キッチン ハイター。 花王株式会社 お問い合わせ 花王の塩素系漂白剤で、次亜塩素酸ナトリウム0.05%、0.1%の液は作れるの?

キッチンハイターの使い方 食器・コップ・ステンレスと漂白剤

キッチン ハイター

次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は、衣料用の「ハイター」と台所用の「キッチンハイター」です。 「ハイター」と「キッチンハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。 したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。 必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。 塩素系漂白剤の使用には注意が必要ですので、ご使用前には必ず、各製品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml) *次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流してください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。 更新日:2020年05月01日.

次の

ハイターとキッチンハイターの違い!次亜塩素酸でノロ対策

キッチン ハイター

キッチンハイターの捨て方• シンクから流す方法• 可燃ごみとして出す方法• お風呂の残り湯に混ぜて流す方法 ハイターは、 可燃ごみとして捨てることもできますし、 流すことも可能なんです。 その際は、まず 住んでいる地域のごみの分別ルールの確認は必ずしておいてくださいね。 それでは、それぞれの手順を解説していきます! シンクから流す方法 キッチンハイターはそもそも水で洗い流すため、 シンクの排水溝に流しても問題はありません。 しかし、キッチンハイターは塩素系漂白剤なので、酸性タイプの洗剤がシンクや排水溝に使用されている場合は、有毒ガスが発生して危険です。 酸性タイプの洗剤といえば、サンポールやクエン酸などお掃除の時に良く使うものですね! 以下の要領で換気をしっかり行いながら流してください。 シンクから流して捨てる手順 流すときの注意点• 手荒れ防止のためゴム手袋をはめる。 酸性タイプの製品といっしょに流さない。 熱湯やお湯は絶対に使わない。 シンクに流すのは多くて1回に1本程度が目安。 大量の場合は数日に分けて流す。 一度に大量に流さない。 原液に触れてしまった時のために必ず、 ゴム手袋をして扱いましょう。 酸性のものに触れると有害な 塩素ガスが発生して非常に危険なので、いつも使っている洗剤を確認してください。 また、キッチンハイターをお湯で流そうとすると、湯気といっしょに吸い込み気分を悪くする恐れがあるので、必ず 水を使うようにしてください。 キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、金属と反応して排水管が傷む恐れがあります。 (特に古い配管は要注意) そのため、 一度に大量に流さず、1回に1本を目安に捨てるようにしてくださいね。 粉末など固形物はそのまま可燃物としてゴミに出すことができますよ! お風呂の残り湯に混ぜて流す方法 キッチンハイターを流す量が多い場合は、 お風呂の残り湯に混ぜて流す方法もあります。 お風呂の水の量であれば、大量に処分したい場合は、希釈される量も多いのでおすすめです。 しかし、熱いお湯に投入してしまうと、蒸気でハイターも一緒に吸い込んでしまう恐れがあるので、 冷めた残り湯に混ぜるようにしてください。 また、スクラビングバブルなどの 酸性の洗剤を使っている場合は、ハイターと混ざらないように注意しましょう。 キッチンハイターの容器の捨て方は? キッチンハイターの中身は捨てたけど、容器はどうやって捨てるのだろう? とまたまた悩みますよね。 容器には以下のように書いてあります。 包装容器の材質 ボトル:PE キャップ:PP 中栓:PE 引用: PE(ポリエチレン)・PP(ポリプロピレン)は、プラスチックの材質を表示しています。 このマークは皆さんご存知ですよね? プラスチックの捨て方は 自治体によって違うところもありますが、「プラマーク」がついていれば、基本的には プラスチックごみで捨てるところが多いと思います。 つまり、 キッチンハイターの空容器はプラスチックごみで出しましょう。 容器の捨て方 容器の中が汚れたままでは、プラスチックごみとして出せません。 容器の捨て方は、洗剤の容器などと同じだと思いますが以下のように捨てましょう。 キッチンハイターから容器の捨て方 Sponsored Link キッチンハイターに使用期限はあるの? キッチンハイターは 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系漂白剤です。 医療用ではないため薬機法(旧薬事法)により使用期限は書かれていません。 「適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている」場合は使用期限を明記する必要がないとされています。 開封後の使用期限としてはおよそ1年がめやすとなるようです。 しかし、購入後にもわずかずつ分解され効果が低下していき、指定の希釈濃度では十分な効果が得られない場合もありますのでご注意ください。 Q1-5 購入してからの製品の有効期間はどのくらいですか? A1-5 塩素系洗浄剤は水酸化ナトリウムで液性をアルカリにして安定化をしていますが、それでもわずかずつですが分解し、効果が低下してきます。 購入後は直射日光を避け、高温にならないところに保管し、早めに使い切ることをおすすめします。 引用: 未開封なら何年でも大丈夫というわけではありません。 直射日光だけでなく温度変化にも影響されるので、あまりに古いものは処分しましょう。 酸性製品と混ざると有害な塩素ガスが発生し危険• 熱湯や熱いお湯といっしょに流さない。 キッチンハイターが湯気となり吸い込むと非常に危険• 必ず窓を開けたり換気扇をつけたりして、換気をよくして行う• 体調がすぐれない時は扱わない パッケージには大きく 「混ぜるな危険!」と書いてありますよね。 裏の注意書きにはこのように書いてあります。 まじまじと読んだことないな?と思った方も、ぜひ読んでおいてください! 必ず使用前に使い方と使用上の注意をよくお読みください。 体調のすぐれない方は使用しないでください。 引用: また、「余ってもったいないから」と液体のキッチンハイターをキッチン泡ハイターの容器に詰め替えて使うことは絶対にやめましょう。 泡にならずに周囲に飛び散って 非常に危険です。 必ずキッチン泡ハイターは付け替え用を購入して使いましょう。 使用時にレバーから液だれするようになったら、劣化のサインなので新しいスプレー本体に買い替えてください。 塩素系と酸性を混ぜてしまったら? 家庭で一般的に使用される洗剤は アルカリ性・中性・酸性にわかれています。 ここで間違っていけないのは、アルカリ性と酸性を混ぜてしまうのがいけないのではなく、 塩素系(アルカリ性)を酸性と混ぜてはいけないということです。 もし以下の症状が出た場合は、すぐ換気をしてその場から離れてください。 鼻が痛い・匂いがおかしい• 目が痛いや喉が痛い• めまい• 吐き気 体調が悪い場合は、 塩素ガス中毒になっている場合があるので、必ず病院にいきましょう。 緊急の場合は、 命の危険もありますので救急車を呼んでください。 実際に塩素系と酸性系の洗剤を混ぜてしまい亡くなられた方もいます。 この災害は、ホテル内において清掃作業中、洗剤を混合する際に塩素ガス中毒にかかったものである。 被災者が所属する会社は、ホテルから清掃作業を請け負い、このホテルにチーフ以下13名の清掃員を常駐させていた。 災害が発生した日、被災者らは午前9時にホテルに出勤し、午前中に1階を、午後に2階を清掃する予定で清掃作業を開始した。 被災者Aは、午前中に1階の清掃作業行い、午後には2階の清掃作業を他の清掃員とともに行っていた。 午後の清掃作業に入ってから被災者Aは、洗剤を補給するためトイレ内で、廊下に置かれていたタイルワックスをポリバケツに注ぎ入れたが量が少なかったので、タイルワックスの近くに置かれていた次亜塩素酸ソーダを追加したところ、ポリバケツから白煙が発生し、その白煙を吸入してしまい、気分が悪くなったので従業員用の控室で横になっていた。 その様子を見たチーフは、事情を聞き、本社へ災害発生の報告を行った。 その後、チーフは、災害が発生したトイレに赴き、白煙の発生したポリバケツに水を入れてトイレ内に数回に渡って流していたところ、気分が悪くなり被災者Aと共に病院に搬送された。 いずれも塩素ガス中毒と診断され、Aは死亡した。 引用: 社会的にも問題視されて1989年から 混ぜるな危険のラベルが貼られるようになってきました。 命にも関わることなので、扱い方は十分に注意しましょう。 サンポール• トイレのルック• ウタマロクリーナー• 茂木和哉• クエン酸• 梅干し 意外とおうちのお掃除に使っているな、という印象ではないでしょうか? ぜひ参考にしてみてください。 まとめ• キッチンハイターはシンクに流すか、可燃ごみとして捨てることができる• 空の容器は洗ってプラスチックごみに出せる• 酸性タイプの洗剤、排水溝のぬめり取りやごみと混ぜてはいけない• 処分を行うときは換気をしっかりする• もし混ぜてしまったら換気をしてその場を離れる 古いキッチンハイターの処分に困っていた方はぜひ安全な捨て方をしてスッキリしてください。 キッチンハイターやほかのハイターにはいろいろな使い方があります。 新しい物を購入されたらぜひ活用してみてくださいね。

次の

コロナ消毒で注目される「キッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム)」。その効果と注意点を化学者が解説してみた

キッチン ハイター

歴史 [ ]• 1962年 花王ブリーチの販売を開始。 当初台所の衛生にも使えると宣伝された。 1966年 花王ハイターに改称。 197?年 花王キッチンハイターの発売を開始。 当初は大小サイズだけだった。 1982年 特大2500mlサイズ、ハイターと同時発売。 1990年 まぜるな危険マーク貼り付け。 2016年 キッチンハイター粉末酸素系(キッチンワイドハイター 家庭用、販売停止。 ラインナップ [ ]• 小600ml• 大1500ml• お得用2500ml• 台所ヌメリ取り 生産終了品 [ ]• 粉末酸素系 競合品 [ ]• カネヨキッチンブリーチ()• マイキッチンブリーチ()• キッチンブリーチ() 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の