かぼちゃ の 煮物 アレンジ。 かぼちゃの煮物はレンジで簡単!10分でできるのに美味しい作り方

いとこ煮(かぼちゃと小豆煮物)の作り方とアレンジレシピを紹介

かぼちゃ の 煮物 アレンジ

かぼちゃの煮物サンドイッチ 個人的に大好きなアレンジの1つ『 サンドイッチ』です。 生クリームやお砂糖を入れる甘めでデザートになるサンドイッチです。 冷やして食べると最高ですよ。 朝食や昼食の他、デザートやおこさんのおやつにもおすすめのリメイクです。 2、1に生クリーム、お砂糖を加えて混ぜ合わせる。 もし緩くなりすぎてしまった場合はおからパウダーを入れて調節します。 3、サンドイッチ用の食パンに2を塗り、挟む。 食べやすく切り、完成です。 切るときはラップで包み、30分程度冷蔵庫で寝かせてから切ると切りやすいです。 かぼちゃの煮物サラダ 煮物をベースに、マヨネーズや生ハム、塩もみしたきゅうりを加えて作る『 かぼちゃサラダ』のアレンジです。 一気に洋風な仕上がりになるので、翌日に洋食メニューを作りたいときにもおすすめです。 マッシュしてつぶしてから作るので、クリーミーで美味しいですよ。 かぼちゃのフリット 材料 かぼちゃの煮物 3~4個 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 9枚 セロリの葉 9枚 さけるチーズ 1本 塩・こしょう 適量 天ぷら粉 100g 炭酸水 150ml 揚げ油 適量 作り方 1、揚げ油を熱する。 2、かぼちゃの煮つけを食べやすい大きさに切る。 3、セロリの葉の部分をちぎる。 豚肉に塩コショウをし、天ぷら粉をまぶす。 中にセロリの葉、さけるチーズ、かぼちゃの煮つけを入れて巻く。 4、天ぷら粉と炭酸水を混ぜ衣液を作る。 3に衣液をつけ、揚げ油で揚げる。 4~5分間揚げたら完成です。 3、にんじん、きゅうり、セロリを細切りにする。 器に盛り付け、2を添えたら完成です。 かぼちゃのスープ白味噌仕立て 材料 かぼちゃの煮物 250g 牛乳 150ml 白みそ 大さじ1 乾燥パセリ 少々 生クリーム 適量 作り方 1、フードプロセッサーにかぼちゃのディップ、牛乳、白味噌を加え撹拌する。 器によそい、乾燥パセリと生クリームをトッピングする。 卵黄を加えて混ぜ合わせる。 白身はメレンゲ状にする。 2、1に薄力粉、メレンゲを加えて泡をつぶさないようにして混ぜる。 3、フライパンにバター熱し薄く広げる。 生地をお玉1杯分くらいずつ流し入れ焼いていく。 4、蓋をして焼き、表面がぷつぷつしてきたら裏返す。 両面で3分程度焼きます。 以上『かぼちゃの煮物のアレンジレシピ』のご紹介でした。 ちなみにベースとなる煮つけはこちらのレシピが簡単で美味しいのでおすすめですよ。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもかぼちゃのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

いとこ煮(かぼちゃと小豆煮物)の作り方とアレンジレシピを紹介

かぼちゃ の 煮物 アレンジ

いとこ煮は山形県庄内地方や北陸地方(新潟県・富山県・石川県)、山口県萩市や奈良県で伝わる郷土料理です。 どの地域も 小豆を使うことは共通して同じですが、その調理方法や材料は異なります。 各地のいとこ煮の特徴を簡単に説明します。 山形県庄内地方では小豆のみを煮た後、一晩水に浸したもち米の上に小豆を乗せて煮ます。 その後、砂糖と塩で味付けします。 山形県の方の秋から冬の季節に食卓に並ぶ料理です。 北陸地方では根菜類(大根・人参・ごぼう・里芋等)とこんにゃく・油揚げを調味料で味付けして、茹でた小豆を最後に加えます。 地元では精進料理として食べられています。 奈良県は小豆とかぼちゃを煮て醤油で味付けしたもので、冬至に食べると風邪を引かないと言われています。 一般的によく知られているいとこ煮はこの調理法が多いです。 山口県萩市は他の地域と異なり、だし汁の中に干し椎茸やかまぼこなどを入れて調理します。 そして、他の地域のいとこ煮に比べ汁気が多いことが特徴です。 よって煮物というより汁物に近い料理です。 冠婚葬祭の際の料理として食べられています。 このように 各地域によって、同じ名前でも全く違う料理を表しています。 なぜいとこ煮という特徴的な名前になったのでしょうか。 諸説はありますが、煮る時に食材を火の通りにくいものから入れることを「 追い追い煮る」といいます。 そこから「追い追い」が 「甥甥(おいおい)」つまり、いとこという意味でいとこ煮になったという説が一番有名です。 他にも、別々に食材を煮ることを「銘々(めいめい)に煮る」というので、「姪姪(めいめい)」から、いとこ煮が生まれた説もあります。 根菜類を使う地域では、大根や人参など似たような野菜ばかりを煮ることから近い存在、つまり近親関係ということからつけられた説もあります。 いとこ煮という名前の背景には様々な説があります。 ただの煮物ではなく、いとこ煮という名前がついていることに地元の方の愛を感じます。 【材料】• 小豆(乾燥) 60g• かぼちゃ 300g• だし汁(鰹) 500ml• 砂糖 小さじ4• しょうゆ 小さじ4 【手順】• 小豆をザルに入れ、水で洗います。 鍋に小豆と4〜5倍の水を入れ、強火で茹でます。 煮立ったら一度茹で汁を捨て、再度4〜5倍の水を加え火にかけます。 煮立ったら火を弱め、アクを取りながら柔らかくなるまで煮ます。 かぼちゃはところどころ皮を削ぎ、一口大に切ってから面取りする。 鍋にだし汁とかぼちゃを入れ火にかけ、煮立ったら弱火にして3〜4分煮ます。 砂糖、しょうゆを加え味を整えたら、茹でた小豆を加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮て完成です。 【材料】4〜5人分• 小豆 100g• こんにゃく 120g• 厚揚げ 140g• 人参 90g• 大根 150g• ごぼう 40g• しいたけ 2枚• 醤油 20g• みりん 20g• 砂糖 15g• 出汁昆布 5cm 【手順】• 小豆を水から煮て、沸騰したら一旦湯を捨てます。 再度、小豆の4〜5倍の水で差し水しながら煮ます。 ごぼうを乱切りにして酢水につけておきます。 厚揚げ・こんにゃく・人参・大根をさいの目切りで切ります。 しいたけは5mmほどのスライスにします。 厚揚げとこんにゃくは湯通しします。 切ってからでOKです• 2カップの水を入れ、昆布も入れます。 沸騰したら、ごぼう・人参・大根を加え、よく煮ます。 根菜類に火が通ったら、厚揚げ・こんにゃく・しいたけを加え、更に煮ます。 煮汁が少なくなってきたら小豆の茹で汁を入れ、醤油・みりん・砂糖で味を整えます。 茹でた小豆を加え、ひと煮立ちさせたら完成です。

次の

かぼちゃの煮物のリメイクレシピ6品。アレンジにおすすめ。

かぼちゃ の 煮物 アレンジ

かぼちゃの煮物サンドイッチ 個人的に大好きなアレンジの1つ『 サンドイッチ』です。 生クリームやお砂糖を入れる甘めでデザートになるサンドイッチです。 冷やして食べると最高ですよ。 朝食や昼食の他、デザートやおこさんのおやつにもおすすめのリメイクです。 2、1に生クリーム、お砂糖を加えて混ぜ合わせる。 もし緩くなりすぎてしまった場合はおからパウダーを入れて調節します。 3、サンドイッチ用の食パンに2を塗り、挟む。 食べやすく切り、完成です。 切るときはラップで包み、30分程度冷蔵庫で寝かせてから切ると切りやすいです。 かぼちゃの煮物サラダ 煮物をベースに、マヨネーズや生ハム、塩もみしたきゅうりを加えて作る『 かぼちゃサラダ』のアレンジです。 一気に洋風な仕上がりになるので、翌日に洋食メニューを作りたいときにもおすすめです。 マッシュしてつぶしてから作るので、クリーミーで美味しいですよ。 かぼちゃのフリット 材料 かぼちゃの煮物 3~4個 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 9枚 セロリの葉 9枚 さけるチーズ 1本 塩・こしょう 適量 天ぷら粉 100g 炭酸水 150ml 揚げ油 適量 作り方 1、揚げ油を熱する。 2、かぼちゃの煮つけを食べやすい大きさに切る。 3、セロリの葉の部分をちぎる。 豚肉に塩コショウをし、天ぷら粉をまぶす。 中にセロリの葉、さけるチーズ、かぼちゃの煮つけを入れて巻く。 4、天ぷら粉と炭酸水を混ぜ衣液を作る。 3に衣液をつけ、揚げ油で揚げる。 4~5分間揚げたら完成です。 3、にんじん、きゅうり、セロリを細切りにする。 器に盛り付け、2を添えたら完成です。 かぼちゃのスープ白味噌仕立て 材料 かぼちゃの煮物 250g 牛乳 150ml 白みそ 大さじ1 乾燥パセリ 少々 生クリーム 適量 作り方 1、フードプロセッサーにかぼちゃのディップ、牛乳、白味噌を加え撹拌する。 器によそい、乾燥パセリと生クリームをトッピングする。 卵黄を加えて混ぜ合わせる。 白身はメレンゲ状にする。 2、1に薄力粉、メレンゲを加えて泡をつぶさないようにして混ぜる。 3、フライパンにバター熱し薄く広げる。 生地をお玉1杯分くらいずつ流し入れ焼いていく。 4、蓋をして焼き、表面がぷつぷつしてきたら裏返す。 両面で3分程度焼きます。 以上『かぼちゃの煮物のアレンジレシピ』のご紹介でした。 ちなみにベースとなる煮つけはこちらのレシピが簡単で美味しいのでおすすめですよ。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもかぼちゃのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の