ろ過 装置 自作。 金魚水槽用に最強の濾過装置を自作しました!|Korino Rossa(こりのろっさ)

【自作超簡単!DIY!】外部フィルター(横置きタイプ)

ろ過 装置 自作

【2020年5月25日追記】 「濾過槽を作るときの材料ややりかたを教えて!」という要望がありましたので、記事下段に纏めました。 以前使っていたブログには(初代と2代目外部濾過器の)詳しい製作模様を報告していたのですが、ブログの運営会社自体が消滅してしまったので、転載することができず、かといってイチから詳しく書き直す気にもなれず…。 したがって、ごく簡単なものになっています。 ご了承ください。 外部濾過器の自作遍歴 キラキラの水を維持する施策を探してたどり着いたのは、外部濾過器の設置でした。 そこそこ高価なものと分かったので、安上がりに自作。 ポリタンクを利用して、市販の外部濾過器よろしく、水が容器の底から順にろ材を通り抜けていくメカニズムのものを作りました。 水を送り込むべく濾過槽の外に置いたポンプはGEX社のイーロカといって、それ自体にも(ささやかではありますが)ろ材がついています。 デフォルトでは粗目スポンジと活性炭フィルターでしたね。 初代 初代は12リットル。 コンパクト 密閉式なため、ホースが潰れたりちょっとしたことで漏水したり。 いろいろ経験を積むことができました。 2代目 2代目は24リットル。 生物ろ過に全力を注いだ仕様です。 リングろ材は初代の4倍にあたる20リットル! イーロカの中に粗目スポンジと細目ウールを仕込んで、プレフィルターとして使いました。 化学ろ材は「水槽にポン」しました。 見た目は悪いですけれど、数か月で交換するものですし。 壁の色に合わせたつもりが… 初代の濾過器は中で苔が繁殖したことから、2代目では遮光の目的で色を塗っています。 中からろ材を取り出したり、洗浄したりしようとしても、腕が入らないのですもの! 助手1号さまさま きっと密閉式ならではの良さもあったのだとは思いますけれど、どうにもその部分が気に入らなかったですね。 オーバーフロー式があるじゃないか! そこで思いついたのが、コイの池で使われている濾過槽。 コンテナボックスを利用して、オーバーフロー式で…。 簡単に作れそうですし、蓋がガバッと開くのでメンテナンスも簡単そう。 何となくのイメージを絵にして…。 DIYしたホワイトボードが大活躍 これなら、 もともと水質管理のため カキ殻とかゼオライトとか交換が必要なもの用 に設置していて、春からは稚魚用にするつもりだった25リットルの水槽(コンテナボックス)をそのまま流用できます。 新たに買うのは深めの植木鉢とウールろ材だけでOKですやん! いざ製作! というわけで、さっそく仕舞ってあったコンテナボックスのフタにホースニップルを接続。 灰色バスコーク 出口側のパイプは短く切断しています。 一応、逆流防止の為。 排水側のパイプよりも高い位置になるように。 この辺の作業はもう、慣れたものです。 トレーニングを積んできた感がありますね。 次にウールろ材を植木鉢に入れて… 激安汎用ウール たっぷりのリングろ材を敷き詰めたコンテナボックスの中に設置すれば、ほぼ完成。 植木鉢の縁は、コンテナボックスの縁の高さに合わせてあります。 オーバーフロー用の塩ビ管とは2センチほど高さが違うことになりますね。 細かいゴミの入った水が植木鉢から溢れてしまわないための配慮です。 念のためにテストしてみても、大丈夫でした。 じょろじょろ~ 最後はホースをフタに接続して完成です! ものすごく簡単。 密閉も気にしなくて良いし。 これで性能が変わらなかったら、今まで何やっとったんやって感じですね。 あとはウールろ材が汚れてきた時にどうなるか。 目詰まりを起こして細かいゴミの入った水が植木鉢から溢れる可能性が高いです。 まあ、ウールは買ってきた4分の1しか使っていませんから、こまめに様子を見ながら交換のタイミングを計るとします。 これもフタを開けやすいコンテナボックスだからこそできる事ですね。 今後がたのしみです。 【2020年5月25日追記】材料について 外部濾過槽作成に使用した材料は… 25リットルのコンテナ 深めの植木鉢 ホースニップル バルブソケット 給水栓用ソケット 給水栓用エルボ 90度の継手 細目ウール(汎用品) リングろ材20リットル です。 偉そうに名前を列記していますが、継手やら何やらは今調べました。 ホームセンターで用途に合っていそうな見た目のものを探せば大丈夫かと思います。 ホースニップルと給水栓用ソケット もちろん、穴を開けるには適宜工具を使用します。 電ドリからリーマ使用 ホースを接続する側はこんな感じです。 初代濾過槽の画像 ホールソーを使って穴を開けることもあります。 バルブソケットと給水栓用エルボ 接続部から水が漏れないように、塩ビ管にもよく施着する「」を使っています。 隙間を埋める感じで 排水口はのこぎりで切って高さを微調整しました。 切断前 吐水口には90度の継手を「」で接着しています。 ろ過装置としてはほかに、ホースやらポンプやらが必要となります。 ポンプには「」を使っています。 イーロカの耐久性はとても優秀な印象です。 掃除の時以外は24時間365日、3年間稼働し続けていますが、故障知らずです。 屋外で使用するなら、「」も必要になると思います。 私はコンセントボックスを伏せた植木鉢の上において、さらに小さな水槽をかぶせています。 今回の製作場面ではない画像も交えつつ、材料と作り方について簡単にお示ししました。 参考になりましたら幸いです。 【関連エントリー】.

次の

【自由研究】ペットボトルろ過装置の作り方は?仕組みや使い方・注意点までご紹介!|タヌドア!

ろ過 装置 自作

自然の川や湖なら自然浄化されますが、スペースの限られた水槽や池ではどうしても濾過装置が必要になります。 水の濾過には大きく分けて物理濾過と生物濾過があります。 物理濾過とはウールマットや繊維質フィルターなどに水を通して、糞や食べ残しなどの目に見える汚れを物理的に除去する方法です。 生物濾過とは砂利や多孔質濾材に付着したバクテリアを利用し、亜硝酸・アンモニアなどの目に見えない有害物質を分解する方法です。 生物濾過に必要なバクテリアは魚の排泄物や落ち葉などの有機物質を餌として繁殖しますが、充分な濾過能力を発揮するには最低でも2〜3ヶ月以上必要です。 一般的な濾過層は水槽をたてに仕切って横向きに水を流す方式が多いのですが、おいらが考えたのは市販のコンテナを縦に積み上げて上から順々に水を落下させる方式です。 これなら狭いスペースでも充分な水量が確保でき、さらに段数を増やせばいくらでも能力UPが可能なのです。 池の水はポンプで汲み上げて最上部のコンテナより落下させます。 各段の濾過材を通過した水は一番下のコンテナに溜まり、底部の連結パイプを通過して隣のコンテナへと移動します。 すると今度は下から上へと再び濾過材を通過して排水口より池に戻ります。 濾過層内の汚れは最後のコンテナの底部に溜まりますので定期的にここを掃除をすれば大丈夫です。 使用するのは同じ間口で深さの異なる 13と 25の2種類のコンテナです。 13コンテナの底に、ドリルで穴を開けてザル状態に改良、これを3個作って濾材を詰めて重ねます。 13コンテナには一番安く売っている60cm水槽用のウールマットがピッタリはまってくれました。 しかし、生物濾過用の濾過材は専用の物だと結構高いのです。 水槽程度の量ならまだしもコンテナ3杯分ってなると結構な量になるので、これも代用品を使いたいと思います。 踏むとジャラジャラ音がする砂利です。 良く見ると表面に細かな穴が無数に開いており、中心まで気泡がビッシリなので軽石みたいに軽く、大きさも1〜2cm程度で丁度良いです。 リサイクルガラスなどを溶かして焼結させた物なので有害物質も出さず、魚にも影響ないと思われこれなら使えると即購入しました。 バケツに入れて水ををそそぐとプカプカと浮いてきました。 ん?まてよ!水に浮くって事は・・・上のコンテナは通過するだけだからいいとして、一番下のコンテナにはそのままでは使えない(排水口に詰まって流れなくなる)・・・どうしよう・・・。 ーー; おいらは再び考えました。 だったら重石を載せればいいじゃないか!と。 水に浮く防犯砂利を下に敷き、普通の重い砂利を上から乗せればいいのです。 さらに掃除がしやすいようにそれぞれを袋ネットに入れてから使う事にしました。 画像のようにここが一番汚れが溜まる所なので小まめに取替えなければなりません!マットは洗って何度も再利用します。 2段目には少し粗めの厚いマットを3重に敷いています。 3段目に多孔質の防犯砂利を敷き詰めました。 格段の濾過材を通過するたびに空気の層も通過するので、同時に酸素の取り込みが行われます。 酸素は濾過バクテリアの繁殖にも不可欠なのです。 このように濾過層と空気層を交互に通過する方式をウェット&ドライ方式といいます。 熱帯魚用の濾過装置にも同じような方式の物が市販されています。 掃除の時に出し入れしやすくするのと、防犯砂利の浮き上がり防止に役立っています。 水は最終的にはこの二つの深型コンテナに溜まり、濾過材のバクテリアにより浄化され、最後に活性炭で水の臭いを除去(どのくらい効果があるかは?だけど)して池へと排出されます。 ポンプの排水能力とそれぞれ水が通過するパイプの太さとのバランスが取れないと、途中で水が溢れてしまったりしました。 排水口が2本なのも1本では排水が追いつかず追加したからです。 濾過装置製作からほぼ1年が経過しましたが、今の所おいらの狙い通りちゃんと機能しています。 自分で作れば安上がりだし楽しいし、結果我ながら良く出来たと満足しています。

次の

【DIY】コンテナボックスで外部濾過槽を自作 | 三重県津市でパーソナルトレーニングジムをお探しなら|完全予約制のじねん堂

ろ過 装置 自作

自然の川や湖なら自然浄化されますが、スペースの限られた水槽や池ではどうしても濾過装置が必要になります。 水の濾過には大きく分けて物理濾過と生物濾過があります。 物理濾過とはウールマットや繊維質フィルターなどに水を通して、糞や食べ残しなどの目に見える汚れを物理的に除去する方法です。 生物濾過とは砂利や多孔質濾材に付着したバクテリアを利用し、亜硝酸・アンモニアなどの目に見えない有害物質を分解する方法です。 生物濾過に必要なバクテリアは魚の排泄物や落ち葉などの有機物質を餌として繁殖しますが、充分な濾過能力を発揮するには最低でも2〜3ヶ月以上必要です。 一般的な濾過層は水槽をたてに仕切って横向きに水を流す方式が多いのですが、おいらが考えたのは市販のコンテナを縦に積み上げて上から順々に水を落下させる方式です。 これなら狭いスペースでも充分な水量が確保でき、さらに段数を増やせばいくらでも能力UPが可能なのです。 池の水はポンプで汲み上げて最上部のコンテナより落下させます。 各段の濾過材を通過した水は一番下のコンテナに溜まり、底部の連結パイプを通過して隣のコンテナへと移動します。 すると今度は下から上へと再び濾過材を通過して排水口より池に戻ります。 濾過層内の汚れは最後のコンテナの底部に溜まりますので定期的にここを掃除をすれば大丈夫です。 使用するのは同じ間口で深さの異なる 13と 25の2種類のコンテナです。 13コンテナの底に、ドリルで穴を開けてザル状態に改良、これを3個作って濾材を詰めて重ねます。 13コンテナには一番安く売っている60cm水槽用のウールマットがピッタリはまってくれました。 しかし、生物濾過用の濾過材は専用の物だと結構高いのです。 水槽程度の量ならまだしもコンテナ3杯分ってなると結構な量になるので、これも代用品を使いたいと思います。 踏むとジャラジャラ音がする砂利です。 良く見ると表面に細かな穴が無数に開いており、中心まで気泡がビッシリなので軽石みたいに軽く、大きさも1〜2cm程度で丁度良いです。 リサイクルガラスなどを溶かして焼結させた物なので有害物質も出さず、魚にも影響ないと思われこれなら使えると即購入しました。 バケツに入れて水ををそそぐとプカプカと浮いてきました。 ん?まてよ!水に浮くって事は・・・上のコンテナは通過するだけだからいいとして、一番下のコンテナにはそのままでは使えない(排水口に詰まって流れなくなる)・・・どうしよう・・・。 ーー; おいらは再び考えました。 だったら重石を載せればいいじゃないか!と。 水に浮く防犯砂利を下に敷き、普通の重い砂利を上から乗せればいいのです。 さらに掃除がしやすいようにそれぞれを袋ネットに入れてから使う事にしました。 画像のようにここが一番汚れが溜まる所なので小まめに取替えなければなりません!マットは洗って何度も再利用します。 2段目には少し粗めの厚いマットを3重に敷いています。 3段目に多孔質の防犯砂利を敷き詰めました。 格段の濾過材を通過するたびに空気の層も通過するので、同時に酸素の取り込みが行われます。 酸素は濾過バクテリアの繁殖にも不可欠なのです。 このように濾過層と空気層を交互に通過する方式をウェット&ドライ方式といいます。 熱帯魚用の濾過装置にも同じような方式の物が市販されています。 掃除の時に出し入れしやすくするのと、防犯砂利の浮き上がり防止に役立っています。 水は最終的にはこの二つの深型コンテナに溜まり、濾過材のバクテリアにより浄化され、最後に活性炭で水の臭いを除去(どのくらい効果があるかは?だけど)して池へと排出されます。 ポンプの排水能力とそれぞれ水が通過するパイプの太さとのバランスが取れないと、途中で水が溢れてしまったりしました。 排水口が2本なのも1本では排水が追いつかず追加したからです。 濾過装置製作からほぼ1年が経過しましたが、今の所おいらの狙い通りちゃんと機能しています。 自分で作れば安上がりだし楽しいし、結果我ながら良く出来たと満足しています。

次の