デバイス に 到達 できません。 Windows 10でiPhoneの写真をインポートする際に「このデバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」のエラーが出て失敗する場合の原因と対処方法

iPhoneのビデオや写真をパソコンに取り込む時のエラー「デバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」を解決する

デバイス に 到達 できません

事象 事象概要 iPhoneまたはiPadなどのiOSからPC Windows、ChromeOSなど へのFileを転送中に『このデバイスに到達できません』や『システムに接続されたデバイスが機能していません』のエラーが発生し転送できない。 事象詳細 転送元端末 iPhoneX、iPad Air2 転送元OS iOS11、iOS12 転送元ポート Lightning 転送先端末 自作PC、UX21E、C101PA 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 転送先ポート USB2. 0、USB3. 設定内にあるMACまたはPCに転送が自動 自動的に写真とビデオを互換性のあるフォーマットで転送 になっていることにより転送中のフォーマット変換時に発生。 265 と新しいフォーマットが採用されています。 264形式に変更することができます。 面倒な場合DCIM配下をすべて選択してコピーも可能。 その他対処方法 上記対象方法で改善されない場合は以下の可能性も考えられます。• ・USBドライバが不安定の可能性があるため、Apple Mobile Device USB Driverを再インストールする• ・Lightningケーブルの劣化などの可能性があるため、別のLightningケーブルを使用する Amazonの情報を掲載しています まとめ 上記対処方法にてiPhoneXからWindows10への一括200GB以上のFileをエラー発生せずに転送できました。 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 、転送先ポート USB2. 0、USB3. 0 、転送先ストレージ SSD、HDD を変えて試しても問題なく『 File単体で500MB以上 』及び『 転送Fileが合計30GB以上 』のFileを転送できました。 また、ChromeOSはiTunesのインストールができませんが、iPhoneまたはiPadとの接続時にUSBドライバがインストールされるようでiTunesがなくても問題なく転送可能です。 今回の内容を一覧にまとめた表は以下になります。 転送元端末 iPhoneX、iPad Air2 転送元OS iOS11、iOS12 転送元ポート Lightning 転送先端末 自作PC、UX21E、C101PA 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 転送先ポート USB2. 0、USB3.

次の

iPhoneから移動中のエラー・デバイスに到達できません

デバイス に 到達 できません

色々調べてみった結果、パソコンで「デバイスに到達できません」というエラーメッセージが表示される 主な原因はiPhoneの写真とビデオがパソコンとの互換性に問題があると考えられます。 「デバイスに到達できません」というエラーはiOS11以上のiPhoneまたはiPadからパソコンへ画像をインポートする際に頻発しています。 デフォルトの場合、iPhoneやiPad上の写真設定内にあるMACまたはPCに転送が自動です。 それはiPhoneからパソコンへの写真とビデオを取り込む時、自動的に互換性のあるフォーマットで変更して転送するという意味です。 なので、転送中のフォーマット変換時に、「デバイスに到達できません」というエラーが発生します。 iPhone・iPad向けのデータ転送ソフトで、iPhoneとPC間でデータの双方向転送をサポートします。 写真やビデオ、音楽、PDF・Word・Excelファイル、連絡先、ボイズメモ、着信音、メッセージ等に対応します。 使いやすくて、高速な転送速度は特徴です。 iPhoneからパソコンへの写真やビデオの取り込みに困っている方に最適です。 準備:iPhoneデータ転送の専用ソフト「」をお使いのパソコンにダウンロード・インストールします。 iTunesを最新のバージョンにアップグレードしてみましょう。 その途中、「デバイスに到達できません」というエラーが表示されると、Wi-Fi環境に問題があるかもしれません。 だから、転送したいデータを一度小分けして転送してみてください。 非正規品を使っている人は、正規品を変えてみましょう。 従ってiPhoneのiOSバージョンが最新ではない場合、一度更新してみましょう。 そういう時、Apple Mobile Device USB Driverを再インストールすることで解決出来るかもしれません。 【ドライバーを更新する方法】 Step1、パソコンのデバイスマネージャーを起動する Step2、「ポータブルデバイス」を展開し、「Apple Mobile Device USB Driver」を右クリックし、「ドライバーの更新」を選択します。 後は画面指示の通りに操作すれば良いです。 更新して終わったら、一度パソコンを再起動してください。

次の

iPhone/Android「デバイスに到達できません」問題を解決する方法

デバイス に 到達 できません

いい思い出を残すために、iPhoneで写真や動画をとったりしますよね。 その動画や写真をいつでも見返せるいい時代になりました。 ですが、そんな便利な機能だからこそ使いすぎて、 iPhoneの容量がいっぱいになり困ったとはありませんか? そんな時、パソコンがあれば大切なデータをパソコン側に移動(インポート)させて保存しておくことができます。 写真や動画などのデータがいっぱいのiPhoneをパソコンに繋いでさあ転送(インポート)…と思いきや 「 デバイスに到達できません」 こんなエラーが出てしまうことがあるのです!これではパソコン(Windows10)に大切なデータを転送(インポート)できない! 「 デバイスに到達できません」このエラーの原因はなんでしょう?原因は大きく分けて2種類あります。 iPhone(iOS)側かパソコン(Windows10)側です。 今回はこの「 デバイスに到達できません」のエラーの対処法をまとめてみました。 ところで、今あなたが使っているパソコン(Windows10)に、iTunesはインストールされていますか? iphoneを認識するためのソフトがパソコン(Windows10)に入っていないと、 接続しても認識してくれないのです。 iTunesをインストールすると、そのソフトを自動的に導入してくれます。 なので、まずはiTunesをインストールしてみましょう。 もしすでにiTunesがインストールしてあるのに「 デバイスに到達できません」のエラーが出てしまう方は、 iTunesが最新の状態になっていない可能性があります。 そのiTunesが最新の状態なのか確認してみましょう。 もし最新版でない場合はiTunesを起動した際に通知が出る(初期設定のままなら)と思いますので表示に従って更新をしてみてください。 iPhonのデータ(写真や動画)をパソコン(Windows10)に転送(インポート)する場合、転送先によっては「デバイスに到達できません」のエラーが出てしまうことがあるようです。 転送しようとしている場所を「SSD」に指定している場合は一度別の「HDD」を指定したあと、再度試してみてください。 最近は「SSD」を標準搭載しているパソコンが増えてきました(目的はデータの読み・書きの高速化)。 もし自分のパソコンが上記にあてはまる場合、一度確認してみるとエラーが改善する可能性があります。 そもそも「HDD」「SDD」ってなに?と思う方もいるでしょう。 まず、HDDとは「Hard Disk Drive(ハードディスクドライブ)」の略で、データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置です。 SDDは「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略で、HDDと同様の記憶装置で、半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)のことを指します。 「HDD」「SDD」共に長所短所が存在します。 ではなぜ「SDD」から「HDD」にするのか?それは容量の問題です。 SDDは高速ですが容量は小さいです。 今回はSDDの容量を考えての対処です。 指定を変える理由はこの他にもあります。 iPhone(iOS)やパソコンなどの電子機器類は、一度電源を落とすと不具合(エラー)が改善することがよくあります。 なので1回iPhone(iOS)を再起動させてみましょう。 ただし、すぐに再起動するだけではなく、その前に 起動中のアプリを確認してみてください。 もし起動中のアプリがあるなら、それらの アプリをすべて停止した状態で再起動を行ってみてください。 使っている機種にもよりますがホームボタンを2回素早くタップすると、起動中のアプリが画面に表示されると思います。 それらをスワイプしてアプリを終了させましょう。 その後、電源ボタンを長押しし、電源を落としましょう。 こちらの方法も機種によって変わってきます。 もしかしたら送る(インポート)する写真や動画のデータが多すぎで「デバイスに到達できません」とエラーが出ているのかもしれません。 1度に大量のに写真などを送ると「デバイスに到達できません」のエラーが出る可能性も考えられます。 この対処法はすぐに試せるので試してみましょう。 この対処法で解決できる可能性は低いでが、ササッとやってみてはいかがでしょうか。 いかがでしたか?少しでもお役に立てれば幸いです。 今回は「デバイスに到達できません」のエラーについてのまとめでした。 色々な方法がありますが、一歩間違えるとiPhoneに入っている大切な写真や動画データが消えてしまったり、最悪の場合起動しなくなってしまうこともあります。 エラーが出てくると焦ってしまいますが、こんな時こそ落ち着いて対処しましょう!.

次の