納税 証明 書 交付 請求 書 書き方。 納税証明書が必要な場合は、こちらをご覧ください。

納税証明書交付請求書|国税庁の書き方が分かりやすい記入例と留意点

納税 証明 書 交付 請求 書 書き方

納税証明書について 1. 千葉県で取得できる納税証明書 千葉県で取得できる納税証明書は、• 希望する証明書を選択してください。 上記の各証明書は、千葉県内ので取得してください。 (ただし、自動車税事務所の支所については、車検用(継続検査・構造等変更検査用)の証明書及び自動車税(種別割)の税額証明書のみの交付となりますので、ご注意ください)• 軽自動車・バイクは市町村の税金です。 納税証明書の発行については、各市町村へお問合せください。 消費税・地方消費税については、最寄りの税務署へお問合せください。 (第40号様式その3) (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は無料です。 車検を受ける運輸支局において、自動車税(種別割)の納税確認を電子的に行うことが可能となり、車検時に納税証明書の提示を省略できるようになりました。 納付した日により、納税証明書の用意が必要な場合がありますので、納税証明書は領収証書とともに大切に保管してください。 こちらの証明書については、継続検査・構造等変更検査用での使用に限られます。 その他、名義変更等で使用される場合は、を請求ください。 はこちらをご確認ください。 (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は1件につき400円です。 交付を受けるためには、納期限が到来していない税金についても納めていただく必要があります。 具体的な課税額等は記載されませんので、ご注意ください。 完納証明書は、発行に時間がかかりますので、あらかじめの提出をお願いしています。 はこちらをご確認ください。 (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は1件、1税目、1事業年度につき400円です。 県税の種類及び年度ごとに税額を証明するものです。 自動車(種別割)の名義変更・所有権解除・抹消登録等は、自動車税(種別割)の税額証明書を取得してください。 建設業許可申請、変更届、事業年度終了届の提出は、法人事業税の税額証明書を取得してください。 はこちらをご確認ください。 (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は1件につき800円です。 「滞納のないこと」及び「過去2年間に滞納処分を受けたことがないこと」の2項目について証明します。 はこちらをご確認ください。 (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は1件につき400円です。 公益法人認定の申請には、こちらの証明書を取得してください。 「過去3年間に滞納処分受けたことがないこと」について証明します。 はこちらをご確認ください。 (請求方法の詳細は、 をご確認ください)• 発行手数料は無料です。 はこちらをご確認ください。 お問い合わせ先 交付請求書を提出されるへお願いいたします。

次の

持続化給付金で必要になった納税証明書の交付請求手続きについて | トモコソ

納税 証明 書 交付 請求 書 書き方

種類 内容 その1 納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明 その2 所得金額の証明 その3 未納の税額がないことの証明 その4 証明を受けようとする期間に、滞納処分を受けたことがないことの証明 その3にはさらに、その3の2【申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税】と、その3の3【法人税と消費税及地方消費税】があります。 納税証明書の要求元がどの証明書を欲しいかによって請求する証明書が異なります。 なお、納税をした直後に請求する場合は、金融機関などで納付したときに受領した領収書を持っていけば、納税証明書を発行してもらえます。 書面での交付請求 税務署の窓口で交付を受ける場合 次のものを持参すれば、税務署の窓口で交付を受けられます。 電子申告をするためには電子申告開始届出書を提出する必要があります(オンラインで提出できます)。 電子申告開始届出書を提出すると利用者識別番号が付与されますので、その利用者識別番号と電子申告開始届出書を提出した際に設定したパスワードでログインします。 ログインしたら、利用者情報の登録をします。 登録は最初だけです。 オンラインで請求して窓口で受け取る場合 オンラインで請求して窓口で受け取る場合は、電子署名が不要ですので電子証明書がなくても大丈夫です。 まず、【申告・申請・納税】から 新規作成をします。 【納税証明書の交付請求(署名省略分)】を選択します。 提出先の税務署を指定します。 来署予定日を請求日の翌日から10日以内の日で指定し、連絡先も入力します。 必要な納税証明書の作成ボタンをクリックします。 税目と枚数を指定します。 使用目的を選択します。 最後に入力内容を確認して 最後に送信を押して送信結果を確認します。 指定した来署予定日に税務署に行き、次の書類を窓口で提出して、納税証明書の交付を受けます。 手数料(現金または収入印紙)• 代理人の運転免許証などの• 本人の個人番号の確認書類の写し( 個人のみ必要で、マイナンバーカードなど個人番号が確認できるもの)• 委任状 オンラインで請求して郵送で受け取る場合 オンラインで請求して郵送で受け取る馬合は、電子署名が必要ですので、電子証明書を用意しましょう。 【納税証明書の交付請求(書面交付用)】を選択します。 電子証明書を登録していない場合には、署名省略分しか表示されませんので、先に電子証明書を登録しましょう。 窓口で受け取るのと同様の手順で進めますが、送信の前に電子署名を付与してから送信します。 なお、手数料は郵送料とともにインターネットバンキングで事前に電子納付する必要があります。 手数料 手数料は次のようになっていて、書面で申請するよりも安くなっています。 オンラインで事前に手続きをしておけば、手数料も少しではありますが安いですし、待たされる時間も短くなりますので、電子申告をされているのでしたら、オンラインでの手続きをオススメします。 急いでおらず、また電子証明書を持っていて、ネットバンクを利用しているのであれば、オンラインで申請して郵送で受け取るほうが一番効率がいいのではないでしょうか。 なお、地方税の納税証明書を取得する場合には、それぞれの自治体で手続きが異なりますので、個別に確認をお願いします。

次の

納税証明書の交付請求について|e

納税 証明 書 交付 請求 書 書き方

[手続名]納税証明書の交付請求手続 [概要] 確定申告書等を提出した場合の納税額、所得金額又は未納の税額がないことの証明書を交付請求する場合の手続です。 納税証明書には、次の種類があります。 納税証明書(その1)・・・納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明• 納税証明書(その2)・・・所得金額の証明(個人は申告所得税又は申告所得税及復興特別所得税に係る所得金額、法人は法人税に係る所得金額です。 納税証明書(その3)・・・未納の税額がないことの証明(税目を指定した「その3の2」(申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税)や「その3の3」(法人税と消費税及地方消費税)の証明もあります。 必要な方は、各証明書名からリンクするページにおいて、詳細な情報を掲載しておりますので、各ページをご確認ください。 [手続根拠] 国税通則法 [手続対象者] 個人又は法人の方で納税証明書が必要な方 ご本人(法人の場合は代表者本人)が窓口に来られない場合には、ご本人(又は法人の代表者)の委任を受けた代理人の方が委任状を持参(納税証明書交付請求書に添付して提出)して手続を行うことができます。 [請求時期] 随時 申告又は納税の直後においては、当日中に納税証明書を発行できない場合があります。 詳しくは税務署にお尋ねください。 [請求方法] 納税証明書の請求方法には、現在の住所地(納税地)を所轄する税務署に、• オンラインで交付請求する方法• 納税証明書交付請求書(書面)で交付請求する方法(郵送での請求も可能です。 ) の2つがあります。 なお、税務署窓口で納税証明書を受け取る場合、電子証明書やICカードリーダライタがなくても、必要事項を入力するだけでオンラインでの交付請求ができますので、納税証明書を請求される際には、 納税証明書をオンラインで交付請求する場合、次のメリットがあります。 手数料が安価です。 窓口で書面により請求する場合と比べ、短い時間で受け取ることができます。 [手数料] オンラインで交付請求する場合 次の算式による手数料(収入印紙又は現金)が必要です。 納税証明書交付請求書(書面)で交付請求する場合 次の算式による手数料(収入印紙又は現金)が必要です。 消印をしたものは無効となります。 オンラインでの交付請求 オンラインで交付請求した場合、以下の3つの受取方法があり、受取方法により、電子証明書等が必要な場合と不要な場合があります。 1 オンラインで交付請求して税務署の窓口で納税証明書を受け取る方法(電子証明書等は不要であり、必要事項を入力して送信するだけで交付請求できます。 ) ご利用方法については、e-Taxホームページの「 」をご確認ください。 なお、 税務署窓口で納税証明書を受け取る場合、• ご本人(法人の場合は代表者本人)であることが確認できる本人確認書類(個人番号カード又は運転免許証など)• 番号確認書類(個人番号カード又は通知カードなど)(個人のみ、法人の場合は不要) が必要です。 なお、本人確認書類の種類により、1枚の提示で足りるものと2枚の提示が必要なものに分かれます。 「」に詳細を記載しておりますので、必ずご確認ください。 代理人の方が来署される場合には、• ご本人(法人の場合は代表者本人)からの委任状(ご家族、従業員の方が来署される場合も必要です。 代理人本人であることが確認できる本人確認書類(代理人の方の個人番号カード又は運転免許証など)• ご本人(納税者の方)の番号確認書類(個人番号カード又は通知カードなど)の写し(個人のみ、法人の場合は不要) が必要です。 2 オンラインで請求して納税証明書を郵送で受け取る方法(電子証明書等が必要です。 ) 電子署名を付与し、電子証明書を添付してe-taxで交付請求を行うことで、書面の納税証明書を郵送で受け取ることができます。 (注) 手数料とともに郵送料相当額をインターネットバンキング等で電子納付する必要があります。 ご利用方法については、e-Taxホームページの「 」をご確認ください。 3 電子納税証明書(電子ファイル)で受け取る方法(電子証明書等が必要です。 ) 電子署名を付与し、電子証明書を添付してe-taxで交付請求を行うことで、電子納税証明書(電子ファイル)で受け取ることができます。 ダウンロードした電子納税証明書(電子ファイル)は、期限内であれば何度でもお使いいただけます。 (注) あらかじめ、提出先に電子納税証明書(電子ファイル)の提出が可能か確認してください。 ご利用方法については、e-Taxホームページの「 」をご確認ください。 納税証明書交付請求書(書面)での交付請求 1 郵送で納税証明書交付請求書を送付する方法 郵送で請求される場合は、次のものを同封していただく必要があります。 (1) 必要事項を記載した納税証明書交付請求書• (2)• (3) 所要の切手を貼った返信用封筒• 2 税務署の窓口に納税証明書交付請求書を提出して交付請求する方法 納税証明書を請求するために来署される場合は、次のものを持参していただく必要があります。 (1) 必要事項を記載した納税証明書交付請求書• (2)• (3) 本人確認書類及び番号確認書類• ご本人(法人の場合は代表者本人)又は代理人本人であることを確認できる本人確認書類• ご本人の番号確認書類(個人のみ、法人の場合は不要)• (4) ご本人の印鑑(法人の場合は代表者の印鑑、代理人の方が来署される場合は代理人の方の印鑑)• (5) ご本人(法人の場合は代表者)からの委任状 代理人の方(ご家族、代表者以外の役員、従業員の方を含む。 )が来署される場合に必要です。 [交付請求書様式・記載例] PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、からダウンロードしてください。 (代理人が請求書を持参する場合)• (交付請求書及び委任状の記載例)• [納税証明書の様式] 納税証明書の様式については、こちらをご覧ください。 [請求先] 現在の住所地(納税地)を所轄する税務署(税務署の所在地については、国税庁ホームページ「」でご確認ください。 ) [受付時間] 8時30分から17時までです。 [相談窓口] 最寄りの税務署 [審査基準] [標準処理期間] 窓口に提出していただいてから15分程度 ただし、枚数が多い場合等には標準処理期間内に発行できない場合があります。 [不服申立方法] [備考] 代理人による請求の場合や送付による請求の場合には、ご本人に電話等で確認させていただく場合があります。

次の