お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます。 ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

「お忙しいところ」の使用する場面 《1》お願いをするとき 最も多く「お忙しいところ」が使われる場面としては、お願いをするときになります。 「お忙しいところ」の使い方としては、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところお手数おかけいたしますが といったようになります。 「お忙しいところ」は クッション言葉です。 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを「お忙しいところ」を使うことによって表すことができます。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場合は、「相手に質問の返答を頼む・相手の負荷になることをお願いするとき」です。 例えば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ恐縮ではありますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします」と言います。 ビジネスメールの多くは、相手に何らかの要求をする内容になります。 なので自然と「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになります。 《2》お礼をするとき 「お忙しいところ」は感謝の意を伝えるときにも使うことができます。 使い方としては、 ・お忙しいところご足労頂き恐れ入ります。 ・お忙しいところにも関わらず、御配慮いただきありがとうございます。 ・お忙しいところ、お手数おかけして申し訳ありませんでした。 ・お忙しいところありがとうございます。 といったようになります。 「お忙しいにも関わらず〜してくれてありがとうございます」といった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表しています。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」の例文を紹介します。 <お願いをするとき> ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご連絡をお願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところとは存じますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入ります。 少々お時間の方、よろしいでしょうか? ・お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、アンケートの返信をよろしくお願いいたします。 <お礼をするとき> ・皆さま本日はお忙しいところ、お集まりいただいて、誠にありがとうございます。 ・先ほどはお忙しいところ、お付き合い頂きありがとうございました。 ・お忙しいところ、ご丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。 ・お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。 ・お忙しいところ丁寧にご教授下さって、誠にお礼申し上げます。 「お忙しいところ」の類語 クッション言葉はいくつか覚えておくと、ビジネスシーンでも使えます。 「お忙しいところ」の類語として覚えておきたいのは「ご多忙」と「ご多用」の二つです。 二つとも忙しさを表す敬語表現であり、「お忙しいところ」と置き換えて使うことができます。 「ご多用」 まず「多用」の意味は、 「用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は 「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表しています。 「ご多用は」の使い方としては、 ・要望を出したり依頼をするとき ・感謝の意を伝えるとき になります。 「ご多用中恐れ入りますが〜」といったように、誰かにお願い事をするときに使います。 「用事が多くて忙しいときに悪いですが」という謙虚さを伝えた後に、本題に入るための言葉です。 「ご多用にも関わらず〜」といった形だと、相手に感謝の気持ちを強く述べることができます。 ・ご多用の折ですが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 「ご多忙」 まず「多忙」の意味は、 「事が多くて忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご多忙」になります。 「ご多忙」は 「目上の人が何かと忙しくしている様子」を表しています。 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、「ご多忙」は結婚式や葬儀の場での挨拶には相応しくありません。 理由としては、「ご多忙」の「忙」という文字が、「りっしんべん」+「亡」で構成されていて、「忙しくて心を失う」という意味になり縁起が悪いとされているからです。 こういった理由で「ご多忙」が使われないことが多いですが、ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉になります。 ・先日はご多忙中にもかかわらずご親切にご案内くださいまして、誠にありがとうございました。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 「お忙しいところ」を使う際には注意しなければならない点があります。 そのようなことにならないためにも、同意義の言葉をいくつか知っておき、表現を変えて使うことが良いでしょう。 つまり「お忙しいところ〜」は本来の意味と違い、 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 しかし、どう見ても相手が時間に余裕があることが明らかな場合に、「お忙しいところ」を使うとかえって嫌味に聞こえてしまいます。 そのような場面ではなるべく使用するのは控えましょう。 ですので、その後に時間を要するようなお願いごとを要求をするのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 例えば、ビジネスメールで「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的な返信期日を伝えるのは失礼に当たります。 自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 なるべく相手に合わせるようにしましょう。 また「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでし避けた方が良いでしょう。

次の

「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

1-2.感謝を伝える際 「お忙しいところ」は相手に対して、 感謝を伝える際にも用いられる表現です。 依頼をした内容に対応してもらった際や頂いた際などに用いられる事が多い為、ビジネスシーンでは頻繁に用いられています。 「本日はお忙しいところ、ご足労頂きましてありがとうございます」や「お忙しいところ、ご対応頂きありがとうございます」などの形で口頭、メール問わず用いられるのが一般的です。 2.「お忙しいところ」を使った例文 「お忙しいところ」を使った依頼や感謝を伝える際のバリエーションはいくつかあります。 例文をもとに表現の幅を広げていき、状況や文脈に合わせて使い分けていきましょう。 「 恐縮」や「が」、「申し訳ございませんが」などを入れると丁寧な表現。 ポイント2.細かな要求は避ける 「お忙しいところ」という前置きをして依頼をする場合、 細かな要求をするのは好ましくありません。 相手が忙しい状況である事を理解していながら、事細かな作業や仕事を依頼するのは相手に不快感を与えてしまいかねません。 「メールをご一読ください」や「返信をお願いします」など簡単な依頼にとどめるようにしましょう。 ポイント3.相手の状況を考えて使う 「お忙しいところ」はクッション言葉であり、相手への配慮を暗に示す言葉でもあります。 その為、 実際に相手がどれだけ忙しいかに関係無く使う事ができます。 ただし、暇そうにしている相手に対して頻繁に「お忙しいところ恐縮ですが」などと使っていると嫌みに聞こえてしまう可能性もあるので注意しましょう。• ポイント4. 繰り返し使うのは避ける 「お忙しいところ〜」を同じ相手に何度も使うのは避けましょう。 繰り返し「お忙しいところ」を使ってしますと、 相手から「忙しいのはわかっているなら1回で済ましてくれよ…」と思われてしまいます。 「お忙しいところ」を使う際は、初めの挨拶に使うくらいがちょうど良いでしょう。 ポイント5.自分が忙しい場合は「立て込んでいる」を使う 「お忙しいところ」は、 自分が忙しい時に使うことはできません。 自分が忙しい状態であることを相手に伝える場合は「只今立て込んでおりまして…」というような表現を使うようにしましょう。 4.「お忙しいところ」の類義表現 「お忙しいところ」の類義表現としてビジネスシーンで使われるのは「ご多用」「ご多忙」の2つです。 「慌ただしい」や「せわしい」なども類義語にはありますが、 「ご多用」 「ご多忙」を使う方がビジネスの場にはふさわしいと言えます。 「ご多忙」とは 「ご多忙」は、 目上の人がとても忙しくしている状態を表す言葉です。 相手が見るからに忙しそうにしている時は、「お忙しいところ」よりも「ご多忙」を使った方が状況に合った使い方だと言えるでしょう。

次の

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

「お忙しいところ」の使い方は3種類 ビジネスシーンで、「お忙しいところ」という表現は、定番の言い回しのひとつです。 使用されるシチュエーションは、主に3種類に分かれます。 利用シーン1:相手に対して何か依頼をするとき 頼みたい仕事や対応してもらいたい事項がある場合、相手の負担を考慮して「お忙しいところ」という言葉を文章の冒頭につけるのが一般的です。 」といったような使い方をします。 利用シーン2:相手の行為に対して、ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるとき かなり時間を要するような仕事を依頼した後、やってもらったことに対して相手へ直接お礼を述べるときに「お忙しいところ」を使う場合もあります。 具体的には、「お忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございました。 」というような使い方が一般的です。 利用シーン3:ビジネスメールや文書の締め文として 諸々のお願いごとをした場合、最後に締めくくりの一文として使う場合もあります。 例としては、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 」といったような文章となります。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」を使った表現の中には、定番のフレーズ(定型句)としてビジネスパーソンの間で親しまれている言葉も少なくありません。 以下、具体的にマスターしておきたいお決まりのフレーズを紹介していきましょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが、」 「お忙しいところお手数をおかけしますが、」 解説:相手が仕事で忙しくしていることは理解しているものの、自分も相手に頼みごとをしなければならないときに、クッション言葉として使用します。 「お忙しいところすみません。 」 「お忙しいところ失礼します。 」 「お忙しいところ恐縮です。 」 解説:相手に話しかけるときや、ビジネスメールの冒頭部分で使用します。 相手の貴重な時間をいただくことに対して、「申し訳ありません」という気持ちを表現することができるフレーズです。 「お忙しいところありがとうございました。 」 解説:相手の時間を自分がいただいたことに対して、お礼を述べるときに使用します。 「お忙しいところ」の類似表現 ビジネスメールなどを送る相手によっては、より丁寧な言い回しに変えたいときや、微妙なニュアンスの違いを表現したいこともあります。 そのようなときには、「お忙しいところ」に若干変化をつけた類似表現を使うのがおすすめです。 具体的には、以下のポイントをおさえて、お気に入りのバリエーションを増やしていきましょう。 ポイント1:「ご多忙」または「ご多用」を使う 「お忙しいところ」という表現に比べると、やや硬く、かしこまった雰囲気を出したいときに重宝する表現です。 「ご多忙のところ」または「ご多用のところ」といった使い方をします。 意味は、「お忙しいところ」と同じです。 さらに、丁寧な表現にしたい場合には、「ご多忙と存じますが、」「ご多用中恐縮でございますが、」といった言い回しも可能です。 ポイント2:相手の大変さを思い、文中に「誠に」や「大変」をつける 例えば、「お忙しいところ誠に恐縮ですが」「大変お忙しいところ、お手数をおかけしますが」と、一言付け加えた表現にすることで、より改まった印象を与えることができます。 「お忙しいところ」が重宝されるワケ 一般的に、ビジネスに携わる人は、基本的に決められた時間やスケジュールの中で、忙しく働いていると理解されています。 そのような状況で、忙しい相手に対して、予定外の時間や手間を必要とする仕事や調べものなどを依頼する場合には、多少なりとも恐縮してしまうものです。 したがって、頼みごとをする相手に対する申し訳なさや謙虚さを表現した「お忙しいところ」が、ビジネスを円滑に進める上で重宝されています。 」という表現を比べた場合、その差は歴然です。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、仕事もやりやすくなることがお分かりいただけるかと思います。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 大変便利な表現として使われることが多い「お忙しいところ」という表現ですが、使用頻度や使う相手、その後に続く文章内容については、十分に注意を払う必要があります。 注意点1:使用頻度 1通の文書やビジネスメールの中で、使いすぎることによって、「お決まりだから」とスルーされてしまう場合もあります。 きちんと心がこもった内容にするために、冒頭や文章の最後など「ここぞ」というところで使用することをおすすめします。 注意点2:使う相手の受け止め方 「忙しい」という漢字は、「心(こころ)」が「亡い(ない)」と書きます。 つまり、忙しすぎて、気持ちがこもった仕事ができない状態を意味すると考え、「お忙しいところ」という表現を嫌う人もいます。 そのような場合には、「貴重な時間をいただき恐縮です。 」といった表現に改めることをおすすめします。 注意点3:後に続く文章内容 時間的に余裕がない相手の状況を理解しているからこそ、「お忙しいところ」という表現を使っていることを思い出しましょう。 したがって、その後に時間を要するような詳細なお願いごとや要求を記述するのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 まとめ 仕事上コミュニケーションをとる上で、「お忙しいところ」と一言添えるだけで、ずいぶん柔らかい印象になりますね。 適度な頻度と相手に合わせた使い方をマスターすれば、「お忙しいところ」という表現が生きてきます。 いま自分が正しい使い方をしているかどうか、発信済のメールなどで確認しておきましょう。

次の