セプテンバー歌詞。 竹内まりや September 歌詞

SEPTEMBER/EARTH, WIND & FIRE

セプテンバー歌詞

RADWIMPS「セプテンバーさん」。 RADWIMPSの一つの記念日である "9月3日"を曲名の由来とし、公開から13年が経過した今もなおファンに愛され続けている名曲である。 この曲を聴いていると、不思議なほどにこの "セプテンバー" という季節がどうしようもなく愛おしく思えてくる。 どうしてこんなに「9月」が愛おしく思えるのか。 このなんてことない季節をこれほどまでに美しく描いた楽曲を、私は他に知らない。 清少納言が「枕草子」で描いた四季の概念が未だに日本人の心に通ずるように、きっとこの曲が唄う「セプテンバー」は私たちの血液を流れる共通概念なんだろう。 そう思えるほどに、この曲には私たちの心を揺さぶる風情が感じられるのだ。 それはRADWIMPS、野田洋次郎の趣を解する感性のせいであり、美しすぎる表現のせいであり、どこか懐かしいギターフレーズのせいでもある。 そのすべてが、なんてことない「セプテンバー」という季節に得も言えぬ哀愁を与えているのだ。 もう、あの夏の恋の高揚感はない。 しかしそんななんてことない9月という時間に、この曲では素敵な意味が見出されている。 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない (中略) 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏がちらかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー セプテンバーさん 作詞 野田洋次郎 あの燃え盛るような季節が終わって、空の色は乾いていってしまった。 夏の魔法はもう解けて、胸躍るような恋の衝動はもう起こらないのかもしれない。 だけどそんな今だからこそ、夏のおかげなんかじゃない、君への想いを歌にできる。 衝動なんかじゃない、君への確かな愛がきっと届く。 そんな今だから、そんな今ならば、きっとこんな僕の声が響きだすのだ。 そう歌っている。 セプテンバーさん。 それは夏の終わりの虚しさなんかじゃなく、きっと2人の愛をつなぐ季節。 そう思うと、なんだかこの季節が素晴らしいものに思えてくるのである。 美しすぎる表現 野田洋次郎の書く詩の魅力は誰しもが知るところではあるが、この曲の詩の素晴らしさにはただただ感嘆する。 その 表現の美しさには、感動すら覚える。 いまだに初めてこの曲の歌詞を読んだ時の衝撃は忘れることができない。 『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー セプテンバーさん 作詞 野田洋次郎 この曲が言わんとすることは、相当に 抽象的だ。 夏のキラキラ感とか、2人を繋ぐセプテンバーとか、目に見えるものは何一つとしてない。 しかしながら、何故だか 私たちの心に訴えかけてくるなにかがあるのだ。 なのに不思議と、この歌詞だけで伝わるのだ。 きっとこの2人は胸がときめくような、青い青い夏を過ごしたんだろう。 きっと女性は上目遣いで、夏の思い出を思い浮かべながら楽しそうに彼氏を見つめているんだろう。 きっと男性は、そんな女性よりはすこしばかり先を見据えていて、なんだか誇らしげな顔で女性を見つめているんだろう。 そんな爽やかな光景が、それとなく目に浮かぶのである。 たった4行で、これだけの情景を描き出す野田洋次郎の文才はもはや神がかっている。 心地よいギターフレーズ どこか素朴な、リフレインされるギターフレーズがまたこの上なく心地よい。 夏の駆り立てるような勢いがあるわけではない、どこか哀愁を帯びたフレーズだ。 懐かしいようでいて、一度聴いたら忘れられない不思議な中毒性がある。 まとめ あぁこの季節 とき が 語るもの あぁこの季節 とき が 繋ぐもの セプテンバーさん 作詞 野田洋次郎 キラキラしてた夏の終わり。 そこにあるのは決して寂しい季節なんかではない。 いつだって、こんな僕らを繋ぐのは何でもないセプテンバー。 セプテンバーさん はApple Musicにて視聴可能である。 この機会に是非。

次の

SEPTEMBER/EARTH, WIND & FIRE

セプテンバー歌詞

ウォルター・ヒューストン(Walter Huston)はカナダ生まれの俳優で歌手ではありません。 そのため声域も広くない彼のために書かれたのが「セプテンバー・ソング」(September Song)なのですが、かえってこれが誰でもが口ずさめる親しみやすいメロディをこの歌に与えました。 また、歌詞の内容も良く、「九月の歌」ではありますが、日が短くなるこの時期を愛の感情に重ねて秀逸です。 明るい夏が終る九月という月の持つ季節の変わり目に対して、人が無意識に感じる感傷を表現しています。 あるいは人生の秋、無駄にする時間は無くなり、残り少ない時間をあなたと共に過したいという意味も感じられます。 この含みが歌詞に豊かな余韻を与えています。 「セプテンバー・ソング」は、ジョーン・フォンテインとジョセフ・コットン主演、ウィリアム・ディターレ監督の映画『旅愁(September Affair)1952』のテーマ曲としても有名です。 映画はイタリアを舞台にしたAffair(不倫の恋)、恋愛劇で、これも九月の人恋しさを感じされる物語でした。 この映画はアカデミー主演女優賞を獲ったジョーン・フォンテインの成熟した演技が印象的でした。 「セプテンバー・ソング」はブロードウェイ・ミュージカルの発表当時から人々に親しまれており、スタンダードな歌となっていました。 それを再びヒットさせたのがフランク・シナトラのバージョンです。 この歌唱が今でもこの歌の変らぬスタンダードともなています。 曲と歌詞がシンプルで美しいため、これ以上のアレンジは難しい歌でもあります。 一例を挙げれば、ルー・リードのカバー・バージョンもスタンダードに対するひとつの挑戦であるものの、原曲、シナトラを超えるものではありませんでした。

次の

SEPTEMBER/EARTH, WIND & FIRE

セプテンバー歌詞

もくじ• RADWIMPSとは? RADWIMPS ラッドウィンプス は、日本の4人組ロックバンドである。 所属レコード会社はEMI Records。 所属事務所は有限会社ボクチン。 略称は「ラッド」。 バンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」といった意味である。 -Wikipediaより メンバー 名前 担当 レオンの一言紹介! 野田 洋次郎 ギター、作詞、作曲 圧倒的存在感のようじろう。 そのオーラは、まさに天才です!!! 桑原 彰 ギター ゆるキャラ的存在のくわちゃん。 「RADWIMPS3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」の収録曲一覧 曲順 タイトル 1 4645 2 セプテンバーさん 3 イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜 4 閉じた光 5 25コ目の染色体 6 揶揄 7 螢 8 おとぎ 9 最大公約数 10 へっくしゅん 11 トレモロ 12 最後の歌 RADのメジャーデビューシングルでもある 「25コ目の染色体」、あまりRADを好きじゃなくても知っている人が多い 「トレモロ」など、好きな人は メジャーデビューアルバムにふさわしいと思うようなラインナップですね(笑) 「セプテンバーさん」の歌詞 一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした そんなこともあるさと笑える僕も きっとセプテンバー 『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない 湿る空が乾く色を きっとパパは探していたの そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏がちらかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らをつなぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁこの季節 とき が 語るもの あぁこの季節 とき が 繋ぐもの 歌詞を解説!! まず、9月3日はRADWIMPSがインディーズ最後のLIVEをした日です。 そのため、 「セプテンバーさん」はいわばメジャーデビュー記念の曲なのです!! ファンに「応援してくれてありがとう。 メジャーデビューしても応援し続けてくれる?」という意味を込めた曲だそうです。 笑 とりあえず、読んでくれた方がRADに興味を持ってくれたら幸いです!!.

次の