大池 公園 横浜。 こども自然公園(旭区) 横浜市

こども自然公園 横浜市旭区

大池 公園 横浜

2019年に武蔵小杉ー羽沢横浜国大ー西谷と繋がった、支線+相鉄新を使って、旭区の大池公園 こども自然公園 に行きました。 から20分かけて、徒歩で行きました。 途中、小さな商店街があったのですが、、、 「万騎が原」と書いて「まきがはら」と読むそうです。 しかし、原といっても、けっこう坂を上り下りします。 公園に着くと、名前の由来でもある大きな池、「大池」があります。 何が釣れるかわかりませんが、この日は釣りをしている人が何人かいました。 この池の先にも、別の池、「中池」があります。 こちらには野鳥たちがいます。 調べたら、とらしいです。 そして、対岸には彼らを見守るオジサンたちがいます。 すごい装備ですね。 この公園の目玉は、巨大滑り台やアスレチックを完備した、通称「とりでの森」と、ふれあい体験ができる「ちびっこ動物園」だそうですが、、、 とりでの森は工事中で、動物園もの影響で休園でした。 (大人が訪問する分には関係ないですが。。。 ) また、桜山もあります。 かなり急な上り坂です。 頂上から見ると、こんな感じです。 まるで、雪のないスキー場ですね。 それにしても、桜は病気かわかりませんが、ほとんどが伐採されていて、切り株が残っているだけです。 全盛期のころは、かなりきれいな桜が見れたと思うと残念ですね。 ちなみに、天気が良ければ、森山の向こうに富士山も見えるらしいです。 また、台湾リスもいました。 その他、梅林、水田、芝生の広場などもあり、夏には蛍も見れるそうです。 全国的には、横浜というと港で、都会というイメージですが、市内全体で見えると、緑の深いを楽しめますね。

次の

こども自然公園(大池公園) 大きな池がトレードマークの多目的公園

大池 公園 横浜

公園のシンボル大池 この公園のシンボルでもある大池では釣りを楽しむ人が多くいます。 クチボソ、タナゴ、スジエビなどの小さな生き物が釣れるようです。 私が子どもの頃はヨシノボリというハゼの仲間を釣って家で飼育していました。 池にはカメもたくさんいて、天気のいい日にはカメが仲良く甲羅干しをしています。 カワセミの来る中池 大池の隣には少し小さなの中池があり、水鳥が多くやってきます。 この池にやってくるカワセミを写真に収めようとシャッターチャンスを狙いカメラを構える人たちがたくさんいます。 またこの池には鯉もたくさんいて、食パンを持ってきてエサやりを楽しむ子どもの姿も。 とりでの森 斜面を利用して作られた大型アスレチックです。 ローラー滑り台もあって、休日には長い列ができます。 ローラー滑り台には滑り台用マットがあると滑りがよくなり、より楽しむことができます。 100円ショップで売られているので持っていくといいですね。 ちなみに、こども自然公園の売店では 500円で売られていました。 ただし売店はこの広い公園の入り口広場の所に 1か所しかなく、とりでの森からは距離が離れていますので、途中で買いに行くのは大変です。 大型アスレチックの向かいには芝生の広場が広がっていますので、子どもが安全に遊べるくらいの年齢なら、芝生にシートやテントを張って親はくつろぐのもいいですね。 我が家はついに、最近ずっと欲しかったワンタッチテントを購入しました。 袋から出せば簡単に開きますし、しまう時も楽々でとても気に入っています。 このテントを持って、たくさんピクニックを楽しみたいと思います。 売店 広い公園ですが、売店は 1か所しかありません。 正面入り口近くにあり、飲み物やお菓子、ちょっとした軽食、アイスが販売されています。 たっぷり遊んだ後には、ここでアイスを買って食べるのが定番になっており、楽しみでもあります。 広い園内ですが自動販売機もこの売店の横、レストハウス横、青少年野外活動センターにしかないため、飲み物を買うには、ちょっと注意が必要かもしれません。 万騎が原ちびっこ動物園 以前はひよこもいましたが、現在ではモルモット、ハツカネズミ、ニワトリとふれあうことができます。 私が子どもの頃はウサギとのふれあいもできましたし、馬、ヤギ、ヒツジなども飼育されていました。 時を経て、動物園の規模は縮小されてしまいましたが、それでも無料で小動物とふれあいができるこの動物園は大人気の場所です。 教育水田 近隣の小学校の耕作体験の授業で使われる水田です。 稲にお米が実る秋には、手作りのかかしが水田を守っていてほのぼのとした気持ちになります。 ドーナツ広場 正面入り口からすると、一番奥にある広場です。 秋にはどんぐり拾いもでき、木にはリスがいます。 子どもが小さい時、この広場で子どもの自転車の練習をしました。 このこども自然公園内では自転車の走行は原則禁止なのですが、子どもが練習をする場合、自転車を押して歩く場合、人や安全に配慮しながら、人の歩く速度程度で走る場合は認められています。 レストハウス 2016年に入り口広場にレストハウスがオープンしました。 ザリガニがいてさわることができたり、こども自然公園の自然について展示されているコーナーもあります。 テーブルと椅子もありお弁当を食べることもできますし、きれいなトイレもあります。 バーベキュー広場 家族や友人とアウトドアクッキングを楽しむことができるバーベキュー広場があります。 利用できる期間は 3月から 11月で予約制となっています。 必要なものはレンタルもできますし、食材付きの予約をすれば手ぶらでバーベキューを楽しむこともできます。 斜面を利用した広場にはバーベキューテーブルが 30テーブルあり、ゆとりのある造りになっています。 駐車場 こども自然公園には第 1駐車場、第 2駐車場、第 3駐車場、臨時駐車場の 4か所があり、約 440台の駐車が可能ですが、桜のお花見シーズンや連休には第 1駐車場周辺が渋滞してしまうこと、さらに老朽化していることもあり、 2019年 2月に工事が完了し再整備されました。 駐車台数が 100台増えたそうで、利用しやすくなることは大変ありがたいです。 二俣川駅で買ったPAIN PATI パンパティ お昼ごはんは、こども自然公園の最寄り駅、二俣川のジョイナステラスに入っている「 PAIN PATI パンパティ 」というパン屋さんで買っていきました。 総菜パンが多く種類がとても充実しています。 中でも左上のステーキカレーパンが一番の看板メニューでたびたびメディアにも登場しているとのこと。 さらにおいしくリニューアルしたそうで、中に入っているステーキが以前よりたっぷり入っていました。 ステーキカレーパンなので、しっかりステーキが入っているのは嬉しいです。 長女はこのパン一つでお腹いっぱいになりました。 天気のいい日に外で食べるおいしいパン、家で食べるよりさらにおいしく感じます。 まとめ 大池公園の愛称で多くの人から愛されるこども自然公園。 お金をかけることなく、自然をめいっぱい楽しむことができます。 春には梅、桜、夏にはホタル、秋には紅葉と 1年を通して四季折々の魅力があり,何度訪れても飽きることのない「こども自然公園」、ぜひ足を運んでみてください。

次の

2020年 こども自然公園へ行く前に!見どころをチェック

大池 公園 横浜

地元の横浜はもちろんの事、意外と東京にもまだ生息しています。 私が子供のころは家の近くの市民の森で、ノコギリクワガタやカブトムシが多くいたので、童心に帰って探して見たいと思います。 カブトムシ・クワガタムシ探し 採取時期 採取できる時期ですが6月〜9月くらいまでです。 6月はまだクワガタやカブトムシも少ないですが、その分採取に行く方も少ないのでお勧めです。 この時期はコクワガタを見つけやすいですね。 都会での入手方法 最近は近くに採取スポットがない方が多いため、お店で買ったという話をよく聞きます。 でも、山へ行きクワガタ、カブトムシを捕まえに行くのは自然と触れ合う機会としてすごく良い事だと思います。 奥多摩や足柄の山に行かなくても、横浜市なら市民の森ぐらいでもクワガタやカブトムシは居ます。 小さいながら雑木林もあって、そこにはカブトムシやクワガタが意外と多くいるんです。 みなさんの近所にも林や森はあるかと思いますが、そこでもし見つけることができなかっ際は、私がオススメするこちらの地域、エリアに行かれてはいかがでしょうか。 行ってみればクワガタやカブトムシをたくさん採取できるスポットが見つかるはずです。 採取場所の報告 東京、神奈川でクワガタ、カブトムシが居ると噂になっている地域、場所を紹介します。 実際に報告されている場所になりますのでその周辺にいる確率は高いと思います。 奥多摩• 多摩川河川敷• 都立林試の森公園 目黒区• 観音崎• 真光寺の林 町田市• 宮前区野川周辺 川崎市• 金沢動物園周辺• 横浜市旭区万騎ヶ原「こども自然公園(大池公園 」• 横浜市緑区「新治市民の森」 人気採取スポット 横浜市旭区「こども自然公園(大池公園)」 横浜北部エリアでは、カブトムシ・クワガタが採取できるエリアとして人気です。 近隣の森で見つけれなかった親御さんが子供を連れてリベンジに挑戦しにくる名所です。 まずはクヌギ・コナラ・山桜・クリなどの木を探します。 カブト虫たちはそれらの木の甘い樹液を目当てに集まってきます。

次の