この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd。 BD&DVD|この世界の(さらにいくつもの)片隅に【映画】

片渕監督の創作の日々を追う映像も「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」BD&DVD、9月25日発売

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

スポンサードリンク この世界の(さらにいくつもの)片隅にのあらすじ 昭和19年、日本は敗戦色漂う戦時下にありました。 そんな中、広島県呉市に住む北条周作が父親を伴い、ある家を訪れます。 同じ広島に住む、すずという娘が暮らす家に、「すずを嫁に欲しい」と求婚に来たのです。 すずは、のんびりとした性格で、しっかり者の兄からはいつも「鈍い」と叱られていましたが、手先が器用で、絵を描くのが上手な少女でした。 あまり気乗りはしなかったものの、周りの勧めもあり、すずは周作の元へと嫁ぐことを決意します。 北条家では、周作と優しい父、病弱な母、すずの4人で、裕福ではありませんが、つつましく、穏やかな生活を送っていました。 やがて戦況はさらに悪化。 加えて嫁ぎ先でうまく行かない周作の姉・径子が娘の晴美を連れて北条家に戻ることに。 すずと違いテキパキと行動する径子は、事あるごとにすずに小言を言います。 ですがすずは、娘の晴美とはとても仲が良く、よく二人で遊んでいました。 ある日、偶然迷い込んだ遊郭で、すずは「白木リン」という女性と出会います。 「ここではひとりぼっち、と思ってた」 同世代の友人が周りに居ない中で暮らしていたすず。 リンは境遇こそ違うものの、すずが呉市に嫁いでから始めて出会う同世代の女性で、すぐに打ち解け合う間に。 しかし、リンと話すうち、すずは、リンと夫・周作との「繋がり」を察してしまいました。 昭和20年3月、軍港がある呉市は大規模な空襲に見舞われます。 日ごとに増える空襲警報に住民はただ怯え、隠れて暮らす毎日。 容赦ない敵国の攻撃により、すずも数々の大切なものを奪われていきます。 抗うことのできない運命。 そして昭和20年、広島に原爆投下ー。 「・・・リンさんを探して。 そう、うちの声が言うのが聞こえた」 すずとリンは再会することができるのでしょうか。 心の奥底で揺れ動く複雑な想いと、少女から大人の女性へと成長する、すずの本当の物語。 この世界の(さらにいくつもの)片隅にの注目ポイント スポンサードリンク 2016年11月に公開され、深い感動と多くの反響を呼んだ映画『この世界の片隅に』。 今作は、前作に多くの新しいシーンを加え、一部主題も変更した、別バージョンのストーリーです。 決して楽ではない生活を送る中でも、自分らしさを失わず、工夫を重ね日々の暮らしを紡ぐすずの、さらにいくつもの物語が付け足されました。 注目は、新たに登場する、遊郭で働く白木リンと言う女性です。 呉市に嫁ぎ、初めて出会った同世代の女性。 そして、夫・周作とリンとの繋がりを感じ、複雑な想いを抱くすず。 戦時下の苦しい生活の中、慣れない土地で血のつながりもない人たちと暮らす心細さを見せず、少しずつ大人の女性へと成長する姿が描かれています。 それぞれの場所で、それぞれの戦争を体験し、生き抜いた人たち。 この世界の片隅は、物語の舞台・広島だけでなく、全世界の至る所に存在します。 戦争は今も世界のどこかで行われているのです。 新しくなった今作のすず役は、女優の「のん」さんが続投します。 彼女の柔らかく、おっとりとした口調は、すずの性格や特徴を見事に表現しています。 新しく登場する、遊郭の従業員・白木リン役は、女優でモデル業もこなす、岩井七世さんが担当。 ドラマ、映画、舞台と多くの場数を踏むベテラン女優です。 監督や製作スタッフ、声優陣も前作と変わらないので、馴染み深く、安心して観覧できますね。 主題歌も、引き続きコトリンゴさんが担当しています。 彼女の澄んだ声と、ガラスのような繊細で儚気な歌い方が、この世界に暮らす人々をより魅力的に引き立てます。 前作をご覧になった方も、まだ見ていない方も、すずの「さらにいくつものエピソード」を、ぜひ劇場でご覧ください。 戦時下に、少女から大人の女性へと少しずつ階段を上るすずを観ることができます。

次の

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』Blu

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon. jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。 予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 細則もこちらからご覧いただけます• SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。 詳しくは をご確認ください。 販売元: Amazon. 細則もこちらからご覧いただけます 両方ともカートに入れる• SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。 詳しくは をご確認ください。 販売元: Amazon. 細則もこちらからご覧いただけます 両方ともカートに入れる• : 対象商品の予約注文は「お急ぎ便」がどなたでも無料となります。 「お急ぎ便」を使っていち早く商品をゲット。 内容紹介 新たなエピソードが物語を塗り変える。 『この世界の片隅に』に秘められた、もうひとつの物語。 Blu-ray通常版は特報・予告編、ブックレット等特典付き! こころ の ひみつ。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、 夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 昭和19年、広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて新たな生活を始める。 ある日、すずは迷い込んだ遊郭でリンという女性と出会い…。 コロナ渦でオリジナルの時の様に劇場でのリピート鑑賞が出来なかったので、今回のリリースは正直嬉しいが、 特装版の価格が高いなぁ。 別に公開されていたドキュメンタリー「たちと生きる 監督・片渕須直の仕事」が収録されたのは嬉しいけど、同程度のボリュームだったオリジナルの特装版が約八千円だったと思うと、たかが2~3千円高とは言え、庶民には今回の一万越えは正直高価だ。 期待されていた4K UHD版ならば、この価格でも納得出来たかもしれないが、多分に漏れずこの作品も「アニメのディスクは高い」を地で行ってしまった様で・・・。 リピート鑑賞する気だった位のファンなので、文句は言えど買わせて頂きますが、多くの方が手に取れる価格では無いのは正直残念かな。 あと、価格の高さは諦めたから、4K UHDをドルビーアトモス仕様でも発売してくれ。 この世界の片隅にを劇場で見てハマってコミックも揃えたくらいのファンです。 映画見終わった後にはやく自宅でもみたいなと思ってた頃くらいだったかな? 片渕監督がインタビューでブルーレイは暫く出ません的なコメントをしていて理由としては今回カットされた部分を付け足しに関してのお話されてたのでそれを楽しみに待っていましたが いろいろと大人の都合があった模様でなんだかんだで普通にブルーレイなどリリースされてました。 自分としてはリンさんとのちょっと深めなエピソードとか映像で見たかったので劇場でみれるまで我慢してました。 …けど コロナの影響で2019年の年末に上映してたらしいですが自粛ムードで気が付かずに見れなかったのでブルーレイで予約をしました。 内容に関しては全く問題がなく楽しめるだろうという保証があるんですが 価格設定がひどい感じです 映像特典付きのバージョンに、amazonの映像特典付きバージョンやグッズ付きなどあり 大雑把ではありますが全部入りの限定版が通常のブルーレイ版の約3倍近い価格差はいかがなものか… 映像特典の製作時のドキュメンタリー的なものも気になりますが、この世界の片隅にが大ヒットした際にいろいろなTV番組などで大体の裏話は見ることができたので今回は通常版を予約しました。 いつもだったら通常版、限定版あるなら迷わず限定版を選んで買ってきてましたが千円二千円の価格差くらいなら気にもしませんが、グッズ付きの商品によっては3倍以上の価格で買うほどの信者でもないです。 クリアファイル、アクリルプレートとか別にグッズ系にそこまで興味ないですし。 劇場でパンフなりその時に出されてるグッズを買えばいい派 限定版の舞台挨拶などの映像特典でほっこり温かい気持ちを共有したいなと思いましたが こういうのも以前TVのニュース番組やネット記事でれたし我慢 こういう限定商品に1万円のお金を出すなら今回のこの世界の片隅に制作の際のときみたいに 片渕須直監督の次回作のクラウドファンディングなどがまたあった際の支援金に使いたいです。

次の

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」DVDレンタル開始日や発売日が決定

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

こころ の ひみつ。 新たなエピソードが物語を塗り変える。 『この世界の片隅に』に秘められた、もうひとつの物語。 コトリンゴが新規書き下ろし楽曲を提供。 【映画『この世界の片隅に』実績】 2016年11月公開以来、異例のロングランヒットを記録して累計動員210万人、興行収入27億円を突破。 キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞ほか、国内外で70以上の賞を受賞。 <ストーリー> 広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくるーー。

次の