この近くの郵便局。 現在地から近くの郵便局・ゆうゆう窓口を探す

現在地から近くの郵便局・ゆうゆう窓口を探す

この近くの郵便局

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 225• 188• 494• 216• 420• 144• 279• 289• 1,132• 168• 269• 661• 349• 2,164• 178• 19 アーカイブ•

次の

近くの郵便局の情報

この近くの郵便局

Contents• 購入者から郵便局留めを指定される 例えば、家族に購入するのを禁止されているとか、購入したのを見られると恥ずかしいとか、配達の時にばれてしまうのが嫌な場合とか、 家に受け取る人がいないなどで、昼間に配達されても誰も受け取れないなど、様々な理由があり、購入者から郵便局留めを指定されることがあります。 そうすることによって、いつでも好きな時に郵便局に取りに行けて、身内に受け取ったものが何かを秘密にすることができます。 いろいろと都合があるのです。 その郵便局が近くにあった場合 普通あなたの不用品を購入した人が指定した局留めにすべき郵便局は離れたところにあるので、あなたは近くの郵便局からその郵便局へ局留めで送ることになりますが。 たまたま指定した郵便局が家の近くにあったり、または職場の近くにあったりだとか、営業で訪れる先にあったりとかすればついでに寄ってみたくなるのは人情というものです。 果たして、直接持ち込みたいところですが、それは許されるのでしょうか。 スポンサーリンク 直接持ち込みは可能? 局留めの郵便物は直接持ち込んでも大丈夫です。 もし仮に、郵便物を出し忘れて、決まった日に局留めで受け取ってもらえないようであれば、直接その郵便局に持ち込むことができます。 そして、持って行った先で、「この郵便物はここで本日必着の局留め」であることを告げて渡しましょう。 この場合は、通常必要となる郵便料金を支払うことになります。 (切手貼付でも可) 自分で持っていったのだから料金いらないじゃないかと思う人がいるでしょうが。 あなたが間に合う日時に差し出すことができなかったのが悪いので、協力してもらえると思えば丸く収まりますね。 郵便物は郵便局が業務として扱うものなので、そのものは郵便物であるから通常の配送料が必要になります。 ただ、郵便局留めというサービス自体には料金はかかりません。 持ち込む郵便局が小さな郵便局の場合、そのまま大きい郵便局に差し戻され、消印などの作業をする場合があるようですので、すぐにはその小さな郵便局に留め置きされないことがあるので、早めに持ち込んでおくなどして受取りに来た人により早く渡るようにしておきたいですね。 郵便局留めの郵便物を取り扱っている窓口がどこかなどを良く調べておいて、その窓口にちゃんと渡して置く心構えも大事になります。 まとめ 局留めの郵便物を差し出すとき、営業時間内に出すことができれば、予定通りに局留めの郵便局に着くことになり、直接に局留め予定の郵便物を配送先(局留め先)に持っていかなくてもいいでしょう。

次の

郵便局の局留め。

この近くの郵便局

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 225• 188• 494• 216• 420• 144• 279• 289• 1,132• 168• 269• 661• 349• 2,164• 178• 19 アーカイブ•

次の