インスタ イン サイト 利用 不可。 インスタをビジネスアカウントに変更しよう!個人でも無料で追加機能

インスタをビジネスアカウントに変更しよう!個人でも無料で追加機能

インスタ イン サイト 利用 不可

近年、急速に市場を伸ばしてきている日本のマッチングアプリ市場。 アメリカの市場規模が2,000億円〜3,000億円であるのに対し、日本はおよそ530億円規模と、まだまだポテンシャルがある市場と予測されています。 All Rights Reserved. 一方で、マッチングアプリは使わず、代わりにInstagramを出会いのきっかけに使っている人もいるようです。 コスパ重視の恋愛をする人が増えていると言われる中で、マッチングツールに求めるもの、またInstagramを代わりに使っている理由は何なのでしょうか。 まずは、 複数のマッチングアプリを使ったことがある大学4年生の男性(東京)にマッチングアプリに求めるものをインタビューをしてみました。 マッチング率が高く、面倒くさくないマッチングアプリを使う 男子大学生: これまで使ったことのあるマッチングアプリはPairs、Tinder、Omiai、With、CROSS ME、タップルの6つです。 はじめは、そのとき知名度が高くアプリストアの評価が高かったPairsから使いはじめ、Pairsが面白かったのでその後Omiai、Withなど他のアプリはどんなものだろうと次々と使い始めました。 いろいろ試した中で、一番よかったのはCROSS ME(クロスミー)です。 マッチング率が高く、まともな子が多いイメージがあります。 毎日数十人が自動でピックアップされて選べるようになっていて、自分からわざわざ探し出さなくてもアプリからレコメンドしてくれるのが楽でいいです。 他のアプリでは、自分から探しに行かないといけないものがあり面倒くさいんですよね マッチングアプリを使っていることを知られるのは恥ずかしい 男子大学生: マッチングアプリを使っていることを知り合いに知られるのは、 とにかく恥ずかしいですね。 知り合いがレコメンドに出てきた時はすぐにその人をブロックしました。 周りも使っている人がいるかもしれませんが、あまり聞かないし言わないです。 アプリを使いはじめるかどうかの話になると、「まだマッチングアプリに手を出さなくてもいいのでは」という流れになったりします。 大学生はリアルで出会うチャンスはたくさんあるので。 あとは、よくTwitterやFacebookでもマッチングアプリの広告が出てきますが、露出度の高い女性の写真だったりで クリーンなイメージがないです。 それも抵抗感につながっている理由の一つではないでしょうか。 僕だったら、その広告を見てダウンロードしたんだなって思ってしまいます。 インスタのハッシュタグ検索で共通の趣味の人を見つける 以前はマッチングアプリを使っていたが、今はInstagramを出会いのツールとして使っている20代後半の男性(会社員・東京)。 マッチングアプリの代わりにInstagramを使うようになった理由と、実際にどのように使っているのかお話を伺ってみました。 会社員男性: マッチングアプリも以前はやっていましたが、お互いの平面的なことしか見えないし、 気になる相手を探す手間がかかるのと、基本的な メッセージのやり取りが面倒なんですよね。 スマホの画面を見られて、マッチングアプリをやっているのがバレるのも恥ずかしい。 例えば僕の場合は、走ることが趣味なので 「 ランニング好きな人と繋がりたい」「 ランニング女子」などとInstagram内でハッシュタグ検索をします。 「 ランニング好きな人と繋がりたい」のハッシュタグ検索結果• 「 ランニング女子」のハッシュタグ検索結果 そうすると、同じようにランニングが趣味でつながりを求めている人がヒットするので、プロフィールからその人の過去の投稿などを見にいきます。 投稿にはランニング以外の写真などがあることが多いので、他の趣味は何か、何が好きそうか、相性が良さそうか、など何となく相手のイメージを膨らますことができるんです。 マッチングアプリみたいにいろいろ情報が書いてあるよりも、パッとわかるしリアルな情報な感じがします。 そうして相手のことが気になったらフォローして、共通の趣味や気になる投稿をきっかけにコメントしたりメッセージのやり取りをしたりします。 出会うきっかけも、共通の趣味から誘いやすいでし、もし実際に会ってみて 恋愛対象じゃなくても趣味仲間として関係性を続けることができるので、マイナスになることはない気がします。 Instagramはマッチングアプリで満たさないニーズを満たす 会社員男性: マッチングアプリは、相手も恋人やデート相手を求めているというのがあるので、実際に会うまでのハードルは下がるかもしれません。 なのでとにかくすぐに出会いたい、遊びたい、という人にはいいかもしれないです。 僕の場合はそこまですぐに誰かと会いたいというよりも、自然にお互いを知っていく中で会う機会があればラッキーかな、という感じです。 リアルでも多少は出会いがありますし、課金してまでアプリで気になる人探して、メッセージやりとりして、というのがコスパが悪いというか・・・。 出会いたいモチベーションとか、目的によってインスタとマッチングアプリは使い分けができるんじゃないですかね。 友達で実際にInstagram経由で気になる人と会ったことがある人もいますよ。 お互いにストーリーズとかも見ていて、事前に知っている情報が多いので会話も途切れず話しやすかったみたいですね。 まとめ ・マッチングアプリを使うことが「恥ずかしい」「面倒くさい」一方で、Instagramをマッチングツールとして利用しても恥ずかしさはない ・Instagram内での検索はハッシュタグ検索でシンプル、 情報は視覚的情報(画像、動画)のためテキスト情報に比べて受動的に 「楽に」「多くの情報」を得ることができる ・マッチングアプリが 「すぐに出会いたい」というニーズに応えるのに対し、Instagramではォローフォロワー関係でのゆるい繋がりによって 「今すぐ出会わなくてもよい」という層に応えることができている 今回はマッチングアプリをテーマに、その周辺で起きているユーザー行動の変化に着目しユーザーインサイトを考察してみました。 広告運用やLP、キャンペーンなど各施策の設計時において重要なユーザーインサイトの発見からの仮説立てに参考になれば幸いです。

次の

インスタグラム分析が効率的かつ高精度に行える便利ツール7つを紹介

インスタ イン サイト 利用 不可

Instagramのアクセス解析とも言える「インサイト」機能は、2016年の夏にリリースされました。 それから特に発表もなく分析機能が追加されており、改めて2018年におけるInstagramインサイトの機能を紹介しておきます。 大きなトピックスとしては、以下の3つを挙げておきます。 各投稿のリファラーがわかる(Instagramのどこ経由で発見されたか)• 各投稿で起きたアクションがわかる(プロフィール閲覧やフォローなど)• 各ストーリーズで起きたアクションがわかる(ハッシュタグのタップや返信など) 追記。 2018年4月10日の時点でいくつか画面表示やUIに変更がありますが、大まかな機能としては記載内容からは変わりありません。 インサイトは3種類、利用できるデータは異なる Instagramをビジネスプロフィールに変更すると、「インサイト」を利用できるようになります。 プロフィール画面右上に棒グラフのアイコンが登場するので、メインはそこから利用するものだと勘違いしやすいですが、インサイトにはそれを含めて以下の3種類あり、それぞれ利用できるデータが異なります。 投稿からのインサイト• ストーリーズからのインサイト• プロフィールからのインサイト 各投稿のデータは「投稿からのインサイト」が一番詳しく、各ストーリーズのデータも「ストーリーズからのインサイト」が一番詳しいです。 「プロフィールからのインサイト」における投稿やストーリーズのデータは、あくまで一部にとどまります。 投稿からのインサイト サマリーを上にスワイプで詳細表示 投稿からのインサイトは、まず各投稿の下部にある「インサイトを見る」をクリックすると、サマリーが確認できます。 いいね!• コメント• 保存済み• プロフィールへのアクセス• リーチ さらに このサマリー表示を上にスワイプすると、詳細データが表示されます。 これ、ご存じない人もいらっしゃるかもしれません。 ただし、一部のデータは2017年10月26日より以前の投稿では利用できません。 投稿からのプロフィール閲覧やフォローがわかる「アクション」 詳細データの「アクション」の項目では、この投稿で起きたアクションがわかります。 アクション数(合計)• プロフィールへのアクセス• フォロー(「発見」に移動している場合あり)• ウェブサイトクリック• 道順を表示 「プロフィールへのアクセス」はこの投稿からのプロフィールの閲覧数、フォロー数はこの投稿でフォローし始めたアカウント数です。 リファラー情報がわかる「発見」 詳細データの「発見」の項目では、「リーチにおける非フォロワー率」「この投稿の表示状況」「どこ経由でこの投稿が発見されたか(リファラー情報)」がわかります。 リーチにおける非フォロワー率(この投稿を見たフォロワーではないアカウントの率)• リーチ• インプレッション数• ホーム• ハッシュタグ• プロフィール• その他 インプレッション数の内訳が「どこ経由でこの投稿が発見されたか(リファラー情報)」のデータです。 つまり、フォロワーのホーム画面でこの投稿を見たのか、ハッシュタグをたどってこの投稿を見たのか、というようなデータです。 「地域」はスポット(場所)のページ経由、「発見」は検索画面の最初の表示経由です。 内訳は合計4つまで表示され、上位3件を除いた合計が「その他」としてまとめられているようです。 なお、「カルーセル投稿」と呼ばれる複数写真の投稿の場合は、ユーザーが1投稿の複数の写真を見たとしても、投稿全体で1インプレッションとなります。 ストーリーズからのインサイト 上にスワイプで詳細なインサイトを表示 ストーリーズのインサイトは、該当のストーリーを上にスワイプすることで、詳細データが表示されます。 これも、ご存じない人いらっしゃるかもしれません。 ストーリーズからのインサイトでは、表示の状況やタップや投票などのアクションの状況、閲覧したユーザーの状況がわかります。 インプレッション数• 閲覧者• スワイプして退出した人数• スタンプインサイト• ハッシュタグのタップ数• ユーザーネームのタップ数• ローカルスタンプのタップ数 など• 閲覧者(個別のアカウント)• アンケートの各投票数 ハッシュタグのタップ数や投票数などがわかる スタンプインサイトでは、例えばハッシュタグを利用していればそのタップ数が、ユーザーネームを利用していればそのタップ数がわかります。 またアンケート機能を利用していれば、各投票数も確認できます。 確認できるのは、ストーリーズの投稿から14日間です。 ビジネスプロフィールからのインサイト アカウントとしての状況の把握に プロフィール画面の右上のアイコンから利用できるインサイトは、アカウント全体としての状況が把握できます。 ただし、投稿やストーリーズに関しては一部データにとどまるので、注意が必要です。 ビジネスプロフィールからのインサイトの画面では、横にスワイプしたり「もっと見る」の利用などで、より多くの詳細データが確認できます。 やや省略しますが、以下のようなデータが利用できます。 アカウントの全体状況がわかる「サマリー」• フォロワー数• 投稿数• インプレッション• リーチ• プロフィールビュー• ウェブサイトクリック• 道筋の表示のクリック フォロワー数と投稿数以外のデータは、計測開始からの累積の数字ではなく、7日間のデータです。 属性がわかる「フォロワー」• 場所(市区町村、国)• 利用時間帯、曜日 フォロワーの属性のデータに関しても、どの期間における数字かは画面にもヘルプにも明記されていません。 「投稿」の主要データ• インプレッション• リーチ• エンゲージメント• いいね!• コメント• 保存済み• 再生数(動画のみ) 投稿のデータは上記のみに限られ、アクションや発見のデータは投稿からのインサイトで確認する必要があります。 「ストーリーズ」の主要データ• インプレッション• リーチ• 次へのタップ• 前へのタップ• ストーリーズからの移動• 移動するためのスワイプ ストーリーズのデータも上記のみに限られ、アクション状況がわかるスタンプインサイトのデータはストーリーズからのインサイトで確認する必要があります。 インサイトは反響の確認として Instagramインサイトの機能を紹介してきましたが、「インサイトの分析はとても重要だ」と声高に叫ぶつもりはありません。 分析から得たヒントによる「改善」よりも、「どのような内容をどのような表現で次の投稿をするか」や「いかにフォロワーにとって魅力的なアカウントに育てるか」といった「企画」の方が、Instagramの運用では重要だからです。 どれだけ詳細な分析をしたからといって、アカウントの大きな成長に直結するわけではありません。 とはいえ、Instagramインサイトはインプレッションやリーチだけではない、多くの有益な情報を提供してくれます。 この投稿で新たに何人がフォローしてくれたのか、プロフィール閲覧してくれたのか• この投稿のリーチのうち、非フォロワー率はどれぐらいだったのか• このストーリーズにつけたハッシュタグはどれだけタップされたのか このようなユーザーのアクションはいわば「反応」であり、「期待」と比べてどうだったのかを確認できます。 その状況把握は次の投稿や運用方針に反映でき、「投稿の効果を最大化」できます。 アクションなどの反応の確認として、定期的にチェックするようにしましょう。 「期待している状態と比べて、結果はどうだったか」の視点で確認し、分析に多くの時間をかけないのがよいと思います。 1月23日追記。 記事内容の表示にならないというフィードバックをいただいております(投稿からのインサイトなど)。 詳細はわからないのですが、ヘルプの英語表示のキャプチャ画像はこの記事と同様の表示のものが使用されており、新しい画面としてロールアウトの途中なのかもしれません。 以上、真摯のブログからお送りしました。 株式会社真摯は、お客様と真摯に向き合い、伴走するWebコンサルティング会社です。 — 参照ヘルプ•

次の

【解決】Instagramでインサイトを見れない/表示されない場合の対処設定方法

インスタ イン サイト 利用 不可

この記事の目次• Instagramインサイトとは Instagramインサイトとは、インスタグラムに実装されましたフォロワーと投稿を分析できるツールです。 Instagramアプリから利用が可能です。 facebook公式ドキュメントから概略を知ることが可能です。 2016年12月22日時点では徐々に公開されているとのことですが、いずれ全アカウントで使えるようになるかと。 >> Instagramインサイトの使い方 インサイトの基本画面 Instagramアプリで、プロフィール画面を表示させましたら、棒グラフのようなマークの「インサイト」ボタンをタップします。 すると、以下のようなインサイトのトップ画面に変わります。 直近で人気の投稿やフォロワーさんの活動時間帯などが、シンプルにわかりやすく解析され表示されますね。 それでは、フォロワーさんの分析をInstagramインサイトで行っていきましょう。 基礎用語 インプレッション 投稿が表示された回数です。 同じ人に2回表示された場合はインプレッション2となります。 リーチ 投稿を見てくれた重複しないアカウント数です。 どれくらいの人に届いたかという指標です。 プロフィールビュー プロフィールページがどれくらい閲覧されたかという指標。 ブランディングを重視する場合、重要な指標となります。 時間帯 標準的な日に、Instagramにどれくらい滞在したかの平均時間帯です。 エンゲージメント ユーザーとの交流度合いを示す指標です。 Instagramの投稿に対する、いいね!とコメントの数を表しています。 フォロワー分析 「もっと見る」をタップしますと、以下のような画面に移動します。 これがInstagramインサイトのフォロワー分析画面です。 公式をヘルプを見ますと、この性別や年代の根拠はまだ示されていませんでした。 しかし、Instagramはfacebook傘下ですので、本名ベースのSNSであるfacebookのデータと連携しているとすれば、それなりの精度なのかと思います。 性別と年代の解析事例 わたしのInstagramアカウントの性別ごとの年代分布をみてみました。 女性は30歳前後が割合が多い• 男性は65歳以上、女性は10台にも被フォロー なんか絶対数では男性が多いのですが、女性の方が広く見られていてアクティブな感じがしますね、あくまで印象ですけど。 あとはやっぱりセグメントできると本当に良いですよね。 いいね!してくれた人だけに絞り込みたい。 Instagramさん、ぜひよろしくお願い致します! Instagramインサイト、ほんと面白いですね。 徐々に使えるようになるようですので、棒グラフボタンを定期的に確認しましょう。 さらにInstagramのアカウントや競合のベンチマークなどしたいかたは、月額1000円からはじめられるアイスタがおすすめです。 >> 投稿分析 それぞれの投稿も簡単に分析ができます。 Instagramインサイトの画面、もしくはそれぞれの投稿から詳細画面へ移動します。 インプレッションとリーチ、それとエンゲージメントがわかります。 いいね!とコメントの数を表しており、だいたいのエンゲージメント率も算出可能ですね。 エンゲージメント率やいいね!の多かった投稿は、投稿の右下のリボンマークをタップして保存がおすすめ。 お気に入りからいつでも見返せますので、SNS運営のふり返りに役立ちます。 このように、Instagramインサイトは、SNS担当者にとても役立つツールになっています。 セグメントなどもっと欲しい機能もありますが、スマホだけで見られる手軽さと、ユーザープロフィールなど基本をおさえていて、今後に期待できるものですね。 インスタグラムの分析や解析にぜひどうぞです。 Instagramインサイトよくある質問 PCからインサイトを見られますか? 残念ながら見られません。 アプリで見ましょう。 >> インサイトのデータをダウンロードできますか? 残念ながらできません。 >> セグメントはかけられますか? 例えばいいね!をシてくれた人だけの性別を見てみたい、といったセグメント(抽出分析)機能は2016年12月22日時点では、ありません。 フィルタ機能はあるのですが、わたしのAndroid7. 0アプリ環境では、標準の状態からしかタップできませんでした。 おそらくInstagramインサイト実装後からのデータのみなのかなあ、と思ったり。 すべての投稿でインサイトを見たい 2016年12月22日時点では、直近の投稿のものしか見られませんでした。 おそらくInstagramインサイトが実装後からのものしか見れないのではないでしょうかね。 詳細は不明です。 もう少し詳しく解析したい 2016年12月22日時点では残念ながら、基礎指標だけっぽいですね。 Twitterアナリティクスでは結構みられますので、今後に期待ですね。 広告を使うとまた違うのかも。 >> 関連情報リンク Instagramの分析ツールも増えてきましたね。 >> ようやくインサイトが使えるようになりました。 >> 月額1000円からのInstagram分析ツール。 >> 解析をしてくれるのは嬉しい。 >> フォロワーランキングもだいぶ昔とは変わってきましたね。 >> Instagramはとにかくハッシュタグ。 >> facebookと連携しているから!?それなりに精度は高そう。 >> インスタ映えが重要。 >> ストーリーは設定しましょう。 >> まとめ インスタはリツイートがないぶん、エンゲージメントがとても重要です。 いいね!や再生数など、とにかくユーザーとの交流が高まるようなコミュニケーションを図りましょう。 時間帯や反響を見て、投稿の質を高めたいですね。 Instagram、おすすめですよ。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の