ソフトバンク 株価。 ソフトバンク(株)【9434】:時系列の株価推移

ソフトバンクグループの株が乱高下、最近のソフトバンクグループの株価動向

ソフトバンク 株価

5 1,371. 5 1,374. 5 11,413,600 1,374. 5 2020年6月10日 1,375 1,376 1,368 1,374 7,362,000 1,374 2020年6月9日 1,369 1,375 1,365. 5 1,373 9,088,200 1,373 2020年6月8日 1,372 1,374 1,364 1,367 8,390,500 1,367 2020年6月5日 1,370 1,371. 5 1,362 1,368 7,884,500 1,368 2020年6月4日 1,372. 5 1,377 1,366. 5 1,375 11,577,100 1,375 2020年6月3日 1,379 1,379 1,364 1,367. 5 12,481,200 1,367. 5 2020年6月2日 1,370 1,370. 5 1,360. 5 1,364. 5 9,678,000 1,364. 5 2020年6月1日 1,363. 5 1,366. 5 1,356 1,366 8,380,100 1,366 2020年5月29日 1,362 1,368. 5 1,342 1,366 40,862,500 1,366 2020年5月28日 1,360 1,366. 5 1,350. 5 1,364 14,748,400 1,364 2020年5月27日 1,355 1,361 1,345 1,355 20,290,300 1,355 2020年5月26日 1,345 1,351 1,328. 5 1,340 28,345,900 1,340 2020年5月25日 1,335 1,341 1,326. 5 1,338. 5 18,229,100 1,338. 5 2020年5月22日 1,340 1,345 1,315 1,319 52,617,600 1,319 2020年5月21日 1,390 1,394. 5 1,375 1,375 4,697,100 1,375 2020年5月20日 1,395 1,400 1,376 1,386 8,341,600 1,386 2020年5月19日 1,401 1,447. 5 1,388 1,403 11,971,600 1,403 2020年5月18日 1,432 1,434. 5 1,403. 5 1,407. 5 5,169,000 1,407. ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。

次の

ソフトバンクグループ (9984) : アナリストの予想株価・プロ予想 [SoftBank Group]

ソフトバンク 株価

東京証券取引所はSB株を制度信用銘柄に選んだと発表しました。 20日からはSB株の信用取引ができるようになります。 「本当におわびしたい」とし、「ペイペイからの顧客情報流出は起きておらず、これからも調査して報告したい」と話しました。 全体の基地局における割合については「投資金額を欧州製と中国製に分けると、全体の1割が中国製」と明かしました。 中国企業から調達している機器を変える場合、「簿価が除却になれば、年数百億円のレベルで損失処理をしていかざるを得ないかもしれない」と話しました。 その上で携帯通信網は「社会インフラとして重要になっており、災害時や大規模障害のときはキャリア同士が支えることを検討する時期に入っている」と話しました。 障害の原因となったエリクソンへの賠償請求については「今は再発防止について深く議論しており、ペンディングにしている」としました。 上場直前に通信障害などの問題が起きたことについて、株式公開は17年春くらいから始めていたことを示した上で、「通信障害やファーウェイの通信機器の問題など起きたが、そこで引き下がる必要は無いと判断した」とし、先延ばしの議論については「全くなかった」と話しました。 自主独立してやっていくが、SBGの投資先は非常に強い、いろんなところで成功したビジネスモデルを持っている。 その投資先が日本の大きなマーケットでやりたいと言うならば、ソフトバンクビジョンファンドから押しつけられるのではなく、我々からやりたいと言いたい」と話しました。 「市場全体の雰囲気も悪く、買いが入りにくかったのがきつかった」と振り返りました。 値付けは間違っていないと思う。 会社が描くエクイティストーリー(成長戦略)を確実に実行して、投資家がよかったと思えるような株価になってほしい」と話しました。 取引終了までわずかとなるなかで1300円を挟んだ攻防が続いています。 国内大手証券の担当者は「ネット証券経由の売りが多いのではないか。 午前中に買った個人投資家が株価の戻りが弱いのを見て、損切りの売りが出ているようだ」と解説しています。 「(IPOで個人投資家に販売した)営業員が怒られていて可哀想」との声も出ています。 国内運用会社のトレーダーは「手数料をディスカウントしている証券会社もある」と言います。 このトレーダーは「(取引開始直後に)1344円まで急落したところで、機関投資家の買いが入ったようだ」と解説していました。 SBの配当利回りが5. 国内証券のアナリストは「好材料は19年1月末の東証株価指数(TOPIX)など指数の組み入れに伴う機関投資家の買いしかないのでは」とみています。 初値から100円超下げ、1360円で午前の取引を終えたソフトバンク株(19日午前11時39分、東京都中央区) 個人投資家からは楽観視できないとの声が出ています。 神奈川県の50代男性はIPOで購入した6万2000株を「初値近辺で全部売った」と言います。 証券会社からは追加購入の連絡が来ていますが「上値が重くなるとみているから断っている」とのことでした。 5000株の購入を直前にキャンセルしたという神奈川県の30代男性は「買わなくて良かった」と胸をなで下ろし、「華為技術(ファーウェイ)の件による投資計画が見えず、1200円が妥当水準なのでは」と証券会社からの新たな購入の打診も断ったとのことでした。 投資家の判断を冷静に受け止めている」と言い、「あくまで今日がスタート地点なので、ここから市場の評価を高められるようがんばりたい」と話しました。 主幹事を務めた国内証券の幹部は「この株価は正直言って恥ずかしい」と落胆していました。 売買代金は3159億円と東証1部全体の2割超を占める大商いでした。 SBGの売買代金も603億円とSBに次ぐ2位です。 日経平均株価は90円(0. ドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄シニアファンドマネジャーは「配当利回りが高くなっても、業績の成長ストーリーが描けない」として買いを入れるつもりはないといいます。 「が携帯電話市場に新規参入すれば、顧客が流出しやすいのは価格の安さで競合するソフトバンクになるし、政府による携帯電話料金値下げの議論も出ている」と指摘しています。 「高配当なので保有を続け、もう少し下がったら押し目買いを入れたい」と話しました。 売買代金は2500億円に迫る勢いです。 直近のIPOでは7銘柄ぶりの公開価格割れです。 宮内謙社長は野村証券大手町本社(東京・千代田)のトレーディングルームで見届けました。

次の

ソフトバンクグループ(SBG)【9984】株の基本情報|株探(かぶたん)

ソフトバンク 株価

一時は年初来高値の5,871円から半値以下の2,610円まで株価は下落しました。 しかしその後は持ち直し、記事執筆時点 2020年5月1日 の株価は、4,608円です。 最安値から約2,000円の上昇になります。 ソフトバンクグループに何が起こっているのか、気になる投資家は多いのではないでしょうか? またそもそもソフトバンクグループは、どんな会社なのか知りたい方もいると思います。 そこで、今回はソフトバンクグループについて詳しく説明します。 ソフトバンクグループの概要 多くの方はソフトバンクと聞くと大手携帯キャリアを思い浮かべるでしょう。 ソフトバンクはNTTドコモ、auに並ぶ大手3大携帯キャリアです。 ソフトバンクはいち早く米Apple社と提携しapple社が提供しているiPhoneを導入しました。 iPhone目当てにソフトバンクに切り替えた方も多いと思います。 もちろんiPhone以外にも斬新な料金システムなどを導入し多くのユーザに支持されている携帯会社です。 ソフトバンクのCMで親しみを持っている方も多いでしょう。 しかしソフトバンクグループは、携帯事業だけを行なっているわけではありません。 ソフトバンクグループの基軸事業は以下の5つです。 ソフトバンク・ビジョン・ファンド等 SBIA の運営するファンド事業• ソフトバンク事業• スプリント事業• アーム事業• ブライトスター事業 携帯事業が一番有名ですが、ソフトバンクグループの事業の中心は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドです。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、ベンチャー企業を中心に投資をする投資ビジネスを手がけている事業です。 積極的に世界の有望なベンチャー企業に投資をしています。 損失も大きいですが利益が出たときの寄与度は非常に大きな事業といえます。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドがもたらす利益や損失がソフトバンクグループに占める割合が非常に高いためソフトバンクグループは投資会社という方もいるくらいです。 自社株買いをすると市場に出回る株数が少なくなるため株価が上がりやすくなります。 自社株買いを行う事は既保有株主にとって大きなメリットがあるのです。 そこでソフトバンクはコロナウィルスの影響で株価が下がったタイミングで5,000億円規模の自社株買いを行いました。 しかしそれでも株価は下げ止まらなかったため、資産を売却してさらに2兆円追加して自社株買いを行いました。 結果としてはこの自社株買いが功を奏し、ソフトバンクグループの株価は上昇基調に向かいました。 その後、4月13日にソフトバンクは前期の営業損益が赤字になる見込みを発表しました。 その額は脅威の1兆3500億円です。 去年2兆円以上の利益を出していたのでその差は莫大です。 しかし業績見通しを発表した翌日(4月14日)の株価は上昇しました。 株価が上昇した主な理由は自社株買いが株価を下支えしたことと悪材料が出つくしたことです。 ソフトバンクグループの赤字の主な原因は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先の株価の下落です。 投資先の株価が下落した理由は皆さんご存知の通りコロナショックの影響です。 コロナショックがいつ収まるかは分かりませんが、とりあえず悪材料が出つくしたことによって株価は逆に上昇したのです。 More reading• 免責事項と開示事項 記事の作者、渡辺たけしは、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の