ウィッチ フォード。 【テラコッタ鉢】ウィッチフォード ローズポットS/810/ガーデニング/資材/植木鉢/園芸資材 ウィッチフォード 京阪園芸ガーデナーズ WEBショップ

ウィッチフォード ~Whichford |熊本の大型総合園芸店 ナーセリーズ

ウィッチ フォード

毒殺で夫を殺した容疑で捕まった妻の事件を探偵のシェリンガムが独自に捜査し・・・というお話。 序の献辞で書いてある通りに心理的に犯罪を追及しようという著者バークリーの姿勢がよく判る推理小説。 あくまでも客観的な証拠を元にそこから引き出される容疑者や関係者の心の内を探り事件を解決しようというシェリンガム探偵の捜査が最終的に意外な結末に辿り着く所はなかなかお見事な作品。 しかし、(江戸川乱歩によると)S・S・ヴァン・ダインが失敗した心理的な推理小説をこの著者は割と成功した所はもっと評価してもいいかもしれないとも思いました。 バークリーの心理的推理小説が成功しているか失敗しているかは読んだ人によって評価が分かれるかもしれないですが、個人的には割と成功しているように思えるので(主人公の探偵が素人の為か、被疑者に直接会えず、その心理を外側から推測するしかないという所等)。 それと、前作から日を置かずに読んだので、前作の犯罪の罪が全く問われていないのが少々笑えました。 イギリスの推理小説の黎明期を支えた作家の佳作。 機会があったら是非。 1889年にリヴァプールで発生した「フローレンス・ メイブリック事件」を下敷きにして描かれた本作。 毒殺という手段、そして全ての関係者に、大なり小なり犯行動機があり、同時に 犯行の機会もあったという設定は、後年の傑作を彷彿 とさせ、事実シェリンガムたちが作中で行う議論は、で 完成された《多重解決》の萌芽を窺わせるものとなっています。 調査が進むのと並行して、シェリンガムたちは様々な仮説を組み立てては崩すという 試行錯誤をしていくのですが、終盤になって導き出される、もっとも不穏で戦慄すべき 仮説の後に、いい意味で読者を脱力させる真相を提示してみせるのが、バークリーの 真骨頂でしょう。 また、から引き続きシェリンガムの相棒を務めるアレックと、その姪である シーラの二人が、シェリンガムに協力し、事件の捜査をしていくのですが、彼ら 三人の会話が実に楽しげで、派手な展開のない本作を全く退屈させられること なく読ませてくれます。 その話芸は、ユーモア作家として出発したバークリーの 面目躍如と言えるのではないでしょうか。 「レイトン・コートの謎」に続くシェリンガムものの第二弾。 ユーモア作家からミステリ作家に転向してからの第二弾でもあり、全編にユーモア味と諧謔味とが漂った快作。 当時、ヴァン・ダインが提唱・実践したと歩みを共にするかの様な狙いを持った作品で、ウィッチフォードで起こったある毒殺事件に関するシェリンガムの名 迷? 推理が楽しめる。 ゴズリング「ウィッチフォード連続殺人」等、ウィッチフォードを舞台にした愛憎に纏わるミステリが多いのは偶然なのだろうか? シェリンガムが本事件の シェリンガムが考える 被疑者に一人一人当たって行く姿が微笑ましい。 この過程でシェリンガムが様々な推理 あるいは思い付き を披歴するのだが、これを後の 「毒入りチョコレート事件」の刊行は本作の3年後 の萌芽と考えると本作の持つ意味合いも深くなる。 本事件の被疑者は世間的には唯一人なのだが、それに反して独自の捜査に傾注するシェリンガムは勿論尊大な"ひねくれ者"だが、作者の事であるから"ひねくれた"解決も当然用意している。 作者の愛好者にとっては十二分に楽しめる作品だろう。 ロジャーシリーズの特徴は、ミステリーの固定観念からの脱却と実践で、前作「レイトンコートの謎」では、読者に公正なプロットで、故意に隠された秘密というものが存在しない、鋭い人ならほんの数ページで犯人がわかってしまうというものでした。 探偵役のロジャーの思い込みバリバリの捜査に大いに笑わされ、一緒に思い悩むというストーリィに乗せられ、非常に面白い作品であります。 今回の「ウィッチフォード毒殺事件」では、証拠重視の捜査からはなれ、関係者の心理から事件に迫ろうという試みがなされています。 毒殺する心理とは? 殺害の動機とは? 関係者はいったいどんな人物なのか? 聞き込みをすればするほど、動悸のある人物ばかりになり、仮説は次から次へと立てられます。 これも、真実はひとつしかないというようなミステリーに挑戦状をたたきつけているわけですね。 本作品の読みどころは、以上のようなところにあるんですが、それ以上に、たっぷり詰め込まれたイギリス的なユーモアと、自意識過剰でおしゃべり好きで女たらしのロジャーをはじめ、登場人物たちが実にいきいきと描かれているところが大きな魅力となっています。 特に、ロジャーとアレックとアレックのいとこの娘シーラとでのウィットに富んだ会話は、読んでいてとても楽しかったです。

次の

ウィッチフォード ~Whichford |熊本の大型総合園芸店 ナーセリーズ

ウィッチ フォード

ついにナーセリーズでも本格的に取り扱いを始めました ウィッチフォードのフラワーポット 世界中のガーデナーから愛され、英国内ではバッキンガム宮殿をはじめ、チャールズ皇太子が所有していることで有名なハイグローブ庭園などでも愛用されているのです こんなにも素晴らしいオーラ、圧倒的な存在感を醸し出すコンテナは世界中どこを探しても、まず見つかりません そんなウィッチフォードのフラワーポットの溢れる魅力をご紹介いたします ウィッチフォード・ポタリーは1976年に ジム・キーリング氏によって設立されて以来、英国の伝統的デザインと手法を守りながらフラワーポットを作り続けています。 それだけにとどまらず、常に新しい独創的な新しいデザイン・技術にも取り組んでいます。 まずフラワーポットのデザインは ジム・キーリング氏によって考案され全ての工程は熟練した職人によりハンドメイドで作られるため、それぞれに独特の個性が生まれます。 熟練した職人とは・・・基礎過程を4年、さらに3年の研修、そしてさらに7年の修行を経て一人前となります。 一人前の職人になるのになんと14年もの歳月を要するのです。 ウィッチフォード社では粘土の準備からデコレーションに至るまで全ての工程がハンドメイドで行われます。 メインとなる原料は、地元ウィッチフォードで取れる粘土です。 この粘土の特長は、焼くと濃いオレンジ色になること。 この色はウィッチフォード製品の特長であり、 ジム・キーリング氏のこだわりです。 しかしその粘土だけでは形成力が不十分で、乾かす過程でヒビが入ったり、窯の熱で形がゆがんだりする事があるのです。 そのためスタッフォード州の耐火粘土とテムズ川流域の弾力性と保水性に優れた粘土を加えます。 2人の粘土職人によって、これら3種類の粘土を特別な割合でブレンドされ、不純物を取り除くなど複数の過程を経て、最高の粘土が出来上がるのです。 その完璧なこだわりで、なんとイギリス国内では10年間の霜による割れ保証がされているというのです。 そして約10人の職人ろくろ工によって一つずつ丹精込めて作られます。 出 来上がった鉢は窯の真上にある乾燥室で数日乾かした後に窯で焼かれます。 粘土は乾燥によって縮むため、事前に乾かすことによりヒビを防ぐことが出来るので す。 それ以下では鉢が多孔になり過ぎ、それ以上だと色が黒くなり商品価値が 無くなってしまうからです。 乾燥させた鉢をスペースに無駄の無いよう積み重ねて窯に入れる作業、微妙な温度設定、鉢の大きさに合わせた焼成時間、その全てが職人技なのです。 ウィッチフォード製品はオレンジ色だけでなくグレイズド 塗り鉢 も多くあります。 左から、光沢のある落ち着いたグリーン オリーブカラーとモス 、右側は、明るい気持ちにしてくれるイエロー ハニー の3色の作品があります。 これらは昔から使われている鉛の釉薬を使います。 モス・グリーンには銅の酸化物から得られるグリーンを、ハニーには鉄の酸化物から得られるイエローを使い着色します。 グレイズドはインドア用として使うことをオススメしています。 もちろん屋外でも使用可能ですが、美しい色合いをより永く楽しむために。 ウィッチフォードではさらに印象を与えるため、ルーレット 模様の彫られた粘土の回転円盤 を鉢の周りを走らせ。 模様を押し当てて作ります。 窯元の名前を入れるのはとても伝統的なことなのです。 こちらはウィッチフォードのアッシュカラー。 今までの写真の中でもこのアッシュカラーが細部にトレードマークとして使われています。 この色が使われるようになったのは、ウィッチフォードのオレンジ色の温かさのなかに見事に馴染む色だからなのです。 ウィッチフォード製品は様々なデザインが施されます。 作品の多くはろくろ上で作られますが、より複雑な作品を作るためには、熟練の技術が必要な押し型製法 ハンドプレス が用いられます。 この手法はローマ時代に完成されたもので、当時は焼いた粘土の型を用いていましたが、現在では ジム・キーリング氏がデザインした石膏の型に粘土を巻き込んでかたどります。 鉢の内側、ハンドプレスの跡。 一つ一つ手作りで丁寧に作られている、職人の想いがしっかりと詰って、なんとも言えない味わい深さがあります。 ひとつの作品を作るのに3つ以上の型が用いられますが、型からはずした後に細かいデザインを加えることができるので、個性的な鉢が出来上がるのです。 そしてお気付きでしょうか?ウィッチフォードの特長の一つとして鉢底穴がとても大きいということを。 それともう一つ鉢底には秘密があります。 ハートマークが付いていますが、これは職人一人ひとりのサインなのです。 「この鉢は私が作りあげた作品です」という自信と誇りのメッセージです。 こちらは分かるでしょうか?そう、お猿さん。 モンキーのマークです。 こうしたウィッチフォードの作品へのこだわりは、英国らしさにあふれています。 もし他の国でそれを模倣してつくっても何かが欠けていると感じることでしょう。 全ての工程がこだわりとプライドを持った職人たちの手作りだから、ウィッチフォードの鉢が他の鉢とは一味も二味も違って見える理由がそこにあるのです。 ジム・キーリング氏は陶芸家であると同時に園芸家でもあるため、植物に精通しています。 植物のことを考え、より魅力的に見せるための鉢を作っています。 オ レンジ色の鉢にこだわる理由も、オレンジ 暖色 という色は力強く、満ち溢れた雰囲気を醸し出すので、グリーン 寒色 に囲まれたとき、人の目を自然に引 きつけフォーカルポイントなります。 その鉢に植えられた植物も同時に。。 ウィッチフォードの鉢 オレンジ は植物 グリーン を引き立てる働きがありま す。 焼き上がった新品の鉢は明るすぎるかもしれませんが、オリジナルブレンドの粘土によって、鉢は年月とともに美しく風化し緑青のさびと共に落ち着き、自然の風景に調和します。 【ウィッチフォードの鉢がこんなにも素晴らしく、注目される一番の理由は、植物を愛する人のインスピレーションから生まれた作品だからです】・・・ザ・タイムズ 英国日刊紙 でも紹介されました。 なお、英国において、これらの伝統的な園芸鉢を現在も作り続けているのは、ウィッチフォード社のみで、英国の伝統を守るという点でも、重要な役割を果たしているのです。

次の

ウィッチフォード毒殺事件 (晶文社ミステリ)

ウィッチ フォード

大型・重量物等、商品内容により上記以外の業者になる場合もございます。 2梱包目からは送料がかかります。 返品・交換 丁寧な検品、梱包を常に心がけております。 ・開封時に枯死、品質不良 ・輸送途中の破損事故、商品の不具合 引き下げ・交換、代品の手配などご相談させていただきます。 ご自宅用のお買い上げ品は簡易包装とさせて頂きます。 何卒ご了承頂けますようお願いいたします。 リユース品は使用いたしません。 どうぞ安心してお買い物をお楽しみください。 東京都練馬区豊玉中4-11-22 各種お問い合わせ先:会社概要:shibuyaengei yahoo. 営業時間:平日10時〜17時/ 土・日・祝はスタッフ不在となります。 TEL:03-3994-8741(代表) 実店舗、植木鉢屋共通の電話番号です。 〒176-0013 練馬区豊玉中4-11-22 TEL:03-3994-8741 代表 営業時間:平日9時〜18時 年中無休 元旦のみお休み 閉店時間は季節によって異なります。 相模原市南区古淵3-13-33 JR横浜線古淵駅より徒歩約3分 TEL:042-768-7888 FAX:042-768-7888 東京都練馬区豊玉中4-11-24 TEL:03-6914-6477 FAX:03-6914-6466 相模原市緑区大山町1-22 JR横浜線・相模線・京王相模線 橋本駅 徒歩5分 TEL・FAX:042-703-4687 渋谷区道玄坂2-24-1 渋谷東急本店屋上 TEL・FAX:03-3477-3880 西東京市ひばりが丘1-1-1 西武池袋線 ひばりヶ丘駅南口すぐパルコひばりが丘店1階 TEL・FAX:042-425-5125.

次の