やまと ごころ。 【気になるニュース】6割以上が引き続きインバウンドに注力~やまとごころ調査~

やまとごころ

やまと ごころ

ダンクです。 こちらも是非お立ち寄りください。 ラーラジャパンの記事に「大和魂」がありました。 その言葉に触発されまして、書いてみたくなりました。 ^^) 今の日本人に、その言葉を聞いても??? でしょうね。 そういう自分も自信がありません。 戦後生まれの私は、戦後の教育で育ちました。 そして、日本人は平和ボケ、と言われる時代に 生きています。 大和魂という言葉を聞くのは、 スポーツ観戦の応援 くらいでしょうか。 でも、本来、大和魂とは単なる 勝利への執念と いうような、勝ち負けにこだわる ちっぽけな心では ないはずです。 でも、今日の教育に大和魂を育てたり、それに近い ものはありません。 戦後、占領軍 GHQにおいて、 (特に教育からは軍国主義であるとして) 骨抜きにされてしまったからです。 そんなヤワな時代に生きている自分にも、 大和魂を仕込んでくれた恩師がいました。 高校3年生の時の担任の先生(空手部顧問)です。 毎朝と終業の「礼」がとても厳しかった! クラス全員がビシッと揃うまで、 何度でもやり直しをさせられました。 それは、一年間、卒業の日まで続きました。 その話は、別の機会に書きたいと 思います。 その結果上手く表現できませんが、 精神の中に、一本筋が通ったような 感じになりました。 その一本の筋は、 30年を過ぎた今でも、しっかりと中心にあります。 大和魂とは、自然に沸き起こるものなのか、、。 また、人に仕込まれて育つものなのか、、。 その両方なのかもしれませんが、一日で身に付く ものではないでしょうね。 将来、日本が世界の中で復活するとしたら 経済でもなく、軍事力でもなく、大和魂を持って 復活するのだと思います。 それは選択肢の一つ とかではなく、日本人として唯一これのみであると。 また、 「立派」という言葉があります。 いろんな場面で 人を誉める時に使います。 出世して立派、、、。 お金持ちになって立派、、、、。 でも人の生き様を見て「真の立派」をいうとき、 大和魂(やまとごころ)を持って、立派!と、 言うのではないかと思います。 私なんぞが大和魂について、とても言えませんが、 大和魂という言葉に力強さを感じます。 ラージャ・ヨーガに、こんな文章があります。 (部分的に抜粋しています。 生きようと死のうと問題ではありません。 成功するには、皆さんは恐るべき忍耐を、恐るべき意思を 持たねばなりません。 厳しく修行しなさい、そうすれば あなたは目標に到達するでしょう。 軟な心では ダメですね。 大和魂を語るには、あまりにも畏れおおいので、 これくらいにしておきます。 (笑) ダンクでした。 こちらも是非お立ち寄りください。

次の

JATA会員リスト

やまと ごころ

ダンクです。 こちらも是非お立ち寄りください。 ラーラジャパンの記事に「大和魂」がありました。 その言葉に触発されまして、書いてみたくなりました。 ^^) 今の日本人に、その言葉を聞いても??? でしょうね。 そういう自分も自信がありません。 戦後生まれの私は、戦後の教育で育ちました。 そして、日本人は平和ボケ、と言われる時代に 生きています。 大和魂という言葉を聞くのは、 スポーツ観戦の応援 くらいでしょうか。 でも、本来、大和魂とは単なる 勝利への執念と いうような、勝ち負けにこだわる ちっぽけな心では ないはずです。 でも、今日の教育に大和魂を育てたり、それに近い ものはありません。 戦後、占領軍 GHQにおいて、 (特に教育からは軍国主義であるとして) 骨抜きにされてしまったからです。 そんなヤワな時代に生きている自分にも、 大和魂を仕込んでくれた恩師がいました。 高校3年生の時の担任の先生(空手部顧問)です。 毎朝と終業の「礼」がとても厳しかった! クラス全員がビシッと揃うまで、 何度でもやり直しをさせられました。 それは、一年間、卒業の日まで続きました。 その話は、別の機会に書きたいと 思います。 その結果上手く表現できませんが、 精神の中に、一本筋が通ったような 感じになりました。 その一本の筋は、 30年を過ぎた今でも、しっかりと中心にあります。 大和魂とは、自然に沸き起こるものなのか、、。 また、人に仕込まれて育つものなのか、、。 その両方なのかもしれませんが、一日で身に付く ものではないでしょうね。 将来、日本が世界の中で復活するとしたら 経済でもなく、軍事力でもなく、大和魂を持って 復活するのだと思います。 それは選択肢の一つ とかではなく、日本人として唯一これのみであると。 また、 「立派」という言葉があります。 いろんな場面で 人を誉める時に使います。 出世して立派、、、。 お金持ちになって立派、、、、。 でも人の生き様を見て「真の立派」をいうとき、 大和魂(やまとごころ)を持って、立派!と、 言うのではないかと思います。 私なんぞが大和魂について、とても言えませんが、 大和魂という言葉に力強さを感じます。 ラージャ・ヨーガに、こんな文章があります。 (部分的に抜粋しています。 生きようと死のうと問題ではありません。 成功するには、皆さんは恐るべき忍耐を、恐るべき意思を 持たねばなりません。 厳しく修行しなさい、そうすれば あなたは目標に到達するでしょう。 軟な心では ダメですね。 大和魂を語るには、あまりにも畏れおおいので、 これくらいにしておきます。 (笑) ダンクでした。 こちらも是非お立ち寄りください。

次の

やまとごころ

やまと ごころ

エリスタは着地型ツアーの企画販売と、旅に関したインバウンド分野の各種ソリューションを提供します。 インバウンドに特化した様々なノウハウ・リレーションを持つやまとごころと、日本の各地で地域活性のプロジェクトを手がけるUDSの強みを重ね合わせることで、日本各地におけるインバウンドを中心とした交流人口の増加を目指します。 一方、UDSは鹿児島県薩摩 川内市や新潟県上越市、福井県福井市の公共施設など全国各地でプロジェクトを手がけてきました。 その取り組みの中で、地域が抱える課題「地域活性」のためには「交流人口の増加」が必須であり、交流人口増加につながる実際の取り組みの重要性を強く感じていました。 エリスタはこの両者の想いを背景に誕生しました。 やまとごころのノウハウとリレーションを生かして日本各地のインバウンド・観光事業者と連携しながら、ローカルの魅力を体感する現地発着型のツアーを造成し、UDSの運営拠点を活用して販売していきます。 同店ではインバウンド事業者が観光や商品などのPR を行いながら、外国人旅行者のニーズを調査することができるマーケティング機能も展開します。 「地域の暮らし」に触れる「体験」を旅として「編集」することができる「人」のこと指します。 旅行事業 着地型ツアー企画販売 地域のパートナーと共に文化・体験を編集し、着地型ツアーを企画販売。 トラベルソリューション事業 旅行事業でのノウハウや海外旅行会社とのネットワークを元に、旅行に関するインバウンド分野の各種ソリューションを提供します。 ・ 着地型旅行商品造成支援 ・ 海外旅行会社営業支援 ・ インバウンド人材の育成 ・ インバウンドマーケティング <やまとごころについて> 株式会社やまとごころは「日本のインバウンドを熱くする」をテーマに、2007年にインバウンド情報ポータルサイト「やまとごころ. jp」をスタートさせ創業。 その後、インバウンドビジネスで必要とされるサービスを展開してきました。 現在、「やまとごころ. jp」は月間18万ページビューを超えるまでに成長。 メールマガジン会員数は15,000名以上に達し、日本最大のインバウンドポータルサイトと認知されています。 自社主催のインバウンドセミナーの開催や企業や自治体などでの研修の企画・運営を行うなど、業界で活するインバウンド人材の育成を目指しています。 また、日本唯一のインバウンド専門求人サイト「やまとごころキャリア」を運営。 2017年6月には3冊目となるインバウンドの書籍『インバウンドビジネス集客講座』を出版。 コンサルティングやコーディネート等、インバウンドに従事する企業や団体を課題やニーズに併せてトータルでサポートしています。 HP: Facebook : <UDSについて> UDS株式会社は、事業性と社会性を実現するしくみ=「システム」で都市を豊かに楽しくすることを目指し、まちづくりにつながる「事業企画」、「建築設計」、「店舗運営」を手がけています。 コーポラティブハウス事業からスタートしたUDSはユーザーのニーズを引き出し調整するコーディネート力を基盤に、同事業で培った「エンドユーザー視点」と、企画から設計、運営まで全てを手がけることができることを強みとしています。 教育施設をリノベーションした「ホテル カンラ 京都」など建物の再生活用をはじめとした不動産リノベーション事業や、子供の職業体験施設「キッザニア東京」など、独自の仕組みをもつ施設の企画・設計・運営において数多くの実績を有しています。 全国でホテル・ホステルを7か所運営し日々数多くの外国人ゲストを迎えており、中国現地法人、誉都思では中国人を中心とする約40名の社員が、日本同様のプロジェクトを北京、上海、海南島などで手がけています。 HP: Facebook :.

次の