寒い と 風邪 を ひく。 南極では風邪をひかない理由、実は寒いからではありません!

風邪をひく簡単な方法3つ!明日までに確実にひく方法はある?

寒い と 風邪 を ひく

寒いとなぜ風邪をひくのか。 風邪は (1)風邪をひいてる人からウイルスをもらってしまう (2)大気中のウイルスを拾ってしまう という理由でかかるのだと思うのですが、そこで疑問。 気温が低いところで震えるくらいの薄着でいると風邪をひきますよね。 でも暖かい快適な格好をしていてもひきますね。 しかし、暖かい格好をしていた方が風邪はひきにくい。 これはどうしてなのでしょうか? 「寒い」と感じる気温に薄着でいたら、ウイルスを取り込みやすいということでしょうか?それはなぜですか? また、 「寒い」と感じる気温に薄着でいたら、ウイルスを取り込みやすい ということを仮定したとして 無菌室でエアコンガンガンで温度を下げて薄着でいたら、風邪はひかないのでしょうか?無菌なので。 冬は乾燥しているからウイルスが存在しやすいということを抜きにして考えます。 真夏の温度の低い室内でも風邪をひくので。 まったくうそだたらめの回答がならんでいますね。 無菌室は完全に無菌です。 ウイルスは完全にシャットアウトできます。 でたらめはやめましょう。 南極やグリーンランドに住む人が風邪をひきにくいのは当然、寒さに強いからです。 しかしひかないわけではありません。 南極に住んでいても風邪をひく人はいます。 ウイルスが原因で風邪をひくのではありません。 ここをはっきりおさえていないからあなたは風邪をひくのです。 風邪の原因は 1. こんなことも理解していないから口蹄疫もふせげないのです。 ちなみに理解できない人がいるので、釘をさしておきます。 あなたは次の実験結果をどのように説明するおつもりですか。 【実験1】被験者は虚弱体質で、結構頻繁に風邪をひくし、インフルエンザも毎年かかるような男性で32歳です。 サージカルマスクを3枚重ねてして口にあててもらい、その上から全頭式防毒マスクをかぶった被験者に全裸で野外で生活してもらいます。 全頭式マスクとは化学兵器テロで対策部隊がかぶるものです。 ウイルスの進入を防げないような防毒マスクだったらサリンガスをふせぐことはできません。 中学生でもわかりますよね。 ウイルスなど完全にシャットアウトです。 両手はクレゾールの消毒液にいれたままです。 実験開始から2日後、確実にインフルエンザを発症しました。 【実験2】やはり同じ被験者にうがいを30分おきにしてもらいます。 うがいをしているとき以外はサージカルマスクをしています。 ただし全裸で野外生活です。 実験日は冬の寒い時です。 両腕は肘まで、クレゾールの消毒液の中に入れています。 実験開始後一日と3時間で、見事にインフルエンザを発症しました。 【実験3】非常に健康な男性 27歳 を被験者にします。 この人はうまれてから一度もインフルエンザにかかったことはありませんし、風邪は14歳のときに一度ひきましたが、その後まったくひいていないそうです。 この被験者はうがいもマスクもしていません。 この男性は手を洗うという習慣はほとんどなく、トイレに行ってもほとんど洗わないそうです。 たまに他人がいるときに洗うまねはするそうです。 3人のインフルエンザ発症患者の真ん中にすわっています。 3人は至近距離から被験者にむかって咳やくしゃみをし続けました。 ほぼ一週間実験しましたが被験者はまったくインフルエンザにはかからなかったそうです。 この実験からわかることはなんでしょう。 インフルエンザを予防するのに、マスク、うがい、手洗いなどなんの効果もないということです。 あなたの考え方の間違っている点は 1. ウイルスがあなたの考えているような生命体だとします。 だとしたら、咽喉部分など攻撃せず、眼つぶしを食らわすはずです。 空手でも古武道でも秘伝中の秘儀は眼つぶしです。 咽喉などねらいません。 ウイルスがあなたの考えているような生命体だとします。 美容師や銀行の窓口業務の女性は年中風邪をひいたり、インフルエンザにかかっていなければなりません。 そうならないのはあなたの考え方が間違っているからです。 新型インフルエンザの2009年秋以降の拡散スピードはあきらかにマスク・うがい・手洗いの効果がないことを示しています。 新型インフルエンザに関してワクチンが全く効果がないことをどのように説明するつもりか。 インフルエンザの感染力の単位は何か。 自然現象で単位のない物理量は存在しないぐらいはわかりますよね。 肺結核とインフルエンザではどちらが何倍ぐらい感染力は強いですか。 地球上で一番最初に新型インフルエンザに感染した人を感染させた人は誰ですか。 私はこの説明は何度もしているので、する必要はありません。 それでは真実を教えます。 これを考えればすぐわかるでしょう。 もらうのでもなければ、ひろうのでもありませんし、とりこむのでもありません。 発生するのです。 小腸内部で自然に発生するウイルスですから、無菌室の中にいても発生をとめることは不可能です。 無菌室のなかだろうと風邪をひくことは可能です。 タミフルなどを飲んでいれば、いずれタミフルは効かなくなりますし、多剤耐性菌もいずれは発生します。 あたりまえのことです。 あたりまえのことが理解できないのは矛盾をそのままにしておくからです。

次の

寒いと風邪をひかないようにの言葉がよく出てきます。気温が低...

寒い と 風邪 を ひく

私は熱が上がるほど、暑くてたまらなくなります。 エアコンの温度は下げたいし、布団なんて暑いからかけたくない。 食べ物も飲み物も冷たいものが欲しい。 普通だと思っていたのですが…。 主人は、熱があると「寒い…」と言い、冬用の厚い布団を欲しがります。 温かいうどんやホットレモンなどを欲しがります。 もちろん、本人の望むようにしますが、不思議です。 頭や首はすごく熱いのに、手や足をさわってみると冷たかったりします。 頭に熱が集中して辛いから、手足を温めて頭の熱を分散させたいという ことで、マッサージをして欲しいと言います。 マッサージで手足が温まると実際に熱が少し引いてきたりするので、 そんなもんかな、と思いつつもやっぱり不思議です。 私は、熱がある時は手足も熱いです。 冷蔵庫で冷やした保冷剤を握ったり 扇風機で風邪を当てたりしても熱が下がらない限りいつまでも熱いです。 血液は体中を巡っているので、頭が熱ければ体の他の部分も熱いものだと 思っていました。 頭だけでなく手足も冷やして熱を発散すれば、その分 頭の熱も引くものだと思っていましたし、実際今までそうしてきました。 主人はマッサージで手足が温まると、それを逃さないように足の先から首まで 布団にもぐります。 もちろん手も入れて。 それでは熱がこもってしまい、下がらないのでは?と思っても、実際その後 ちゃんと下がったりするので、本当に不思議です。 皆さんはどうですか?主人の様な体質の人って多いのでしょうか? マッサージは負担ではありません。 あれが欲しい、これが欲しいと言われるのも 嫌じゃないです。 病気の時くらい、いろいろしてあげたい。 でも氷枕や冷えぴた 等をしてあげようとすると、冷たいから嫌だと言います。 気持ちいいと思うんだけどなぁ…。 ユーザーID: 5400577807 風邪を引いた時の体温その物は個人差がありますが… 熱が少しずつ上がっている状態の時は寒いし手足が冷たいですよ。 熱が上がりきってしまうと寒さから丁度よい感じになります。 場合によっては暑くなります。 旦那様はこのタイプかな。 熱が一気に上がりきって、これ以上は上がらないとなるタイプの人は暑いですよ。 トピ主さんタイプかな。 どちらもなるって人も多いですよ。 私は熱が上がり出すと寒くてたまらない、上がりきると暑くてたまらないタイプです。 手足が冷たい時は温かくしてあげて、汗をかき手足が熱くなってたら少し涼しくしてあげる。 その人が望む環境が一番ですよ。 ユーザーID: 4845527168• 寒気がするのが普通だと思っていました 私は熱が出ると、体全体は熱く火照りますが、寒気がします。 気温によって感じられる寒さと発熱からくる悪寒は感じ方が全く違います。 真冬は寒さ+悪寒で辛いのですが、快癒した後に感じる真冬の冷たい風は、清々しくて最高ですね。 真夏は最悪で、暑さと悪寒を同時に感じます。 普通に暑いから涼しくしたい、冷たいものを飲みたいしクーラーに当たりたい。 が、同時にとんでもない寒さも感じるので、もう七転八倒です。 本能的に体を冷やすとますますやばいということだけを感じるので、頭だけガンガン冷やして、体は毛布にくるまって、ぬるめの飲み物を大量に飲みます。 私の場合、季節に関係なく汗を大量に出せば熱は下がっていくので、頭以外は積極的に温める方が効果的なんです。 しかしトピ主さん、小説やドラマにはあまりご縁がなかったのでしょうか。 真夏だというのにガタガタ震えだしたと思ったらすごい熱・・・などという描写は山ほどありますが、逆は私は見たことありません。 全身冷やした方がいい人もいるのは知っていますが、それもごく最近まで聞いたことがありませんでした。 ユーザーID: 7990298586• それは両方正しい 体内に新しいウイルスや菌が侵入した時、抗体ができるまでの間、体は防御のために体温の上昇によりウイルスや菌の体内での増殖を抑えようとします。 体温を上昇させる際に感じる「寒気」は防御に必要な体温に達していないと言う体のシグナルで、体が寒いと認識することにより体温の上昇を促しているのです。 (防御のため体がサーモスタットをごまかしているというイメージ) だから寒気を感じている初期段階の鎮痛・解熱剤の摂取は厳禁なのです。 (人間に感染する一般的なウイルスや菌は平熱付近が最も繁殖力が強く高くなると繁殖力が衰えるため) そして防御のための一定の体温上昇が済むと逆に正常な感覚として暑さを感じ始め、体の体温を 正常に戻そうとします。 内部発熱による体温上昇は多大なカロリーを必要とします。 (体重50キロの人が2度体温を上げるのに一日当たり2000kcal位は余分なエネルギーが必要) 長年飢餓に立ち向かってきた人類の体にとってそれは大きな負担を伴う緊急事態であり 効率良い体温上昇のために猫が寒いと丸まるのと同じく着こんだり温かいものを 求めるのは必然なのです。 ユーザーID: 8321861332• 寒い・・・かな 皆さん、レスありがとうございました。 なるほど…主人が少数派かと思っていましたが、むしろ寒くならない人の方が 少ない様ですね。 汗 寒くなる理由・熱くなる理由も分かりやすく説明していただき、ありがとう ございました。 理解しました。 お察しの通り、私は熱が出る時は一気に上がります。 なんだか頭がぼーっとして ふわふわするな、暑いな、と思って測ってみると、既に39度近くあったりします。 主人は時間をかけてじわじわ熱が上がります。 体力も…確かに私の方があるかもしれません。 ずんぐりむっくりの私に対し、 主人は痩せひょろです。 体当たりしたら飛びそうです 笑 熱を上げるのには大量のカロリーが必要とのことですので、多分私はカロリーを 十分貯めこんでいるのでしょう。 暑いのに寒気もする、という方は大変そうですね。 私は暑いだけで寒気はしません。 主人は寒いだけだそうです。 寒い人の場合、冷やしすぎるのは良くないのですね。 あまりにも嫌がるので無理に 勧めることはしなかったのですが、正解だったようで良かったです。 ユーザーID: 5400577807• 小説やドラマなどでの発熱のシーン… たしかにありますね 笑 なるほど、あれは寒くて震えていたんですね。 深く考えながら見ていた訳ではありませんが、あらためて考えると 痙攣の様なもの…と受け取っていた様な気がします。 風邪等で寝込むシーンというと、確かに布団にくるまって頭を氷嚢で 冷やして…という絵が浮かびますね。 なぜか自分の感覚とは勝手に 切り離して見ていました。 暑くて暑くて布団をはいで汗だくになって… というシーンは確かになかなか見ませんね 笑 なんだか妙に納得してしまいました。 改めて頂いたレスを見直してます。 寝つきも良く長時間眠りますね、確かに。 主人は眠りが浅いです。 結局、寒いのと暑いのと両方という人が一番多いんでしょうか。 マッサージ、夜中 3時とか に起こされるとやっぱり面倒ですけど、主人の場合 必須みたいなんですよね…。 手足を温める為だけでなく、頭や腰や膝等も痛くなる 様で。 マッサージしないと眠れないみたいです。 私は熱があっても汗だくになりながら朝までぐっすり寝て、勝手に治ってしまう ので、不公平な気はします。 ユーザーID: 5400577807• 普通の体質の場合 晴れるさん、ご丁寧にありがとうございます。 主人がやたら寒がったり、あちこち痛くなったりするのは 血液の循環が悪いからなんですね。 治療院ですか…勧めてみようかな? 行くかどうかは分かりませんが 汗 主人は知らない人にものすごく、必要以上に気を使うタチで、 治療院に行ってもリラックスできなさそう…というか初めから 「緊張するから行きたくない」と言いそうで 苦笑 そのくせ人と接する仕事をしているので、普段からストレスが 溜まる溜まる……あっと、ついトピずれしてしまいました 汗 とにかく血液の循環を良くした方がいいんですよね。 ちょっと話してみます。 ありがとうございました。 ユーザーID: 5400577807•

次の

寒いと風邪をひかないようにの言葉がよく出てきます。気温が低...

寒い と 風邪 を ひく

このふたつが大きな要因として挙げられる。 乾燥していると、ウィルスが室内に舞い上がりやすくなり、人の喉などに付着しやすくなる。 その為、乾燥する時期は風邪やインフルエンザが流行するのだ。 また、冬の時期は外が寒いので、あまり換気しなくなる。 滞った空気と締め切った部屋、結果的に風邪が蔓延しやすい状況になる。 「寒さ」というファクターはウィルスの活動にほとんど影響を及ぼさないと思われてきた。 まあ、北極や南極は寒すぎてウィルスが活動できないため、どんなに寒くても風邪になることはないわけだが、日本ではそこまで寒くはならないだろう。 では、なぜ寒いと風邪になるなんて言われているのだろうか? 寒いと風邪をひく科学的根拠 寒さでライノウィルスへの抵抗力が低下する 風邪っていう病気は特効薬が未だに作れない。 なぜなら、風邪は多種多様なウィルスが原因で発症するからだ。 風邪の原因となるウィルスはひとつではないのだ。 そんな中でも、風邪を引く原因となる主要なウィルスのひとつに 「ライノウィルス」がある。 イェール大学の研究によると、寒くて人間の体温が下がることで、このライノウィルスへの抵抗力が下がるというのだ。 気温の低下が、ライノウィルスへの抵抗力を下げ、その結果風邪がひきやすくなるという。 寒さで体が疲弊する 寒いと身体が熱を発して凍え死ぬのを防ぐように働く。 交感神経が刺激され、代謝が上がり、熱を発するのだ。 そうすると、身体が疲れる。 その結果風邪をひきやすくなるという。 体温が下がることで白血球の動きが鈍る 一時期基礎体温を上げる事による健康法が流行ったことがあった。 平熱が高いと病気になりにくく、平熱が低いと病気になりやすい。 体温と身体の抵抗力は密接な関係があるのだ。 冬の寒さで体温が平熱よりも1度下がった場合、免疫の要である白血球の働きが30%落ちると言われている。 寒さは病気全体への抵抗力を下げるのだ。 もちろん、風邪もひきやすくなるだろう。 寒い日の風邪対策まとめ 私は18歳で一人暮らしを始めてから、急に風邪をひきやすくなった。 多分、インスタント食品ばかりでバランスの悪い食生活が原因だろう。 実家で親の食事をモリモリ食べていた頃は、ホントに風邪なんか引いたことなかった。 そんな経験から言うと、寒さよりも寝不足やバランスの悪い食事の方が、遥かに風邪をひきやすい状況を作るような気がする。 なので、基本的な風邪対策は睡眠をよくとってバランスのとれた食事をすることが最も有効だろう。 しかし、身体を暖めるというのもまた大事だ。 体温が低いと身体が疲弊し、ライノウィルスへの抵抗力が下がり、白血球の働きも悪くなる。 バランスのとれた食事• 加湿する• うがい・手洗いを励行する そんな基本的な風邪予防策に 「身体を温める」という項目も加えた方が良さそうだ。 室内では暖房をがっつり、外出時はコートやマフラーなんかであったかくして過ごそう。 風邪をひくことなく冬を乗り切れるはずだ!.

次の