歌詞が薄っぺらいアーティスト。 失敗するバンド活動

歌詞が深いアーティストを教えて下さい(´∀`●)なんか最近歌詞が薄っぺ...

歌詞が薄っぺらいアーティスト

デビュー10周年を迎えた 西野カナが、ベストアルバム『 Love Col-lection 2 ~pink~』と『Love Col-lection 2 ~mint~』を11月21日に発売する。 その後、「会いたくて会いたくて」(2010年5月19日発売)や「君って」(2010年11月3日発売)、「トリセツ」(2015年9月9日発売)などの歌詞が若い女性から共感を得ただけでなく、ファッションリーダーとしての一面もあり、ガーリッシュなファッションが10代から20代の女性から支持された。 紆余曲折経た10年を振り返り、心境の変化や30代への想いを語った。 yahoo. 最近は頑張って歌う感じの曲なくなったよね。 一番人気だった頃は魂かけて歌ってた感じだったけど最近はお散歩しながら歌ってる感じの曲が多いイメージ。 マツコさんが言ってて、なるほどと思ったけど 『この人の歌詞は詩ではないよね』 と。 確かに、詩ではなく、おしゃべり。 広がる情緒や、行間の余韻がまるでない。 ーうす紅のコスモスが秋の日の何気ない陽だまりに揺れているー これが詩でしょう。 まぁ、残らないよね。 歌詞がワンパターン 10年間震えてるイメージしかないけども。 30代でトリセツみたいな曲はキツイかもね 誰かが平成の関白宣言とか言ってたけど、自分のことしか考えてないようで相手のことを考えてるのが、関白宣言。 相手の事を考えてるようで自分の事しか考えてないのがトリセツ。 ただのわがままソング 正しく自分を定義して全てを受け入れて欲しいという、女子が恋愛に一度は抱く幻想を、なんの躊躇もなく作文にしたのが、見事に当たったんだろう。 30代でどんな曲を作り、歌うのかでこれからのアーティストとしてのあり方は決まると思う…。 20代までなら、内容浅くても雰囲気でファンはついていけるけれど、ファンも大人になっていくから、今の調子では…と思ってしまいます。 40代でファンだと言う人を知ってますが、あまり成熟した人じゃないので、痛々しく感じてしまって。 若い時は間違いなく凄かった。 だけど近年だとDarlingがピークかな。 カントリー系としては凄く良い曲。 でも最近の曲は歌詞が薄っぺらすぎる。 駄作だけど歌唱力でもってるものが増えてきた。 正直中学生とかが書いたレベル。 あと「君」使いすぎね。 最新曲のサビなんか薄すぎて笑ってしまった。 誰よりも、君が思うよりも。 いつだって、君のことで心はいっぱいなんだよ。 」 いつまでも ペラッペラの恋愛ソングは歌えないよね。 正直良くここまでもったなって感じ。 仕事も忙しくて頑張ってるけど恋してる私輝いてて可愛いみたいな歌ばっかりなイメージ。 来年、再来年で紅白も落選の予感。 まあ充分稼いだだろうし。 コメント読んでいろんな人がいるなあと改めて思いました。 ただ、批判するのは悲しいことですよね。 西野カナのファンになって10年近く。 ライブもたくさんいったけど、生で歌声を聞いたり、新曲だしたりするたび、やっぱり好きだなあって思います。 恋愛の曲以外もたくさん書いているし、私にとっては辛いときとか不安なときには、これを聞いたら少し元気になれるっていう曲を書いてくれて、心の支えの1つになっています。 批判している方の好きなアーティストも、誰かにとっての苦手な歌手かもしれない。 いろんな好みの人がいるんだってことを理解して、自分の好きなアーティストの曲で個人個人が楽しめたらいいなと思いました。 心とか記憶に残る曲とかは少ないけど、聞き流してる分には良いBGM的な感じかな。 同じ恋愛の曲でもユーミンみたいな捻りがまったく無くて薄っぺらい感じ。 成長を感じさせない曲ばかり。 若い人の結婚式なら受けそうだけど。 ちゃんとした文章を読まない人には向いてるかな。 女子高生くらいに響けばよい歌手なんでしょ。 それで儲かるから戦略としては最高。 詩の中身がなくても売れたもん勝ちだよね。 レコード大賞に選ばれるのはわからなかけどね。 薄っぺらな歌詞も好きな人にはいいんじゃない? 若者ターゲットに歌ってるんだから、 商業的にはマッチしてるんだろうね 私は嫌いだけどね 日本語の言葉の美しさや叙情的な表現、比喩や倒置法などのテクニックを駆使して、歌に込めた想いを聴き手に想像させるのが 本当の歌手だと思います。 ストレート(薄っぺら)な歌詞も判りやすくて理解しやすく 一時流行るかもしれないけど、いつまでも人の心には残らない あと20年後に名曲として西野さんの曲が取り上げられることは はたしてあるのだろうか、、、、 ほんとある意味すごいと思う。 いい歌とかは全く思わないけどテレビに出てるとちょっと感心する。 出川哲朗みたいだと思う。 ブレずに貫いてるのがすごい。 多分、このまま痛い女を貫けばいつか出川みたいに広く認めてもらえる存在になるような気がする。 出川も昔は一部にしかハマってなかった。 まぁ世代じゃないしそんなに曲も知らないけど、 子供たちは昔よく聴いてたみたいだし若い世代への時代を築いたと言ってもいいんじゃないの。 歌詞が薄いとか必死に批判してる人がいるが、もっとうっすい歌詞の歌手やアイドル達しかいないのが今の日本の音楽でしょうに。 まあ歌詞歌詞言っても他の歌手がどれほど追求できてるかというとね。 歌詞のクオリティなら80年代の方が何倍も上だと思うわね。 西野カナの歌の変遷は娘が成長して大人になったようなイメージだよ。 丸くなって媚びたようなありきたりな歌詞を聴くときっと今幸せなんだろうなとむしろ安心するわ。 幸せな結婚してほしい。 まあまた元のゴリゴリした曲に戻ってほしいとも思うが。 まあ歌唱力と声の質が個人的にすごい好きというだけの話かもしれんが。 西野さん最近は周りの友人に恋愛のアンケート取ったりして一辺倒にならないよう意識して歌詞を書いてるはずだけどね。 ブレイクして以降会いたい、会えない連呼してここまで来たんだから逆に凄いと思う(笑) もっと若いかと思ったらもう30なんだね 歌詞が薄っぺらく感じるのは年のせいでしょうね 若い時はそれでよかったんだろうけど、年を重ねてもそんな感じだと単に成長がないだけに見える 別に西野カナの歌が薄っぺらいと思ったことはない。 歌詞とういうものはその曲に合ったものであればいいわけだし、それが叙情的なものであれ、日常会話的なものであれ、聴いた人が感動や共感を覚えればそれはそれで価値あるものでしょう。 なんでも型にはめることがいいとは限らないし、危うい世の中になっていく懸念がある。 歌を作るのも、歌うのも、聴くのも自由。 その価値は聴いたその人が判断すればいいこと。 他人の意見は参考までにしておきましょう。 西野カナには西野カナの良さがあるから、こうやって浮き沈みの激しい音楽業界の中で、10年間もやってこれたのだと思います。 歌詞については、リスナーそれぞれが感じる事であって、西野カナの歌に勇気づけられている人や共感を持って聴いている人が多いのも確かです。 西野カナの楽曲には自分の恋愛経験を重ねやすい歌詞が多く、逆にストレートな歌詞である方が、それぞれの思いを重ね合わせて聴く事ができることから、特に女性に人気があるのだと思います。 楽曲や歌詞に関しては完全に好みが分かれる部分。 好きだと思う人は聴くし、否定する人は聴かなければイイ事。 今後、この子がどういう芸能人生を送るのかは分からないけど、少なくとも俺にはこの子を超える曲は書けないし超える事も出来ないけどな。 音楽って人それぞれ、演歌が大好きな人も居ると大嫌いな人も居る・・そんなもんじゃないのかな?.

次の

リンダ リンダ THE BLUE HEARTS 歌詞情報

歌詞が薄っぺらいアーティスト

カテゴリ: 歌において歌詞というのは非常に重要です。 どんなに曲が良かったとしてもそれに乗っかる歌詞がイマイチであれば、その曲への評価は高まらないでしょう。 曲という素材を生かすも殺すも、歌詞次第。 もちろん、それは曲にとっても同様であり、お互いが活きるように出来ていないと曲というのは躍動しないものです。 それほど、歌詞というのは大きいウエイトを占めます。 「歌詞がめっちゃいい」には2種類ある あるアーティストの曲に対する「歌詞がめっちゃいい」という評価には、2種類あるんじゃないかと自分に考えています。 一つは、まっすぐに想いの丈をぶつける歌詞。 もうひとつは、歌詞の中に世界観やストーリーを構築している歌詞。 後者の代表的な例でいえば、BUMP OF CHICKENの名曲「天体観測」は、いろいろな歌詞の捉え方が出来る懐の深い歌詞として、多くの人に愛されていますね。 まっすぐな歌詞は共感が評価基準 まっすぐに想いの丈をぶつける歌詞というのは、その熱さや言葉選びはもちろんですが、自分の状況に近い、または自分が想像することの出来る状況の場合に、強い共感を抱くような歌詞が評価されやすいですね。 自分の感情や記憶を代弁してくれることで、その曲やアーティストについて特別感を抱くのではないでしょうか。 「まっすぐ」と「そのまま」は別物 しかし、ここでひとつ気をつけたいことは「まっすぐに伝える」と「そのまま伝える」というのは一見同じに見えますが、全く別物だということです。 伝えたい感情があったとして、それをそのまま歌詞にしたところで、それはただの感想文です。 例えば「君が好き」という感情を歌詞にした際に以下の歌詞はいかがでしょうか。 「君が好き。 どうしようもないくらい君が好き。 ずっと好き。 毎日好き。 好き好き好き。 」 想いの丈をぶつけてはいますが、情景が浮かばず、ただ言葉だけで盛り上がっているだけです。 確かに「うん、そうだね」と共感は可能かもしれませんが、なんだか薄っぺらいですね。 何の重みのない感想文に共感したくありませんし、評価もありません。 「君が好き。 喧嘩して、笑いあったりして、泣いたりして、しわの数だけ思い出を刻んでいきたい」 同じようなテーマでも、こちらの方がどのように好きなのか、自分がどうしたいのかといった意思表示や情景が浮かびやすいのではないでしょうか。 もし自分で歌詞を書くような場合、または楽曲の歌詞に興味を持った場合にこのような観点で興味を持ってはいかがでしょうか。 文学的な歌詞は謎解きの楽しさがある 一方、歌詞の中に世界観やストーリーを構築している歌詞はどのような魅力や評価基準があるのでしょうか。 いわゆる文学的な歌詞の場合には、その歌はどんな世界観であり、どんなシーンなのか、どのようなメッセージ、真相が込められているのかを追求する楽しさがあることではないでしょうか。 ただ単に小難しいことを言っていても、それが曲を通じて意味を持っていなければ、ただの難解な用語集になってしまいます。 伝えたい本命を、歌詞の合間に忍ばせ、伏線を張り、ヒントを与える。 そのように深く考え込まれた歌詞というのは、その本当の意味やメッセージが理解できたと感じる時に、、鳥肌が立つような喜びを感じます。 そのような楽曲は何度聴いていても楽しいものです。

次の

西野カナの歌詞は薄っぺらい!?マツコ・デラックスが痛烈批判!?

歌詞が薄っぺらいアーティスト

9年連続となる紅白歌合戦出場を決めた「恋愛ソングのカリスマ」 西野カナさん。 女子中高生に絶大な人気を誇る彼女ですが、「 歌詞が薄っぺらい」との意見も多いです。 また、 マツコ・デラックスさんが西野カナさんを批判したことが話題になっています。 今回は西野カナさんの歌詞は薄っぺらいのか、また、マツコ・デラックスさんの意見について書いていきます。 西野カナの歌詞は薄っぺらい!? さて、西野カナさんが書く歌詞は薄っぺらいのでしょうか? まず西野カナさんは ほぼ全ての楽曲の作詞を自身で行っています。 「恋愛ソングのカリスマ」の異名の通り、シングルとして出される主な楽曲は 恋愛系が非常に多いです。 そのため「好き」「LOVE」「会いたい」など 似たような単語が頻出する傾向にあります。 また、「 同じ言葉の繰り返し」が多いのも彼女の作詞の特徴です。 有名な「会いたくて 会いたくて 震える」はまさにそれです 笑。 この傾向のため、「ボキャブラリーが無い」「同じことばっかり言ってる」とされ、「 歌詞が薄っぺらい」と言われてしまうのではないでしょうか。 西野カナの歌詞をマツコ・デラックスが痛烈批判!? 西野カナさんの歌詞を マツコ・デラックスさんが批判したと話題になりました。 内容はこちら 『ありがとう、君がいてくれて、本当よかったよ・・・』 なんて詞をどう解釈しろというのよ。 どこに心の機微があるの? 「ありがとう」ということを自分なりの言葉に代えて表現することこそが、作詞活動じゃないの? あのボキャブラリーでよく歌詞なんか書こうと思ったものね。 あんな三歳児でもわかるようなフレーズじゃないと、 今の若い子たちは共感できないの?そんなに想像力がなくなっているの? あの稚拙な歌詞を見せられて、「小学生の読書感想文じゃないんだぞ」ってツッコミすらできないの? 等身大の思いというのは、いつの世にもあったけど、自分のことを世代の代表として選ばれたアーティストとして自負しているなら、カッコつけようとかプライドがあるはず。 でも、それが西野カナには微塵も感じられないのよ。 彼女だけが問題じゃない。 こんな薄っぺらい歌詞を、何の疑いもなく支持してしまっている 女子高生たちの精神構造もわからないのよ。 与えられたものを、何も考えずにそのまま受け入れているだけ。 だから、あんな詞に対して「そうだよね。 わかるぅ。 友達と会えてよかったよね」ってなるのね。 引用元: 要するに「 西野カナの歌詞は薄っぺらい」と批判しています。 この意見に同調する人も多いですが、主に西野カナさんのファンからは「何様」「自分が歌詞を書いてみろ」といった批判もあります。 ただこの意見は西野カナさん本人というよりも 歌詞にOKを出す音楽業界と歌詞に何の疑問を持たない世の中を批判しているという点に注意が必要です。 最近あたし西野カナってすげえなと思う。 血液型の歌とか、血液型の説明そのまま書いてるだけの歌詞なのよ。 あの発想ないよね。 多分自分が知らないものに対する拒否反応ってあるじゃない。 それ超えたのよねジジイになって。 素直にすごいねって言うようになってきた。 でももうちょっと抗おうかな(笑) 引用元: 西野カナ 『A型のうた』MV Short Ver. 「 西野カナは凄い」と以前の意見を翻して 西野カナさんを認める発言をしました。 マツコ・デラックスさんも 年齢を重ねたことによって意見が変わったようです。 大人になってから良さがわかるものって珍しくありませんからね。 それは中年以降も同じということでしょう。 まとめ 個人的には西野カナさんの歌詞が「薄っぺらい」か「薄っぺらくない」かと聞かれたら「薄っぺらい」と答えます。 しかし それが悪いわけではありません。 西野カナさんのファンは中高生~20代前半の女性が圧倒的に多く、 ストレートに言い換えないで歌っているからこそ彼女たちが支持しているという理由もあるからです。 そもそも西野カナさんが支持されるのは 声質や歌唱力、ファッションリーダーとしての側面もあるので歌詞だけを批判するのもお門違いでしょう。 好みは人それぞれです。 嫌いなものにわざわざ「嫌い」とか言う必要もないと思います。

次の