊にとってはとても手ごわい相手と言えます。 百年以上の時間を鍛錬と戦闘に使って最高の武である至高の領域を目指し、それを「破壊殺」という血鬼術でさらに強化して戦います。 猗窩座は根っからの格闘術で、強い者と戦うことを生きがいにしており、弱者を嫌っています。 戦闘スタイルは策を弄さず素手による攻撃のみで、実力を認めた隊士には鬼となる事での、不老不死の身体による無限の修練へと勧誘します。 しかし、そのような言動は己の力を相手に誇示するための見せかけで、窮地に追い込まれれば躊躇なく逃亡を選びます。 また、人であった頃に大切な人を守ることができなかった事実が、「強さこそ全て」という猗窩座を修羅に変えてしまいました。 しかし、その本質は純然たる外道で、人間だった頃よりあらゆる痛みを避け、そのすべてを他者に擦り付け逃げ続けた結果、人の道を外れていた…、まさに鬼と言える存在です。 半天狗の能力は、分裂体の頸を斬ると更に分裂して若返り、強い分身を生み出すこと。 追い詰められるほどに分裂し強い分身を生み出しますが、喜怒哀楽の4体に分裂した時が強さのピークで、それ以上分裂するたびに戦闘力は落ちてしまいます。 分裂した鬼は様々な能力を持っていますが、本体は弱く、野ネズミ程度の小さな体で怯えながら逃げたり隠れたりすることしかできません。 その後、十二鬼月の 上弦の肆は、鳴女(なきめ)に変わっています。 長い黒髪で顔の上半分を隠しており、その髪の下には不気味で大きな1つ目があります。 常に琵琶を鳴らしていて、十二鬼月からは「琵琶女」などと呼ばれています。 ………。 任意の相手を召喚することができたり、逆に鬼を目的地へと送り込む事が可能。 この力を使って、十二鬼月の面々を無惨の本拠地・無限城に召集する役目を担っています。 最初に登場した時には位を与えられていませんでしたが、上弦の肆である半天狗が殺された後に、代わって 十二鬼月の上弦の伍:玉壺(ぎょっこ) 今更言うのも乗っかってる感じがしてアレなんですが 私まぁまぁ熱心な鬼滅の刃の読者です。 煉獄先輩編が映画化されるみたいですね🔥🔥🔥 ちなみに好きなキャラは玉壺です。 人間であった頃から「芸術家」であったらしい 玉壺は、「美」への執着心を見せ、殺した人間を壺に生けておぞましい作品を作り他人に見せることが楽しいようです。 「情報収集能力」や「探知探索能力」に長けており、鬼殺隊の刀鍛冶の里の場所を見つけます。 壺を伝って瞬間移動したり、手から毒針を出して攻撃します。 本体は金剛石より固いうろこで覆われた半魚人で、触れたものを魚に変える強力な 血鬼術を放ちます。 普段は堕姫が遊郭で花魁として活動しており、美しい人間の女性を好んで喰らいます。 戦闘で堕姫に手に負えなくなると、可愛い妹を泣かせた落とし前を取り立てようと妓夫太郎が背中から這い出てきます。 普段は堕姫の帯内で眠っている兄の妓夫太郎ですが、こちらが上弦の陸の「本質」なんです。 堕姫は強い柱を7人葬っていますが、兄の妓夫太郎は1人で過去に柱を15人も葬っている高い戦闘能力の持ち主。 売春街で生まれ育った不憫な妓夫太郎は、醜い容姿をしていることもあり幼少期から酷いいじめを受け続け、社会全体に対する憎悪を募らていった。 見た目と同じように中身も屈折してしまった可哀そうな鬼です。 十二鬼月のメンバー:パワハラを受ける下弦の鬼の名前や読み方まとめ 下弦は上弦と異なり、鬼殺隊への敗北により欠員が生したり、無惨に実力や機嫌、思い付きで簡単にメンバーが変わります。 鬼狩りに下弦の伍である「累」が倒されてから無惨に下弦の存在そのものを見限られてしまい、弐・参・肆・陸が粛清されてしまいます。 これが理不尽すぎたため、、というもっぱらの噂になりました。 また、唯一残った魘夢も炭治郎たちに敗北してしまったことで、下弦は完全に壊滅してしまいました。 無惨によって他の下弦の鬼が目の前で処分をされていく光景ですら楽しんで見ていて、それが気に入られ下弦の中で唯一チャンスを与えられました。 夢の中では完全に魘夢が優勢となり、油断していればその血鬼術で柱を眠らせることが可能であるほどの実力の持ち主。 なんか違和感あんなと思ってたら下弦の弐の声ウルージさんやんけ、俺でなきゃ見逃しちゃうね。 — きむらいっけい r2xd8Dou5Lqnqea 無惨が他の鬼たちを処分されるのを見て、もっと強くなって柱と戦うため、無惨の血を分け与えてくれるよう主張しました。 しかし、その主張が「指図」と受け取られて処分さてしまう結果に。 どんな血鬼術があったのかや強さに関しては、わからないままでした。 鬼ならせめて良平くんや緑川さんぐらい 轆轤:楠大典 病葉:保志総一朗 零余子:植田佳奈 釜鵺:KENN — 紫苑 airu622 他の下弦の鬼が無惨により目の前で処分されるのを見て逃れられようと逃げ出そうとしました。 しかし、逃げきれずに処分されてしまいました。 こちらも、どんな血鬼術があったのかや強さに関しては、わからないままでした。 こちらも、どんな血鬼術があったのかや強さに関しては、わからないままでした。 「家族の絆」にとても強い憧れを持ち、自らより弱い鬼に「父」「母」「姉」の役を与えて支配し、家族と共に戦います。 血鬼術で高度を高めた蜘蛛の糸作り出し攻撃しますが、柱ではない隊士ではこの糸を刀で切ることが出来ず、切り刻まれて殺されてしまうほど。 もしかしたら、家族に力を分け与えずに自分自身だけで戦っていたら、もっと強かったのではないかと思われます。 >> この累が鬼殺隊に殺されたことにより、無惨による下弦の鬼のパワハラ粛清が始まったのでした。 こちらも、どんな血鬼術があったのかや強さに関しては、わからないままでした。

次の

【悲報】覚醒武器が強すぎて生産武器がほぼ全て終了しました【MHW:I】

より いち 強 すぎ

今回は、鬼滅の刃キャラで鬼殺隊や鬼を混ぜて強さランキングを作ってみました。 沼鬼 炭治郎が鬼殺隊となって初めて遭遇した鬼 一本角、二本角、三本角の三身一体で攻撃します。 血鬼術を扱える異能の鬼であり、壁や地面に対し沼地を発生させ沼の中を自在に動き回れます。 初期の炭治郎や禰豆子に完敗 錆兎 最終選別前に炭治郎に稽古をつけていた人物、冨岡義勇と同期で最終選別試験を受けた錆兎、試験では藤重山に放たれた鬼を倒しまくっており、傷んだ刀で最終選別のラスボス手鬼との戦いに敗れています。 錆兎は手鬼に敗れていなければ、柱になっていた実力者ですが、錆兎が手鬼と対峙した時点では硬い鬼を多数切って刃がボロボロになっていたことを考慮しても手鬼には勝てなかったかなと思います。 炭治郎と稽古をしている時も、最後は面を割られています。 そして炭治郎がこの時に岩を割りますが「炭治郎が切った岩は最も硬く大きい岩だった」と錆兎は語っています。 上の2点を手加減していたと考えても炭治郎が手鬼に挑んだ時より弱いのが最終選別を受けた時の錆兎の実力で、やはり万全の状態でも手鬼には勝てなかったと思います。 手鬼 鬼殺隊候補生50人を喰らっている鬼、候補生とはいえ良質な人間を食べているのが確定している。 無数に腕を生やし、それを自在に操る能力を持つ。 血気術を使う描写はないため、血気術を使う鬼には勝てないと思われる。 ようやく鬼を倒し始めた初期の炭治郎にあっさりやられています。 矢琶羽 朱紗丸と共に登場した鬼 血鬼術、紅潔(こうけつ)の矢は掌の目を開閉させる事によって出現する矢印で、自在に力のベクトルを操ることができます。 朱紗丸 すさまる 自称十二鬼月、腕を三本生やし蹴鞠を使って攻撃します。 ムキムキな体から放たれる蹴鞠は建物をいとも簡単に破壊します。 投げた毬を蹴ろうとした禰豆子の足が飛ぶなど初期では強烈なインパクトがありましたが、最後は禰豆子と毬を蹴り合うようになっていたため互角以上に禰豆子が強くなっています。 珠世からは「十二鬼月ではない弱すぎる」と言われてることから十二鬼月以下の実力と思われます。 蜘蛛母 那田蜘蛛山の鬼、出した糸で鬼殺隊の隊士を複数操っていた。 母鬼に近づけば近づくほど糸は太くなります。 父鬼を極度に恐れており、父鬼よりかなり下の実力であると思われます。 蜘蛛姉 那田蜘蛛山の鬼、しのぶの見立てでは80人は喰っている鬼、柱であるしのぶにはあっさり敗れている。 蜘蛛兄 那田蜘蛛山の鬼、蜘蛛に噛まれた人間を操る噛まれた人間は30分ほどで手下蜘蛛になるという無惨の鬼を生み出す能力と似たような血鬼術を使う。 善逸に一瞬で敗れています。 元・下弦の陸・響凱 人間を喰えば強くなるという特性を持つ鬼、しかし響凱は以前ほど人間を食べることができなくなっていたため「それが限界」と無惨に見捨てられ十二鬼月を剥奪されている。 体に付いた鼓を叩くことで、部屋を回転させたり爪のような攻撃をすることができる。 更に早く鼓を叩くことで高速に回転しますが、万全の状態じゃない炭治郎に倒されている辺りそれが限界だったのでしょう。 珠世 200年生きており、様々な術を使う。 無惨から掛けられた呪いを唯一解除しており、無惨以外で唯一、200年間で愈史郎のみではありますが人工的に鬼を作ることにも成功している。 鬼にとって厄介なのが脳機能を低下させることで自白剤のような効果を出す「白日の魔香」無惨のことを喋ると自滅してしまうという鬼の特性を利用して朱紗丸を倒した。 視覚夢幻の香(しかくむげんのこう)匂いを嗅いだ者の視覚に不可思議な紋様が現れ、身動きを取れなくする。 不死川玄弥 村田さん 「那田蜘蛛山編」から登場した鬼殺隊の隊員、水の呼吸の使い手ですが適性が薄いから水のエフェクトとかは出せない日輪刀の色も薄い 水柱である富岡義勇と同期であり鬼殺隊員としての歴は結構長い、登場時は那田蜘蛛山の蜘蛛にも勝てない程度ですが、柱との地獄の稽古を耐え抜きかなり実力を上げていると思われます。 即席とは言え下弦程度の力を与えられている鬼の群れに少人数で拮抗できておりそれも救命行為やってる味方を抱てながら、そもそも鬼殺隊でこれまで生き残っている時点で結構強い 蜘蛛父 那田蜘蛛山の父鬼、炭治郎と伊之助の日輪刀を素手で受け止めるほどの強度、大木を振り回すほどの腕力を持つ 敗北を覚悟した伊之助でしたが、水の柱である義勇に豆腐のように切られて敗北しています。 下弦の壱・魘夢 下弦の伍・累 那田蜘蛛山の鬼、父鬼よりも硬い糸を出し炭治郎の刀を折っている。 その糸より更に硬い首を持つ 水柱である義勇には簡単に敗れていますが、この時点での炭治郎では恐らく負けていたでしょう。 上弦の陸・堕姫 上弦の陸・獪岳 哀絶 「哀」の鬼。 雷や怪音波のような特殊な能力を持たず、十字槍を武器に戦う。 玄弥と戦い致命傷を与えるが、動じずに戦闘を続ける玄弥に困惑していた。 不死川玄弥(鬼) 積怒 空喜 「喜」の鬼。 背中に翼を生やし、手足の先が鳥の鉤爪となっている半鳥人。 口から超音波を発する。 主に炭治郎と交戦。 可楽 音柱・宇髄天元 上弦の陸である妓夫太郎および堕姫を倒すも片目片足を失う。 戦力分析や反応速度や技術などはしのぶに劣る 蟲柱・胡蝶しのぶ 柱内では最も力が弱く、那田蜘蛛山では義勇に力で抑えられている。 唯一鬼の首を斬れないしのぶ、下弦の伍累の手下は簡単に倒せる。 振る筋力が弱い反面、押す・突く筋力がズバ抜けて強い、日輪刀も突くことに特化した形状をしていて毒に濡れた刃を使います。 一年かけて藤の花の毒を服用し続けることで体内に鬼に対する猛毒を持っており上弦の弐である童磨と相打ちになります。 栗花落カナヲ つゆり 上弦の弐である童磨いわく「しのぶより実力は上かもしれない」と言われるほどの実力の持ち主 嘴平伊之助 はしびらいのすけ 野生という言葉がピッタリの伊之助、口癖である「猪突猛進」そのままの戦闘スタイル 山の中で獣同然に鍛え上げた身体能力は、修練によって人間としては極限まで鍛え抜かれているはずの鬼殺隊士をさらに上回るほどの力 我流の呼吸法により研ぎ澄まされた触覚は、集中することにより僅かな空気の揺らぎすら感知し直接触れていないものでもとらえることができます。 霞柱・時透無一郎 刀を握って2ヶ月で柱になったという天才剣士、上弦の伍・玉壺を単独で撃破し上限の壱である黒士牟撃破に一役買う 恋柱・甘露寺蜜璃 筋肉の密度が常人の8倍あり、布のような動きをする日輪刀を扱います。 上弦の肆半天狗の分身の集合体である憎珀天を食い止めています。 窯門炭治郎 呼吸法は水の呼吸とヒノカミ神楽(日の呼吸)をそれぞれ応用した戦闘スタイル。 元々水の呼吸が体に合っていないため水柱の義勇ほどの威力が出ず、かといってヒノカミ神楽ではすぐにスタミナが切れてしまうことから、応用してだす独自のスタイルを確立させつつあります。 「全力を出せ」とキレられる前に周囲を気にしながら互角の戦いをしている 風柱・不死川実弥 上弦の壱黒士牟と対峙できる実力、玄弥無一郎の協力もあるが撃破 水柱・冨岡義勇 下弦の伍をあっさり倒せる程度の実力、柱を常に排出している水の呼吸という名門流派で 自分で作った凪という技が何気にチート、それまでに存在していた型のどれよりもチート性能を持つ新型を開発し、それを唯一使える 竈門炭治郎(痣) 上弦の伍・玉壺 玉壺は上弦の伍(5番目)に認定されており、名前の通り壺と繋がっている鬼です。 人間の姿が想像できないくらい化け物らしい容姿をしています。 芸術家を気取っており、殺した人間をアートとして見せてきたりします。 使用してくる技はえげつなく、霞柱の時透無一郎を水の牢獄に入れて溺死させようとしたり、溶かそうとしたりします。 探知能力にとても優れており、様々な場所を特定することができます。 また、壺を別の場所に出現させ壺間の瞬間移動ができるなど、少し変わった戦い方をしてきます。 上弦の陸・妓夫太郎 ぎゅうたろう 倒すには堕姫と同時に頸を切らないと倒せない 恋柱・甘露寺蜜璃(痣) 筋肉の密度が常人の8倍あり、布のような動きをする日輪刀を扱います。 霞柱・時透無一郎(痣) 上弦の伍でもある玉壺を一瞬で倒してしまいます。 憎珀天 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい 鬼殺隊の柱では最強と言われている岩柱、極めて純度の高い鎖で繋がった鎌と鉄球を武器としており、鎖は黒死牟でさえ斬れない 風柱・不死川実弥(痣) 黒死牟との戦いで覚醒した姿、他に戦っていた悲鳴嶼に助けられる場面もあり自身を「足手まとい」と評していることから遅れてきたスーパーサイヤ人のような状態です。 水柱・冨岡義勇(痣) 猗窩座との戦いで覚醒した姿、猗窩座には今一歩及ばず敗れてしまいます。 岩柱・悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい (痣) 岩柱の悲鳴嶼が痣を発動した姿、黒死牟との戦いではほとんど被弾しておらず、風柱である実弥が「足を引っ張っている」と感じるほどの強さ 竈門炭治郎(痣+透明) 痣が発現し、ヒノカミ神楽で透明な世界が見えるようになった炭治郎 上弦の参の猗窩座と互角に渡り合います。 悲鳴嶼(痣+透明) 黒死牟との戦いで更に覚醒した悲鳴嶼 上弦の参・猗窩座 上弦の参の鬼である猗窩座、義勇、炭治郎の二人がかりでもものともしない強さを持つ 羅針盤のように確実に隙を刺してくる正確無比な技、磁石のように人体の急所に吸い寄せられるような攻撃と炭治郎は感じています。 炎柱である煉獄杏寿郎は猗窩座の前に敗れています。 武闘家として強さを追求し続けるという信念を持っており、煉獄杏寿郎と戦う時も正面から正々堂々戦いました。 また、強き者に対して敬意を払うなど人間味溢れる一面も見せます。 上弦の壱の黒死牟を倒すことを目的としていますが、その粗暴の悪さから腕を一瞬で切り落とされ、委縮している辺り黒死牟とはかなり力の差があると思われます。 上弦の弐・童磨 上弦の弐の鬼、胡蝶しのぶを圧倒する実力の持ち主、しのぶの攻撃で浴びた鬼を倒すための毒も一瞬で分解してしまう。 凍てついた血を霧状にして扇で散布するため、敵が呼吸することが攻撃となってしまう。 人間が鬼と戦うための唯一の技である「呼吸」鬼殺隊の隊士達にとってまさに天敵のような攻撃を得意とする。 ただし、しのぶの攻撃はことごとく被弾しているので、「毒じゃなく頸を斬れたらよかったのにね、それだけ早かったら勝てたかも」としのぶを評している。 このことから他の首を斬ることのできる隊士であれば勝てたかもと思えてしまいます。 上弦の壱・黒死牟 上弦の鬼の中でも最強の強さを誇る。 元々鬼殺の剣士でしたが、鬼舞辻にそそのかされて鬼となる。 その実力は岩柱、風柱、霞柱、不死川玄弥などが共闘してもまだまだ衰えることなく戦い尽くすほどで、挑んだ中で最も強かった悲鳴嶼でも単独だったらまず負けていたでしょう。 鬼舞辻無惨 人間を鬼に変える事ができるただ一人の鬼、上弦の壱・黒死牟や上弦の弐・童磨にさえ敵意剥き出しの上弦の参・猗窩座ですら無惨の前には従順な態度に変貌します。 鬼殺隊側の最高戦力である柱達が数人がかりでも手こずっていた上弦の鬼たち、黒死牟との戦いでは不死川が負傷、鬼殺隊最強と言われる岩柱の悲鳴嶼ですら一人で黒死牟と戦っていたら間違いなく負けていたと思います。 その鬼たちの頂点に君臨している鬼舞辻ですので更なる強さであることは間違いないでしょう。

次の

『コシ強すぎです!!』by ★ファルコン★ : 手打ちうどん さわいち

より いち 強 すぎ

みなさんこんばんは!ムフェトジーヴァがいよいよ配信されましたね! 今回はテキトーに遊んだ感想と強すぎる覚醒武器について軽く感想を述べるの巻。 匠2で紫10が出るのでカイザーと組み合わせてザルファバトラーと同じような運用もできますね。 片手は火力スキル飽和気味なので白運用よりはそっちのほうがいい場合が多そうです。 斬れ味盛りもすればこんな面白武器もできちゃう(実用性は皆無) MHFみたいな斬れ味ゲージで草www — garuaruuu garuaruuu 予想外に通常のカスタム強化もできてしまったのでとりあえず片手剣に関しては生産武器完全終了といってもいいレベルじゃないでしょうか^p^ 他武器も同じような感じが多いですね^p^ ガンナー関係は微更新ぐらいですがほぼ全ての武器種で更新がありそうです。 一応強化方法のおさらい 1. 欲しい武器種・属性のものを探す(覚醒スキルは気にせず) 2. 強化で欲しい覚醒スキルをつける(レベルは低いものでもOK) 3. 能力強化または追加で欲しいスキルが出たらつける、どちらも出なければ蓄積する 4. 欲しいスキルがレベルMAXになるまで続けて完成 最大レベルはレア6スキル1、レア5スキル4つです。 大体1武器4,5体倒せば作れる感じですね。 ムフェトジーヴァの立ち回りで思った点 とりあえず片手めっちゃ相性いい!!!!! 部位破壊で報酬が良くなるので破壊王があるといい感じです。 あとは転倒行動がすごく多いので ひるみ軽減3が個人的にはすごいオススメです。 ストレスフリーで快適に立ち回れます。 これがマージ強い。 クラッチクローアッパーに追加された無敵時間もすごい効力を発揮して本当に相性がいい。 あとは敵視もらったときはクラッチ攻撃とか腹下とかは厳禁です。 厄介な全体爆破を誘発してしまうので気をつけましょう。 敵視中の最適なのは模索中ですが前回の記事で書いた腕周辺爆破誘発はすごく難しいですが上手く決まるときもあります。 連続で成功しまくるとすごい楽しい! ・・・ブログ書いてる途中だけどそろそろもっとジーヴァを狩りたいのでゲームに戻るわ^p^.

次の