どんな とき も wifi 比較。 【モバイルWi

どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんな とき も wifi 比較

この記事の目次• 類似サービスである WiMAXやポケットWi-Fiとの大きな違いは次の3つです。 トリプルキャリア対応• データ容量完全無制限のプラン• 海外でも使える それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。 1 トリプルキャリア(au・docomo・Softbank)対応 どんなときもWiFiは なんと au、docomo、Softbankのトリプルキャリア対応。 携帯会社の通信ネットワークなので、 対応エリアは日本全国とかなり広いです。 それに、 3つのキャリアの電波の中で、自動的に一番強い電波のキャリアに接続してくれるため、面倒な設定は一切要りません。 2 データ容量完全無制限のプラン プランはデータ容量無制限の1つのプランのみとシンプルです。 月額料金は3,280円の定額制で 非常にリーズナブルな価格です。 3 海外でも使える それと、別途料金が発生しますが海外で利用することもできます。 ただし1つ注意点! どんなときもWiFiで使うモバイルルーター端末は「購入型」ではなく 「レンタル型」になっています。 レンタル代金は無料で、 新品端末を貸し出しています。 購入型のWiMAXやポケットWi-Fiと違い、 契約解除後には端末の返却が必要になります。 ここからはさらに詳しいメリット・デメリットを確認していきましょう! 2. 1 月額料金が安い レンタル制だからというのもありますが、 購入型のWiMAXやポケットWi-Fiと比較すると月額料金が安くなっています。 月額料金は3,280円で、いくら使ってもこれ以上増えることはない定額制になっています。 WiMAXやポケットWi-Fiだと「4,000円前後」するので、 どんなときもWiFiのほうが毎月の支払コストを抑えられます。 2 データ容量完全無制限 WiMAXにもデータ容量無制限の「ギガ放題プラン」があります しかし、 WiMAXは3日で10GBを超えた場合、 通信速度が翌日18時~翌々日2時頃まで概ね1Mbpsに速度制限されるルールがあります。 なので、完全無制限とは言えないのがWiMAXです。 ポケットWi-Fiも基本的には月間7GBまでです。 mobileやYahoo! Wi-Fiはアドバンス オプションを付ければ無制限になります。 しかし、WiMAXと同じで ポケットWi-Fiも3日で10GBの制限があります。 しかも、 ポケットWi-Fiの無制限で使える エリアが狭いのでそもそも使えない人もいます。 それらに対し、どんなときもWiFiでは• 広いエリア使える• 通信速度の制限がない という大きく優れている2つのポイントがあるのです。 通信量の多い高画質動画• ゲームソフトのダウンロード• 音楽のストリーミング再生 などで 常にデータを大容量消費するようなヘビーユーザーでも、一切制限を気にすることなく使えます。 3 対応エリアが広い どんなときもWiFiは対応エリアが広いです。 その理由は、 au、ドコモ、ソフトバンクの3キャリアに対応しているからです。 そもそも、携帯会社の通信エリアは WiMAXよりも一回り広いのです さらに、3キャリアすべてに対応していることによって、 繋がらない場所がほとんどありません。 スマホやモバイルルーターはSIMカードを端末に挿入し、そのSIMカードが対応している通信エリアでしか使えなかったのです 一方、どんなときもWiFiの端末にはSIMカードが入っていません。 これは、「クラウドSIM」の仕組みを利用した「クラウドWiFi」になっているからです。 モバイルルーターの使用場所に応じて、自動的に一番最適なSIMカード情報をクラウドサーバー上から取得して接続します。 たとえば、 山奥だとドコモの電波が一番いいからドコモに繋ぐ、 ソフトバンクの回線障害が発生しているからauに繋ぐなどを 自動的にやってくれます。 4 海外でも利用できる 海外でモバイルルーターを使うためには、• 海外対応のレンタルWi-Fi事業者で1週間単位や1カ月単位などで契約• 現地のプリペイドSIMを使う などが一般的です。 ちなみに、 WiMAXは国内のみのサービスなので「 海外では使えません」。 レンタルWiMAXの微妙な点としては、 レンタル開始から返却完了までの日にちで計算されてしまうこと。 どんなときもWiFiを海外で使った場合、追加料金がかかりますが、 海外で使った日にちだけの1日定額制での請求になります。 つまり、 どんなときもWiFiは使わない日にちは0円です。 それに、海外で使うにあたり特に申し込みは要りません。 使いたい日に電源をいれるだけでOKです。 しかし、デメリット(劣っている点)ももちろんあります。 デメリットをしっかり押さえた上で、自分に向いているかどうかを確認しましょう。 1 ルーターがレンタル制 どんなときもWiFiでは、ルーターが無料レンタルになります。 レンタルということは、 最後に返す手間がかかるということです。 返却期限は、「解約月の翌月5日まで」です。 きちんと返却できれば何も問題ありません。 しかし、• 返却期限までに返却がない• 返却時に故障が見られる ような場合には、機器損害金18,000円を請求されるため注意が必要です。 2 下り最大通信速度はWiMAX以下 どんなときもWiFiの端末は、• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps のスペックになっています。 広い通信エリアと、安定のLTE回線でWiMAXより繋がりの良さには期待が持てます。 しかし、 WiMAXの電波が良く入る場所と比較すると通信速度は遅めです。 下り最大558Mbps• 上り最大30Mbps だからです。 WiMAXの対応エリア外の方• 海外へ行くことが多い方 「WiMAXの対応エリア外」でも、 どんなときもWiFiであれば対応している可能性は非常に高いです。 どんなときもWiFiは、携帯3キャリアと同じ通信ネットワークを使うので、全国的に広く使えるからですね。 そして、海外へ行くことがが多い方には特におすすめできます。 海外に行くたびに、海外用レンタルWi-Fiを予約・受取などの手続きをする海外用レンタルWiFiよりも、 現地で使うときだけ電源をONにすればよいので簡単です。 たとえば、ハワイだと1日あたり1,280円で1GBまで使えるので、海外用レンタルWiFi大手のイモトのWi-Fiよりも安いですよ。 よく物を紛失したり壊したりする方• 通信速度の速さにこだわりたい方 どんなときもWiFiは、レンタル制なので最後は返却をします。 普段からよく物を失くしたり、壊してしまったりするような方は、レンタルしたものをきちんと返せるか不安なのでやめた方が良いかもしれません。 また、通信速度の速さは利用する場所によってピンキリですが、電波がとても良く入ったとしても50~80Mbpsが良いところでしょう。 WiMAXであれば、電波がとても良く入る場所であれば100~200Mbpsほど出ることがあります。 1 WiMAXの方がおすすめの方 どんなときもWiFiではなく、WiMAXがおすすめの方は次の項目に当てはまる人です。 都心部に住んでいる方• 購入型のルーター希望 田舎ではなく都心部にすんでいるなら、WiMAXのほうが通信速度も速いです。 なので快適にインターネットに繋がる確率が高いです。 それに、WiMAXの場合はどんなときもWiFiと違って、ルーターが購入制になっています。 購入と言っても、料金がかかるわけではなく、たいていのプロバイダは無料で提供しています。 ただし、プロバイダによっては、一定期間以内に解約した場合は返却を求めてくるところもあります。 それに、WiMAXの料金はキャンペーンの有無などもありピンキリになっています。 なので、一言でWiMAXと言ってもいろんな選択肢があるので、 WiMAX取扱プロバイダごとに比較して、一番お得なところと契約するのをおすすめします。 2ポケットWi-Fiの方がおすすめの方 どんなときもWiFiではなく、ポケットWi-Fiがおすすめな方は次の項目に当てはまる人です。 田舎に住んでいる方• 無制限じゃなくても良い方• 購入型ルーター希望 ポケットWi-Fiは、携帯キャリアの回線を使っているのでWiMAXよりも使えるエリアが広いです。 なので、田舎住まいで、WiMAXの電波が不安な方に向いています。 また、どんなときもWiFiと違い、ルーターは購入型になっています。 しかし、Y! mobileの無制限で使えるアドバンスオプションは都心部しか使えないので、無制限使い放題じゃなくてもいいという方のみが向いています。 ポケットWi-Fiもキャリア回線ごとにいくつかの選択肢があるため、自分にあったサービスを比較して決めることをおすすめします。 当サイトの徹底調査の結果、ポケットWi-Fiベストな選択肢は1社だけ! ネクストモバイルの「速度・料金・サポート」について全て解説した記事があるので、気になる方は是非読んでみてくださいね!.

次の

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi(無限WiFi)」どっちがおすすめできるの!?

どんな とき も wifi 比較

各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。 表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。 こちらもよかったら活用してください。 どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。 そのため、 ほぼ日本全域で通信することができます。 一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。 WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです! 「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。 例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。 都心ならauが速いからauのSIMに接続。 といったように その場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。 最大通信速度 (理論値) 150Mbps 1. WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。 100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、 山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。 また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。 通信速度を重視しているようでしたら、 首都圏在住ならWiMAX。 田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。 どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。 そのため、 屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。 首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。 0Gbps 上り:75Mbps 連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電 wifi規格 IEEE802. 11b/g/n IEEE802. 11a/n/ac IEEE802. 11b/g/n IEEE802. どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました! どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。 一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。 また、「IEEE802. 11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。 端末の性能で選ぶならWiMAX。 電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです! 文中の「IEEE802. 11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。 従来の2. 4GHz帯での通信と比べて、 5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。 ただし、2. 4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。 一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。 また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。 モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。 まず、 どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。 当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。 一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。 速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。 そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。 また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。 どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。 一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗 厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。 なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。 WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。 ですが、 この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。 そのため、月額の点では、 何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。 どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。 そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。 どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。 強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。 一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが 最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。 そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。 また、次の関連記事でがお得なWiMAXを紹介しています。 一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗 国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。 そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。 結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです! ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。 また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。 月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。 その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると 総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです! どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。 首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり! 総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。 YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、も平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。 どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。 当サイトでは、全31社のして特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。 WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴• WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!• 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」• 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。 比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。 WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。 総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。 迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!.

次の

【2020年版】どんなときもWiFiを選ぶポイント!料金・速度・評判をすべて解説!

どんな とき も wifi 比較

5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 縛りなしWiFiは期間縛りがなく、月額料金が安いところが特徴で、どんなときもWiFiは通信容量が完全に無制限と言うところが特徴です。 通信速度はそこまで大差なし!実測値は縛りなしWiFiのが速い? 【通信速度比較】 縛りなしWiFi どんなときもWiFi 上り 最大37. 5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 0Mbps アップロード速度はどんなときもWiFiの方が有利で、ダウンロード速度は縛りなしWiFiの方が有利といった感じです。 ただし、これは実測値ではなく、あくまで機種の理論値の話です。 3日縛りない分、基本が低速なのかなと思いきや、夜自宅で数回測ったら平均30Mbpsは出てるから、制限かかってない時のwimaxよりも早くて、優秀すぎた。

次の