メルカリ 顔写真。 メルカリで売上アップにつながるニックネームとプロフ写真【裏ワザ】|SmileGift

メルカリに商品を出品する時の写真って自分の顔が写っててもい...

メルカリ 顔写真

写真を撮る前に考えること 自分が買いたいと思えるか?を考える 商品を買う人の目線で見る事が、売れる様になる一番の近道です。 自分が買う側になったらわかる事も多いです。 例えば 「背景の部屋が汚ない」 「取扱い方が悪い」 などの商品はあまり買う気がおきませんよね。 以下が、 押さえておきたいポイントです。 ハッキリと商品がわかる 商品のピントがずれていたりすると、服であれば素材がわからなかったり、汚れや状態も把握できません。 売れないどころか、クレームにもつながってしまうので、気をつけたいですね。 詳細まで、ハッキリわかる写真が好まれます。 清潔感がある 「余計なものが写り込んでいる。 」 「手が写り込んでしまっている」 など清潔感を損なう写真になってしまっている人が、意外に多いんです。 わざわざ商品の 背景を気にしている人が少ない分、意識できれば印象UPですね。 写真で得られる情報が多い 購入の際「この商品気になる」と思った時に、情報が足りなくて、困った経験はないですか? 服の背中部分の写真がなかったり、アップの写真がなかったりすると、せっかく気になってもらえても購入につながりません。 ネット販売は情報が命です。 この様に買い手の側に立つと、写真に対しての意識が変わってきますね。 では、どんな写真を撮ればいいのか。 以下で具体的な売れる写真の撮り方を、説明します。 売れる写真の撮り方【具体的な6つのコツ】• ロゴやブランド名、型番は鮮明に。 高価な物ほど偽物だと思われない様に、ハッキリ情報を公開します。 ブランドロゴを鮮明に撮影しておくと、購入率がアップしますね。 製造場所が記されている、「取り扱いタグ」なども合わせて載せておくと、更によいです。 暗すぎず、明るすぎずの自然が一番 背景がシンプルな写真の例 アクセサリーは、白背景などを使い、シンプルに写すのがコツです。 本体を目立たせることを意識し、撮影しましょう。 清潔感もアップします。 バック• 中身まで見せてあげる 外観だけではわからない部分を伝えることが大切です。 ポケットの数• 柄の模様• ファスナー など、気になる様々な要素が隠れています。 色々な角度撮影をして、中身と外観を写すと安心して、購入へ進んでくれます。 まとめ 写真の撮り方1つでも、売れる売れないが決まってきます。 メルカリでは、最初に画像が出るので、かなり重要ですね。 「どんな写真だったら買いやすいか?」を常に考えながら撮影することが、大切なんですね。 専用の撮影ボックスがあると便利• 素人でも、きれいな写真が撮れる• 売れやすい写真になった• 折りたためて、スペースを取らない など、話題になっています。 家に1つあると、本格的な撮影ができて、うれしいですね。

次の

メルカリで売れる写真の撮り方!6つのコツを紹介

メルカリ 顔写真

この記事でわかること• メルカリ会員登録後に設定しておいたほうがいい4つの項目 1. お店の顔!プロフィール写真 プロフィール写真は絶対なくてはいけないというものではありませんが、商品を出品するならあなたの顔の代わりになるものなので是非登録しましょう。 サイドメニューの「設定」を開く• 「プロフィール」欄のアイコン(画像の入る丸い部分)をタップします。 スマホのカメラが立ち上がるのでアクセスを許可して新しく写真を撮るか、アルバムの中にある写真を選びます。 安心して購入してもらうために!プロフィール文 プロフィールの文章は、売れるお店にするためには重要なポイントです。 読んだ人が安心して購入できるな、と思える文章を書きましょう。 プロフィール文で独自のルールを書く人も多いですが、身勝手と捉われ敬遠されてしまいます。 サイドメニューの「設定」を開く• 「プロフィール」欄のグレーで(1,000文字まで)と書いてある四角の中にカーソルを当てると文字入力ができます。 購入でも出品でも必要!住所• サイドメニューの「設定」を開く• 「住所」を選択すると「住所の登録」が表示されますので全ての項目を間違いなく入力しましょう。 住所は配送先でもあるので、この画面からいつでも配送先の設定を変えることができます。 思わぬミスを防ぐためにも!通知設定 通知は、「設定」画面の「お知らせ設定」で通知の有無を決めることができます。 出品した商品に対する反応にすぐに応えるにはお知らせ設定は必須です。 種類は以下の通りですが基本的にはスムーズにメルカリで取引ができますので全部オンに設定した方が良いでしょう。 いいね! 自分の出品している商品に誰かがいいね!した時に知らせる。 コメント 自分が出品した商品に誰かからコメントが入った時に知らせる。 取引関連 取引に関する支払い、発送、評価官僚などのお知らせを受け取る。 スマホのプッシュ通知かメールのどちらかを有効にする必要があります。 アナウンス メルカリからのキャンペーンなどの情報を受け取る。 まとめ メルカリを登録したら• プロフィール写真• プロフィール文• 通知 の4項目はすぐに設定をしておきましょう。

次の

メルカリでのコツあれこれ

メルカリ 顔写真

写真を撮る前に考えること 自分が買いたいと思えるか?を考える 商品を買う人の目線で見る事が、売れる様になる一番の近道です。 自分が買う側になったらわかる事も多いです。 例えば 「背景の部屋が汚ない」 「取扱い方が悪い」 などの商品はあまり買う気がおきませんよね。 以下が、 押さえておきたいポイントです。 ハッキリと商品がわかる 商品のピントがずれていたりすると、服であれば素材がわからなかったり、汚れや状態も把握できません。 売れないどころか、クレームにもつながってしまうので、気をつけたいですね。 詳細まで、ハッキリわかる写真が好まれます。 清潔感がある 「余計なものが写り込んでいる。 」 「手が写り込んでしまっている」 など清潔感を損なう写真になってしまっている人が、意外に多いんです。 わざわざ商品の 背景を気にしている人が少ない分、意識できれば印象UPですね。 写真で得られる情報が多い 購入の際「この商品気になる」と思った時に、情報が足りなくて、困った経験はないですか? 服の背中部分の写真がなかったり、アップの写真がなかったりすると、せっかく気になってもらえても購入につながりません。 ネット販売は情報が命です。 この様に買い手の側に立つと、写真に対しての意識が変わってきますね。 では、どんな写真を撮ればいいのか。 以下で具体的な売れる写真の撮り方を、説明します。 売れる写真の撮り方【具体的な6つのコツ】• ロゴやブランド名、型番は鮮明に。 高価な物ほど偽物だと思われない様に、ハッキリ情報を公開します。 ブランドロゴを鮮明に撮影しておくと、購入率がアップしますね。 製造場所が記されている、「取り扱いタグ」なども合わせて載せておくと、更によいです。 暗すぎず、明るすぎずの自然が一番 背景がシンプルな写真の例 アクセサリーは、白背景などを使い、シンプルに写すのがコツです。 本体を目立たせることを意識し、撮影しましょう。 清潔感もアップします。 バック• 中身まで見せてあげる 外観だけではわからない部分を伝えることが大切です。 ポケットの数• 柄の模様• ファスナー など、気になる様々な要素が隠れています。 色々な角度撮影をして、中身と外観を写すと安心して、購入へ進んでくれます。 まとめ 写真の撮り方1つでも、売れる売れないが決まってきます。 メルカリでは、最初に画像が出るので、かなり重要ですね。 「どんな写真だったら買いやすいか?」を常に考えながら撮影することが、大切なんですね。 専用の撮影ボックスがあると便利• 素人でも、きれいな写真が撮れる• 売れやすい写真になった• 折りたためて、スペースを取らない など、話題になっています。 家に1つあると、本格的な撮影ができて、うれしいですね。

次の