炭酸 水 メーカー 比較。 コストコの炭酸水メーカーソーダストリーム値段と品ぞろえ!|【簡単比較】ソーダストリーム全7機種の違いを一覧で!おすすめ機種はコレ

炭酸水メーカーのおすすめ10選!カートリッジ式とシリンダー式に分けて紹介

炭酸 水 メーカー 比較

炭酸水メーカーの魅力 各モデルの解説や選び方に移る前に、炭酸水メーカーの魅力について簡単に解説します。 炭酸水メーカーは、美味しい炭酸水を自宅で簡単に、安く作ることができるキッチン用品の一種です。 水を入れた専用ボトルを炭酸水メーカーに接続し、ボタンを押すだけの簡単操作で炭酸水を作ることができます。 また、 の炭酸水メーカーなら炭酸水の強さを好みで調整できます。 ソーダストリーム社では、炭酸飲料を作るための専用シロップも販売していて、これを利用することでコーラやジンジャーエールなどの炭酸飲料の他、レモン風味の炭酸水やオレンジ風味の炭酸水なども作ることができます。 ソーダストリームの一般的なモデルでは 500mlあたりたったの18円で炭酸水を作ることができるので、日常的に炭酸水を飲む方であればその節約効果は非常に大きいところ。 専用ボトルは何度でも使えるので、 ゴミが増えないのも大きな特徴。 ごみを捨てる手間が省けるだけでなく地球環境にも優しいとあって、炭酸水メーカーを利用するのはいいことづくめです。 自動か手動か(電源が必要か否か)• スナップロック機能があるか• 自動ガス抜き機能があるか• ランニングコストが安いか高いか• 1度に作れる炭酸水の容量が1Lか500mlか の5つです。 それぞれ違いを解説していきます。 自動か手動か(電源が必要か否か) ソーダストリームにはボタンひとつで様々な強さの炭酸水を作ることができる電動タイプと、ボタンを押す回数や長さで炭酸水の強さを調整する手動タイプがあります。 電動で炭酸水を作るモデルは、 ボタンひとつでより手軽に炭酸水が作れるメリットがある一方、電気を使うので電源が必要になります。 そのため 置く場所が限られるデメリットがあります。 自動で作れるモデルは次の2種類。 はソーダストリームの中では最廉価モデルなのでスナップロック機能が付いていませんが、とにかく安いのでいいという人はこのモデルがいいでしょう。 ただ、日常的に使うものなのでボトルの着脱一つとっても簡単にできるかどうかというのはストレスになるところだと思います。 スナップロック機能付きで一番安いモデルだと、 という機種になります。 こちらは私も使っていますがお勧めです。 自動ガス抜き機能があるか 炭酸水メーカーで炭酸水を作った後は、ボトルを炭酸水メーカーから外す際にガスを抜く必要があります。 自動ガス抜き機能はその名の通り、炭酸水を作った時に自動でガスが抜ける機能です この自動ガス抜き機能が付いているモデルは次の2種類。 (29,000円)• (19,000円) 一方でこの機能が付いていないモデルはボトルを外す際に手動でガスを抜く必要があります(と言ってもゆっくりボトルを外せば勝手に抜けます)。 正直ボトルを外すときに勝手にガスは抜けるので、 自動ガス抜き機能の有無で機種を選ぶ必要はないと思います。 ランニングコストが安いか高いか ソーダストリームではガスシリンダーの大きさが60Lと25Lの2種類あり、購入する機種によってどちらのサイズのシリンダーを使うかが決まっています。 ソーダストリームで主流の 60Lのガスシリンダーを使うと500mlあたり約18円で炭酸水を作ることが可能です。 一方、 25Lのガスシリンダーを使う小型モデルを購入した場合は500mlあたり約26円と、炭酸水を作るコストがやや上がってしまいます(相対的にガスシリンダーの値段が高くなるため)。 25Lのガスシリンダーを使うモデルは の1機種。 また、60Lのガスシリンダーは家の近くの取扱店でシリンダーを交換できるのに対して、 25Lのガスシリンダーはお近くの取扱店で交換することができません。 そのためソーダストリーム社と郵送でやりとりして交換しなければなりません。 その送料なども追加費用として掛かってきます。 1度に作れる炭酸水の容量が1Lか500mlか ソーダストリームでは専用ボトルを利用して炭酸水を作ります。 この専用ボトルの容量は、500mlと1Lの2種類があります。 1Lのボトルに対応しているモデルでは500mlのボトルも利用することができます。 一方で500mlのボトルにしか対応していない小型モデルでは1Lのボトルを利用することはできません。 大は小を兼ねるってやつです。 500mlのボトルしか使えないモデルは のみで、その他の5機種は1L、500mlどちらのボトルも使用することができます。 日常的に炭酸水をどれだけ使うか、作った炭酸水を冷蔵庫に入れて保管するのに必要な冷蔵庫の空きや、炭酸水を作る前に水を冷やしておくスペースを確保できるかなどによってきますが、うえで紹介したランニングコストにも関わってくるのでよほどこだわりがない限りミニデラックス以外の機種を選ぶのが無難かなーとは思います。 なおミニデラックス以外の機種は通常1Lボトル1本がついてくるのみなのですが、 で購入すると500mlボトルが無料で付いてくることがあります(私が買った時は1Lのボトルだけじゃなく500mlのボトルが合計で3本もついてきました!)。 ソーダストリームは公式サイトで購入するのがおすすめです。 ソーダストリーム 最高級モデル• 3つのボタン(強中弱)で強さの異なる炭酸水を作れる• LEDライトの光で炭酸の強さを判別可• ボトルの着脱が簡単な「スナップロック機能」搭載• 自動ガス抜き機能搭載• 電動タイプなので コンセントが必要• プラダなどで活躍するデザイナー「イヴ・ベアール」がデザインを担当• 白と黒の2色展開• 5㎏とソーダストリーム 最重量 ソーダストリームの最高級モデルがこの。 電源が必要で置く場所を選ぶものの、ボタン一つで「微炭酸」「中炭酸」「強炭酸」の3種類の強さの炭酸水を作り分けられるハイエンドモデルです。 LEDライトの光で炭酸の強さもわかるので視覚的にもどれだけ炭酸が入っているのかわかりやすいのも特徴です。 ソース v3(Source v3)19,000円 特徴• 手動最上位モデル• ボタンを押す回数で強さの異なる炭酸水を作れる• LEDライトの光で炭酸の強さを判別可• ボトルの着脱が簡単な「スナップロック機能」搭載• 自動ガス抜き機能搭載• 手動タイプなので 電源不要• プラダなどで活躍するデザイナー「イヴ・ベアール」がデザインを担当• 白・黒・赤の 3色展開• 1㎏とソーダストリームの中では重め 手動最上位モデルがこの です。 機能的には、ボタンを押す回数で炭酸の強さを調節する以外は最上級モデルの と変わらない。 電源が不要な分どこにでも置けるメリットもあります。 ボタンを何度も押すのが面倒でなければ、値段差もあり よりおすすめなモデルです。 スピリットワンタッチ(Spirit One Touch)19,000円 特徴• 定番モデル• ボタンを押す回数で強さの異なる炭酸水を作れる• ボトルの着脱が簡単な「スナップロック機能」搭載• 自動ガス抜き機能 非搭載• 手動タイプなので 電源不要• 白・黒・赤の 3色展開• 1㎏とソーダストリームの中では比較的軽い 迷ったらとりあえずこれ買っておけば間違いないソーダストリームの定番モデル。 何を隠そう私が買ったのもこのモデルです。 電源が不要でどこにでも置けるうえ、軽いので屋外に持ち運んだりも簡単にできます。 5cmと比較的小型なので置く場所を選ばないのも特徴です。 ジェネシスデラックス v2(Genesis Deluxe v2)12,000円 特徴• 最廉価モデル• ボタンを押す回数で強さの異なる炭酸水を作れる• ボトルの着脱がはねじ込み式( スナップロック機能なし)• 自動ガス抜き機能 非搭載• 手動タイプなので 電源不要• ホワイト、レッドの2色展開• 0㎏とソーダストリームの中では 最軽量 ソーダストリーム最廉価モデルがこの です。 この機種のみ、ボトルが簡単に装着できる 「スナップロック機能」がついて無くて、ボトルを本体に「ねじ込む」タイプになっています。 機能面では他のモデルに劣りますが、その分値段が安いのでコストパフォーマンスの高さを追求する人に人気のモデルです。 ミニ デラックス(Mini Deluxe)12,000円 特徴• 最小のコンパクトモデル• 25Lガスシリンダー使用• ボタンを押す回数で強さの異なる炭酸水を作れる• ボトルの着脱が簡単な「スナップロック機能」搭載• 自動ガス抜き機能 非搭載• 手動タイプなので 電源不要• ホワイト、レッドの2色展開• 0㎏とソーダストリームの中では 最軽量• 500mlボトルのみ使用可 ソーダストリーム 現行モデルで唯一の25Lガスシリンダーを使うコンパクトタイプがこの です。 ボトルも1Lタイプのボトルは使えず500mlボトルのみ。 25Lのガスシリンダーは家電量販店などでは交換できず、公式サイト経由で交換するしかない点と、60Lのガスシリンダーと比べて炭酸水を作るコストが上がってしまうデメリットがあります。 値段が比較的安く、本体サイズが小さいので 置くスペースが限られる人にお勧め。 一緒に買っておきたい関連商品 専用ガスシリンダー 水に炭酸を注入するための炭酸ガスが詰まったシリンダーです。 通常最初に購入することになるスターターキットに1つ付属しています。 ただ郵送交換には時間がかかるので届くまで新しく炭酸水を作ることができません。 また、近くのお店で交換してもらうにしても営業時間じゃないと交換できませんし、 晩酌中に急にガスが切れて炭酸水を作れないなんてことになったら嫌ですよね? そんなときのために予備を1本買っておくと非常に便利です。 交換用のガスシリンダーは もあり、1本ずつ買うより1本あたり安く購入することができます。 スターターキットについてくるシリンダーと合わせると3本。 そんなにたくさんいらないよ! と思われるかもしれませんが、3本持っていると送料無料で交換できるお得便というサービスが利用できるようになります(通常は5,000円以下だと送料が500円かかります)。 プレミアムシロップ コーラ/ジンジャーエール ソーダストリームで作った炭酸水に混ぜることでコーラやジンジャーエールなどの炭酸飲料を作ることができる専用シロップです。 1本で6Lの炭酸飲料が作れます。 合成着色料や保存料不使用で、市販のものと比べて低カロリーなコーラやジンジャーエールが作れます。 普通に炭酸飲料として飲んでもいいですし、お酒が好きな方ならコーラハイボールやモスコミュールなどのカクテルを作るにもちょうどいいと思います。 目的別!おすすめモデル 最後に簡単にですが、目的や予算に合わせたおすすめモデルをまとめます(リンクをクリックすると公式サイトの該当ページに飛びます)。 いろいろある機種の違いについて参考になれば幸いです。 ここまで読んだけどそれでも結局どれ買ったらいいか決められないっていう人は、定番モデルの を買っておけばいいでしょう。 私も実際に購入したモデルですが、これまで使ってみて特に不満はありませんよ!.

次の

【レビュー】コスパが良くて強炭酸!炭酸水メーカーは『ドリンクメイト』がオススメ|まじでアメージング

炭酸 水 メーカー 比較

スピリットを購入しました 購入したのはソーダストリーム 「スピリット」スターターキット。 セット内容 ・本体 ・ボトル2本 500mlと1L ・ガスシリンダー1本 わたしは更にガスシリンダーを買ったので、こちらにシロップがおまけで付いていました。 *シロップ目当ての方は公式ショップから購入すると付いてきますよ。 今回は炭酸水メーカー 「ドリンクメイト」と「ソーダストリーム」の違い についてお伝えします。 そしてそれを1本ずつラベルを剥がして蓋を外して潰して… と破棄する時も面倒です。 ネットで購入されてる方の場合は箱買いしたペットボトルの置き場問題もありますよね。 そんな「たいしたことなさそうだけど実は意外と煩わしくて、なくなると嬉しい」問題を解消してくれるのが「炭酸水メーカー」です。 炭酸水メーカーを購入すると• 安い!• ゴミが出ない!• 出来立てがいつでも飲める! とお得感満載です。 炭酸水メーカーどれがいいの? 「炭酸水メーカー」で検索するとよく出てくるのは「ドリンクメイト」と「ソーダストリーム」 こちらがドリンクメイトです。 こちらは 割高な上に カートリッジのゴミが大量に出るためペットボトル利用時と手間はあまり変わらないのでは?とわたしは思い始めから除外しましたが、ガスシリンダーの交換が面倒に感じる方や水以外に炭酸を入れたい方にオススメ。 ドリンクメイトとソーダストリームの違い さて、ドリンクメイトとソーダストリーム との違いですが、大きく分けて5つあります。 ドリンクメイトは水以外にも使える! 炭酸の入ったオレンジジュースやワイン、お好きな方も多いのではないでしょうか。 ちなみにわたしは100%ジュースに炭酸が入ったものを見かけると間違いなく購入します ソーダストリームは水専用ですが、ドリンクメイトは水以外にも使えるんです。 ジュースもお酒も、お茶も、気の抜けたビールも、市販の炭酸飲料も。 何にでも使える点がドリンクメイトの最大の魅力。 2019-11-26追記 現在は ドリンクメイトから「水専用」の機種が発売されています。 ドリンクメイト マグナムスマートというお値打ちな機種が水専用になります 水以外に使うデメリット2 1杯あたりの単価が ソーダストリームより高い 水以外に使用すると 1度にかなりのガスを消費します。 水の場合 約1リットル分に3〜4回のプッシュでガスを注入するのですが 水以外の場合は水分量は350ccまでと少なくなるのに対して ガスは20プッシュほど必要になります。 ドリンクメイトもソーダストリームも「ガスシリンダー1本で1リットル約60回分」などと書かれてはいますが ジュース類に多く使った場合 水の5倍ほどのスピードでガスがなくなっていく計算になります。 実は炭酸入りの100%ジュースが好きです ま、そうはいってもオレンジジュースの炭酸、わたしはめっちゃ惹かれます たまのご褒美的には飲みたいのですが。。 で炭酸水作り オレンジジュース版・続き ガス抜きをしっかりしたら蓋を開けて注ぎます しゅわしゅわの泡が凄くて他のものでも試してみたくなりました! 色々な液体に使える点がドリンクメイトは面白い コーヒーで是非試してみたい — misuzu 1分レシピ動画📪 misumisu0722 2. ドリンクメイトはガス抜き作業が必要 同じように見えるこの2機種ですが、実は 炭酸水の作り方行程に大きな違いがあるんです。 ソーダストリームでは 自動で行われる「ガス抜き作業」が ドリンクメイトの場合は手動になります。 お水で作る場合でも水以外で作る場合でもこれは変わりません。 ドリンクメイトでの炭酸水の作り方• 炭酸ガスを入れる• 蓋を押してシューっと音がしなくなるまでガスを抜く• その後ボトルを寝かせてコロコロ馴染ませる ちょっと時間がかかりますがこれも慣れるともしかすると気にならない作業なのかもしれません での炭酸水作り 続き ガスを入れたらボトルを外しボトルを横にして少し傾け全体に炭酸を馴染ませます その後蓋を開け中のガスをしっかり抜いてから蓋を開けます。 抜かずに開けるとブワッと噴きこぼれる このまま冷蔵保存可能 — misuzu 1分レシピ動画📪 misumisu0722 ソーダストリームでの炭酸水の作り方• 炭酸ガスを入れる• ボトルを外す 以上 「ガスを入れる」以外に行う作業は何もありません このガス抜きの時間を毎度毎度過ごすより ガス抜き作業の手間のないソーダストリームの方がいいのでは?とわたしは思いました。 ドリンクメイトは溢れ出てきやすい これも ドリンクメイトのデメリットなのですが ドリンクメイトは ガスを入れすぎたり ガス抜きができてなかったりすると割とすぐに 暴発し溢れ出てきてしまうので 作業には十分な注意が必要です コーラを振って開けた時のようなアレが起こります ソーダストリームの場合は通常に使っていればこの 「溢れ出る」という事はほぼありません。 水以外を入れたり変な使い方をした場合はどうなるのかわかりません 購入してから2年ほどですがうちの 8歳児でも1度も失敗なく作れています 3. ソーダストリーム は強炭酸が作れる ドリンクメイトでもソーダストリームでも、好みのガス量で注入して好みの炭酸水を作ることができるのですが、 ドリンクメイトでMAXまでガスを注入しても強炭酸とまではいきません ソーダストリームの方が強い炭酸水を作ることができます。 ソーダストリームは取り外せません。 なのでこの点はさほど気にならない点だと思います。 ソーダストリームのガス交換お得便が手軽 実は 1番の決め手がこれでした。 ソーダストリームのガス交換お得便が嬉しいシステムなんです! そもそもガス交換って? ドリンクメイトもソーダストリームも、ガスシリンダーを使用しているので 空になったシリンダーをそのまま破棄する事ができません。 引き取ってもらうか 新しいシリンダーと交換してもらうかどちらかになります。 この点がちょっと面倒なんですよね。 ガスの交換方法• 取り扱い店舗に空のシリンダーを持参して交換• ネットショップにて注文しての交換 どちらかになります ネットの場合は 「配達員さんに引き取ってもらう」場合と 「届いてから空のシリンダーを送り返すと一部お金が返金される」場合と お店によって方法が違います。 こちらの場合は シリンダーの金額が変わります ソーダストリームの場合 ソーダストリー ムのメリットとして 取扱店舗が多いという点があります。 比較的全国どこの電気屋、百貨店でも取り扱いがありますし ネットでも気軽に購入することができます。 ネットの場合はAmazonでも取り扱ってるお店がいくつかありますし 公式サイトでも買えます。 楽天やYahoo! 内にも公式ショップがあるのでそちらでガスシリンダー交換を頼めば ポイントを貯める事もできます。 公式サイトからも、楽天、Yahoo! からでもどこから注文しても 支払いは代引きのみになります ドリンクメイトの場合 ドリンクメイトは 取り扱い店舗がまだ少なく、 交換先の選択肢がまだ少ないのが少し気になるところ 今後増える可能性もあります 交換用のガスシリンダーはソーダストリーム と同じ値段ですが、新規購入の場合のガスシリンダーはドリンクメイトの方が若干お安くなります。 公式サイトで交換を申し込む場合 ソーダストリームもドリンクメイトも公式サイトで交換を申し込む事ができます。 どちらも 届いた時に配達員さんに空のガスシリンダーを引き取ってもらうだけなので手間もありません。 *ただし 5000円未満の場合送料がかかるので、送料が気になる方は3本購入するか店舗に持参しての交換になります。 ソーダストリームのガス交換お得便は送料無料 そこでご紹介するのがソーダストリームの ガス交換お得便です。 このシステムは ソーダストリームのみです。 ここまでご紹介したガス交換は送料がかかりクレカが使えませんでしたが 公式サイトの「ガス交換お得便」から申し込むと 送料なしでクレカも使えるんです。 「2本ずつ3回セット」の場合で説明すると 始めに6本分の代金を支払います その後交換の申し込みをします 1回の交換でシリンダーが2本届き、空のシリンダーを2本引き取ってもらいます。 これがなくなったらまた交換を申し込みます 同様に2回目も2本届き2本引き取ってもらいます これを3回目まで行えます このシステムを使う場合に限り 「送料無料」「クレジットカード払い可能」で交換できるんです。 画像は公式サイトより 交換方法は先ほどと同じで配達員さんにからのガスシリンダーを渡して引き取ってもらうだけ。 送料がかからないのでこのお得便はかなり嬉しいシステムです。 詳しくはこちら まとめ というわけで以上の点から 散々っぱら迷いましたが ソーダストリームのスピリットを買うことに決めました! ドリンクメイトは 水以外に使える点は魅力ですが• 毎度のガス抜き作業が面倒• 綺麗に洗えない• 強炭酸が作れない• ガスの減りが5倍 水以外の場合• ガス交換に送料がかかりクレカ使えない ソーダストリームは水にしか使えませんが• 炭酸水作りが一瞬• ガス抜き不要• 子どもも使える• 強炭酸作れる• ガス交換お得便がある これは ジュースやお酒に使いたい人以外は ソーダストリーム一択なのではないでしょうか。。 我が家でも 洗顔に、炊飯にと飲むだけでなく日々楽しんでいます.

次の

炭酸水メーカー「ドリンクメイト」と「ソーダストリーム」の5つの違い

炭酸 水 メーカー 比較

炭酸水メーカーは、水や飲料に炭酸ガスを注入することで手軽に炭酸水やソーダ割りが作れるアイテムです。 強炭酸や微炭酸に調整できる商品や、一度に大容量の炭酸水が作れる商品などもあり、使い勝手がいいところが特徴。 自宅で炭酸水が作れることで、お酒や飲み物のレパートリーなども増やすことができます。 ぜひ、使いやすい炭酸水メーカーを見つけてみてください。 炭酸水メーカーの選び方 まずは、炭酸水メーカーの選び方をご紹介します。 使い勝手を左右する「重鎮方法」や「ボトルの形状」、便利な「付帯機能」をチェックすると好みの商品が選べるようになります。 とくに、重鎮方法は、炭酸水メーカーの使用頻度を考えながら、選びたいポイントです。 どのような点に着目するべきか、ぜひチェックしてみてください。 炭酸ガスの充填方法をチェック 炭酸水メーカーには、主に2つの炭酸ガス重鎮方法があります。 1つ目は「カートリッジ式」です。 炭酸ガスを発生させる専用のカートリッジを取り付けるだけで、手軽に炭酸水が作れます。 1回炭酸水を作るために1つのカートリッジを使い切るタイプが多く、コンパクトでどこでも手軽に炭酸水が作れるところが特徴。 また、使い切りタイプなので衛生的で、使用頻度が少ない人にも向いています。 一方で、カートリッジの単価は決して安くないので、ランニングコストがかかるところがデメリットです。 2つ目は、「ガスシリンダー式」です。 ボンベ型になっており、中には炭酸ガスが重鎮されています。 一度に多くの炭酸水が作れるところが特徴。 コストパフォーマンスがよく、毎日飲む人や使用頻度が高い人におすすめです。 デメリットとしては、使用後の処理が少々面倒なところ。 ガス抜きをして、指定の方法で捨てなければなりません。 このように、炭酸水メーカーの使用頻度や使いやすさに合わせて選んでみてください。 専用ボトルの種類をチェック 炭酸ガスメーカーの専用ボトルもチェックしたいポイントです。 主に、次の3つに着目して選んでみましょう。 1つ目は、専用ボトルのサイズです。 1回でどれくらいの炭酸水が作れるのかの目安となります。 使用目的や平均的な使用量を念頭に置いて考えてみましょう。 2つ目は、ボトルの材質です。 どのような材質でできているのかによって、お手入れのしやすさが異なります。 とくに、使用頻度が高い場合はボトルが弱いと長い間愛用できなくなります。 3つ目は、キャップができるかどうかです。 専用のキャップが付いているとそのまま保管できるのはもちろんのこと、水筒代わりに使えます。 また、炭酸が抜けてしまうのを防ぐことも可能です。 このように、ボトルの機能性にも着目して選んでみてください。 付帯機能もチェック 炭酸水メーカーには、種類によってさまざまな性能が付帯しています。 使い方に合わせて、気になる機能が付いているかチェックしてみましょう。 例えば、水以外にジュースにも使いたい場合は、ジュースやお酒にも対応している商品を選びましょう。 炭酸水作りだけでなく、フルーツソーダやスパークリングワインなども簡単に作れます。 作れるドリンクのバリエーションが増えれば、思う存分活用できるはず。 他にも、炭酸の強さを選べる商品は、好みの飲み心地に調整できるところが特徴です。 その日の気分などに合わせて好みの飲み心地に調整できるので、おいしく味わえるようになるでしょう。 このような、便利な付帯機能にも着目してみてください。 【ガスシリンダー式】炭酸水メーカーのおすすめ商品5選 まずは、ガスシリンダー式の炭酸水メーカーを厳選してご紹介します。 炭酸の濃度を調整できる機能や水以外の飲料に使用できる機能など、さまざまな機能が付帯している商品も。 気になる機能や使いやすさをチェックしながら、気になる商品を見つけてみてください。 強炭酸調整が可能「ソーダストリームGenesis v2スターターキット」.

次の