ジャニーズ ネット snowman。 向井康二がすごい人気?SnowManメンバーとファンの評判は?|edona blog

SixTONESとSnowManデビュー日はいつ?情報まとめ

ジャニーズ ネット snowman

2014年にテイチクエンタテインメントより発売された『きゃんきゃん コンプリート・ベスト』。 写真左よりメンバーの唐沢美香、桜井直美、山本博美。 中央の桜井直美は現在のSnow Man佐久間大介の母とされる人物であり、右の山本博美は現在の俳優・京本政樹の妻でありSixTONES京本大我の母でもある人物である。 近年、インターネット上のまとめサイトなどで取り上げられているジャニーズ関連の真偽不明の情報に、 SixTONESの 京本大我の母親と Snow Manの 佐久間大介の母親はどちらも元アイドルで、2名とも同じグループに属していた……というものがある。 2020年1月にCDデビューした(結成は2015年)6人組アイドルグループSixTONES。 そのメンバーのひとり京本大我の父親が俳優・京本政樹であることは公表されており、父子で『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演したこともある。 京本政樹には2度の結婚歴があるが、短期間で離婚した初婚の相手との間に子どもはいなかった。 そして、再婚相手が、「キャンキャン」というアイドルグループの元メンバーで、解散後にタレント活動をしていた山本博美(「山本ひろ美」名義だった時期も)という女性である。 そのことは、1991年の結婚当時、メディアで大々的に報道されている。 そんな京本政樹の息子である京本大我の公式なプロフィールに母親に関する情報はなく、母子で露出することもない。 だが、父親が京本政樹である以上、大我の母親が山本博美であることはほぼ間違いないだろう。 Snow Manの佐久間大介と鼻の形がまったく同じ 一方、SixTONESと同じく2020年1月にCDデビューした(結成は2012年)9人組アイドルグループがSnow Man。 そのメンバーのひとりである佐久間大介の母親については、ネット上の情報のみならずファンの間でも、「同じキャンキャンに属していた桜井直美という人物である」ということが、既成事実のように語られている。 京本大我以外にも、Hey! Say! JUMPの知念侑李(父親は体操五輪メダリストの知念孝)、同じく岡本圭人(父親は元男闘呼組の岡本健一)のように、ジャニーズ事務所が、所属タレントが著名人の子息であることを公表した例はゼロではない。 現在はロックバンド・ONE OK ROCKのTakaとして活動する森内貴寛はNEWSの元メンバーであるが、彼の両親が演歌歌手の森進一・森昌子(2005年に離婚)であることも当初から報道されていた。 だが、佐久間大介の母親については、オフィシャルな発表がなく、本人もそれについて具体的に言及はしていない。 また、大我と佐久間は公の場で、家族ぐるみの付き合いがあり、幼少時より一緒に遊んでいた……といった旨の発言を、母親同士の接点には触れないかたちで何度かしている。 そして何より、桜井直美と佐久間大介は顔が非常に似ており、特に特徴的な鼻の形がまったく同じといってもよいくらいである。 決してネームバリューがあったわけでもない元アイドルが、ジャニーズの若手人気グループのメンバーのひとりである佐久間の母親である……という情報は、今後もジャニーズ側が公式に認めることなどないだろう。 とはいえ本稿では、上述したようないくつかの理由から、「佐久間大介の母親は元キャンキャンの桜井直美でほぼ間違いない」という前提で話を進めていこうと思う。 中森明菜、小泉今日子、シブがき隊らと同期デビュー さて、現在の人気ジャニーズメンバー2名の母親が若かりし頃に同時に属していたと思われる「キャンキャン」とは、どんなグループなのだろうか? ネット上の情報には、「かわいいですね。 きっと人気が高かったのでしょう」「当時、かなり人気があったグループなのではないでしょうか?」などと、当時のアイドル事情に詳しい者からすれば的外れな推測が書かれているが、それらの書き込み主がソースとしていると思われるWikipediaには未掲載の情報も折り込みながら、ここに解説していきたい。 キャンキャンは、史上空前の新人アイドルの当たり年である1982年に歌手デビューした3人組ユニットである。 キャンキャンが活動した時期のアイドルシーンには、まずはあの松田聖子がトップに君臨し、同じ1980年デビューの河合奈保子、柏原芳恵がそれに続くポジションにいた。 また、その三者とは異なり女優活動に軸足を置いていた薬師丸ひろ子が、カリスマ的人気を誇っていた。 各大手芸能プロダクションは、1982年春に有力新人を同時多発的に送り出している。 3月21日に小泉今日子(バーニングプロ)、堀ちえみ(ホリプロ)、三田寛子(スターダスト)が、4月21日に石川秀美(芸映)と早見優(サンミュージック)が、5月1日に中森明菜(研音)が、続々とデビューしていく(カッコ内は当時の所属プロダクション)。 また、前年10月のデビューで、新人としては82年組扱いとなる松本伊代(ボンド企画)は、すでに人気アイドルの仲間入りを果たしていた。 1982年春には、ほかにも多数の新人アイドルが歌手デビューしており、そのなかにはのちに女優として活動した北原佐和子(オスカー)、初期の『笑っていいとも! 』(フジテレビ系)に出演していた渡辺めぐみ、大映ドラマのヒロイン・伊藤かずえ、のちにシブがき隊の布川敏和と結婚するつちやかおり、のちに野々村真と夫婦となる坂上とし恵(渡辺プロ)など、なんらかの形で芸能界に名を残すこととなる面々も多数含まれていた。 また、男性アイドルではシブがき隊(ジャニーズ事務所)が圧倒的な存在感を放っていたが、ジャニーズ以外の新人もゴロゴロといた。 そんな1982年3月以降、こうしたニューフェイスたちが怒涛のメディア露出を果たしていく。 テレビをつければ新人アイドルの誰かしらが出ている……そんな時代だった。 ただ、そのなかで生き残れるアイドルの数は限られている。 つまり、キラキラしたステージの上で、苛烈な生存競争が展開されていたということになる。

次の

ジャニーズJr.の「SixTONES」「SnowMan」が20年に同時CDデビュー決定― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ジャニーズ ネット snowman

Contents• SnowMan(スノーマン)メンバーは 誰?レベルが高すぎと話題に! SnowMan(スノーマン)は、2012年5月に結成されたグループです。 当時のメンバーは、 深澤辰哉くん・佐久間大介くん・渡辺翔太くん・宮館涼太くん・岩本照くん・阿部亮平くんの6人でした。 その後、2019年に、新たに 向井康二くん・目黒蓮くん・ラウールくんの3人が加入し、 現在の9人のグループとなりました。 実は、SnowMan(スノーマン)の前身となるグループがあり、それが Mis Snow Man(ミス・スノーマン)です。 Mis Snow Man(ミス・スノーマン)は、 メンバーの入れ替わりなどを経て、最終的に、現在のSnowMan(スノーマン)になりました。 【プロフィール】• 愛称:だて様• 生年月日:1993年3月25日• 出身地:東京都• 血液型:A型• 身長:173㎝• 趣味:洋服を集めること・くつを集めること• 特技:サーフィン・スケートボード• メンバーカラー:赤 SnowMan(スノーマン)のメンバーの宮舘涼太くんが、ジャニーズ事務所へ入ったのは、2005年の10月1日、中学1年生の時です。 宮舘涼太くんは、 王子様のようなルックスから「舘様(だてさま)」と呼ばれています。 宮舘涼太くんは、2009年に、Mis Snow Man(ミス・スノーマン)に加入します。 その後、2012年より、SnowMan(スノーマン)として活動。 実は、宮舘涼太くんは、同じSnowMan(スノーマン)のメンバー、 渡辺翔太くんとは幼稚園からの幼なじみなのです。 何とも運命的なお二人ですね~。 宮舘涼太くんは、俳優としても様々な舞台や映画、TVドラマに出演。 宮舘涼太くんの今後の目標は、 大河ドラマや時代劇にも出演することだそうです! SNSの声 宮舘涼太の最大の魅力って真剣な顔してずっと面白いとこだと思ってる。 のMVビジュめちゃめちゃピュアな感じがして沸いてる。 16歳の時から、ただならぬ色気を放っていた宮舘涼太くん。 【プロフィール】• 愛称:ふっか• 生年月日:1992年5月5日• 出身地:東京都• 血液型:B型• 身長:174㎝• 趣味:薬局めぐり・コスプレ・キャラグッズ収集• 特技:モノマネ・バスケ・クレーンゲーム・早食い• メンバーカラー:紫 SnowMan(スノーマン)のメンバー深澤辰哉くんは、2004年8月、小学6年生の時にジャニーズ事務所に入りました。 深澤辰哉くんは、 SnowMan(スノーマン)のメンバーの中では、最年長となります。 深澤辰哉くんは、2009年にMis Snow Man(ミス・スノーマン)に加入、2012年からSnowMan(スノーマン)のメンバーとして活動しています。 深澤辰哉くんはこの他に、Kis-My-Ft(キスマイ)の弟分、 『J. Express』のメンバーとしても活動しています。 深澤辰哉くんは、ジャニーズ入所当初はいわゆる二枚目の路線だったそうですが、滝沢秀明さんから、 「カッコつけるのは誰にでもできる。 お前は三枚目を目指した方が向いている」 と言われ、 キャラクターの方向転換をしたそうです。 面白いし、かなりレベルの高いモノマネですよね! SNSの声 誕生日が同じなゴーちゃん。 と、名前がお揃いなふっかちゃんと、、Snow Manのふっかこと深澤辰哉さんは万人に愛される男、、、、、、、、D. — K. 深澤辰哉くんは、二枚目でも充分通るところを、あえて三枚目でいったことで、 より個性を発揮でき人気も出た のでしょう。 【プロフィール】• 愛称:さっくん• 生年月日:1992年7月5日• 出身地:東京都• 血液型:O型• 身長:168㎝• 趣味:アニメ鑑賞・アニメグッズ収集• 特技:アクロバッド・ヲタ芸• メンバーカラー:ピンク SnowMan(スノーマン)のメンバー、佐久間大介くんは2005年、13歳の時にジャニーズ事務所へ入りました。 2009年にMis Snow Man(ミス・スノーマン)に加入、2012年にはSnowMan(スノーマン)として活動します。 佐久間大介くんは、性格が明るくテンションも高めで、元気一杯なのですが、 アニメオタクとしても有名です。 佐久間大介くんは、大学時代にはなんと、 声優の授業も受けていたほどのアニメ好きだとか! こちらは、 『ウチのガヤ芸人がすみません』に出演した際の、SnowMan(スノーマン)佐久間大介さん。 アクロバットヲタ芸も披露しました。 それがこちら。 しかし、SnowMan(スノーマン)の佐久間大介くん、 やはりプロですね、ダンスはキレッキレです! 佐久間大介くんはダンスもピカイチで、アクロバティック、ブレイクダンスなどがかなりハイレベルだとか。 さっくんの、このギャップにやられてしまいますね…! SNSの声 Snow Man気になってちょっと調べたんですけど佐久間大介くんと阿部亮平くん推せる…かっこいい… — カコーン 8383yss ちっちゃい、笑顔、アクロバットといえば佐久間大介です。 覚えて帰ってください。 佐久間大介くんは、普段はテンション高めでおふざけもするのに、 ダンスとなるとめちゃくちゃカッコいい! そして、 アニメオタクでもあるという佐久間大介くん。 【プロフィール】• 愛称:めめ• 生年月日:1997年2月16日• 出身地:東京都• 血液型:B型• 身長:184㎝• 趣味:寝ること・近所の駄菓子屋さんに行くこと• 特技:カラオケ・サッカー・水泳・マラソン・歌• メンバーカラー:黒 SnowMan(スノーマン)のメンバー目黒蓮くんは、2010年10月、中学2年生の時にジャニーズ事務所に入りました。 目黒蓮くんは、2016年11月に結成された、 宇宙Six のメンバーとして活動していました。 その後、2019年1月に、向井康二くん・ラウールくんと共に、SnowMan(スノーマン)への加入が決定、宇宙Sixは2019年8月に脱退します。 目黒蓮くんは身長が184㎝と長身で、 雑誌『fine boys』の、モデルとしても活躍しています。 お顔もスタイルも考え方も全て。 — ぴ. こういう喜びが日々積み重なっていく。 — あまみやねり Merenlogu 目黒蓮くんのルックスの良さに、ノックアウトしている女子が続出ですね! 確かに、カッコかわいいというか、母性本能をくすぐるタイプであるのは間違いありませんね。 【プロフィール】• 愛称:あべちゃん・あべべ• 生年月日:1993年11月27日• 出身地:千葉県• 血液型:AB型• 身長:178㎝• 趣味:クイズ・勉強会・英会話• 特技:天気予報・円周率100ケタ暗唱• メンバーカラー:緑 SnowMan(スノーマン)のメンバー阿部亮平くんは、2004年8月、小学校5年生の時にジャニーズ事務所に入ります。 その後、2009年1月に結成された、Mis Snow Man(ミス・スノーマン)のメンバーに選ばれます。 しかし、阿部亮平くんは 学業に専念するために、2011年8月から2012年2月まで活動を休止しています。 しかし、志望大学(上智大学理工学部)に入学したことで活動を再開、2012年5月からSnowMan(スノーマン)のメンバーとして活動します。 実は、阿部亮平くんは、芸能界で生きていくにあたり、 自分には何も取り柄がないことに焦っていたそうです。 そこで、「自分は勉強キャラだ!」と思い、一生懸命勉強に励み、 大学院まで修了しました。 そして、それに留まらず、 超難関と言われる気象予報士の試験にも合格! SnowMan(スノーマン)阿部亮平くんは、 ジャニーズ初の気象予報士となりました。 愛称:なべしょ・しょっぴー• 生年月日:1992年11月5日• 出身地:東京都• 血液型:B型• 身長:172㎝• 趣味:美容関連・肌のケア• 特技:歌・犬のなき声• メンバーカラー:青 SnowMan(スノーマン)のメンバー渡辺翔太くんは、2005年6月、中学1年生の時にジャニーズ事務所に入ります。 渡辺翔太は、 お母さんに「買い物へ行く」と言って連れて行かれた所が、ジャニーズのオーディション会場だったそうです。 その後、2009年にMis Snow Man(ミス・スノーマン)に加入。 2012年からSnowMan(スノーマン)のメンバーとして活動します。 先ほどもご紹介したように、 SnowMan(スノーマン)のメンバーの宮館涼太くんとは、幼稚園の頃からの幼なじみです。 渡辺翔太くんはSnowMan(スノーマン)の中では、 メインボーカル的な存在です。 ここからの、渡辺くんソロが好きすぎる! — Momo. SNSの声 これ以上新しい扉は開いてはいけないと思いつつめっちゃSnowManの動画漁り始めたから誰が止めて……全然メンバーのこと分からないけど佐久間の 呼び捨てすな やかましい感じが絶妙に腹立つのと渡辺翔太くんのゆるっゆるのゆるな感じが私のツボに……え、誰か止めてよ……D. 髪も切って染めてバチくそかっこいい 赤のタートルネック似合いすぎ 衝撃が私の元へ three steap forwardのとこの腕パッパ 顔と行動すべてが満点。 サビ前のポーズ抜かれた時は唐突すぎて変な声でた。 笑 【プロフィール】• 愛称:ラウール• 生年月日:2003年6月27日• 出身地:東京都• 血液型:A型• 身長:180㎝• 趣味:ダンス・ゲーム・食べる• 特技:ダンス・数学• メンバーカラー:白 SnowMan(スノーマン)メンバーの、ラウールくんは、お父さんがベネズエラ人、お母さんが日本人のハーフです。 ラウールくんは以前は、 「村上真都(むらかみまいと)ラウール」という名前で活動していましたが、現在は改名して 「ラウール」となりました。 ラウールくんは、 2019年1月より、SnowMan(スノーマン)に新メンバーとして加入。 ラウールくんは、SnowMan(スノーマン)に加入する前は、ジャニーズJr. 内のユニット 『少年忍者』として活動していました。 ラウールくんは、 趣味・特技が共にダンスというほどのダンス好き! 幼少期からダンスを習い、 ヒップホップを得意としていたそうです。 そしてなんと、ラウールくんは、 ダンスの世界大会に出場し世界2位に入賞したことがあるという実力の持ち主なのです! そんな、ラウールくんへのSNSの声を聞いてみましょう! SNSの声 私ダンスやってるもんで自分のいちばん尊敬してる日本を代表するような先生が昔LAに大会に行った時の集合写真にまさかのラウール写ってて震え上がったんだが。。 ? ラウールとはってなったよねまじで。 そんな人が華やかにオーラを纏ってセンター務めてますD. がSnow Manのデビュー曲です。 16歳なことに、本当びっくりするわ。。 とても16歳には見えん。 予約しに行かなきゃ! ラウールやっぱり格好いいや — 星流 senaDisney0612 【プロフィール】• 愛称:ひかる・ひーくん・がんちゃん• 生年月日:1993年5月17日• 出身地:埼玉県• 血液型:A型• 身長:182㎝• 趣味:映画鑑賞・古着屋めぐり・トレーニング・シルバニアファミリーで遊ぶ• 特技:振り付け・バク宙• メンバーカラー:黄色 SnowMan(スノーマン)のメンバー岩本照くんは、2006年10月、中学1年生でジャニーズ事務所に入りました。 岩本照くんは、6歳の頃からダンスを習っていて、 ダンスを仕事にしたいと思ったため、ジャニーズ事務所に自ら応募したそうです。 岩本照くんのダンスの実力はかなりのもので、 ジャニーズ事務所に入った翌日には、KAT-TUNのコンサートに出演していたとか! スゴすぎる! 2009年に、Mis Snow Man(ミス・スノーマン)に加入、2012年5月からSnowMan(スノーマン)のメンバーとして活動しています。 向井康二くんのダンス・歌声・性格・ファッション ぜ~んぶをこの曲『D. 今回のSOT披露でのD.

次の

向井康二がすごい人気?SnowManメンバーとファンの評判は?|edona blog

ジャニーズ ネット snowman

1.タッキーが言った「アジア展開」という言葉に注目 まず注目してほしいのが、 タッキーが語る「ジャニーズアイランド」の目標に「アジア展開」を掲げているという点です。 今回のSnowMan増員の鍵が「将来的にはアジア・アメリカを視野に入れたテレビ番組の配信を考えている」この一言にあるのではないか?と考えました。 アジアで活躍するといえば、思い出すのはK-POP。 世界中でライブを行い、着実に人気を集めている彼らには、実はある特徴があります。 それは、 「近年にデビューした人気ボーイズグループの多くはメンバーが多い」ということ。 一部を挙げてみましょう。 脱退が激しいK-POPですが、ここではデビュー当時の人数で紹介します。 ・防弾少年団(BTS) 7人 2013年デビュー ・EXO 12人 2012年デビュー ・WannaOne 11人 2017年デビュー(オーディション番組により) ・SEVENTEEN 13人 2015年デビュー ・GOT7 7人 2014年デビュー ・iKON 7人 2015年デビュー ・MonstaX 7人 2015年デビュー 東方神起やBIGBANGは5人でのデビューでしたが、その時より格段に1グループの人数が増えています。 では、どうして人数が増えたのでしょう? ひとつは、韓国男子アイドル永遠の悩み・兵役に対応するためでしょう。 メンバーが兵役に行っている間に、残ったメンバーで活動がしやすいように、人数を増やしたというのがひとつめの推測。 もうひとつは、 「より複雑なダンスフォーメーションに対応するため」という推測です。 近年の韓国芸能界は、次々と新しいアイドルがデビューするために競争が激しくなっています。 その中で人気を得るためには、目立つようにより複雑なフォーメーションを組んだり、ダンスレベルを上げたりすることが必須となりました。 人数が多いと、それだけ組めるフォーメーションの種類が増えます。 将来的にジャニーズJr. が海外展開するとなると、これらK-POPのメンツと本格的に競う必要も出てくるでしょう。 それを見越して、 より複雑なフォーメーションを組みやすいように人数を増やしたのではないか?と考えました。 2.フォーメーションを意識して人数を奇数にしたかった? ダンスグループと言うのは、奇数で結成されることが多いです。 と言うのも、 奇数の方がフォーメーションが組みやすいのです。 良く見る1人をセンターにして左右に扇状にメンバーが並ぶ「V」、そして2人を前にして後ろに3人を配置する「W」は、奇数だからこそできるフォーメーションです。 これは5人時代の東方神起ですが、前に3人、後ろに2でWのフォーメーションを作っています。 これは5人という奇数だからこそできるフォーメーションです。 また、奇数だと前に1人を持ってくる「センター」の並びが作りやすくなります。 それを意識してか、ジャニーズも奇数のグループが多いです。 参考までに、ジャニーズグループを偶数と奇数に分けてみましょう。 こちらもデビュー当時の人数で表記します。 SMAP 6人• KinKiKids 2人• V6 6人• TOKIO 5人• 嵐 5人• KAT-TUN 6人• NEWS 9人• Kis-my-ft2 7人• Hey! Sey! JUMP 9人• SexyZone 5人• ジャニーズWEST 7人• C-Z 5人• King&Prince 6人 奇数グループの多さが伝わるでしょうか? ちなみにK-POPを見ても、奇数のグループが非常に多いです。 上の項目で紹介したグループだと、EXOの12人以外は全部奇数ですよね。 SnowManはアクロバットが得意なグループです。 6人から9人にして人数を奇数にして、フォーメーションを強化したかったのではないでしょうか。 奇数にするなら7人でもいいのですが、1人だけだとその子が背負うものがより大きくなるのと、上述した通り「人数を増やしたい」という意味で9人にしたのだと予想します。 3.SixTONESとのよりハッキリとした差別化が目的? いわゆるジャニーズJr. の兄組(20歳を超えるグループ)で、サッと思いつくのが以下の3組です。 Snow Man• SixTONES• Travis Japan お馴染みのストスノトラですね。 この3つのグループの人数は、スト6人・スノ6人・トラ7人です。 SnowManとSixTONESは人数が被っている! これはけっこう重要なポイントじゃないか?と踏んでいます。 SnowManとSixTONESでは方向性もキャラ立ちも全く違いますが、それは2グループを長く見てこそわかる違いです。 もし知らないグループの写真が3組並んでいたとき、あなたならどうやってそのグループを区別しますか? 顔はすぐに覚えられない、髪の色も変わったら解らなくなりますよね。 じゃあどうやって覚える?となったとき、まずグループの人数で区別をつけることってないですか? 顔も名前も知らない3グループを見たとき、3つのグループを区別する方法は「グループの人数」しかないと言ってもいいです。 だからこそ、SixTONESと混同しにくいようにSnowManの人数を変えたと推測します。 上述したように、グループは奇数の方がフォーメーションを作りやすいです。 しかし7だと今度は Travis Japanと被るため、9を選んだのではないでしょうか。 SixTONESではなくSnowManが増員となった理由については、YOUTUBEの再生回数の違いや、SixTONESの名前に「シックス(6)」が入っていることもあるのかもしれません。 また、SixTONESはYOUTUBEの広告やMV発表で人数とグループ名が定着しつつあるため、温存した可能性も高いです。 SnowManの増員の問題点は何か? 増員を事後報告にしたことは大問題 上述したとおり、SnowManを増員させたことに関しては、相応の理由があったと想像します。 デビュー前のジャニーズJr. ですから、メンバーの増減があるのも仕方ないと言えばその通りでしょう。 かつて、デビューを望まれながらも解体したグループはたくさんありました。 しかし、 致し方ない事情があったとしても、 増員決定を事後報告にしたことは失敗でした。 発表するなら、 「これからSnowManは3人を迎えて9人グループとしてやっていきます」という告知が最初にあるべきだし、どうして増員をするのか?についても、説明があって然るべきです。 今回の発表は、そのような前置きがひとつもありませんでした。 突然「SnowManは6人から9人になります」とスポーツ紙に掲載され、9人の写真が公開され、決定事項が伝えられただけです。 これは、 これまでSnowManを応援してきたファンの気持ちを汲んでいないやり方です。 SnowManは、先の「MrsSnowMan」の時代を含めれば、2010年から活動しているグループです。 そこからSnowManになったのが2012年のこと。 ジャニーズJr. でありながら、もう6年以上も活動しています。 活動の中で一定数のファンもつき、ファンは「SnowManは6人」という認識で応援してきました。 仮にデビューするなら、この6人でするものと考えていた人が圧倒的に多いはずです。 増員にどんな理由があったとしても、それは事務所側の事情であり、応援するファンには関係ありません。 せめて発表の段階を踏み、事務所から増員理由の説明など丁寧な説明があるべきではなかったでしょうか。 そして、かつて中居君が「タッキー&翼」に対して語ったように、まずは6人でのSnowManに「。 」を打ち、そこから9人でのSnowManで出発するという「区切り」が必要だったように思います。 タッキーは、自分が引退した後の「滝沢歌舞伎ZERO」の主演をSnowManに任せるくらい彼らのことを大事にしていますからね。 SnowManメンバーの気持ちが見えないままの増員発表にも疑問 SnowManを応援してきたメンバーが、今いちばん知りたいことは「SnowManメンバーの気持ち」に他なりません。 長く活動してきたSnowManは、それだけにグループやメンバーに対する愛も強く、 中には「これ以上の増員も、人が減ることも嫌だ」と語っていたメンバーもいました。 ファンは、応援しながらそういう思いを目の当たりにしてきたわけです それがこうして「増員になる」ことが決まったとき、メンバーはどんな思いなのか?をファンはいちばん知りたいはずですよね。 でも、 今日までにSnowManから「増員をどう思っているか」「9人になることでの豊富」などは発表されていません。 一番知りたいSnowManの胸中が語られないことで、事務所がどんな理由を並べようとも「メンバーの気持ちを無視して、勝手に増員を決めた」と言う印象になってしまっています。 本人たちの言葉がないことが、ファンの怒りに油を注いでいる感じは否めません。 ここで思い出すのが、同じジャニーズJr. の「Sexy美少年」のこと。 2018年に「東京B少年」から「Sexy美少年」へと改名したばかりなのに、いつの間にか「美少年」という呼び方に変わっています。 ジャニーズJr. チャンネルも、しれっと「美少年」表記に…。 こちらも、現在までにファンに対する説明はありません。 ファンに何も説明がないことが、不安と批判を煽る状況に繋がっています。 他メンバーと村上真都ラウールの年齢差も問題 SnowManは平均年齢25~6歳の兄組ジャニーズJr. 増員される3人の年齢をあげてみましょう。 ・向井康二 24歳 ・目黒蓮 21歳 ・村上真都ラウール 15歳 先の6人に比べて、ラウールの年齢は15歳と10歳の開きがあります。 ラウールは、海外のダンスコンクールで優勝するほどの実力者。 なので実力でSnowManに劣ることはなさそうですが、25歳の中に一人だけ15歳がいるというのは違和感があります。 女性ってアイドルの年齢をわりと気にしますよね。 20歳の女性が、25歳のメンバーを「憧れのお兄さん」のような感覚で応援していたのに、そのグループに15歳の子がいたらどうでしょう?戸惑いませんか? それこそK-POPのように、年上のメンバーが末っ子を可愛がる「ヒョン(兄)とマンネ(末っ子)」のような関係を築くなどして、すすんで応援しやすい関係性を作らないと厳しいのではと予想します。 他のジャニーズJr. にとってもSnowMan増員は他人事ではない 今回のSnowMan増員は、他のジャニーズJr. にとっても他人事ではありません。 すでにファンも知名度もあるSnowManですら、このように突然の増員がある状況ですから、他のJr. に大きな改編があってもおかしくありません。 忘れてはいけないのは「ジャニーズJr. はデビュー前のグループである」ということ。 デビュー前のグループは、メンバーを増やしたり減らしたりしながら、「どういう形がグループにとって一番いいか」を模索するのが当たり前です。 過去には解体させられたグループもあり、Jr. である限り安定はどこにもありません。 まずは、タッキー率いる「ジャニーズアイランド」を占う意味でも、「SnowMan増員」の結果がどうなるかを見守りましょう! Snow man関連記事一覧.

次の