原田 美枝子 若い 頃。 原田美枝子の旦那は石橋凌!娘は写真家と結婚?息子は?勝新太郎とは?

原田美枝子の離婚の噂の旦那と子供は?若い頃の画像がすごい!

原田 美枝子 若い 頃

女優として活躍の 飯島直子さん。 1968年生まれで、 出身地は神奈川県横浜市港北区。 実家は、「あい美容室」という名前で美容院を経営しており(現在はお姉さんが継いでいるそうです)、飯島直子さんも高校時代に通信教育で美容師免許を取得。 すでに10歳の頃から実家の美容室で、シャンプーやロット巻きの手伝いなどで、働いていたんだそう。 昔、飯島直子さんに髪をセットしてもらった方、どのくらいいらっしゃるのでしょうか? 夢のような出来事ですよね。 高校卒業後、喫茶店で1年ほどアルバイトをされていますが、アルバイトをしているお店でスカウトされ、19歳の頃にモデルデビューし、芸能界入りしました。 もくじ• 飯島直子の現在の旦那は? 飯島直子さんは2012年に、 現在の 旦那様と結婚しています。 旦那様は一般人で、不動産会社を経営されている方で、ご実家は山梨県で創業200年という老舗の旅館を営んでいます。 旅館が多忙な時期には、旦那様と飯島直子さんが旅館のお手伝いに行くこともあるそうです。 旅館で飯島直子さんに接客してもらえるなんて、箔が付きますね~(笑)。 二人の出会いは2009年に飯島直子さんの行きつけのBARに旦那様も通っていたようで、BARのママからの紹介だったそうです。 旦那様の方は結婚前提ですぐに交際を申し込んだそうですが、飯島さんの方は一度バツイチということもあり、慎重になったのでしょうか、始めは交際を断り、友人のひとりとして交際をしていたそうです。 大人の恋愛にしては、しっかりと交際期間3年を経ての結婚となりました。 旦那様は、お笑いタレントの山口智充(やまぐちともみつ)さんに似ているそうで、「ぐっさん」と呼んでいるそうです。 2019年頃に、旦那様の不倫報道がありました。 飯島の夫O氏が不倫相手に猛烈アプローチの末、交際がスタートしたのだという。 O氏の兄嫁は「何かの間違い」と信じられない様子 — エキサイトニュース ExciteJapan 不倫相手とされるのは、舞台女優として活躍の 平塚真由さん。 「平塚真由」女優には花が似合う。 — うめ umekit 報道時、すでに1年ほど不倫しているという話が見られました。 この報道について旦那様の実姉に記者がインタビューしたところ、「旅館にくると嫁(飯島直子さん)自慢をしており、パジャマもお揃いでラブラブ」という趣旨のコメントをされていました。 舞台女優との出会いについては、名前が売れる前は食べるものに困るほど収入がないので、夫婦で舞台俳優に差し入れをしたこともある。 との答え。 飯島直子さんの旦那様は料理が得意で、飯島直子さんが後から帰宅すると、食事を作って待っていてくれる事もあるという愛妻家。 一時の迷いはあったの分かりませんが、今後は夫婦円満に影を差すような疑われる行動は慎んで欲しいですね。 昔の写真! 今も変わらぬ愛らしさ、美しさを保たれている飯島直子さんに「 昔」という言葉を使うのは失礼かなとおもいましたが、気づけば年齢は50歳を過ぎていたのですね!? 驚きです…。 20歳の頃は着物モデルをしており、1990年に行われた「カネボウ水着キャンペーンガール」でグランプリを獲得後、水着を着てのお仕事が激増したそうです(笑)。 飯島直子さんと言えば、大手飲料メーカーコカ・コーラの「ジョージア」のCMに起用され、「元祖癒し系タレント」という異名をお持ちです。 ジョージアのキャンペーンの一つであった、「がんばってコート」の応募数が ギネス記録になっているほどの人気を博しました。 現在CMを拝見しても、とっても心が癒されますね~。 <ads by Rakuten> 前田亘輝の子供は? 飯島直子さんは、1997年に歌手の(まえだのぶてる)さんと結婚。 他にも、前田さんの女性関係や金銭感覚といわれていますが、後に飯島直子さんは「私が幼かったから。 」と離婚理由についてコメントされています。 結婚期間はおよそ4年ほどですが、前田亘輝さんとの間に 子供は授かっていません。 再婚された旦那様との間にも子供はいませんが、姉の子供(姪っ子)を溺愛しているという話です。 年齢サバ読み? 芸能界の一部であるあるな話題ですが、飯島直子さんの名前を検索すると「年齢サバ読み」という関連ワードが見られます。 ま、まさか、飯島直子さんに限って、と思い調べてみましたら、何かしら公式プロフィールを偽ったわけではありませんでした。 飯島直子さんのファンならご存知かと思いますが、お誕生日がなんと、2月29日の「うるう年」なんですね~。 うるう年で年齢を換算してしまうと、年齢はまだ10歳代の半ば。 かなりの年齢サバ読みですね…(笑)。 暦上では、誕生日が4年に1回しか来ないことになってしまいますが、2月29日生まれの人も、もちろん1年ごとに年齢が増えます。 「年齢計算ニ関スル法律」で は、生まれた翌年以降は、誕生日の前日が終わった時点で1歳加算することとなっています。 ということで、2月29日生まれの人は、2月28日午後12時をもって1歳年をとることになるそうです。 うるう年は特別に2月28日か3月1日として役所へ届けることもできるようです。 飯島直子さんや高嶋ちさ子さんが「うるう年生まれ」だったなんて、なんだか本当に特別な星の元に生まれた感がありますね~。 今回はここまでです。 これからも、飯島直子さんの活躍を期待しています。

次の

本宮泰風と原田龍二の若い頃がヤバい!喧嘩最強説!│ごちゃブロ!

原田 美枝子 若い 頃

原田三枝子とも。 身長157cm。 夫は俳優の。 3児の母(長女はシンガーソングライターの 、次女は女優の。 二人の上に息子がいる)。 所属事務所は。 来歴・人物 [ ] 幼少期から成人するまでは母が住み込みで管理人をしていた東京都豊島区南大塚1丁目の『稲和マンション』1階の管理人室に居住しており(現在『稲和マンション』は取り壊され、新たな物件が建っている)、当時、先輩で役者友達だったがよく遊びに来ていた。 中学2年生だった1972年、主演の映画『』の相手役オーディションに応募したが落選。 しばらくしてある芸能プロダクションの誘いを受けて加入したのち、に移籍した。 アイドル全盛の当時、原田も歌手としてデビューする話で進んでいたが、当人は乗り気ではなく、「勉強のために」と勧められて『ともだち』(監督、1974年7月24日公開)に、主人公の少年の姉役として出演した。 入学後の、『』に出演し、これが正式デビューとなった。 しかし映画にヌードシーンがあったため、公開後の高校1年生の3学期に芸能活動の便宜上、交替部へ転入し卒業した。 、『』『』 などに出演し、10代で主演女優賞などを受賞し、一躍評価を高めた。 ヌードもいとわず、演技力も伴っていることで、当時から評価の高い女優だった。 83年には、神代辰巳監督の『もどり川』でと共演し、好評を博した。 続いて黒沢明の『乱』にも出演している 『』では自ら製作・主演に関わるとともに、「刹那」の名前で原案、脚本もこなす。 に小説『』()を発表。 翌、監督によりで映画化されている。 、、、、ら、多くの監督からオファーを受け数々の映画賞を受賞した。 (1974年11月23日、東宝、監督) - 松島雪子 役• (1974年12月28日、日活、、監督) - 青山ひろ 役• (1975年9月20日、松竹、監督) - 橋爪マリ 役• 凍河(1976年4月24日、松竹、監督) - 高見沢ナツキ 役• パーマネント・ブルー 真夏の恋(1976年9月23日、松竹、監督) - 女店員 役• (1976年10月23日、ATG、監督) - ケイ子 役• (1976年11月6日、松竹、市村泰一監督) - リエ 役• 錆びた炎(1977年2月26日、松竹、監督) - 伊山比佐子 役• 恋人岬(1977年2月26日、松竹、監督) - 久美子 役• 残照(1977年2月26日、東宝、監督) - 一城美希子 役• (1978年8月12日、東映、監督) - 月田えり子 役• (1978年10月28日、東映、監督) - 橋本はつ 役• (1979年5月26日、東映、監督) - 根岸明子 役• (1979年6月30日、東宝、監督) - 篠田ゆき 役• (1980年1月26日、映画センター、監督) - 三輪百合 役• (1980年7月26日、東宝、監督) - 志津 役• (1981年4月29日、東映、監督) - 尾崎頼子 役• (1981年5月23日、監督) - 真紀子 役• (1983年1月15日、東宝、保坂延彦監督) - 若い妻 役• (1983年6月18日、東宝東和、神代辰巳監督) - 朱子 役• (1985年6月1日・東宝・監督) - 楓の方 役• (1986年1月25日、東宝、監督) - 役• (1986年4月12日、東映、深作欣二監督) - 矢島恵子 役• (1986年7月26日、東宝、監督) - 尾花弘美 役• (1986年10月25日、保坂延彦監督) - サンレニティ・八重 役• (1988年1月30日、東宝、監督) - 辰宮恵子 役• (1989年12月27日、松竹、監督) - 間宮弥生 役• (1990年5月25日、、黒澤明監督) - 雪女 役• (1990年10月6日、東宝、監督) - 大友てるえ 役• (1991年10月12日、松竹、監督) - 浅野玲子 役• 怖がる人々(1994年4月23日、松竹、監督) - 女 役• 超能力者 未知への旅人(1994年6月11日、東映、監督) - 明子 役• (1996年7月13日、東宝、監督) - 田島瑞枝 役• (1998年4月25日、エース・ピクチャーズ、監督) - 武蔵野署の女医 役• (1998年10月9日、東映ビデオ、監督) - 武蔵野署の女医 役• (1999年7月10日、東宝、監督) - 国見晴美 役• (2000年1月22日、東宝、監督) - おきん 役• (2000年4月1日、東映、監督) - 会田志津枝 役• (2002年10月19日、メディア・ボックス、監督) - チアキの母 役• (2002年10月12日、シネカノン、監督) - 川渕静子 役• (2002年10月29日、20世紀FOX、監督) - 香取雅子 役• (2002年12月14日、東映、監督) - 森下和歌子 役• (2004年1月10日、東映、監督) - 梶啓子 役• (2005年7月9日、松竹、秋山貴彦監督) - 岩本サユリ 役• (2005年7月30日、日本ヘラルド映画、監督) - 宮津芳恵 役• (2005年10月1日、東宝、監督) - 登世 役• (2006年1月14日、東宝、監督) - 堀田由美 役• (2007年1月27日、東宝、監督) - 百合 役• (2007年9月15日、東映、監督) - ワラの母 役• (2007年12月22日、東映、監督) - 役• (2008年11月1日、日活、監督) - 高原校長 役• (2009年5月16日、松竹、監督) - 橘ちひろ 役• (2010年4月24日、ショウゲート、監督) - 金城花江 役• (2010年11月20日、角川映画、監督) - 役• (2011年7月23日、東宝、監督) - 真希佐代子 役• (2011年12月、東映、監督) - 山本禮子 役• (2012年7月14日、アスミック・エース、監督) - 和智久子 役• (2012年11月17日、東京テアトル、監督) - 斉藤寿美子 役• (2012年8月25日、東宝、監督) - 塚本久美子 役• (2012年11月24日、ディーライツ、監督) - お竜 役• (2013年6月8日、東宝、監督) - 三上葺子 役• (2014年5月24日、ファントム・フィルム、監督) - 若菜玲子 役• (2014年10月4日、東宝、監督) - 戸田織江 役• (2016年5月14日、東宝) - 母さん 役• (2017年6月3日、、監督) - 由紀子 役• (2018年12月28日、松竹、前田哲監督) - 野原博子 役 劇場版アニメ [ ]• (2002年12月21日、監督) - 神久夜 役 テレビドラマ [ ] 作品名・放送期日・放送局・役名の順に記述• 「」(1975年4月7日 - 10月4日、) - 晋松の娘・今泉恭子 役• 美しき殺意(1976年6月18日 - 9月24日、)• その最後の世界(1976年8月26日 - 10月7日、NHK)• (1976年 - 1977年、・制作) - 沢野美雪 役• (1977年5月6日 - 1978年3月17日、NHK)• 出発(1977年5月30日 - 1977年9月30日、)• 出会い(1977年8月14日、制作)• 冬の炎(1980年2月24日、制作)• とべ、青空へ(1981年6月14日、CBC制作)• (1977年10月4日 - 12月27日、・東宝制作)• 恋歌(1977年10月6日 - 1978年1月5日、YTV)• (CX)• 第2シリーズ 第10話「冬の海」(1978年3月13日)• 第3シリーズ 第23話「不思議な旅」(1979年10月29日)• 第287話「ある娘」(1978年1月27日、NTV・東宝制作) - 前田ようこ 役• (1978年2月4日 - 5月27日、)• (ANB)• (1978年7月1日)• (1979年6月16日)• (1980年4月19日)• 火宅の人(1979年7月24日 - 10月9日、NTV)• 第5話「夜汽車で来たあいつ」(1979年、NTV) - 田村有美 役• 1979年10月30日 - 1980年3月25日、、• 「」(1980年3月8日、CX)• 第2話「しなやかなライフル魔」(1980年3月11日、)• 『』裸の大将放浪記 第1話「爆笑メルヘン・裸の大将放浪記」(1980年6月1日、CX) - 山口松子 役• 第10話「いのち賭けのゲーム」(1980年12月9日、NTV) - 山中みゆき 役• 復活(1981年1月5日 - 1月30日、NHK)• 第3話「狼たちの青春」(、ANB・制作) - 相沢ちひろ 役• 「 夫婦河童」(1981年6月26日、CX)• 1981年 - 1982年、CX - 木谷(水谷)凉子 役• 2002 遺言 2002年9月6日・7日、CX• (1982年9月3日 - 11月5日、TBS) - 圭子 役• (1983年 - 1984年、製作・CX系列) - 滝川 役• 第35話「運の悪い女たち」・第36話「密会」• 第1シリーズ 第69話「赤いピストル 博多から来た女! まあええわいな(1983年10月23日 - 11月13日、NHK)• (1984年1月6日 - 3月30日、TBS) - 加納祐子 役• 暗闇のセレナーデ(1985年9月9日 - 10月9日、NHK)• 第11話「花嫁と暗殺の鬼」(1985年、KTV)• (1986年7月11日 - 9月26日、TBS) - 柏木園子 役• 魔夏少女(1987年8月12日、TBS) - 木下美都子 役• 「」(1991年、NHK) - 役• (1993年1月14日 - 3月25日、CX) - 並木美也子 役• (1993年4月17日 - 6月26日、NTV) - 川原麗子 役• もうひとつの家族 (1995年1月、NHK)• (1995年4月17日 - 6月26日、CX) - 高木由紀子 役• (1995年12月18日 - 21日、NHK)• 第5話(1996年、TX)• (1996年4月8日 - 9月23日、TX) - 松井桜子 役• (1996年10月14日 - 12月16日、CX) - 緑川曜子 役• (1998年9月11日 - 1999年3月12日、NHK) - 神名里尾 役• (1998年10月8日 - 12月24日、CX) - 濱崎麻紀子 役• (2000年1月5日 - 2月9日、NHK) - 白木恭子 役• (2000年4月10日 - 6月26日、CX) - 白石潤子 役• 「」(、NHK) - 桔梗 役• (2002年1月11日 - 2月8日、NHK) - お仙 役• 人情とどけます〜江戸・娘飛脚〜(2003年1月10日 - 3月7日、NHK)• (2004年7月18日 - 9月26日、) - 伊川貴子 役• (2005年1月24日 - 3月21日、NHK) - シナ 役• (2007年、TBS) - 万俵寧子 役• (2009年11月29日 - 2011年、NHK) - 役• (2010年、TBS) - 三井峯子 役• (2010年秋、CX) - 岡田和子 役• (2011年4月 - 6月、CX) - 高倉美津枝 役• 第4話「愛という字」(2012年4月14日、WOWOW) - 早川夕子 役• プレミアムドラマ「」 第1章「赤い花束」(2012年7月8日、) - 吉本玉代 役• (2013年、) - 大伴須受 役• (2013年、BSプレミアム) - 語り• (2013年、NHK BSプレミアム) - 的矢千景 役• (2014年1月 - 3月、CX) - 澤田佐和子 役• (2015年10月 - 12月、TBS) - 柏田可奈子 役• (2016年1月 - 2月、NHK) - 香村綾乃 役• (2016年7月 - 9月、KTV製作・CX系列) - 石神妙子 役• (2018年7月20日 - 9月21日 、) - 榊実江 役• (2018年10月5日、テレビ東京) - 鳴江ちよ 役• (2019年10月12日 - 12月14日、NTV) - 岸辺房枝 役 テレビドラマ(単発) [ ]• (TBS)• 第1079回「出会い」(1977年8月15日、RKB)• 第1211回「冬の炎」(1980年2月24日、CBC)• 第1277回「とべ、青空へ」(1981年6月14日、CBC)• 第1575回「明日の夜来ます」(1987年9月15日)• (ANB)• 「泣くな源太郎 恋のトラック特急」 (1978年7月1日)• 「歪んだ星座 受験戦争連続殺人事件」(1979年6月16日)• 「欲望の海峡 女相続人をあばくのは誰か」(1980年4月19日、ABC)• 「6 金属バットで夫を殺した女!! 」(1998年7月4日、オフィス・ヘンミ) - 容疑者・岩本鈴子 役• 「」(2007年3月10日)• 「隠蔽捜査2〜果断〜」(2008年10月4日)• 風雪の海峡 青函トンネルは、今…(1978年12月9日、CX)• 黒岩重吾シリーズ「裂けた星」(1980年1月12日、MBS)• 1(1980年6月1日、KTV) - 盲目の美少女・松子 役• 「顔」(1982年1月14日) - 主演• 「風の家」(1985年12月12日)• 「遠めがねの女 純愛を我らに! 」(1986年11月13日)• (CX)• 「傘次郎・新子捕物日記 夫婦河童」(1981年6月26日) - 新子 役• 「傘次郎新子捕物日記 夫婦十手 豪商六人衆連続殺人事件」(1982年6月4日) - 新子 役• 「子連れ狼」(1984年3月1日) - お仙 役• (TBS)• 「黒白の旅路」(1983年1月15日) - 主演• 「」(1983年10月29日)• 妻たちの反乱 (1983年1月22日、NHK)• 追跡2 私にも定年をください(1983年1月29日、NHK)• (NTV)• 「冷ややかな情死」(1984年、国際放映) - 主演• 「星座伝説殺人事件 すばる星団が月に隠れる夜」(1989年11月21日) - 主演• 幕末青春グラフィティ 福沢諭吉(1985年2月11日、TBS)• 金曜ドラマスペシャル「北陸トンネル、蒸発殺人行」(1986年8月14日、CX) - 若夫人・紀子 役• (TBS)• 「泣く女」(1986年3月19日)• 「青山流行通り物語」(1987年1月14日)• 「魔夏少女」(1987年8月12日)• 現代恐怖サスペンス「誰かが夢を覗いてる あるOLの場合…」(1987年8月3日、KTV)• ザ ドラマチックナイト「となりの女」(1988年3月4日、CX) - 落合妙子 役• 乱歩賞作家サスペンス 「」(1989年7月3日、KTV) - ポルトガル民謡のを歌う歌手のカルメン 役• ・誰かが私を覗いてる(1987年、KTV・ヴァンフィル) - 主演• 現代推理サスペンス「二時から五時までのブルース」(1990年11月5日、KTV)• (TBS)• 「雷獣」(1990年12月17日)• 「女のサスペンス3 盗む女」(1997年6月16日) - 銀行員・弥生 役• むしの居どころ(1990年11月3日、NHK)• 庭の家族〜美しく年を重ねるために〜(1993年9月15日、CX) - 里津子 役• (CX)• 「間違えられた男 平和な生活を脅かすえん罪の恐怖」(1993年11月26日)• 「名探偵信濃のコロンボ1 北国街道殺人事件」(1998年5月1日) - 妻・陽子 役• 「名探偵信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」(1999年3月19日) - 妻・陽子 役• 「名探偵信濃のコロンボ3 追分殺人事件」(2000年6月2日) - 妻・陽子 役• 「特別企画 8・12墜落 20年目の誓い 〜天国にいるわが子へ〜」(2005年8月12日)• 年末ドラマスペシャル 愛の降る街・領収書物語2 「愛が言った」(1993年12月27日、KTV) - 売れない小説家の妻 役• お父さんの逆襲! (1995年10月10日、NHK)• 塀の中の少女たち 女子少年院24時・初めて愛を知りました…」(1996年9月26日、TBS)• オグリの子(1998年、NHK)• 第1回・あれがうわさの名馬の子(8月3日)• 第2回・走れ走れ! ゴールを越えて(8月4日)• 第三夜「(現代編)オンリー・ラブ 」(2000年8月30日、TBS) - 千代の母親 役• 幸田家の人びと〜江戸・平成 四代の物語〜(2003年1月2日、NHK)• 「つぐない」(2004年6月30日、TBS) - 愛人・美津子 役• (2005年10月10日、CX) - 沢村美和 役• (CX)• 奇跡の夫婦愛スペシャル「」(2006年11月24日、25日) - 役• (2011年4月22日) - 井上茜 役• 新春ドラマ特別企画 山田太一ドラマSP「まだそんなに老けてはいない」(2007年1月27日、EX)• (2008年1月28日、TBS)• (2008年3月22日、EX) - 小山内美和子 役• スペシャルドラマ・(2009年、NHK) - 役• (2009年6月20・21日、EX)• (2010年3月20日) - 高橋シズヱ 役• スペシャル「」(2011年9月9日、CX) - 原沢鈴子 役• 第3夜(2012年4月7日、TBS) - 滝沢圭子 役• NTTドコモ 20周年スペシャルドラマ 夢の扉 特別編「」(2012年7月1日) - 澤田佳乃 役• (2012年9月22日・2014年6月8日、EX) - 芳 役• (2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子 役• 「最後の仕事」(2014年1月12日、テレビ朝日) - 加代 役• ドラマ特別企画「」(2014年2月26日、TX) - 国方千世子 役• (CX)• 「」(2015年2月20日) - 梨山里衣子 役• 新春ドラマスペシャル (2018年1月8日、テレビ東京) - 片岡綾乃 役• ドラマスペシャル 68歳の新入社員(2018年6月18日、関西テレビ) - 仁井元文子 役 その他のテレビ番組 [ ]• ヒューマンドキュメンタリー「二人の旅路〜日中 激動を生きた京劇夫婦〜」(2011年、NHK) - 語り 他多数 CM [ ]• 『』(1976年)• 『なっちゃん』(2003年)• 『シチューミクス』( - 2001年)• 『SIMPRO』(2002年 - 2003年)• 『ラファイエ』(2005年 - 2007年)• 『』「未病編」(2006年 - 2010年)• 『・おせち』(2011年)• 『プリオール』(2015年 - ) ほか 受賞歴 [ ]• アンティック・ガールズ(1987年、集英社『別冊Cobalt』87年新春号に掲載)• 『あなたがそこにいるから』(1996年、)エッセイ集 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2017年12月15日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年8月2日. 2016年8月2日閲覧。 29-30. , pp. 31-33. allcinema. 2019年7月5日閲覧。 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年9月16日時点のよりアーカイブ。 2016年9月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月11日. 2016年6月11日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年8月21日. 2018年9月5日閲覧。 2019年9月7日. 2019年9月7日閲覧。 2016年10月30日閲覧。 番組ID:• ORICON STYLE. 2016年4月27日. 2016年4月27日閲覧。 2016年10月30日閲覧。 参考文献 [ ]• 鈴木隆『俳優原田美枝子』、2011年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 舞プロモーション• - (英語)•

次の

原田知世

原田 美枝子 若い 頃

女優へのあこがれ 原田さんは、12歳の時、 映画 「小さな恋のメロディ」を見て、感銘を受けられ、 映画の世界に憧れを持つようになったそうです。 そして、13歳の時に、 「小さな恋のメロディ」で主演を務められた、 マーク・レスターの相手役の募集の広告を、 新聞の夕刊で見て、応募され、 オーディションを受けることになりました。 2000人ほどいた応募者の中から、 順調に勝ち進まれましたが、 残念ながら、決勝オーディションで、 落選してしまったのだそうです。 マーク・レスターの相手役は叶いませんでしたが、 半年くらいたった頃、 当時、テレビドラマの、 マネージャーをしていた方に勧められ、 芸能プロダクション 「サンミュージック」 に所属されることになったのでした。 映画に出演 その後、1974年、 原田さんは、高校入学後の15歳の時、 映画 「恋は緑の風の中」で、 デビューを主演で飾られています。 原田さんはこの映画で、 大胆なシーンを演じられたのですが、 そのことが、学校で問題となってしまい、 芸能活動がしやすい、 都内の定時制の高校に転入されたそうです。 1976年、18歳の時には、 映画 「大地の子守歌」で、 売春宿に売られた主人公の少女を、 同年、映画 「青春の殺人者」では、 さん演じる、両親を殺害して逃亡する青年の恋人、 ケイ子役を演じ、 「ブルーリボン賞新人賞」 「キネマ旬報賞主演女優賞」などを受賞。 注目を集められました。 その後も、さん、山田洋次さん、さんをはじめ、 多くの巨匠達からオファーを受け、 演技の才能を発揮、順調にキャリアを積んでいかれ、 1998年の映画 「愛を乞う人」では、 娘をいじめぬく母親と、 成長して母となった娘の、1人二役を演じ、 各映画賞の主演女優賞を総なめにされています。 近年では、 2012年、映画 「ふがいない僕は空を見た」 2013年、映画 「奇跡のリンゴ」 などに出演されています。 そんな、原田さんのプライベートを中心に、 うわさになっていることを調べてみました! 旦那は? 原田さんは1987年、29歳の時に、 ミュージシャンの石橋凌(いしばし りょう)さんと、 結婚されています。 石橋さんは、当時、 ロックバンド 「ARB」で活動されており、 渋谷公会堂で行われた 「ARB」のコンサートで、 お二人は出会われたのだそうです。 そして、仕事以外のほとんどの時間を、 お二人で過ごすようになっていったのだとか。 息子さんは、大河(たいが)さんといい、 1990年生まれ、 娘さんは、優河(ゆうが)さんで 1992年生まれ、 2番めの娘さんは、静河(しずか)さんで、 1995年生まれだそうです。 3人共、名前は公表されているものの、 芸能活動は、現在のところされていないようです。 原田さんは、お子さんたちについて、 長男が生まれたとき、この子は天才じゃないか、 と思うほど親バカ状態になった。 2人目、3人目が生まれると、 どの子も凄いんだと(笑)。 もし子供が1人だけで、私が仕事を持っていなかったら、 自分の居場所が見つからなくて、 子離れできなくなったでしょうね。 と語っておられました。 不倫&隠し子騒動 しかし、妻として、母として、女優として、 充実した生活を送っておられた原田さんを、 突然スキャンダルが襲います! なんと、旦那さんの石橋さんの不倫が発覚し、 そのうえ、隠し子がいると報道されたのでした! それは、2001年の出来事で、 石橋さんに、アメリカ人女性との間に、 当時5歳になる男の子がいるということでした。 石橋さんは記者会見を開かれ、 その事実を認められています。 このお相手の女性は、当時30代半ばで、 クラブ勤めなどをされていたそうで、 7年も前から、 石橋さんと不倫関係にあったのだそうです。 彼女はシングルマザーの道を選ばれたため、 石橋さんは、お子さんを認知されていないそうですが、 お子さんは石橋さんを、 「お父さん」と呼ぶのだそうです。 (アメリカ人女性との)子供も、 (原田さんとの)3人の子と同じように愛している。 物理的な援助は今後も続けていく。 と、石橋さんは会見で、明かされていました。 しかし、彼女は、 アメリカに戻って仕事のキャリアを積みたい、 との希望を持たれているようで、 直接会う機会は減っているのだそうです。 Sponsored Link 離婚? さて、この衝撃の事実が発覚し、 妻である原田さんの反応は、 どのようなものだったのでしょうか? 離婚は考えていない。 時間をかけて結論を見いだしたい。 と石橋さんはおっしゃっていましたが、 原田さんも、 しばらくそっとしておいてほしい。 と文書でコメントを出されたのだそうです。 原田さんは、この事実を、 2年前に知人を通じて知ったのだとか。 お二人は、その時から、 善後策を話されていたそうですが、 離婚については話し合われていなかったそうです。 石橋さんは、 今の段階で、離婚はない。 子供たちをちゃんと育てあげるという務めがある。 との考えがあるようで、 原田さんにもそう伝えられていたそうです。 しかし、 彼女の側から申し出があった時はまた考える。 子供がある程度の年齢にいくまで。 自分にとって、両方とも大事な人たちですから。 ともおっしゃっていました。 2015年現在、離婚されていないお二人なので、 なんとか丸くは収まっているのでしょう。 しかし、原田さんが、とても辛い思いをされたことは、 想像に難くないです。 さて、プライベートでは、大変なことがありましたが、 女優としてのお仕事は順調なようで、 テレビに映画にと、継続して出演されている原田さん。 50歳を過ぎ、これからどのような役を演じられるのか、 とても楽しみですね。 今後のご活躍も期待しています!.

次の