扁桃 炎 抗生 物質 効か ない。 きのした小児科 :: 抗生物質が効く病気と効かない病気

細菌とウイルスの違いとは。抗生物質はウイルスに効かないのになぜ風邪の時に処方されるのか?

扁桃 炎 抗生 物質 効か ない

スポンサーリンク 扁桃腺炎になると発熱や倦怠感、寒気、頭痛などの症状が出ます。 その初期症状は風邪とよく似ており、勘違いされることも多いですが喉の症状が風邪よりはすこし重いです。 時には白い膿が広範囲に付着することもあります。 熱も高熱となることがありますので注意が必要です。 【では抗生物質が効かないというのはどのようなことが考えられるのでしょうか。 】 治療の多くは薬物治療によって行われます。 これに関しては原因がより深く関係してきます。 その原因はウイルスや細菌によるものが多いです。 扁桃腺というのはウイルスや細菌を身体の中に入ることを防ぐ免疫機能としての役割を持っていますので通常はこれらの菌が増殖することはありません。 しかし過労やストレスなどの生活習慣の乱れや風邪、インフルエンザなどの病気によって免疫力が低下することにより扁桃腺に増殖することがあります。 増殖してしまうことによって炎症などを引き起こします。 これが扁桃腺炎です。 この細菌やウイルスを殺菌する目的で使用されるのが抗生物質です。 スポンサーリンク この抗生剤というのは幅広いウイルスに対して効果がありますので通常は効果が得られます。 しかしインフルエンザウイルスなどには効かない場合があります。 そのような場合には抗ウイルス剤などを服用しなければ原因は解決しませんので薬を変えるなどの処置がとられることもあります。 他には抗生剤に対して 耐性を持っている菌が原因となっている場合、もしくは ほかの病気で抗生剤を一定期間使用していた場合は効果が薄くなってしまう場合があります。 抗生剤は状態が悪化している場合などに使われており、通常は解熱鎮痛薬などによって経過を見ます。 しかし腫れがひどい場合や膿が広範囲に広がってしまっている場合、発熱がある、慢性化してしまっているような場合に抗生物質によって治療を行っていきます。 もちろん副作用もあります。 医師の指示に従い用法用量を守って使用するようにしましょう。 早期治療をすることによって悪化することは防げますので早期発見早期治療を心がけましょう。 スポンサーリンク.

次の

こじらせるとよくない「扁桃腺の腫れ」。片側だけだとがんの疑いも…

扁桃 炎 抗生 物質 効か ない

扁桃炎と言われましたが・・・中々治りません・・・ 私の弟 19歳 なのです、去年の12月23日頃から、熱が出始め24日に近くの個人の病院に行き「ただの風邪」と診断され、処方された薬を飲んでいましたが、熱も下がらず・・・逆に喉が痛くなるという症状も出てきて、飲み込む事も辛くなり、29日に他の個人に行き見てもらうと「扁桃腺」と言われました。 そちらで処方された薬で高熱と喉の強烈な痛みは、無くなったそうなのですが・・・喉の痛みと微熱が続き、じんましんも出てきました。 お正月明けの5日 朝から総合病院に行き見てもらったのですが、先生は喉を見て「扁桃炎だね」と言い、 ムコダイン250mg ・ ムコソルバン錠 ・ ジルテック錠10 ・ ポンタールカプセル250mg ・ ジェニナック錠200mg と言う薬を処方されましたが、何も症状が変わりません・・・熱が出てからもう二週間近く立つのとこんなに長引くと他の病気なのではと、不安です・・・。 やはり他の病院で 精密検査を受けた方が良いでしょうか?? よろしくお願いします。 補足回答本当に ありがとうございます。 正直 AIDSと言う病気は、頭に無かったのでより不安がありますが… 書いて頂いた薬がとても優秀なものだと分かったので あと2日で処方された薬も無くなるのでその時点で まだ症状が続くようなら病院に行き精密検査を受けに行こうと思います… 本当にありがとうございます。 弟さんの症状ということで、ご心配なお気持ちをお察しします。 不安になる内容も含まれますが、 正確にご病気をお伝えいたします。 長くなりますが、お付き合いください。 ジェニナックという薬は、抗生物質という薬で 簡単にいうと「ばい菌」をやっつける薬です。 しかもジェニナックという薬はかなり優秀な薬で、 これが効かない「ばい菌」は普通はいません。 この場合、のどが痛い原因は「ばい菌」ではないと言うことになります。 「ばい菌」ではない場合、ほとんどが「ウイルス」の感染による感染が原因となっています。 「ウイルス」というものは「ばい菌」よりもさらに小さな別の生物で、 抗生物質が効かないのが特徴です。 しかしほとんどのウイルスは自然に治ります。 まず10日以上の発熱、のどの痛み、ひいてはのどのリンパ節のはれがある場合、 アデノウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス などのウイルス感染である可能性が非常に高くなります。 特にEBウイルスは「伝染性単核球症」という病気で 病院で検査を受けたり、入院したりすることがあります。 この病気は家で2週間程度様子を見ていても自然治癒しますが、 検査を受けておく方がよい病気です。 ウイルス以外では亜急性甲状腺炎、菊池病などがあり これらの場合は病院での精密検査が必要です。 一般の小さな診療所・クリニックでは診断できない可能性が高いので 中規模の病院の内科を受けるべきです。 最後に、身内の方に対してこのようなお話をするのは失礼ですが、 実は日本で今流行しつつある病気で、上記とそっくりな症状の病気があります。 それは「HIV」というウイルス感染です。 AIDS エイズ と言われるのはHIV感染から約10年以上後に発症する病気です。 感染初期は喉の痛みや熱だけで、風邪と間違われ 数日~2,3週間で自然治癒します。 その後は長年の無症状期間を経て、10年後にエイズとなり再発します。 ここ1,2ヶ月以内に性的な接触がある方であれば、誰でも可能性があります。 医療現場では「治らない扁桃炎を見たら必ずHIVを疑え」という鉄則もあります。 最後の話はかなりデリケートなお話で、ご本人さんにどこまで尋ねるか、 そして、どこまで話を伝えるかは悩ましいところであります。 私がお力になれるのはここまでですが、 上記の全ての結果として、他の病院にかかるのがよいと思います。 そして原因がわからない場合は、ぜひHIVの検査も。 弟さんがいい病院で検査・治療を受けられることを願っております。 下の方がお書きになっていらっしゃる内容を受けて補足しますが、総合病院での診療科は内科でしょうか? 扁桃腺の専門家は耳鼻咽喉科ですので、もし内科でしたら、総合病院で耳鼻咽喉科の専門医を受診して、EBウィルスなどの検査を行われることをお勧めします。 EBウィルスでも特に「慢性活動性EBウィルス感染症」という難病との判別のために免疫の状態を検査しますので、免疫状態に原因があると見られた場合にHIV検査を行われてもよろしいかと思います。 もともと耳鼻咽喉科でしたら、症状の改善が見られないとわかればすぐに血液検査などになると思います。 なお、HIVの感染初期症状を考えなければならないのは、「じんましん」が重要なポイントになっています。 EBウィルスによる伝染性単核球症では皮疹が出るのは珍しいので、違う要因を考えるからです。 ですが、このじんましんは、もしかすると個人病院で処方された薬の副作用かもしれません。 今回のご質問では個人病院の処方薬について書かれておられませんが、もしさらに検査のため病院に行かれる際には、過去の処方薬の副作用の可能性についてもぜひ伺って見てください。 結果的に難病で無かった場合でも、薬の副作用の履歴は今後何らかの病気になったときに重要だからです。 また、弟さんがそもそもよく扁桃腺がはれることが年に何度かある、ということであればそれは「慢性扁桃腺炎が悪化した」という可能性が大きいので、扁桃腺をとる手術なども考慮されるとよろしいかと思います。 あと、AIDSと補足にお書きですがHIVの初期症状=AIDSではありません。 AIDS発症を抑えることも服薬により可能ですので、その点誤解の無いようにお願いします。

次の

扁桃腺炎に抗生物質が効かない原因/菌が耐性を持っているかも?

扁桃 炎 抗生 物質 効か ない

スポンサーリンク 扁桃腺炎になると発熱や倦怠感、寒気、頭痛などの症状が出ます。 その初期症状は風邪とよく似ており、勘違いされることも多いですが喉の症状が風邪よりはすこし重いです。 時には白い膿が広範囲に付着することもあります。 熱も高熱となることがありますので注意が必要です。 【では抗生物質が効かないというのはどのようなことが考えられるのでしょうか。 】 治療の多くは薬物治療によって行われます。 これに関しては原因がより深く関係してきます。 その原因はウイルスや細菌によるものが多いです。 扁桃腺というのはウイルスや細菌を身体の中に入ることを防ぐ免疫機能としての役割を持っていますので通常はこれらの菌が増殖することはありません。 しかし過労やストレスなどの生活習慣の乱れや風邪、インフルエンザなどの病気によって免疫力が低下することにより扁桃腺に増殖することがあります。 増殖してしまうことによって炎症などを引き起こします。 これが扁桃腺炎です。 この細菌やウイルスを殺菌する目的で使用されるのが抗生物質です。 スポンサーリンク この抗生剤というのは幅広いウイルスに対して効果がありますので通常は効果が得られます。 しかしインフルエンザウイルスなどには効かない場合があります。 そのような場合には抗ウイルス剤などを服用しなければ原因は解決しませんので薬を変えるなどの処置がとられることもあります。 他には抗生剤に対して 耐性を持っている菌が原因となっている場合、もしくは ほかの病気で抗生剤を一定期間使用していた場合は効果が薄くなってしまう場合があります。 抗生剤は状態が悪化している場合などに使われており、通常は解熱鎮痛薬などによって経過を見ます。 しかし腫れがひどい場合や膿が広範囲に広がってしまっている場合、発熱がある、慢性化してしまっているような場合に抗生物質によって治療を行っていきます。 もちろん副作用もあります。 医師の指示に従い用法用量を守って使用するようにしましょう。 早期治療をすることによって悪化することは防げますので早期発見早期治療を心がけましょう。 スポンサーリンク.

次の