人生 で 大切 な こと は みんな マクドナルド で 教わっ た。 働き方革命!鴨頭嘉人『人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』

www.m6mobile.fr:カスタマーレビュー: 人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった

人生 で 大切 な こと は みんな マクドナルド で 教わっ た

仕事に向き不向きはあるようでありません。 自分の取り組み方次第なんです。 あなたは今仕事に就いていますか? 就いていない方は読み飛ばしてくださって結構です(笑) 就いている方は その仕事は自分に向いていると思いますか?向いていないと思いますか? 向いていないと思っている方は次の文を読んでください。 逃げなければ出来ない事なんてない。 向いていない仕事なんかない。 仕事から逃げる自分がいるだけなんだ。 36ページより引用 厳しいですね・・・ でも、まずは仕事と向き合ってみることが大切なのではないでしょうか。 「向いていない」とそっぽを向いてしまえば、見えるものも見えなくなってしまいます。 自分にできることは何なのか。 自分の仕事に取り組む姿勢に課題はないのかを考えてみましょう。 人に伝えるのは一度や二度では足りません。 何度でも伝える必要があるんです。 自分の思いが人に伝わらないことってありますよね。 何度言ってもわからない人と出会うと、つい伝えるのを諦めてしまうものです。 でも、それじゃあダメなんです。 僕はこの先輩マネージャーから「何度でも同じ事を伝える」という事の凄さを教えていただきました。 ある意味淡々と繰り返し伝えてくださった事で「自ら自分の行動を変える」という変化が起こせたし、本質的に気づけたのだと思います。 34ページより引用 何度も言われることで気付くことってあるんです。 その伝わる「何度」目がいつくるかはわかりません。 でも、いつか伝わる日はくるんです。 その日まで何度も何度も伝えましょう。

次の

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった 講師 鴨頭嘉人氏 2013/04/06

人生 で 大切 な こと は みんな マクドナルド で 教わっ た

1分間書評! 『一日一冊:人生の智恵』の本のソムリエ様より紹介いただいた一冊。 アップルの創業者・スティーブ ジョブスが言うまでもなく、社会人として一番多くの時間を過ごすのは職場です。 どこの職場でも問題はありますが、その問題を愚痴で消化するのか、知恵で改善するのかでは その後の職場生活、ひいては人生が違ってくるはず。 著者はマクドナルドにバイトでとして雇われ、その魅力に気づき正社員として就職し 困難に立ち向かったり、飲み込まれたりしながら成功を収めていきました。 ある意味で筆者の「浅はかさ」が功を奏して、改善への道へと進めさせるのですが やはり究極のゴールは「相手の喜ぶ顔が見たい」という一点に尽きます。 筆者のように生きることは、ともすれば「暑苦し」かったり、ときには「迷惑」にすら なる場合がありますが「生きる意味」を考えさせられました。 個人的には今年度読んだ中で一番感動しました。 社会に携わるすべての人が読むべき一冊です。 感動しました。 YouTubeの講演動画が好きでこの本を手に取りましたが、この方は成功するべくして成功してるい方だと改めて思いました。 仕事において知識や技術ももちろん大事ですが、もっとも大切なのは考え方・取り組み方・気持ちの部分ですね。 マクドナルドの企業イメージとして、あまりかっこいいと思われることが少ないかと思いますが、一転しました。 本当にかっこいい。 仕事の中身とか全く関係ないですね。 自分自身、いまの仕事で「なんでこんなことをやらなくちゃいけないんだ」と思うことが多くて、モヤモヤして、パフォーマンスが下がっていましが、この本を読んで、考え方を変えることにしました。 僕の、考え方・取り組み方・気持ちがいけてなかったんだと。 向上心があって、今の自分の仕事にモヤモヤしている方に是非読んでほしいです。 絶対に響くものがあると思います。 著者の鴨頭さんをYouTubeで知った私にとっては、既に知っている内容ばかりでしたがそれでも文字として読むとまた違う感動があります。 そして彼が凄いところは、これだけすさまじい働き方をしてきたにも拘わらず今現在は 「働く、ということが必要なくなる世の中になるから、働くこと以外で自己を確立していく事が必要です」 というところまで進化していることです。 私自身は「仕事をする」ということが全く好きではありませんし好きになろうとも思ったことがないし仕事ができるからといってその人に全く尊敬の念は抱きません。 人生の中で「仕事」が重要な位置を占めたことがありませんが、それでも彼の文章や講演内容には心に響くものがあります。 それはつまり「仕事」のことなどほんの一部しか言っていないからだろうと思います。 レビューを読むと、おかしな働き方を奨励しているだのマクドナルドはおかしいだの浅いところしか意図的に拾わない人がたくさんいらっしゃいますが、そんなことはこの本の骨子ではありません。 働くということを通じて「感動する生き方」を見せてくれています。 働く時間を短くすることが働き方改革だという間抜けなことを我々大衆が受け入れたらこの国は終わります。 それを食い止めるヒントがこの本にはあふれていると思います。 最初にこの著者を知ったのは、あるyoutube動画を見ていて、ときどき入る広告でした。 それが30分近くに及ぶもので見入ってしまったのだった。 ほかの通常の広告は、10秒 から長いものでも4~5分のものがあったのを記憶している。 確か、ヒカルさんの 1000ガチャには、本当に当たりが入っているのか闇検証動画だったと思う。 さて本題です。 youtube動画広告でこの著者がある会社のセミナーの模様を動画にしている ものだった。 その内容を見てオモシロイと感じ、これに関連するものと推察してこの本を購入し 読んでみた。 youtube広告動画で見た内容とは少し違ってはいるものの主旨はほぼ合っていた。 サービス業を通して人材育成を、自己開発させてゆく機会を与えてくれたマクドナルドと いう会社で著者は思う存分働き、得られた貴重な経験(失敗も、成功も)に感謝されている。 そして、著者に対し会社上司から『結局何になりたいんだ。 』との問いかけ続けられたすえ 卒業し独立ということらしい。 このあとの著書や、コンサルタント会社を通して日本における社会人(人材)育成、かつ 会社組織の成長に貢献されているんだと感心致しました。 またほかの著書も読んでみたいと 感じました。 この本では 著者 鴨頭嘉人さんが マクドナルド時代に経験したエピソードを元に 18のメッセージが書かれています。 イメージしやすい文章で書かれているので マクドナルドで働いたことがなくても 「内容について行けない」ということはありません。 また マクドナルド内だけで通用するメッセージではなく 「最高の挨拶は、最高のリーダーシップを発揮する」 「仕事の本当の評価者は、上司ではなくお客様」 「限界を超えるチャレンジにこそ意味が見える」 など 誰にでも当てはまるメッセージばかりです! 私はエピソードを読みながら 何度も心を動かされ 何度も勇気をもらえました。 鴨頭さんのYouTube動画はよく見ますが マクドナルド時代の話はあまり聞いたことがなかったため とても学びの多い一冊でした。 マクドナルドのお仕事に興味がある方から 仕事内容や部下の指導で悩んでいる方まで たくさんの方にオススメしたいです!.

次の

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった / 鴨頭 嘉人【著】

人生 で 大切 な こと は みんな マクドナルド で 教わっ た

講師プロフィール 株式会社ハッピーマイレージカンパニー代表取締役 日本マクドナルド(株)でアルバイト4年、社員21年、25年間サービス業の現場で数々の業績と感動体験を積み上げる。 お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード。 米国サークルオブエクセレンスと国内のみならずワールドワイドの表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年9月23日に現在のハッピーマイレージカンパニーを創立。 マクドナルドでの実体験に基づく著書『人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』を出版し発売初日にAmazonビシネス書ランキング1位を獲得。 初版1万部だったが、発売2日目には増版決定。 現在も好評発売中。 ごく普通の高校生のバイトでも「輝く人材」に変える マクドナルド流人材育成術を、お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、売上げ伸び率日本一の「三冠」を達成した「最優秀店長」が大公開!.

次の