契約 更改。 マルケス、ホンダと早めに契約更改の流れ

【ソフトバンク】年棒・契約更改 2020年ランキング/柳田5.7億、バレ5.0億円、千賀3億ほか

契約 更改

日本ハムの大田泰示外野手(28)が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸4300万円から増額でサインした。 「本塁打以外は(昨季の)数字を上回れた。 そこを評価してもらえた」と笑顔を見せた。 金額は自らは語らなかったが「1億(円)までいければ胸を張って言いたいですけど。 まだまだな選手なので。 来年? 届きそうだな~みたいな。 まあ現実味を帯びてきたかなって感じ。 28歳にして」。 一流の証しでもある億超えも視野に入ってきた。 今季は2番打者に定着。 進塁打から本塁打まで、幅広く役割をこなし、打線をつなげる役割を担った。 7月に死球を受け、左手第5中手骨骨折のため1か月以上、離脱したが、104試合で打率2割7分4厘、59打点、14本塁打の成績を残した。 来季は「本塁打30本は絶対打ちたい。 日本人の右打者で30本超える打者ってなかなかいない。 自分もその中に名を連ねたい」と意気込んだ。

次の

【中日ドラゴンズ】年棒・契約更改 2020年ランキング/大島2.5億・平田1.8億ほか

契約 更改

キャンプで1軍の選手と一緒にプレーをし、練習を見て、自分の力がまだ足りていないという事を感じることができました。 球数を多く投げても投球フォームが変わらない 体力がついてきたと感じていますが、これからもっとすべてにおいてレベルアップをしていきたいと思います。 1軍でプレーをしている同級生もたくさんいるので、来季は見返せるような結果を出せるように取り組んでいきたいと思います。 (オリックスバファローズ・オフィシャルウェブサイト) 二軍防御率5. 79 という数字よりも、 42回を投げて奪三振18という数字の方が、吉田凌プロ入り1年目の苦闘を表しています。 超高校級のスライダーもプロでは悠々と見逃され、 力のないストレートを軽々と弾き返される。 東海大相模時代、ドラ1の器と称されながら、 指名が5位となったのは、そのストレートの弱さが原因(今年のオリックスドラ1・山岡泰輔の課題も同じ。 非常に心配しています)。 体もまだできあがっておらず、 予想通りのプロ1年目でしょう。 ただ、その体ながら、ほぼ故障なく一年を過ごせたのは立派。 そのご褒美が、秋季キャンプの高知抜擢なのでしょう。 体が大きくなり、ストレートの力が増せば、 来年の一軍デビューもあり得ない話ではありません。 まずはファームで、飛び抜けた成績を残してほしいですね。 佐藤世那 今シーズンは目の前の結果に一喜一憂してしまい、悩みすぎてあまり思うようにできませんでした。 1軍で勝負する為には全ての平均値を上げないといけないと思ったので、オフはランニング、ウエイトのトレーニングはもちろん、 球速アップにも取り組んでいきたいと思います。 また今シーズン、ピッチングフォームが安定しなかったので、良いときの状態でいつでも投げることができるように、フォームを固めていきたいと思います。 こちらも吉田同様、課題はストレート。 見極められることの多かった吉田のスライダーに比べ、 佐藤のフォーク自体は十分通用していました(52回を投げ奪三振39)。 もちろんストレートの威力が増せば、そのぶん、フォークの効果も増すというもの。 その課題も佐藤自身わかっているようで、 今後は ストレートを常時145キロに上げることを目標にしているようです。 もちろん球速がすべてではないですが、まだ20歳にも満たない若者ならば、目にみえる目標があったほうがやり甲斐もあるというもの。 春季キャンプから故障に苦しんだ佐藤。 そこだけは十分に気をつけて。 怪我さえなければ、結果はついてきます。 塚田貴之 1年間フルで野球をするのは初めてでした。 精神的にも肉体的にもタフになれた一年だと思います。 こんなに早く支配下になれるとは思っていなかったので、より一層しっかりやらなければいけないと感じています。 来季は変化球のキレ、マウンド度胸を見てもらいたいと思っています。 開幕一軍、一軍定着を目標に来季も頑張ります。 育成スタートの塚田。 シーズン序盤は、 同じ左腕で支配下の大山・斎藤・坂寄よりも結果を残していました。 本人も言うように、徐々にスタミナが切れていき、支配下登録されたころには賞味期限切れ。 もっと早く支配下登録してあげていれば、一軍登板もあったでしょう。 球のキレもあり、 ワンポイントならば即座に一軍で通用するだけのものはあります。 ですが、それだけではもったいない。 ワンポイントではなくロングリリーフができる投手になってほしい。 大学の後輩、大山が阪神に、中塚が西武に入団。 先輩の意地もみせてほしいところ。 目標に掲げた開幕一軍、十分に狙えます。

次の

~オリックス・契約更改⑨吉田正尚・青山・大城

契約 更改

キャンプで1軍の選手と一緒にプレーをし、練習を見て、自分の力がまだ足りていないという事を感じることができました。 球数を多く投げても投球フォームが変わらない 体力がついてきたと感じていますが、これからもっとすべてにおいてレベルアップをしていきたいと思います。 1軍でプレーをしている同級生もたくさんいるので、来季は見返せるような結果を出せるように取り組んでいきたいと思います。 (オリックスバファローズ・オフィシャルウェブサイト) 二軍防御率5. 79 という数字よりも、 42回を投げて奪三振18という数字の方が、吉田凌プロ入り1年目の苦闘を表しています。 超高校級のスライダーもプロでは悠々と見逃され、 力のないストレートを軽々と弾き返される。 東海大相模時代、ドラ1の器と称されながら、 指名が5位となったのは、そのストレートの弱さが原因(今年のオリックスドラ1・山岡泰輔の課題も同じ。 非常に心配しています)。 体もまだできあがっておらず、 予想通りのプロ1年目でしょう。 ただ、その体ながら、ほぼ故障なく一年を過ごせたのは立派。 そのご褒美が、秋季キャンプの高知抜擢なのでしょう。 体が大きくなり、ストレートの力が増せば、 来年の一軍デビューもあり得ない話ではありません。 まずはファームで、飛び抜けた成績を残してほしいですね。 佐藤世那 今シーズンは目の前の結果に一喜一憂してしまい、悩みすぎてあまり思うようにできませんでした。 1軍で勝負する為には全ての平均値を上げないといけないと思ったので、オフはランニング、ウエイトのトレーニングはもちろん、 球速アップにも取り組んでいきたいと思います。 また今シーズン、ピッチングフォームが安定しなかったので、良いときの状態でいつでも投げることができるように、フォームを固めていきたいと思います。 こちらも吉田同様、課題はストレート。 見極められることの多かった吉田のスライダーに比べ、 佐藤のフォーク自体は十分通用していました(52回を投げ奪三振39)。 もちろんストレートの威力が増せば、そのぶん、フォークの効果も増すというもの。 その課題も佐藤自身わかっているようで、 今後は ストレートを常時145キロに上げることを目標にしているようです。 もちろん球速がすべてではないですが、まだ20歳にも満たない若者ならば、目にみえる目標があったほうがやり甲斐もあるというもの。 春季キャンプから故障に苦しんだ佐藤。 そこだけは十分に気をつけて。 怪我さえなければ、結果はついてきます。 塚田貴之 1年間フルで野球をするのは初めてでした。 精神的にも肉体的にもタフになれた一年だと思います。 こんなに早く支配下になれるとは思っていなかったので、より一層しっかりやらなければいけないと感じています。 来季は変化球のキレ、マウンド度胸を見てもらいたいと思っています。 開幕一軍、一軍定着を目標に来季も頑張ります。 育成スタートの塚田。 シーズン序盤は、 同じ左腕で支配下の大山・斎藤・坂寄よりも結果を残していました。 本人も言うように、徐々にスタミナが切れていき、支配下登録されたころには賞味期限切れ。 もっと早く支配下登録してあげていれば、一軍登板もあったでしょう。 球のキレもあり、 ワンポイントならば即座に一軍で通用するだけのものはあります。 ですが、それだけではもったいない。 ワンポイントではなくロングリリーフができる投手になってほしい。 大学の後輩、大山が阪神に、中塚が西武に入団。 先輩の意地もみせてほしいところ。 目標に掲げた開幕一軍、十分に狙えます。

次の