ステーキmax。 1100円で300gのステーキが食える!! ふらんす亭の跡に「ステーキマックス」続々誕生!「いきなり! ステーキ」のライバルに成り得るか?

【夜遊び探訪#005】ステーキMAX秋葉原店

ステーキmax

・ビックロ脇にオープンしたステーキハウス ステーキマックスを見つけたのは新宿駅東口にあるビックロの脇にある路地のところです。 この場所は元々ふらんす亭という鉄板料理のお店があった場所のようで、2019年の10月末に閉店してから約1ヶ月の改修工事を経て翌月オープンしたようです。 お店は地下にあるようで、階段を下りていくと入り口のドアがあります。 ハワイ生まれというのがお店のコンセプトのようで、ステーキマックスの内装はテレビで見るような海外のステーキハウスのような雰囲気があります。 そして入る時に書かれていた「Ecota育ち」という文言。 これを見たときはエコタという場所が海外にあるものと思っていましたが、後から調べてみるとこれは練馬区の江古田の事のようです。 ・・・・・・いや、紛らわしいなホント。 ・種類豊富なソースと鉄板 では早速メニューを見てみるとしましょう。 ステーキマックスで提供されている鉄板メニューは2種類のステーキにハンバーグ、そして2種類の料理を組み合わせたコンビメニューとカレーがあるようです。 今回は300グラムのがっつりステーキを注文しようと思います。 300グラムもあって1000円というのはかなり魅力的です。 ちなみに肉を楽しむためのソースやタレは全部で8種類。 300グラムでは選べるのはこの中から1種類だけですが、450グラム以上の場合は2種類選べるようです。 いつものごとく注文した後に知りましたが、ソースに着いている星マークはお店のオススメ度のようです。 注文の菜の注意点として1つあるのは、ステーキマックスのプレートメニューは料理単体となっていて、ライスやサラダといったものは別料金となります。 ですがライス単体なら100円、サラダとスープ、ライスのセットは250円と比較的良心的な値段となっています。 こういった選択肢が多いというのも意外と嬉しいところではないでしょうか。 今回はサラダ、スープ、ライスの3点セットを注文することにします。 ・熱々で楽しめるボリュームたっぷりなステーキ 注文が終わってまず届いたのがスープとサラダ。 スープは一般的なコンソメスープ、そしてサラダはグリーンサラダのようです。 量に関してもまさにメインである肉を楽しむための前座といったかんじの量となっています。 そして注文が終わってから5分くらいすると、ライス、そしてメインのステーキが届きました。 ちなみに今回注文したのは普通のステーキです。 追加として注文したのはライスとサラダ、スープのセットのみでそれ以外は特に追加で注文してはいません。 なのに肉の付け合わせが野菜ではなく唐揚げというある意味暴力的な組み合わせとなっています。 ステーキマックスはステーキの付け合わせがコーンなどの野菜ではなく唐揚げがデフォルトになっています。 ということは、ライスとサラダのセットのような形で別途サラダを注文していない場合、野菜は一切出てこないという「ステーキに野菜なんて邪魔だ!」と考えているような肉好きにとってはもはやご褒美としかいいようがない形で提供されます。 お店の人によると、ステーキはレアで焼かれているので、お好みの度合いまで鉄板で温めて欲しいという事でした。 確かにハンバーグやステーキのような鉄板料理は切り分けた肉を炙るための焼き石のようなものが鉄板と一緒に付いているというのが多いでしょう しかし、このステーキマックスにはそういった焼き石は付いていません。 という事は鉄板の余熱を利用して肉に炙るという事になるとは思いますが、ステーキマックスでは余熱ではなく鉄板そのものが熱せられています。 どういう事なのかというと、 こんなかんじに鉄板が浮いていて、その下には旅館などで鍋料理を提供する際に使用するような固形燃料を燃やしています。 それによって鉄板を温めているという仕組みになっているようです。 なので、ゆっくり食べていても最後まで鉄板が温かく、料理も冷めにくい構造になっています。 ちなみに火を消す時は専用の火消し棒を使います。 300グラムもあるステーキは厚さもしっかりとあるので「がっつりと肉を食っている」という感覚をしっかりと楽しむことができます。 しかも先ほど行ったように鉄板が常に熱い状態なので最後まで熱々のステーキを楽しむ事ができるのも嬉しいところです。 スポンサード リンク まとめ 今回は新宿のビックロ脇にオープンしたステーキハウス「ステーキマックス」を紹介していきました。 いかがだったでしょうか。 昨今話題になっている某ステーキハウスと比べると値段も安くかつ同程度の肉を食べられるというのもあって、今後新宿駅近辺にいる時にステーキが食べたくなったらおそらくステーキマックスへ行くと思います。 新宿駅の近くにいるときにステーキが食べたくなったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

1100円で300gのステーキが食える!! ふらんす亭の跡に「ステーキマックス」続々誕生!「いきなり! ステーキ」のライバルに成り得るか?

ステーキmax

わさびがステーキカレーに合いました! 私のオススメは卓上の「わさび」。 ステーキカレーにわさびを添えて食べると、カレー、ステーキの力強い余韻をピリリと爽やかにしてくれます。 カレーのおいしさと、ステーキならではの「お肉を食べた!」という満足感でいっぱいになりました。 「いきなり!ステーキカレー」は「いきなり!ステーキ」好きな方も、カレーを食べたいという人も、満たされるはずなので試してみて欲しいです。 「いきなり!ステーキカレー」を食べると、いきステのポイントシステム「肉マイレージ」を200gぶん貯めることがでる、というのもうれしいですよ。 さて、「いきなり!ステーキカレー」を提供しているのは以下の店舗。 <「いきなり!ステーキカレー」提供店> 販売店舗:銀座4丁目店、六本木店、赤坂通り店、市ヶ谷店、池袋西口店、南行徳店、虎ノ門店、目黒上大崎店、中野店、亀有店、町田店、立川北口店、藤沢店、亀戸駅前店、横浜西口店、大森ララ店、上尾駅前店、末広町店、勝どき店、オリナス錦糸町店 別途「カレーライス」実施店舗も 煮込んだ牛肉と、スライスビーフをトッピングした「カレーライス」を提供している店舗もあります。 「カレーライス」の価格は1100円。 こちらも、「肉マイレージ」を200gぶん貯めることができますよ。 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。 新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。 にグルメ記事がまとまっています。 ぜひ見てくださいね!.

次の

【肉づくし】高コスパ最強ステーキ弁当ここにあり! この夏は北海道「ミートハウス」の肉に喰らい付け!!

ステーキmax

タグ 24時間営業 うどん おろしそば から揚げ しゃぶしゃぶ しょうが焼き すき焼き そばめし つけ麺 とんかつ まとめ もつ鍋 もりそば やきそば よだれ鶏 アジフライ エビフライ オシャレ オムライス ガパオ キーマカレー ギリシャ料理 クッパ グリーンカレー グルメバーガー ゴールデン街 サムギョプサル サラダバー サンドイッチ ジンギスカン スイーツ ステーキ スパイスカレー スープカレー スープ春雨 ソースカツ丼 タイ料理 タマゴサンド チキンカツ チャーハン テイクアウト デカ盛り デート トルコ料理 トンコツ トンテキ ネパール料理 ハラル ハンバーガー ハンバーグ バー パスタ ビーガンメニュー ビーフシチュー ピザ フレンチ ベトナム料理 ポキ ポークビンダルー メンチカツ ルーロー飯 ローストビーフ ロールキャベツ ワンコイン 三鷹台駅 三鷹駅 中華そば 井の頭公園 代々木 刀削麺 南新宿 台湾料理 吉祥寺 四川料理 四谷 四谷三丁目 土日祝もランチ提供可 坦々麺 大久保 天ぷら 天丼 子連れ 定食 家庭カレー 小籠包 担々麺 新宿三丁目 新宿御苑 新宿新南口 新宿東口 新宿西口 新店情報 新高円寺 早稲田 昼呑み 昼飲み 曙橋 東新宿 欧風カレー 歌舞伎町 汁なし担々麺 汁無し担々麺 沖縄そば 油そば 渋谷 激安 激辛 焼き肉 焼き魚 焼き鳥 焼売 焼肉 牛肉麺 物産展 猫 生姜焼き 神楽坂 立ち食いそば 糖質制限メニュー 老舗 肉バル 落合 蕎麦 西新宿 西新宿五丁目 西部新宿 豚骨 近藤フクのお勧めグルメ 遅め 遅めランチ 酢豚 隠れ家 面影橋 餃子 高田馬場 魚介 鰻 麻婆豆腐 目次• 新宿駅東口から徒歩2分。 お店に入るとこなれた感じの店員の方にカウンター席に通されました。 おそらく1号店から派遣されてきた方なのでしょう。 可動式のテーブル席も何席かあります。 お客さんがいなくなった時をめがけて撮ったので若干ぶれています。 平日の13時過ぎという時間にも関わらず店内は常にほぼ満席状態でした。 さすが新宿駅近辺。 早速メニューを見てみますと 肉!肉!肉!のこちらのメニュー。 肉を食べるという本日のテーマに相応しいメニュー展開です。 付け合わせとしてから揚げが付いてくるにも関わらず、300gのステーキがスープ・ライスが付いて1000円というコスパの高さ。 こちらはハンバーグとカレーメニューですが、こちらも安いですね。 ハンバーグ180gの定食が600円~。 そしてカレーの下にはふらんす亭のロゴが。 確認はとれていませんが、ふらんす亭がバックに付いているものと推察します。 せっかくなので出来るだけ多くのメニューを体験したくハンバーグとダイスステーキのコンビにしようと思うのですが、ステーキは出来れば通常のものではなく1段階上のプライムステーキにしたい。 と思い店員の方に可能か聞いてみたところ こちらになりますとディナーメニューを渡されました。 新店ではありますが、店員の方の対応は比較的ぶっきらぼうなのです。 ハンバーグとダイスステーキのコンビは1530円。 本来ならハンバーグと厚切りステーキのコンビにしてやりたいくらいの気持ちはあるのですが、予算的にここら辺が限界です。 夜メニューでも値段は特に変わらず300gのステーキが1000円ぽっきり。 なのですが、夜はライスは別料金。 コンビセットのみライス、スープ、サラダ、ドリンクが付きます。 結局こちらのメニューを見せて頂いた手前、先述の ・ハンバーグ&ダイスステーキコンビ をオーダーするに至りました。 ドリンクはアイスコーヒー。 そしてソースも選んでくださいとの事だったので、ハワイを意識した店内に敬意を表してハワイアンチリソースにしました。 「提供時に肉汁が跳ねるので紙エプロンを付けてお待ちください」 との事。 本来は紙エプロンを付ける事の無い僕ですが、そこまで言われては従わないわけにはいきません。 ステーキマックスで頂くハンバーグ、ステーキ、から揚げのガッツリランチ。 ジャンキーランチは背徳の味わい。 注文を済ませるとまずはアイスコーヒー。 コーヒーを啜りながら周りを見ていると、やはり皆さん注文はほとんどが300gのステーキ。 隣の方に提供されたステーキもなかなかに厚みがあり、食べ応え十分と思われる見た目です。 そもそもこの日は肉を食べるというテーマだったんだから、やはり注文はステーキにするべきだったんじゃないか…? と僕が反省に入りだした頃。 コーヒーを追いかけるようにこちらの サラダとスープが到着。 サラダは一般的な和風ドレッシング。 スープは溶き卵のスープですが、こいつが驚くほどニンニクの効いたスープでした。 これから始まるがっつり大会の前奏に相応しいスープですが、頂くタイミングは選ばねばならないお店です。 それから待つ事10分程 あまりにも肉々しい鉄板がやってきました。 どこから見ても全体的に茶色。 唯一ステーキのレアさのみが赤みを示しています。 店員の方からは、レアになってますのでお好みで火を消してお召し上がりくださいの一言が。 そう、こちらのお店 横から見るとこのようになっており、固形燃料で火のついた状態で提供されているのです。 とはいえその火力は鉄板のサイズ感を考えるとあまりにも弱々しく、実際固形燃料が無くなるまで加熱を続けてもお肉はレアなままでした。 しかしこのダイスステーキの上にハンバーグが重なるビジュアル。 男心がくすぐられますね。 さて早速頂こうと思うのですが、ライスが追いかけてこないのです。 店員の方も認識されているようで 「9番さんにライス!」 の声はかけあっているのですが、まだ役割分担が安定していないのかお店全体がアタフタしていました。 まずはこちらのハンバーグですが、挽き方は粗め。 ソースはすでに醤油ベースの和風ソースがかかっております。 ステーキとは違いこちらは提供時点でしっかり火がはいっており、肉汁は少なめで肉々しい味わいは若干弱めでした。 とはいえ肉の弾力はしっかり感じる事が出来ます。 ご飯が進む一品。 そしてこちらのダイスステーキ。 こちらはレア感もあり、まさしく肉を食っているという荒々しさがありました。 これを頂くと、やはり厚切りステーキで食べたかったなぁーという気持ちになります。 ソースはトマトベースのもの。 チリは注意深く探らないと感じません。 ステーキには既に塩コショウで充分下味が付いているので、個人的にはそのまま頂いた方が肉を堪能出来て美味しいと思いました。 そしてこちらの付け合わせから揚げ。 カラッと揚がっており、ニンニクと塩コショウのシンプルな味付けが鶏肉を引き立てています。 そこそこ大振りなものが3個付いており、こちらも嫌が応にもご飯を消費する一品です。 という事で、厚切りステーキには出会えなかったものの存分に肉を堪能する事が出来ました。 今日は肉気分という時に気軽な価格帯で立ち寄れるこちらのお店は有難いですね。 とにかくがっつりと頂けるので、若者中心に今後人気の出そうなお店です。 ごちそうさまでした。 今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

次の