プレステ オンライン ゲーム。 オンラインゲームで起きる回線落ちの原因は?効果のある改善法を紹介!

ソードアート・オンライン フェイタル・バレット|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

プレステ オンライン ゲーム

【オンラインゲームで起きる回線落ちの原因】• 契約しているネット回線で障害が起きている• ゲームサーバーがダウンしてしまう• 自分の周辺環境のトラブルで切断されてしまう 3つのうち2つは、ユーザー側ではどうしようもない問題ですが、それぞれについて簡単に見ていきます。 原因1:契約しているネット回線で障害が起きている 1つ目の原因は、 契約しているネット回線自体がダウンしてしまう場合です。 頻繁に起きることではありませんが、契約しているプロバイダや回線事業所に障害が起き、一時的にネット回線が死亡してしまうケースがあります。 とは言え、仮に障害が発生したとしても、 すぐに解消されることがほとんどです。 また、こういったトラブルは、回線業者やプロバイダ業者としての信用にも関わるため、起きてからすぐに公式サイトで発表されます。 そのため、 「明らかにネットに繋がらなくなった」と思ったら、契約しているネット回線の公式サイトなどをチェックしてみると良いかもしれません。 そしてもちろんこれに関しては、ユーザー側ではどうしようもありませんので、復旧するまで待機しましょう。 原因2:ゲームサーバーがダウンしてしまう 続いての原因は、 プレイしているゲームサーバーがダウンしてしまう場合です。 一部のサーバーが弱いゲームにおいては、頻発してしまう可能性もありますが、ほとんどのゲームはサーバー補強をしているため、あまり起きることはありません。 また、ネット回線と同じく、ダウンしたとしても 数時間で復旧するケースが多いです。 【回線落ちを改善するための4つのチェック項目】• LANケーブルのスペック・経年劣化を確認する• ルーターのスペック・経年劣化を確認する• ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する• 利用しているネット回線はゲームの評判が良いかを確認する それぞれの項目について細かく解説していきます。 改善法1:LANケーブルのスペックを確認する 周辺環境の中でも特に手を付けやすいのが「LANケーブル」です。 LANケーブルについて確認したい点は 「そもそもLANケーブルを利用しているか 無線でプレイしていないか 」と 「LANケーブルのカテゴリはいくつか」の2点になります。 まず1点目ですが、 無線でゲームをプレイしている人は有線に切り替えてください。 過去90日間の平均価格¥899 時期によって値段が上下する可能性があります 改善法2:ルーターのスペックを確認する LANケーブルの次にチェックしたいのが、ルーターです。 ルーターのチェック項目は 「どれくらいの期間利用しているか」という1点のみになります。 目安として、同じルーターを5年前後 常に付けっぱなしの場合は3年前後 利用し続けている場合は、ルーターの交換を検討した方が良いです。 一般的に、 ルーターの機械的な寿命は5年前後と言われています。 5年以降も継続して使うことは可能ですが、長年利用したことによって処理速度や処理能力が低下してしまい、ゲーム内のラグや回線落ちの原因になりかねません。 「RT」から「BR もしくはAP 」に切り替える。 ブリッジ機能に切り替えたとしても特別不便になることはありませんので、二重ルーターが起きている場合は、ルーターの機能を切り替えるようにしましょう。 改善法3:ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する 3つ目は、プレイするゲーム機器のスペックについてです。 ゲーム機器と言っても、PS4 proは除く やSwitch、Xboxなどのスペックはあまり関係がありませんので、 メインはパソコンでゲームをしている人になります。 各ゲームで記載されている推奨スペック または最低スペック を下回っているパソコンでゲームをしている人は、パソコンを買い換えましょう。 とは言っても、「パソコンを買い換えよう!」っとサクッと買い替えられる人は少ないと思いますので、 他の改善法と比較して優先度は低めにしても良いです。 また、どの回線にも数万円のキャッシュバックや月額料金割引、各携帯キャリアとのセット割なども用意されているため、 金額的にお得に契約することができます。 ゲーム向け回線のより詳しい解説は、別記事で行っていますので、気になる人はそちらをチェックしてみて下さい。

次の

オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』

プレステ オンライン ゲーム

【オンラインゲームで起きる回線落ちの原因】• 契約しているネット回線で障害が起きている• ゲームサーバーがダウンしてしまう• 自分の周辺環境のトラブルで切断されてしまう 3つのうち2つは、ユーザー側ではどうしようもない問題ですが、それぞれについて簡単に見ていきます。 原因1:契約しているネット回線で障害が起きている 1つ目の原因は、 契約しているネット回線自体がダウンしてしまう場合です。 頻繁に起きることではありませんが、契約しているプロバイダや回線事業所に障害が起き、一時的にネット回線が死亡してしまうケースがあります。 とは言え、仮に障害が発生したとしても、 すぐに解消されることがほとんどです。 また、こういったトラブルは、回線業者やプロバイダ業者としての信用にも関わるため、起きてからすぐに公式サイトで発表されます。 そのため、 「明らかにネットに繋がらなくなった」と思ったら、契約しているネット回線の公式サイトなどをチェックしてみると良いかもしれません。 そしてもちろんこれに関しては、ユーザー側ではどうしようもありませんので、復旧するまで待機しましょう。 原因2:ゲームサーバーがダウンしてしまう 続いての原因は、 プレイしているゲームサーバーがダウンしてしまう場合です。 一部のサーバーが弱いゲームにおいては、頻発してしまう可能性もありますが、ほとんどのゲームはサーバー補強をしているため、あまり起きることはありません。 また、ネット回線と同じく、ダウンしたとしても 数時間で復旧するケースが多いです。 【回線落ちを改善するための4つのチェック項目】• LANケーブルのスペック・経年劣化を確認する• ルーターのスペック・経年劣化を確認する• ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する• 利用しているネット回線はゲームの評判が良いかを確認する それぞれの項目について細かく解説していきます。 改善法1:LANケーブルのスペックを確認する 周辺環境の中でも特に手を付けやすいのが「LANケーブル」です。 LANケーブルについて確認したい点は 「そもそもLANケーブルを利用しているか 無線でプレイしていないか 」と 「LANケーブルのカテゴリはいくつか」の2点になります。 まず1点目ですが、 無線でゲームをプレイしている人は有線に切り替えてください。 過去90日間の平均価格¥899 時期によって値段が上下する可能性があります 改善法2:ルーターのスペックを確認する LANケーブルの次にチェックしたいのが、ルーターです。 ルーターのチェック項目は 「どれくらいの期間利用しているか」という1点のみになります。 目安として、同じルーターを5年前後 常に付けっぱなしの場合は3年前後 利用し続けている場合は、ルーターの交換を検討した方が良いです。 一般的に、 ルーターの機械的な寿命は5年前後と言われています。 5年以降も継続して使うことは可能ですが、長年利用したことによって処理速度や処理能力が低下してしまい、ゲーム内のラグや回線落ちの原因になりかねません。 「RT」から「BR もしくはAP 」に切り替える。 ブリッジ機能に切り替えたとしても特別不便になることはありませんので、二重ルーターが起きている場合は、ルーターの機能を切り替えるようにしましょう。 改善法3:ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する 3つ目は、プレイするゲーム機器のスペックについてです。 ゲーム機器と言っても、PS4 proは除く やSwitch、Xboxなどのスペックはあまり関係がありませんので、 メインはパソコンでゲームをしている人になります。 各ゲームで記載されている推奨スペック または最低スペック を下回っているパソコンでゲームをしている人は、パソコンを買い換えましょう。 とは言っても、「パソコンを買い換えよう!」っとサクッと買い替えられる人は少ないと思いますので、 他の改善法と比較して優先度は低めにしても良いです。 また、どの回線にも数万円のキャッシュバックや月額料金割引、各携帯キャリアとのセット割なども用意されているため、 金額的にお得に契約することができます。 ゲーム向け回線のより詳しい解説は、別記事で行っていますので、気になる人はそちらをチェックしてみて下さい。

次の

PS Plusへの加入または更新

プレステ オンライン ゲーム

【オンラインゲームで起きる回線落ちの原因】• 契約しているネット回線で障害が起きている• ゲームサーバーがダウンしてしまう• 自分の周辺環境のトラブルで切断されてしまう 3つのうち2つは、ユーザー側ではどうしようもない問題ですが、それぞれについて簡単に見ていきます。 原因1:契約しているネット回線で障害が起きている 1つ目の原因は、 契約しているネット回線自体がダウンしてしまう場合です。 頻繁に起きることではありませんが、契約しているプロバイダや回線事業所に障害が起き、一時的にネット回線が死亡してしまうケースがあります。 とは言え、仮に障害が発生したとしても、 すぐに解消されることがほとんどです。 また、こういったトラブルは、回線業者やプロバイダ業者としての信用にも関わるため、起きてからすぐに公式サイトで発表されます。 そのため、 「明らかにネットに繋がらなくなった」と思ったら、契約しているネット回線の公式サイトなどをチェックしてみると良いかもしれません。 そしてもちろんこれに関しては、ユーザー側ではどうしようもありませんので、復旧するまで待機しましょう。 原因2:ゲームサーバーがダウンしてしまう 続いての原因は、 プレイしているゲームサーバーがダウンしてしまう場合です。 一部のサーバーが弱いゲームにおいては、頻発してしまう可能性もありますが、ほとんどのゲームはサーバー補強をしているため、あまり起きることはありません。 また、ネット回線と同じく、ダウンしたとしても 数時間で復旧するケースが多いです。 【回線落ちを改善するための4つのチェック項目】• LANケーブルのスペック・経年劣化を確認する• ルーターのスペック・経年劣化を確認する• ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する• 利用しているネット回線はゲームの評判が良いかを確認する それぞれの項目について細かく解説していきます。 改善法1:LANケーブルのスペックを確認する 周辺環境の中でも特に手を付けやすいのが「LANケーブル」です。 LANケーブルについて確認したい点は 「そもそもLANケーブルを利用しているか 無線でプレイしていないか 」と 「LANケーブルのカテゴリはいくつか」の2点になります。 まず1点目ですが、 無線でゲームをプレイしている人は有線に切り替えてください。 過去90日間の平均価格¥899 時期によって値段が上下する可能性があります 改善法2:ルーターのスペックを確認する LANケーブルの次にチェックしたいのが、ルーターです。 ルーターのチェック項目は 「どれくらいの期間利用しているか」という1点のみになります。 目安として、同じルーターを5年前後 常に付けっぱなしの場合は3年前後 利用し続けている場合は、ルーターの交換を検討した方が良いです。 一般的に、 ルーターの機械的な寿命は5年前後と言われています。 5年以降も継続して使うことは可能ですが、長年利用したことによって処理速度や処理能力が低下してしまい、ゲーム内のラグや回線落ちの原因になりかねません。 「RT」から「BR もしくはAP 」に切り替える。 ブリッジ機能に切り替えたとしても特別不便になることはありませんので、二重ルーターが起きている場合は、ルーターの機能を切り替えるようにしましょう。 改善法3:ゲーム機器 主にパソコン のスペックを確認する 3つ目は、プレイするゲーム機器のスペックについてです。 ゲーム機器と言っても、PS4 proは除く やSwitch、Xboxなどのスペックはあまり関係がありませんので、 メインはパソコンでゲームをしている人になります。 各ゲームで記載されている推奨スペック または最低スペック を下回っているパソコンでゲームをしている人は、パソコンを買い換えましょう。 とは言っても、「パソコンを買い換えよう!」っとサクッと買い替えられる人は少ないと思いますので、 他の改善法と比較して優先度は低めにしても良いです。 また、どの回線にも数万円のキャッシュバックや月額料金割引、各携帯キャリアとのセット割なども用意されているため、 金額的にお得に契約することができます。 ゲーム向け回線のより詳しい解説は、別記事で行っていますので、気になる人はそちらをチェックしてみて下さい。

次の