高卒就職情報web提供サービス。 高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト|ハリケンナビ

高卒未経験でIT業界に就職は可能?【学歴なしでも挑戦する方法を解説】

高卒就職情報web提供サービス

高卒で未経験だけど、IT系の職種に付きたいと思っている。 プログラミングやデザイン・マーケティングの知識はほぼないけど、挑戦って可能? 学歴高卒でフリーランスを経てIT系の会社を経営しているYoshi()です。 WebマーケティングをメインにWebメディア運営やWeb・アプリサービスを複数運営しながら活動しています。 そんな僕が「高卒キャリア」の以下のような疑問についてお答えします。 高卒未経験でのIT系への就職は可能か?• 高卒未経験からIT系の職種を目指す場合の最短距離 学歴高卒でニート期間を経て、社会人を3年ほど経験。 その後、ITスキルはほぼ0状態でフリーランスとして独立し、これまでマーケティングやプログラミング、デザインなどを学びながら活動をしてきました。 そんな僕だからお伝えできるのが、高卒でもIT業界へ就職・転職は可能だということ。 最終的には僕のようにフリーランスとしてキャリアを進むことも可能だということです。 この経験も踏まえて高卒未経験でIT業界に挑戦したいと考えている人向けに、情報をまとめてみたので是非参考にしてみてください。 高卒未経験でIT系への挑戦は可能 高卒でIT業界の経験がなくても、転職・就職は可能でその先のキャリアを築くことも可能です。 IT系の職種と言っても幅広いので、参考例を挙げるとすると以下のような職種です。 プログラマー• ウェブデザイナー• システムエンジニア• ウェブマーケター クリエイティブスキルが求められるデザイナーから、システムを開発するシステムエンジニアと様々。 サービスのマーケティングを行うウェブマーケターもIT業界の職種でもあります。 僕のメインの専門領域はこのマーケティングの部分になります。 IT系に学歴は関係ないという事実 IT系の職種は、専門的なスキルや知識が求められます。 その知識というのは高校・大学などで集中的に学ぶような知識ではないので、学歴はほとんどが関係ありません。 ほとんどの人が独学や専門のスクールでプログラミングスキルやマーケティングスキルを学んでいますし、学歴高卒でもチャンスがある市場だと言えます。 そのため、最低限必要なスキルを習得することでプログラマーやウェブデザイナー・エンジニア・ウェブマーケターなどのIT職種への転職は可能ですし、未経験の人材を採用している企業もあります。 「IT」「Technology」を利用した生活というのが当たり前になりつつある中で、そこに必要な人材は圧倒的に不足しているとも言われています。 そのため学歴関係なく挑戦できる業界だと言えます。 IT系職種の需要は高い IT系の職種に関しては、需要が上がり続けており、特にプログラミングが出来るエンジニアスキルを保有する人材を求めている企業はたくさんあります。 そのため、高卒未経験の方でもIT業界で役立つスキルを習得することで、就職・転職は可能で、将来的なキャリア設計をすることができます。 学歴関係なく給与を伸ばしていくことは可能だと言えます。 システムエンジニアは未経験OKな企業も多い IT系職種の中でプログラマーやエンジニアなどの転職情報を見てみるとシステムエンジニアの開発会社だけでなく、ゲーム業界・家電製品や自動車製品などのプロダクト開発している企業などのメーカーなどの求人も多数出てきます。 様々な業界で自社開発のシステムやサービス提供者向けのシステムなどは必須になっているため、システムエンジニアの需要はたくさんあります。 また、提供しているサービスや商品の宣伝をするにはデザイナーやマーケティングの知識も必要になってくるため自社内にそう言った人材を置く中小企業も少なくありません。 逆にコストの関係でそういったのが難しい場合は、僕のようなフリーランスへの発注が増えるため、会社員ではないIT人材への案件も増えていきます。 経験やスキルを既に持っている人材を採用したいのが企業の本音ですが、既にキャリアを積んでいる人材はフリーランスとしての独立や条件の良い企業に転職していきます。 そのため、人材不足の現状では未経験者の採用をして、社内で育てる仕組みを入れているところもあります。 教育システムが整っていれば給料を貰いながらスキルを学ぶことができます。 お金を貰いながら自分のスキルを積んでいけるという意味では、IT系の職種はキャリアとしてありですし、「高卒」でもしっかりとコミュニケーションを取ることができれば学歴はさほど問題ではありません。 IT系職種はキャリアの幅が広がる IT系の職種は様々ですが、未経験からプログラミングを学習して行く中でマーケティングに興味を持つかもしれません。 働きながらでもスキルを磨きつつ、将来的なキャリアを考えてみるというのは個人的にはありかなと思います。 僕自身の専門領域はWebマーケティングですが、プログラミングもできますし、ある程度のデザインも出来ます。 以下のように専門スキルを掛け合わせていくことで、人材としての価値を上げることもできるので、ステップアップしていくのはおすすめ。 高卒未経験からIT系の職種を目指す場合の最短距離 IT系の職種に高卒未経験から目指す場合の方法は、以下の3つの感じになるかと思います。 未経験での求人を出している企業を探す• プログラミングスクールに通う• 転職支援+プログラミングが学べるスクールに通う 1. 未経験での求人を出している企業を探す 学歴や経験などは考慮せずに、求人募集をしている企業はたくさんあります。 IT人材は不足しているので、未経験から就職して学びながら経験やスキルを積むという意味ではありでしょう。 正社員でなくてもアルバイトや派遣からスタートなどIT業界の挑戦方法はいくらでもあります。 注意点としては、IT業界と言っても仕事内容は様々なため希望通りの仕事内容かどうかは入社する前に確認が必要で、面接時にも確認はしておきましょう。 IT業界は、転職率が高い業界でもあるので就職先の見極めは大事です。 僕の友人でも転職回数が多かったりするケースもあるので、慎重に探していきましょう。 おすすめは、IT系の職種案件が多いWORKPORT(ワークポート)で、それ以外も求人情報をみて比較する上では他のところもチェックしてみることをおすすめします。 ・|未経験でもIT・クリエイティブ系の転職に行きたい人におすすめ ・ |第2新卒・20代向けの案件が多い転職エージェント ・ |求人数が豊富で、多くの求人から選ぶのにおすすめの転職エージェント 2. プログラミングスクールに通う 高卒・未経験可能な求人募集だとしても、ある程度のベースの知識はあるに越したことはありません。 未経験から入れたとしても就職・転職先で勉強しながらスキル・成長をしていかなければ行けません。 そのため、事前にプログラミングやマーケティングなどのスキルのベースを身につけておくのは企業へのアピールポイントにもなるためおすすめです。 完璧なスキルでなくても、実際に学んだことがあるということは採用企業からしても評価ポイントにはなりますし、就職活動を有利に働かせることができるので勉強を始めて見るのも一つの手です。 今ではオンラインを通じてプログラミングを学べるところも増えているので、複数のスクールで無料体験を受けてみるなどして比較してみるといいでしょう。 関連記事: 3. 転職支援+プログラミングが学べるスクールに通う プログラミングやITスキルを学べるスクールの中には、転職・キャリア支援も同時に行っているものもあります。 このようなスクールのメリットとして企業が求めるレベルのITスキルを無料で学べて、その後転職先の企業を紹介してくれるため、「お金を掛けずにキャリアを作る」ということが可能だということです。 例えば、注目を集めているプログラミング言語のRubyを学んでIT業界への転職支援をしてくれるスクールもあるので、ITスキルを学んでIT業界への転職を成功させたいという方は要チェックです。 転職支援がセットで提供されているところは、無料で利用ができるところも多く、高卒でも関係なく参加できるのでチェックしてみると良いと思います。 詳しくは以下の記事にまとめているので参考にしてみてください。 まとめ:自分ができることから始めてみる 高卒未経験でもIT業界へ就職・転職して挑戦することは可能です。 学歴だけではなく経験やスキルがあれば、キャリアを作れる業界なので「人材としての将来性」も重視されるところではあります。 未経験だとしても自己アピールができれば評価は上がりますし、キャリアは無限大に広げることができます。 そう言った意味で言うと、事前にスクールで学ぶことで「 面接時のアピール+業界への一歩を踏み出したときのアドバンテージ」になります。 まずは、自分が出来ることから始めてみましょう。 プログラミングスクールの無料体験を受けてみたり、求人を探してみて行動を移すことが第一歩です。 IT業界の求人情報.

次の

ホテルスタッフは高卒が多い?

高卒就職情報web提供サービス

スポンサードリンク 職業安定所では申し込みをした新規高卒を対象とする求人は 高卒就職情報WEB提供サービスによって高校の進路指導室において求人公開します。 高卒対象者の職場事前見学も行なっています。 応募をする前に職場を見学して実際に仕事について考える機会を作ります。 高校に通っているころはもうじき社会人になるという自覚が出ないものです。 仕事をすることというのはこういうものだということを事前に理解してもらうことで早期退職の改善にもつながると考えています。 夏休みなどを利用して職場見学会は開催されています。 職業安定所での高卒求人のスタートは高卒求人票の理解から始めましょう。 求人票を見ても何のことだかさっぱりわからない。 それではダメです。 求人票にはその会社の概要が一番分かりやすく書かれているのです。 聞きなれない言葉や知らない言葉はこの機会にすべて知っておこう。 もしも自分は絶対に土日は休みたいと思うのならばしっかりと求人票をチェックしよう。 あとで「知りませんでした」は社会人になってからでは通用しません。 高卒での就職が厳しい時代です。 どうすれば自分の希望する会社に就職できるのでしょうか。 まずはその会社で求められている人材を考えて見ましょう。 もしも資格が必要な業種ならば就職活動の前に資格を取ることが必要かもしれません。 自分を売り込む武器として資格は有効というよりは最低限必要なものといえるでしょう。 ほかの人と比べて自分が勝っているところを上手にアピールすることは大切です。 これから一生付き合うことにあるかもしれない仕事。 自分が本当にやりたいことを仕事にできたらどれだけ幸せなことか。 自分が一生をかけてやっていく仕事です、今真剣に考えなくていつ考えるのですか。 給料の高い仕事ばかりが魅力的な仕事ではないのですよ。

次の

高卒未経験でIT業界に就職は可能?【学歴なしでも挑戦する方法を解説】

高卒就職情報web提供サービス

最終更新日:2020. 19 高卒で就職する高校生の採用にはさまざまなルールがあります。 求人の出し方もそのひとつ。 高校生新卒採用の際にどちらかを選ばなければならない「 指定校求人」と「 公開求人」の違い、それぞれのメリット・デメリットをチェックしておきましょう。 指定校求人とは? 企業が新卒の高校生を募集する際に、学校を指定して求人を出す方法です。 生徒を採用したい学校を絞り込み、推薦依頼校として指定することができます。 また、指定校求人の中には「科指定」というものもあります。 どの科でも応募できる「全科指定」がほとんどですが、職種によっては、科を選択して求人票を送ることもできます。 最大のメリットは、学校と企業が信頼関係を築きやすいことでしょう。 企業は学校訪問を通して、コミュニケーションを図りながら、採用したい人物像などを進路担当の先生に直接伝えることができます。 学校側としても、その企業に就職した卒業生の話や、今後の採用動向の情報を聞くことができるので、進路指導に反映できます。 高校生にとっても、公開求人より競争率が低くなるので、内定が取りやすいでしょう。 また、就職先の企業に高校の先輩が多数勤務しているのは、安心できる要素です。 企業にとって大きなデメリットは、募集人数の3倍までの学校にしか募集を出せないという慣習(以前にはルールでした)でしょう。 2名の採用枠であれば最大6校までしか募集がだせません。 必ずしも応募があるとは限らないので、人材を集めるチャンスが限られるということになります。 地元の高校を中心に採用したい場合などには、指定校を定めたうえで、学校訪問や職場見学会の開催など、一校一校との関係を深める努力が必要になります。 また、学校が推薦してきた生徒を受け入れるだけなので、多くの人材の中から、自分の会社にあった高校生を直接選べないというデメリットもあります。 企業と学校、お互いの信頼関係でなりたっているといっても過言ではない求人方法なので、しっかりとした情報共有が重要になってくるでしょう。 公開求人とは? ハローワークが管理する「高卒就職情報WEB提供サービス」で求人票を全国に公開でき、広い対象への募集が可能です。 毎年6月1日以降ハローワークで求人申込書の受付けが始まりますが、その際に「公開希望」を選択することで、翌年6月までサイト上で求人票が公開されます。 閲覧するには各高校に割り当てられるIDとパスワードが必要で、高校生は学校の先生に相談しながらさまざまな条件での検索をすることができます。 求人情報だけではなく、企業のイベントや職場見学会などの情報も閲覧できます。 <メリット> ・1年間、サイト上で求人票を公開できるので、求人票を持参できない遠方の高校の生徒にも見てもらえる。 ・条件を指定して検索できるので、生徒が希望の企業を見つけやすい。 <デメリット> ・WEBに求人票を掲載しているだけでは、自然に高校生を採用するのは難しい。 ・高校生や先生、保護者への働きかけが必要になる。 学校にはたくさんの求人票が届いているので、WEBでの求人票は後回しにされがちです。 最近では、自社のホームページで「積極的に高校生を採用」していることが分かる採用サイトを公開している企業も増えてきました。 会社の雰囲気や高卒社員の働き方、キャリアモデルなどを高校生が分かりやすいように図や写真、動画などで紹介し、情報発信をすることで会社への興味を持ってもらうことができれば、遠方の高校生を採用するチャンスも大きくなるのではないでしょうか。 高校生の選択肢を広げ、採用のチャンスを増やす どちらの求人方法を選択するにしても、高卒新卒の採用は全ての手続きを学校経由で行うことになります。 生徒の決断に影響力のある学校や先生との信頼関係が、重要なことには変わりはありません。 近年では指定校求人について「均等な就職機会の確保の観点から必ずしも望ましくない」とする意見もありますが、「優秀な高校生を確実に採用したい」企業と「自分の学校の生徒を継続的に就職させたい」学校にとっては、メリットのある方法と言えるかもしれません。 毎年、学校には膨大な数の求人票が届きます。 それぞれの特徴を把握したうえで、自社の採用計画にはどちらが有効なのかを見極める必要があります。 また、求人票だけでは伝わらない会社の魅力を、自社のHPなどで積極的に発信することで、採用のチャンスを増やしていきましょう。

次の