セキセイ インコ 病気。 セキセイインコ病気?

セキセイインコに多い「メガバクテリア症」って?

セキセイ インコ 病気

セキセイインコ 病気や病院について セキセインコは非常にストレスに弱く環境の変化にも弱いです。 また、病気にもやりやすいとても繊細な動物です。 そして、病院に行くと保険が適用されないため費用もかなりかかります。 病院について セキセイインコを見てくれる病院は全国的に見ても圧倒的に少ないです。 まずはネットで検索をして口コミを確認することが重要です。 そして、できれば直接病院に連絡をして、セキセイインコの健康診断をしてくれるかどうかを確認することをお勧めします。 また悲しいことに、あまり鳥に詳しくないのに「鳥も見れます。 」と言うお医者さんもいます。 そういうお医者様は「ヤブ」ということもあります。 できるなら鳥を専門に医学の勉強をされているお医者様がいる所を探すのが良いかと思います。 私が通っている病院は、学会でも有名な鳥専門の先生で、遠方から尋ねるほど腕の良い先生です。 個人的には、待合室に来ている飼い主さんの7,8割が鳥の飼い主さんだとその場所は安心かと思います。 身体健康診断(1,000円~) 体重、羽のつやや生え具合、肉付きや爪の状態など、外見を中心にチェックします。 フン検査(1,000円~) インコのフンを顕微鏡で調べ、病原菌がいないかをチェックする検査です。 消化不良や胃腸の疾患、また中毒などの有無を判断することができます。 レントゲン(5,000円前後) 怪我をしてしまったり、内臓の肥大などを見るために行うことがあります。 こんな小さな鳥でもきちんとレントゲンを撮ってくれます。 そのう検査(5,000円~) 「そのう」とは、鳥の食道の一部が大きく膨らみ、食べた物を一時的に貯めておく器官です。 この器官が炎症を起こしたり、貯めた餌が腐敗しておこる「そのう炎」は小鳥にとって致命的な病気になりかねません。 セキセイインコがよく罹患する病気、及び治療費 病気の際にかかる治療費は、かかる病院や、その子に何が必要かによって変わっていますので一概には言えません。 あくまでも目安と思って頂ければと思います。 また、かかる費用は1回の通院の費用となります。 継続治療となるとさらに費用がかかります。 そのう炎(治療費10,000~15,000円) そのう炎は、インコの消化器官である「そのう」に炎症が起きる病気です。 パンやうどんなどの人間の食べ物を食べることにより発症します。 水分を含んだ食べ物は、そのう内で細菌を増殖させて、そのうに炎症を引き起こします。 首をふって吐いたり、嘔吐物が発酵した臭いがするのが特徴。 特に気を付けるのは、雛の餌である「さし餌」です。 成鳥の餌への切り替えが上手くできず、いつまでも「さし餌」を与え続けると、かなり高い確率でそのう炎になってしまいます。 メガバクテリア症(治療費初回~15,000円、2回目以降~6,000円) メガバクテリアという真菌が原因の病気です。 この菌が胃炎を引き起こすので、嘔吐や胃から出血をするため、フンが黒くなることがあります。 胃炎が重症化すると、食べても食べても消化できないため痩せて、最悪の場合に死に至ります。 メガバクテリアは多くの場合、親鳥からの感染が多いです。 予防は難しいのですが、対処法はあります。 それはインコ自体の免疫力を高めること。 免疫力を高めるためには人間と同じで、バランスのとれた食事と、質の良い睡眠、衛生的な飼育環境を与えることが大切です。 発症が疑われる場合は、すぐに病院へ連れていきましょう。 カイセン症(治療費4,000~6,000円 トリヒゼンダニの感染が原因の病気です。 感染すると痒みがあるため、患部の脚やくちばしを網などにこすりつけます。 たくさんこすりつけるため、皮膚の表面が白く乾燥したようになります。 放っておくと変形することもあります。 便検査で原虫が検出されれば、抗原虫薬で駆虫します。 肝臓肥大(治療費10,000~15,000円 家のインコちゃんはこの病気。 インコちゃんは肝臓が悪いと嘴が伸びます。 伸びすぎて自分の喉にささってしまう鳥もいるほどです。 原因としては、様々な要因があります。 生まれつき肝臓が弱い子、人間の食事をあげすぎた子など様々です。 ちなみに私の家のインコちゃんには人間の食べ物はあまり上げていなかったので、生まれつきだったのかもしれません。 この病気、完治はしません。 良くはなりますが、一生の投薬治療が必要となります。 この病気に関しては、細かい内約を記述します。 肝臓肥大 治療費内約• 血液検査(8,000円)• 強肝剤1か月分(4,500円)• 各種栄養補助剤 3,000円• 診察料金(1,000円)• 腫瘍(悪性腫瘍)(手術費~100,000円) こちらはガンです。 私が以前飼っていた子は首に悪性腫瘍ができていまい、緊急手術となりましたが、体力が持たずに帰らぬ子となりました。 ガンができてしまうと、体の小さなインコちゃんは体力が持たないことがあります。 そして、本当に辛い手術を受けさせてまで延命は必要なのかと悩むこともあります。 こればかりは、飼い主さん次第となります。 上記以外でも様々なセキセイインコ特有の病気があります。 そして、ほとんどの病気が一回の通院では治らないため、継続して治療が必要です。 セキセイインコが病気にかかると、初期費用の金額は簡単に超えます。 購入をする前によくよく考えてくださいね。

次の

セキセイインコ病気?

セキセイ インコ 病気

たのしーい!!• 投稿者:• 鳥図鑑: 2週間前に飼い始めたセキセイインコ(生後2ヶ月)についてです。 前日の先生のお話では 「足でかいたときにひっかいてバイ菌が入っちゃったんでしょう。 」 と言われました。 その際に両眼見てくださって右目は異常ないということでしたが、 さすがに昨日の今日なので心配になってしまいました。 )、 移動も徒歩と電車を合わせてになるので病院に連れて行くとなるとインコにストレスがたまらないかと心配です。 ちなみに今日は両目があけづらいせいか、午後からほとんど眠っていました。 寝てるとき以外は膨らんだりはしていません。 かゆいせいか、足でよく目の周りをかきかきしているので、かきかきをやめさせたり、こちらから違う場所をかきかきして気をそらすようにしています。 (お薬を塗っていただいた左目は少しよくなっていますが、相変わらずの涙目です。 ) 自慢の?横顔• 投稿者:• 鳥図鑑: なゆさんへ とても心配でしょうね。 私なら獣医の先生に連絡を入れ、症状を話してどうしたら良いのかを尋ねます。 インコの目の病気っていうのは人間とは異なり、 別の部位から発生したりしている場合があり、 ただ単に「目に異常がみられるから目が悪い」 とは言えないのが難しい所です。 なぜなら鳥の上部気道は、 鼻孔に始まり鼻腔、副鼻腔、 後鼻孔、咽頭、喉頭と続きます。 鳥の結膜炎の症状は眼瞼結膜の発赤から始まり、 結膜の違和感から眼を瞬かせたり 閉眼する様子が見られたりし、 症状が中度になると涙液があふれ、 眼の周囲の羽毛が固まってしまうこともあります。 涙目になる症状を呈する鳥さんの病気は 結膜炎以外にもいくつかあり、 素人が症状を一見しただけで病気を特定するのは かなり難しいと思われます。 なゆさんの鳥さんの場合、 先生のお話や、点眼で症状が改善されていることなどを 考慮しても、上述のような病気ではなく、 ばい菌による炎症のように思われます。 右目と左目はつながっていますから、 若鳥で抵抗力が弱くて、炎症が進んでしまったんだと 私は推察します。 ですが、自己判断が難しい場合、 お医者様に指示を仰ぐのも 一つの手だと私は思いますよ。 通院による鳥さんのストレスも大変ですが、 病気による体調不良も鳥さんには 負担になっていると思われます。 生まれたばかりの大切な命が損なわれないよう、 お祈りしています。 切ないと思いますが、どうか頑張ってください。 見えない場所からですけど、応援していますヨ。 …長くて読みにくい文章でごめんなさい….

次の

インコさんの症状別・疑われる病気リスト

セキセイ インコ 病気

この記事は 約5分で読めます。 手乗りやおしゃべりで人気のあるセキセイインコですが、体が小さい分、早く死んでしまう事も多いようです。 「2~3年で死んでしまった」 と言う話をちょくちょく聞く事があります。 しかし、それは セキセイインコの病気に対する 知識が不足していたからなんです。 今回は、 セキセイインコの病気や症状、サインについてまとめていきます。 病気は早期発見がポイントで、 サインを見流さない為には、症状やサインを知っておく事が重要です。 内容は以下の通りです。 セキセイインコの病気は気付きにくい• 病気のサインを覚えよう• よくある病気と症状 これからセキセイインコを飼おうと考えている人には、とても 重要な話です。 では、いってみましょう。 見たい項目をクリックで移動• セキセイインコの病気は気付きにくい これはセキセイインコだけの話ではないですが、小動物(うさぎなども含む)の病気は気付きにくいと言われています。 では、それは何故なのか? 小動物は、自分の体が弱っていると知られる事が危険だと、本能で理解しているからです。 つまりは外敵から身を守る習性として、 自分の体調を隠します。 野生の名残ですね。 実際に病気になっていても、元気な振りをしたりします。 それで、病気に気付きにくいと言われている訳ですが、それでも何かしらの異常はわかるはずです。 本当に元気な状態もしっかりと把握し、 少しでもおかしいと感じる時は、 病気、あるいは 体調を崩している可能性があります。 日頃からしっかり観察する事が大切ですね。 また、病気や体調不良のサインを知らない事には、異常に気付けないので、引き続きご覧下さい。 病気のサインを覚えよう セキセイインコは体調を隠すと言ってきましたが、それでも完全に隠せるものではありません。 飼い主さんが病気のサインをしっかりと覚える事で、異常に気付く事は十分可能です。 愛鳥を守る為にも大事な事なので、頑張って覚えていきましょう。 元気が無い 一緒にいる期間に左右されますが、 動物を飼っていると直観的に元気がないと感じる事があります。 (うちの愛犬の場合もたまに感じます) いろんな 病気の初期症状とも言われています。 体 毛や羽 を膨らませ、動かない 寒がっているか、体力を温存している状態です。 いろんな 病気の初期症状とも言われています。 温めてあげて様子を見ましょう。 ご飯をあまり食べない 一時的か体調を崩しているのか、把握する必要があります。 食べる量が明らかに少ない、食べない期間が長い場合は体力低下や病気に繋がるので、早急に病院で診てもらってください。 吐く、顔や頭の汚れ 嘔吐していたり、顔や頭が汚れている様なら 病気を疑いましょう。 また「吐き戻し」との違いも把握しておきましょう。 吐き戻し…オスの習性で発情期の求愛だったり、雛に餌をあげる為に食べた物を吐き出します。 病気などで吐く場合は頭を左右に振って、吐瀉物をまき散らす感じですが、吐き戻しの場合は頭を前後に振って、一か所に吐き出す様です。 フンの異常 フンの異常といっても様々で、 色、形状がおかしい、含まれる水分の量が多い、血便などがあります。 様々な異常から病気の特定は、医者でもなければ難しいと思うので、病院で診てもらいましょう。 診察の際には、 異常のあるフンも一緒に持って行きましょう。 咳、呼吸異常 咳をしたり、呼吸が荒い、呼吸音がおかしい時は 要注意です。 様々な病気の可能性が高く、危険性のあるものもあるので病院で診てもらいましょう。 毛並みの乱れ、はげている 皮膚病や、自分で羽を引き抜いたりしていませんか? ストレスが原因で、羽を引き抜いたり掻き毟ったりする事があります。 ストレス軽減には、一緒に遊んだり、話しかける事が有効です。 ただ、ストレス以外が原因の可能性もあるので、念のため 病院で診てもらいましょう。 くちばしの異常 くちばしの 質感がおかしくなったり、変形、変色、伸長などがあります。 危険な病気のサインでもあるので、少しでも異常を感じたら 早急に病院へ行きましょう! スポンサーリンク よくある病気と症状 風邪 症状:鼻水、くしゃみ、羽を膨らませ動かない 風邪が悪化すると肺炎になり、 最悪の場合は死に至る事もあるので、風邪だと甘く見てはいけません。 体を温めてあげ、ハチミツを水で溶かしたものをあげるのも良いでしょう。 また、病院で風邪薬を処方してもらう事をおすすめします。 特に風邪にかかりやすい時期は、春や秋の昼夜で温度差がある季節です。 また、夏場にも抵抗力が落ちてくると簡単に風邪をひきます。 生活空間の温度差を、 出来る限り抑える事が予防としては大切です。 メガバクテリア症 症状:嘔吐、下痢、消化不良、体重減少 長期間感染すると胃炎から胃がんになり、手遅れになるので早期発見が鍵。 早期発見出来れば投薬で治療は可能ですが、 「昨日までは元気だったのに…」と言う声もよく聞きます。 この病気が発症すると、ご飯を食べていても体重が減少します。 見た目だけではわからな事も多いので、定期的に体重を測定するのが良いですね。 マイコプラズマ病 症状:鼻水、くしゃみ 他の感染症を起こしやすくなる易感染症になることもあるので、二次感染の危険がある病気です。 治療は抗生物質の投与で行います。 予防法としては、住居スペースを清潔に保つ、ストレスを溜めないようにしてあげる事が大切です。 鉛中毒症 症状:嘔吐、震え、痙攣、糞の色(濃い緑色)、体温低下 あまり馴染みが無いかもしれませんが、 鉛成分を摂取したことにより、中毒を起こす病気です。 治療が遅れると、数日で死亡する事もあります。 鉛成分は、 カーテンウェイト、中国製のおもちゃ、ステンドグラス枠、釣り用重り、ファスナーなどに含まれます。 セキセイインコは好奇心旺盛で、 いろんな物をかじったりするので、ケージから出す際は注意が必要です。 治療は解毒剤の注射が有効ですが、 そもそも鉛を摂取しない様にしておく事が一番大切です。 毛引き・自咬症 症状:毛を引き抜く、毛を噛み千切る ストレス、感染症、アレルギー、寄生虫、皮膚炎、水浴びや日光浴不足など、様々な理由から発症し、場合によっては皮膚を傷つけてしまう事もあります。 原因が多種多様なので治療が難しいとされています。 症状が現れたらストレスがないか、 住居スペースは清潔かなど飼育環境を見直し、 動物病院で診察を受け、獣医師とよく相談しての原因追及が大切です。 疥癬(かいせん)症 症状:皮膚炎、かゆみ、くちばしや爪の変形・伸長 ダニが感染して発症する病気で、最悪の場合は衰弱死もあり得ます。 治療は駆除薬を飲むか、皮膚に投与する事で行います。 予防方法として、住居スペースを清潔に保ってあげる事が大切です。 最後に いかがでしたか? セキセイインコの様な小さな生き物は、 いかに飼い主さんが 早期に異常を発見できるかがポイントになってきます。 正常な状態もしっかり把握して、 異常が見受けられたら、病院で診てもらうのが確実に守る事に繋がります。 定期的に 健康診断を受けるのも早期発見の為には良いと思いますよ。 また、セキセイインコを飼うにあたり、 飼育に必要な物、最適な温度、季節ごとの注意も一緒に覚えておきましょう。

次の