宅建 女性 仕事内容。 宅地建物取引士の年収解説|宅建士が1000万円稼ぐ方法とは?

宅地建物取引士(宅建)の仕事と魅力 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅建 女性 仕事内容

宅建士の仕事内容とは 「宅建士」は宅地建物取引士 たくちたてものとりひきし の略称で、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。 宅地建物取引業者 一般的に不動産会社を示します)が扱う、宅地又は建物の売買や交換又は貸借の取引に対して購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務を行う不動産取引法務の専門家を示します。 「宅建士」の業務を簡単に説明すると、不動産の売買や賃貸物件の斡旋をするときに、該当の土地や建物について専門知識を有さない利用者に詳しい説明をする専門職のようです。 宅建士の仕事内容は楽? 「宅建士」は不動産を取り扱う専門職ですので、扱う不動産の量に比例して仕事は多くなり、多忙で休憩や休日が所得できないような厳しい職種です。 決して「楽」ではありません。 担当する業務の進め方によって休日が取得できないケースもあるようです。 お取引先様の都合に合わせますので、休日・夜間を問わずに接待します。 さらに「宅建士」は毎年数千人が合格して有資格者が増えていますので、資格を有しているだけでは収入がありません。 しかし、「宅建士」は経験を積むと独立起業ができるようです。 宅建士の仕事内容はきつい? 「宅建士」の多くは不動産会社で就業して、土地・建物の売買、賃貸物件の斡旋を担当します。 不動産取引は数千万円~数十億円に至る高額な商取引になります。 お取引先様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験が稀少なので、想定外の契約に至ることがあります。 想定外の契約を締結しないように、お取引先様が知るべき事項 重要事項 を説明することが「宅建士」の業務です。 また、お取引先様に重要事項の説明する専門職が「宅建士」だけです。 お取引先様が納得して有益に導く役割を担う厳しい職種であるようです。 関連相談• 宅建士の仕事内容は女性でもできる? 「宅建士」の国家資格受験条件に男女差別はありません。 従って就職先・転職先でも男性・女性の差別無く就業し活躍しています。 例えば、営業担当部門では女性の営業社員が他より成績が良いケースを良く聞きます。 女性の「宅建士」の方々が多く活躍されています。 宅建は女性に向いている資格? 「宅建士」は女性に向いている職種でしょうか?お取引先様との接遇や応対もあります。 店内のカウンターでの物件案内は、営業担当の従業員ですが外交の戸建て・分譲マンションを販売する「不動産屋の営業社員」と異なり、女性に向いている職種と言えるでしょう。 物件のオーナー様に空室確認の電話報告する・鍵を預かり外観・室内写真の撮影・間取りソフトで間取りを作成して広告媒体に空室物件の掲示を担当します。 また、重要事項説明書・賃貸借契約書を起票して、入居者に説明 記名押印を促す する業務を担当します。 女性で「宅建士」の資格を保有している業務は多用で、就業に向いている資格と言えます。 関連相談• 宅建士の仕事内容を業界別に詳しく紹介 「宅建士」の資格を有していると就職・転職に有利な業界を紹介します。 その業界は「不動産管理業界」「建築業界」「金融業界」などです。 これから業界別に詳しく紹介していきます。 不動産業界での仕事内容 不動産管理業界での「宅建士」の役割を紹介します。 マンションを販売し共益費・管理費などを管理業務するには管理業者の免許が必要になります。 法律的に宅建業とは異種の業務ですが「宅建士」が取り扱うケースがあるようです。 不動産物件を仕入れ、分譲の仲介をし、プラスして管理も行うというトータルサービスを提供する宅建業者が増えているようです。 不動産を仕入れ販売の仲介をするには当然に宅建業の免許と「宅建士」の資格が必要ですので、不動産業界での需要は高いようです。 建築業界での仕事内容 建築業界での「宅建士」の役割を紹介します。 建築会社は一級建築士・二級建築士の資格が重要ですが、自社で建築した物件を当事者として販売するには宅建業の免許が必要になります。 その自社物件を販売管理するときに「宅建士」が必要になります。 企画・設計・建築・販売・管理をトータルサービスする建築会社で「宅建士」の需要は高いようです。 金融業界での仕事内容 金融業界での「宅建士」の役割を紹介します。 銀行を筆頭にした金融機関は「宅建士」の資格やさらにはその上の不動産鑑定士の資格が重要視されます。 不動産を担保評価して融資することが多いからです。 また、都市銀行の多くがグループ会社に不動産販売会社を有していて不動産の知識が必須な業界で「宅建士」の需要は高いようです。 さらに最近は、貸金業法の改正で不動産売買契約の媒介契約 不動産の仲介 を活用した不動産担保ローン商品販売が人気になっているようです。 金融機関の多くは貸金業の免許だけでなく宅建業の免許も取得して営業所・営業店単位に「宅建士」の資格を有する従業員を常駐させているようです。 関連相談• 宅建士の仕事の種類とは 「宅建士」には3つの独占業務があります。 「宅建士」の資格を有していないと法律に抵触する業務があります。 その業務は「重要事項説明書面への記名・押印」「重要事項説明」「37条 宅建業法第37条 書面への記名・押印」業務は「宅建士」の資格がないと取扱いできません。 「宅建士」が担当しないと、宅建業者が業務停止処分等の制裁を受けることはもちろん、契約自体が無効になるケースや損害賠償責任が発生する因子を含んでいるようです。 これから「宅建士」の3つの独占業務を紹介します。 第1に「重要事項説明書面への記名と押印」です。 土地や建物を不動産と称します。 この不動産を宅建業者 不動産会社 が売買・交換や、お取引先様から依頼を受けて不動産の取引の媒介・代理をした場合は「宅建士」の有資格者に対象の不動産の情報が記された重要事項説明書面に名前を起票 記名 と印鑑を押下する 押印 する必要があります。 第2に「重要事項説明書面の内容の説明」です。 「宅建士」が記名・押印した重要事項説明書面の内容について、宅建業者は取引相手に対して説明する必要があります。 その説明は「宅建士」の有資格者の独占業務です。 不動産会社の経営者・経営陣であっても「宅建士」の資格が無いと「重要事項説明」はできません。 宅建業法に抵触することがあるようです。 第3に「宅建業法第37条書面 契約書面 への記名・押印」です。 重要事項説明完了後、売り手・買い手が内容に納得すれば、売買契約・交換契約・賃貸借契約に進みます。 この契約は法律上、口約束でも効力が生ずる原則です。 しかし、宅建業者がかかわる不動産取引の場合、契約後にそれを証する書面を作成して契約する売り手・買い手双方に交付しなければならないことになっています。 関連相談• 宅建士の資格を取得する方法やコツとは? 「宅建士」の資格を取得する方法とコツを紹介します。 資格を取得するためには2つの方法があります。 「資格取得を目的にした有料講習」に入所すること、自習書を活用して「独学」で学習する方法があります。 これから2つの方法を紹介します。 資格を取得するためにスクール通いが必要? 「宅建士」の資格を所得するには民間の有料講習やセミナー・スクール通いの方法があります。 有料資格講習は、「宅建士」講習を受講して年1回の国家資格を受験して合格する必要があります。 また、「宅建士」有料講習には、価格差があります。 最安値の講習では39,000円程度からあります。 高額な講習は150,000万円程度で半年間のスクール通いになります。 独学で勉強する方法やコツ 「宅建士」の資格を取得する方法に「独学」があります。 テキストと過去問題集を購入して自己学習することです。 「宅建士」資格取得のテキスト・過去問題集はそれぞれ3,000円程度から販売されています。 過去問題集は最低5回繰り返して演習をすることが必要と言われています。

次の

宅地建物取引士(宅建)の仕事と魅力 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅建 女性 仕事内容

宅建士が事務職に転職することについて 不動産事務の仕事内容 不動産事務といっても、業務の種類は多岐にわたります。 例をあげると、 重説、契約書作成、物件資料作成、電話対応、お茶出し、HP更新、店頭POP作成、掃除 ・・・と会社によって細かい部分で違いがあるものの、事務職でやる業務はいくらでもあります。 「人と接しない事務職だし、仕事も楽だろう」くらいの軽い気持ちで転職すると、実際の業務との落差を感じます。 会社によって仕事量が多少違うので、転職する前にどれほどの業務量になるのか確認しておかないと、入社後にミスマッチを起こしかねないので要注意です。 宅建事務職は女性でなくてもなれる 事務職というと、女性のイメージがありますが、不動産業界では男性でも宅建事務をしている方もいます。 事務職といえど、宅建を持ってる以上は十分専門性があるので、重要事項説明や契約書などの業務で活躍できる機会があります。 ちなみに不動産業界では「宅建おじさん」といって、宅建士にしかできない重説説明と契約書記名・押印しかしないという雇用契約のひともいます。 派遣やパートのことが多く、ときどき「名義貸し」だけする人もいますが、法的によろしくないので、名義貸しはやめましょう。 IT重説による事務職の将来性 宅建事務職の働き方も今後は変わってくることが予想されます。 というのも、IT重説が導入された関係で、在宅でもやろうと思えば業務が完結できる状況だからです。 不動産業界はいまだにFAXや電話が主流ですが、IT技術を積極的に取り入れている企業が増えてきています。 物件の問い合わせにの自動応答、内見の鍵の自動化、ロボットによる内見案内など。 こういったハイテクな業務を取り入れてるのはごく1部の企業ですが、IT重説に関しては徐々に拡がってきています。 たとえば、下記はIT重説専門の求人でして、完全リモートの仕事です。 今後は正社員だけではなく時間が取れにくい主婦などを中心にリモートも増えてくるでしょう。 宅建事務員の雇用形態 宅建事務員の雇用形態は、派遣・パート・正社員問わずさまざまです。 もちろん会社によって待遇が違いますが、宅建の手当を出してくれる会社もあります。 事務職でも雇用形態はさまざまですので、希望に合った求人をみつけていきましょう。 実際の求人 物件の現地調査や、金融機関での立ち合いなどの業務もありますが、全体の業務からすればわずかです。 接客業務がまったくないかというと、会社によって違うので、求人内容を確認していきましょう。 ちなみに、下記は「 」の求人になりますが、転職エージェントは非公開の求人も扱っていますし、業務の内容で気になったことがあれば企業に確認してもらえるので、登録しておいて損はないです。

次の

宅建・宅地建物取引士の試験内容・受験資格|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

宅建 女性 仕事内容

宅建士の仕事とは 宅建士(宅地建物取引士)は、不動産の紹介や内覧、契約書の作成・調印、重要事項の説明など、不動産取引にまつわる業務全般を手掛ける職業です。 土地や建物といった不動産は、その取引金額が大きいうえ、複数の法律が絡むため、一般の人が各物件の価値や諸条件を正確に把握することは非常に困難です。 そこで、不動産のプロである宅建士が、売主や買主などに対して内容をわかりやすく説明し、当事者同士の間に立って、契約を取りまとめることで、不動産取引を全面的にサポートします。 このため、宅建士には、不動産や法律に関する深い専門知識が求められますので、宅建士として働くには、宅地建物取引士試験を受けて合格し、国家資格を取得することが必要です。 宅建士は、不動産取引を円滑に行うとともに、不動産取引に関する誤解やトラブルを未然に防ぐことで、私たちの大事な財産である不動産を守っているといえるでしょう。 宅建士の業務の内容 宅建士の独占業務 売買や賃貸といった不動産取引を仲介する際には、売主と買主、あるいは貸主と借主の双方に対して、契約書と、当該不動産にかかる法律などの条件を記した「重要事項説明書」の交付が義務付けられています。 契約書・重要事項説明書への記名・調印と、取引者に対する重要事項の説明は、宅建士資格保有者にしかできない業務であり、それらは一般的に「独占業務」と呼ばれます。 つまり、宅建士がいなければ、不動産取引の最も大事な部分といえる、契約業務全般を進めることが一切できないということになります。 なかでも、重要事項の説明は非常に重要であり、複雑な法律や権利関係が絡むことの多い不動産について、その内容を一般の人でも理解できるように、わかりやすく説明しなければなりません。 このため、宅建士は、不動産や法律に関する専門知識はもちろん、ややこしい内容を正確に伝えられる高いプレゼン能力も必要になります。 独占業務以外の業務 宅建士は、不動産の契約に関する仕事のほかにも、その前段となる物件の紹介や内覧、各種広告活動なども手掛けます。 たとえば広告活動においては、一般の人に誤解を与えないよう、厳密にルールが定められており、「最高」や「絶対」といった断定的表現や、「格安」や「日本一」といった誇大表現は禁止されています。 ルールに違反した場合、免許停止などの重い処分が科せられますので、宅建士は、独占業務以外の仕事を手掛ける際にも、各種法律に関する専門知識が必要となります。 また、不動産によっては、オーナーから物件の維持管理や入退去者の管理を任されることもありますし、不動産の有効活用方法に関するアドバイスやコンサルティングを行うこともあります。 勤め先にもよりますが、宅建士は、不動産に関することならなんでも、幅広く仕事を請け負うケースが一般的です。 宅建士の役割 宅建士の社会的な役割は、専門知識を駆使して不動産取引を円滑化するとともに、不動産にまつわるトラブルを未然に防ぐことです。 法律上は、私たち一般人が不動産を買ったり、あるいは借りたりするとき、宅建士に仲介してもらうことは必須ではなく、お互いの合意さえあれば、自己責任に基づいて、自力で不動産取引を行うことも可能です。 しかし、それぞれの不動産には、複数の法律や各自治体の条例などによって、使用するうえでの諸条件が細かく規定されています。 土地を例に取ると、用途地域や建ぺい率・容積率、日影規制、隣地斜線制限、災害危険指定の有無といった項目があり、建てられる建物の大きさや高さ、形状、用途などは、土地ごとに大きく異なります。 このため、専門知識をもたない人が、本当に自分の希望と合致した物件かどうかを判断することはきわめて困難ですし、また、取引金額が妥当かどうか検証することも難しいでしょう。 場合によっては、道路に面していないために建物を建てられない土地や、インフラが整備されていない土地、農業にしか使えない土地などを、誤認して高値で買ってしまうこともあるかもしれません。 このため、通常、不動産取引が行われる際には、宅建士が依頼者のニーズを聴取し、それに基づいて必要な調査をしたり、取引相手と交渉したりして、依頼者が不利益を被らないよう、全面的にバックアップします。 こうした業務を通じて、宅建士は、私たちの大事な財産である不動産の適切な運用に貢献しているといえるでしょう。 宅建士の勤務先・有名な企業 宅建士の勤務先は、不動産業界の企業が広くその対象となりますが、一口に といっても、その事業規模はさまざまであり、上場クラスの大企業もあれば、いわゆる「街の不動産屋さん」もあります。 大手としては、三菱地所や三井不動産、住友不動産など、数千億円単位の事業規模をもち、都市の再開発や大型商業施設の開発を手掛ける旧財閥系企業が有名です。 仲介を専門としている企業としては、エイブルやアパマンショップ、賃貸メイト、東急リバブルなどが有名どころであり、テレビCMや街中で目にしたり、利用したことのある人も多いでしょう。 また、事業規模だけでなく、業務内容も不動産会社によってさまざまで、大きく分けても「売買」「賃貸」「管理」の3種類があります。 ある程度大きな企業であれば、すべての業務を取り扱っていますが、どれかひとつに特化している企業も珍しくありません。 さらに、不動産業界以外でも、ハウスメーカーやゼネコン、工務店、マンションディベロッパーなど、建設業界の企業に勤務する宅建士もいます。 不動産は、「衣・食・住」という私たちの生活の根幹を成す三要素のひとつであり、不動産は社会のいたるところで利用されていますので、宅建士の就職先や業務内容もきわめて多様です。 宅建士の仕事の流れ 宅建士の仕事は、不動産を買いたい・売りたい、あるいは借りたい・貸したいなど、顧客からの依頼を受けつけるところから始まります。 依頼者と面談して、需要を把握したら、「レインズ」と呼ばれる業者専用の情報サイトで物件を探したり、サイト上に広告を掲載したりして、取引相手を探します。 レインズ以外でも、業者同士の横のつながりを利用して、不動産オーナーから非公開の物件を紹介してもらったり、物件の購入を顧客に直接打診したりすることもあります。 買い手と売り手、借り手と貸し手をうまく結びつけられたら、双方が希望する条件面などをすり合わせて、契約を締結します。 物件の引き渡しが終了し、お客さまから報酬として仲介手数料を受領したら、宅建士の一連の業務は完了となります。 宅建士と関連した職業 司法書士は、不動産登記や商業登記など、 局に対する法的手続きを代行したり、相続案件や成年後見制度などを取り扱う法律の専門職です。 土地や建物が売買されると、所有者を変更したり、住宅ローンのために銀行の抵当権を設定する必要が生じますので、不動産取引が行われる際には、必ず司法書士が立ち会い、登記業務を請け負います。 不動産会社の多くは、どこか特定の司法書士事務所と懇意にしており、宅建士が司法書士に仕事を依頼するケースもあれば、司法書士が宅建士に顧客を紹介してくれるケースもあります。 FP FPは、税金や保険、年金など、金融についての専門知識をもち、資金計画に関するアドバイスを行う仕事です。 不動産は一般的に非常に高額であり、たとえばマイホームの購入が家計に与える影響は甚大です。 このため、不動産の購入を検討している顧客の多くは、現在の収入でどのくらいのローンが組めて、どのくらいであれば無理なく返済できるのかなど、金銭面での助言を必要としています。 宅建士のなかには、FPの資格を取得して、不動産を紹介するだけでなく、資産運用に関するコンサルティングを行っている人も珍しくありません。 管理業務主任者 管理業務主任者は、分譲マンションや賃貸マンションなどの管理組合に対して、管理委託契約を説明したり、管理状況の報告を行ったりする仕事です。 管理業務をおもに手掛ける不動産会社に勤務する場合、宅建士の資格と併せて、管理業務主任者の国家資格取得が求められることもよくあります。 ただ、管理業務主任者試験の内容は、宅建業法や民法など、宅建士試験と重複している部分がかなりありますので、宅建士であれば、試験に合格することはさほど困難ではないでしょう。 なお、同じ管理業務に関する資格としては、「 」という資格も有名ですが、管理業務主任者とは違って、マンション管理士には独占業務がありません。

次の