ウォールブレイカー。 ウォールブレイカー(Wb)について

【クラロワ攻略】クラロワリーグでも使われているスケバレウォールブレイカー枯渇デッキ [ファミ通App]

ウォールブレイカー

ウォールブレイカーの使い方 注意点という事で、 書いていきたいと思います。 ゆまみちです。 今日はいつもより長めです。 大切 注意の方が大切ですが、先に使い方から説明できたらと思ってます。 まずは使い方から説明したいと思います。 ウォールブレイカーの使い方は二つです。 【ウォールブレイカーの使い方】 1 壁に穴をあける 2 援軍の釣りだし はい、1から説明します 1 壁に穴をあける これが一番の役割です! 笑 これができなかったら意味ありませんね 笑 訳したら壁破壊者ですからね。 壁破壊できなかったら意味がありません。 ですが、実際ウォールブレイカーさん、壁を破壊することが対戦なかなかできなかったりします。 なぜでしょうか。 それは防衛施設もアホじゃなかったからです、、迫真 当たり前 穴のあけかたについて、注意点でまとめたいと思います。 2 援軍の釣りだし 援軍の釣りだしで使うことが時々あります。 ただこの場合、計画的にウォールブレイカーで援軍の釣りだしをしようと考えている人は少ないかもしれません。 なぜかというとウォールブレイカーは体力が低いためすぐに死んでしまいます。 なので、ウォールブレイカー単品だけの援軍釣りだしは、難易度が上がると思います。 ただ優先攻撃目標が壁なので、他のユニットにはできない援軍釣りだしの方法として使うことができます。 【注意点・テクニック7つ】 1 壁の穴あけには、おとりを使う 2 ウォールブレイカーは、一番近くて、壁の中に施設がある壁へ向かう しかし、壁が例えば一直線の長い壁であったとき、壁と認識しそちらに向かう場合がある、短い場合、壁と認識しない 容易に通り抜けられるため 3 ただしウォールブレイカーは次の場合動きを変える A 向かっている壁が破壊されたとき B 向かっている壁の中にある施設がすべて破壊されたとき 4 レイジを使うことで、壁を破壊できるか図が飛躍的に変わる 5ジャンプの呪文はウォールブレイカーにたいしてはきかない 6範囲効果の防衛施設の攻撃に注意 7罠に注意 これらの7つの点を意識すれば、ウォールブレイカーに関してはバッチリだと思います。 足りない点補足などあったら教えていただけると非常に助かります 1から順に説明しています。 1 壁の穴あけには、おとりを使う ウォールブレイカーで壁を穴をあけるときには、まず大切なのは、ウォールブレイカーをだす前に必ず、壁用のユニットを出すことです。 相手の防衛施設を代わりに受けてくれるユニットで主にバーバリアンやジャイアント、ホグライダー、ゴーレムなどがそれに当たります。 ウォールブレイカーは体力が少ないので、単品でだすと大砲やアーチャータワーなどに打たれて死にます。 ウォールブレイカーなのに、ブレイクできません。 そして壁をブレイクできないとどうなるか 大抵失敗して負けます。 ユニットが壁の奥に行けず左右に流れるからです。 よってペッカのお散歩などといって、ペッカが外側の施設を破壊しつづけます。 なので、他の味方壁ユニットが、前で攻撃をちゃんと受けているときに後ろからウォールブレイカーをだしましょう。 参考動画です。 2 ウォールブレイカーは、一番近くて、壁の中に施設がある壁へ向かう 壁が破壊された場合、その壁には向かわなくなる しかし、壁が例えば一直線の長い壁であったとき、壁と認識しそちらに向かう場合がある、短い場合、壁と認識しない 容易に通り抜けられるため ウォールブレーカーは一番近い壁に向かいます。 しかし、壁の中に施設がない場合、そちらへは向かいません。 なので、ここで注意したいのは三面攻めという攻め方で、左右と真ん中から攻める際に、左と右の壁を破壊しないと、真ん中にウォールブレーカーが最初に向かってくれないという場合があります。 図がなくてご免なさい、見つかったら追加します。 少しの出っ張りなどで、狙う対象が変わってきたりするので、真ん中を開けたい場合、左右を壊す必要があります。 左右を壊さなくてももちろん真ん中が壊れる場合もあります。 ただし、中心部への壁を壊す場合は、おそらく左右の壁も壊すことが必須になってきます。 真ん中の壁を壊したあと次は左右の壁へ向かってしまいますので、お気をつけください。 では参考動画です。 3 ただしウォールブレイカーは次の場合動きを変える A 向かっている壁が破壊されたとき B 向かっている壁の中にある施設がすべて破壊されたとき 壁の中に施設があり、ウォールブレイカーがそちらに向かっている途中に中の施設が壊れた場合、壊れた時点から一番近い壁に向かって方向転換します。 なので、壁を壊すときにまとめてたくさん出すことはあまりおすすめしません。 後程注意点6であげる範囲攻撃の時にも説明します。 まとめて出しても、狙った壁が壊れたあとは左右の壁へ別れて向かっていくこともあるため、遠回りをしてしまうことになるからです。 もちろん一概には言えないです。 なので、壊す壁を決めていた場合、その壁の近くからウォールブレイカーを出して破壊していくことが大切です。 4 レイジを使うことで、壁を破壊できるか図が飛躍的に変わる レイジの呪文は攻撃力を飛躍的にあげます。 ウォールブレーカーで壁の穴あけに二個必要な部分を一体で穴を開けたりすることができるようになります。 これはリスク分散であるとも言えます。 中心部まで壁が上手く破壊できなかった倍タウンホールを破壊できない危険性があります。 が、一体が二体分の働きをするようになるとも言えるので、壁をより多く破壊できます。 また他のユニットもなるべく早く、中心部へ向かって、クロスbowやインフェルノタワーを壊した方がいいので、レイジの呪文は、侵入の際におすすめです。 5ジャンプの呪文はウォールブレーカーにたいしてはきかない ジャンプの呪文でウォールブレーカーは特にド派手に飛びません。 ご注意下さい。 あんまり問題はないと思いますが、一応ジャンプの呪文が切れたときのためでしょうか。 ジャンプの呪文がかかっているところでも壁を破壊してくれます。 6範囲効果の防衛施設の攻撃に注意 ウォールブレーカーは、二体でひとつの壁を壊すということが多いですが、 壁を壊す際にウィザードのとうや、迫撃砲の巻き沿いを食らわないようにしましょう。 壁やくのユニットを出しても そのユニットにたいして、迫撃砲、ウィザードのとうが、攻撃して、巻き沿いを食らう場合があります。 なので、ウォールブレーカーで壁に穴をあける場所と、ユニットが攻撃を受ける場所は必ずずらしましょう。 こちらも図はいいのが見つかったらしたいです。 すみません 7罠に注意 ばねトラップや、巨大爆弾、爆弾すべて、範囲攻撃です。 ばねトラップは、計7体まで吹き飛びます あまりないですが 爆弾レベル6だと、タウンホール9までのウォールブレーカーが即死します。 怪しいと思った場合多目にいれてくとか、違う方向から攻める、罠をゴーレムなどで解除するなどという対策をしましょう。 ということでウォールブレーカーの使い方と、注意点7つでした。 最後にまとめの参考動画です。 援軍の釣り出し方、範囲攻撃の避け方、壁ユニットのターゲット取り、レイジの呪文、ジャンプの呪文など注意点をなるべく多くまとめて、ゴーレム2体、ウォールブレイカー95体でのぞみました。 ウォールブレイカーの動きが良くわかるのでぜひ見てください笑 エリクサー吹っ飛びました笑 ウォールブレーカーの使い方がみんな上手くなって、みなが人生の壁を壊すような世の中になったらいいと思います。 いみふ 読んでくれた方ありがとうございました。 毎日ブログと動画更新しています。

次の

【クラロワ】現環境で最も勝率が高い「2.8ウォールブレイカーデッキ」

ウォールブレイカー

ディガポイウォールブレイカーデッキ 『クラロワ』のおすすめ最強デッキを紹介。 ディガポイウォールブレイカーデッキの各カードの役割 相手タワーを削り、ウォールブレイカーを相手タワーに通すための囮となる。 このデッキのメインアタッカー。 相手タワーに攻撃するためにメインで使うが、迫撃砲などの施設からの防衛にも使用する。 防衛の際にメインで使う。 射程範囲を活かして、ほかのユニットや施設から離れた位置から援護が可能。 防衛では、ほかのユニットの盾になり、攻撃ではウォールブレイカーを通すための盾となる。 高い攻撃力を活かして相手陸ユニットの処理に使用したり、ディガーと合わせて攻撃で使用する。 試合後半の相手タワーの削りにメインで使用する。 防衛では、相手ユニットの攻撃をを遅延する目的で使用。 攻撃では、ノックバック効果を利用して、相手タワーにディガーの攻撃を確実に入れたい場合に使用する。 このデッキの防衛の要となるカード。 コウモリが入っているので相手のザップを枯渇させる目的もある。 ディガポイウォールブレイカーデッキ使用時の攻撃方法 <攻撃時に主力となるカード>• ウォールブレイカーはタワー削りに使う このデッキはウォールブレイカーメインのデッキだが、必ずウォールブレイカーで相手タワーを落とさなくてはならないわけではない。 ウォールブレイカーは1発入るだけで大きなダメージを与えることが可能なので、確実に入る場面でのみ使用する。 新着 攻略記事• おすすめデッキ• 稼ぎ方・テクニック• 強敵対策• カードデータ• ユニットデータ• 建物データ• 呪文データ• 戦術・戦い方• 初心者ガイド・Tips• クラロワプレイ日記•

次の

【クラロワ】現環境で最も勝率が高い「2.8ウォールブレイカーデッキ」

ウォールブレイカー

つまりはミニペッカ、もしくはマスケット銃士を突破さえしてしまえば、かなりのダメージを狙うことができます。 その方法についてこれから考えていきましょう。 弱点をどう突くか 火力が依存している状況をどのように突いたらいいのでしょうか? わかりやすい例で言うと、ラヴァハウンドデッキが挙げられます。 ラヴァハウンドに対して出てきたマスケット銃士に対してファイアボールもしくはポイズン、またはディガーを当てに行くことでマスケット銃士は簡単に処理することができます。 さらにはコウモリに対してはザップ、ガーゴイル、ベビードラゴン等々で楽に処理してしまえば、ラヴァハウンドがフリーの状態でタワーにダメージを与えていきます。 同様のことがゴーレム、エリクサーゴーレムにも言えると思います。 陸の高火力ユニットであるミニペッカ、その盾であるメガナイトを突破してしまえばかなり大きなダメージ、さらにはタワーを折り切ることを狙うことができます。 つまりは 総じて重量級デッキに対して弱いと言えます。 具体的な立ち回り そうは言ってもどのように立ち回ればいいのでしょうか。 メガナイトウォールブレイカー側の立ち回りでも述べましたが、ウォールブレイカー側は小物ユニットから優先的に使用し、高火力ユニット、メガナイトは必要な時のみ出しています。 したがって、 序盤はある程度許容しつつも小物で形を組まれないように立ち回っていきましょう。 中盤以降はデッキにもよりますが、小物ユニットにも対応できるようにカウンターの形を組んでいきましょう。 そうすると、相手は高火力ユニットをさかなければならなくなります。 そこからこちらのデッキの形を作っていきましょう。 メガナイトウォールブレイカーは回転も早いので、2周目が回ることまでを想定して立ち回ることも大切になってきます。 特にコウモリ、ゴブリンは2周目に出されると非常に強力です。 そのため、 スペルを温存したり、後衛ユニットに単体攻撃のユニットよりも範囲攻撃のユニットを重ねることが求められてきます。 これらの立ち回りをするだけでも、相手に要求できる処理の難易度は上がっていきます。 対策デッキ3選 こちらでは筆者アムロなりにメガナイトウォールブレイカーデッキに対して、 デッキ相性で有利をとることが出来るデッキを3つ紹介しようと思います。 ここまでのメガナイトウォールブレイカーのデッキとしての特徴を踏まえると理解がしやすいと思います。 エリクサーゴーレムデッキ• ゴーレムデッキ• 遅延スケルトンラッシュデッキ エリクサーゴーレムデッキ メガナイトウォールブレイカーのメタデッキはなんですか?と聞かれたら真っ先に思い浮かべるのは エリクサーゴーレムデッキです。 なぜか説明していこうと思います。 まず、メガナイトウォールブレイカーデッキはウォールブレイカーを軸に小物でプレッシャーをかけてきます。 そこに対して範囲攻撃、スペルは十分にあり、ゴブリンの小屋で受けることも可能です。 エリクサー2倍タイムまでは基本的に防衛していき、2倍タイムに入ってからは 形を作ることに注力していきましょう。 エリクサーゴーレム、バトルヒーラー、ライトニングドラゴンの3ユニットを展開できるように立ち回っていきましょう。 相手の攻撃はキングタワーが折られない程度に防衛し、こちらの攻撃を通していきます。 メガナイトウォールブレイカーのデッキにはライトニングドラゴンを処理できるユニットがマスケット銃士しかいません。 しかし、エリクサーゴーレム側はトルネードを使うことでマスケット銃士を処理できるのです。 そうすると、攻撃を止めることが出来ず、勝利することが出来ます。 ゴーレムデッキ 続いてはゴーレムデッキです。 基本的にはエリクサーゴーレムと立ち回りは同じなのですが、エリクサーゴーレムとは違ってダークネクロ、ミニペッカが入っているのが鍵です。 エリクサーゴーレムはメガナイトウォールブレイカーデッキの 対空ユニットを枯渇させる動き、ゴーレムデッキは 陸受けユニットを枯渇させる動きが求められます。 ゴーレムの後衛としてダークネクロ、ミニペッカをつけることでメガナイトウォールブレイカーデッキの陸受けユニットを高火力によって枯渇させることができます。 メガナイトだけでは火力に欠けるため、形を守りきることが難しいのです。 自分のやりたい形をごり押せるように立ち回ることが求められる。 遅延スケルトンラッシュデッキ 最後は遅延スケルトンラッシュデッキです。 エリクサーゴーレムデッキ、ゴーレムデッキとは少し系統が違います。 このデッキはメガナイトウォールブレイカーの攻撃を全て受けきって、カウンターのスケルトンラッシュでダメージを与えていきます。 そのため、カウンターの形を組みながら防衛していくのが肝です。 やはり、メガナイトウォールブレイカーデッキはベビードラゴンを受けることが出来るカードが限られてしまっています。 ですので、防衛の際はベビードラゴンは自陣深くに出す、などのことが必要になっていきます。

次の