参院 選 埼玉 補選。 参院補選2019

参院埼玉補選、無所属で前知事の上田清司氏が初当選

参院 選 埼玉 補選

当選確実となりガッツポーズする上田清司氏(中央)=27日夜、埼玉県朝霞市 7月の参院選後初の国政選挙となった参院埼玉選挙区補欠選挙は27日、投開票され、前埼玉県知事で無所属新人の上田清司氏(71)が、NHKから国民を守る党党首で前職の立花孝志氏(52)を破り、初当選した。 自民党が独自候補の擁立を見送ったため、与野党対決の構図とはならず、結果が首相の政権運営などに与える影響は限られそうだ。 投票率は20.81%で、7月の参院選埼玉選挙区を25.67ポイント下回った。 参院補選としては過去4番目に低い水準となった。 補選は、8月の埼玉県知事選で初当選した大野元裕氏の参院議員辞職に伴う。 上田氏は旧民主党の衆院議員だったが、今回は政党の推薦や支持を受けない方針を表明。 4期16年の知事としての実績などを訴え、幅広い支持を集めた。 県政を支えた立憲民主、国民民主両党は自主的に支援した。 自民党も知名度の高い上田氏との対決を避け、憲法改正をめぐる連携に期待を寄せる。 上田氏は27日夜、記者団に「国政で問題提起したい」と強調。 改憲については「議論し合意形成することが大事だ」と語った。 立花氏は7月の参院選比例代表で議席を得たばかりだが補選に出馬し、自動失職した。 選挙戦では、主要政党がそろって独自候補を立てなかったことを批判したが及ばず、記者団に「投票率が低く、組織票が強いのは仕方ない」と指摘した。

次の

補欠選挙

参院 選 埼玉 補選

27日に投開票される参院埼玉選挙区の補欠選挙に立候補する2人の横顔を紹介する。 そういうところを有権者に知ってもらいたい」 知名度の高い上田清司氏に対し、主要政党が対立候補を擁立しない中で、参院議員を自動失職し、補選への出馬を決めた。 立花氏の辞職によって、N国比例名簿次点で、8月の知事選に出馬した浜田聡氏が繰り上げ当選する。 「選挙制度の欠陥なのか矛盾なのか。 党で政治を行っているので、議席を増やすために補選に挑戦することを決めた」と説明する。 選挙戦では、NHKのスクランブル化は前面に出さず、消費税5%への引き下げを訴え、「既得権益対反既得権益。 悪対善の戦い」をテーマに掲げる。 税金を無駄遣いする人を既得権益者と見なし、上田前知事と大野元裕知事を批判する。 7月の参院選公示前に大野氏が参院議員を辞職していれば、「莫大(ばくだい)な費用がかかる補選はなかった」と指摘。 「知事と参院議員の席を入れ替えようとしているのではないか」と両氏に疑いを向ける。 PR 趣味はボーリングとゴルフ、野球。 自宅で2匹の猫を飼う。 埼玉とのつながりは「党の地方議員や候補がいるのと、昔、所沢に彼女がいたくらい」と話す。 座右の銘は「金と女と選挙の票は逃げる」。 選挙に例えると、票を取ろうとすればするほど取れないという意味だ。 「自分が楽しみ、世の中の役に立つことをしていれば、自然とお金が入って女性にももてる。 知恵は使えば使うほど増える」と力説する。 歩くのも速く、声も大きく、駅に12時間立てる」 国会議員時代の仲間や市町村長、県議、経済界などから「県政をバックアップしながら、国政の課題にしっかりと取り組め」との声に押されて参院埼玉補選への出馬を決めた。 国政復帰を促された背景には、これまでの実績が大きい。 国政選挙で4回連続落選の憂き目に遭ったが、平成5年の衆院選で初当選し、3期務めた。 15年の知事選で初当選し、知事を4期16年務め、30年には全国知事会長に就任した。 PR 県政では埼玉高速鉄道など県の赤字事業を黒字転換し、県債も縮小させた。 民間の力を取り入れ、犯罪数の減少に貢献。 一方、県議会では自ら定めた3期12年の多選自粛条例を破り、最大会派の自民党県議団との対立を深めた。 選挙戦では、地方重視の政治や行財政改革、社会保障制度改革、日本版SDGs(持続可能な開発目標)の推進を訴える。 県政と国政のパイプも強調する。 「完全無所属」を強調するが、与野党から引っ張りだこの状態だ。 8月の知事選で共闘した立憲民主党や国民民主党の両県連が友情支援を決めた一方、自民党は上田氏が憲法改正に前向きなため、候補擁立を見送った。 親しい二階俊博幹事長は上田氏に秋波を送る。 好きな食べ物は牛丼、かつ重、そば、うどん、ラーメン。 座右の銘は「疾風に勁草(けいそう)を知る」。

次の

参院埼玉補選、無所属で前知事の上田清司氏が初当選

参院 選 埼玉 補選

詳細は「」を参照 国会議員に欠員が生じたときの補充方法についてはに規定があり、同法第112条に基づくを行うか同法第113条に基づく補欠選挙を行う必要がある。 補欠選挙を行う場合には、同法第33条の2第2項に規定があり、補欠選挙を行う事由の生じた時期により原則として4月と10月の年2回に集約して行われることになる。 これに加え、2019年はに参議院議員の半数が任期を迎え、が行われることが決まっているため、同法第33条の2第3項の規定により同通常選挙のタイミングでも補欠選挙が行われる。 本来、4月の補欠選挙は同法第33条の2第2項の規定により「4月の第4日曜日」(2019年は4月28日)に行われるはずだが、2018年ので成立した、2019年(平成31年)4月に執行される予定のの選挙期日を定める『』第1条第5項の規定 により、日程が4月21日と1週間前倒しされることとなった。 これは、によってに()が退位することを踏まえたものである。 以上を踏まえると、2019年に補欠選挙の行われるタイミングとしては以下の通りとなる。 2018年(平成30年)から2019年(平成31年)までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(4月第3日曜日)に投票• 2019年から(衆議院議員の場合 )または(参議院議員非改選議員の場合 )までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(第25回参議院議員通常選挙の期日)に投票(参議院議員非改選議員の場合、とになる。 上記の日の翌日から2019年(令和元年)までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(10月第4日曜日)に投票 当該任期中の補欠選挙の最終期限は、• は解散がない場合(令和3年)(2021年4月の補欠選挙)• は(平成30年)(2018年10月の補欠選挙)を過ぎていた。 は(令和3年)(2021年10月の補欠選挙)• は(令和6年)(2024年10月の補欠選挙) までに欠員が生じた場合補欠選挙が行われる。 4月に衆院2選挙区で補欠選挙が行われた。 7月の参院選のタイミングでの補欠選挙は無かった。 10月の補欠選挙は参議院で行われた。 4月の補欠選挙 [ ] 概要 [ ]• 告示日:(平成31年)• 投票日:2019年(平成31年)(後半戦と同時執行)• 選挙区:衆議院2選挙区(2019年確定) 補欠選挙実施選挙区と実施事由 [ ] 衆議院沖縄3区• 選挙区:衆議院• 選挙事由:()が、に告示されたに立候補したと同時に第89条・第90条の規定によりしたことによる。 が、(2017年10月22日執行)のをめぐり選挙無効を求める訴訟が起こされ、これが同年9月15日まで確定しなかった(2018年12月19日にで請求を退ける判決が確定 )為、公職選挙法第33条の2第7項の規定に基づき実施されなかった。 衆議院大阪12区• 選挙区:衆議院• 選挙事由:()が2018年12月26日に死去したことによる。 参議院の選挙区に欠員が生じた例 [ ]• 第23回では、同区選出の(自由民主党)が2018年(平成30年)12月25日に死去したことにより欠員が生じたが、鴻池の任期満了日が2019年(平成31年 )7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、公職選挙法第33条の2第6項の規定(任期満了日の前年の9月16日以後〈任期満了日の6月前の日が属する第一期間の初日以後〉の欠員は補欠選挙を行わない)に基づき、補欠選挙の対象とならない。 第23回 では、同区選出の(自由民主党)が2019年(令和元年 )5月8日に死去したことにより欠員が生じたが、上記の鴻池祥肇同様に島田の任期満了日が2019年(令和元年)7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、鴻池同様に公職選挙法第33条の2第6項の規定により補欠選挙の対象とならない。 なお、当選挙区は欠員のまま廃止となった。 第23回 では、同区選出の(自由民主党)が2019年(令和元年)7月4日に群馬県知事選挙に出馬し、自動失職したことにより欠員が生じたが、上記の鴻池、島田同様に山本の任期満了日が2019年(令和元年)7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、鴻池、島田同様に公職選挙法第33条の2第6項の規定により補欠選挙の対象とならない。 衆議院沖縄県第3区 [ ] 立候補をめぐる動き [ ] は、2018年12月23日の時点で元、元衆院議員、花城大輔の3名に候補を絞り込み 、翌24日に島尻安伊子を公認候補とすることで決定。 翌年の3月2日に島尻は立候補を表明した 前職で現・沖縄県知事のの事実上の後継候補の擁立を目指すは、12月25日の時点で前長のと、元記者でフリージャーナリストの屋良朝博の2名に候補を絞り込み 、26日に屋良に出馬をオファーし、屋良はこれを快諾。 30日に記者会見を行い出馬を表明した。 なお、屋良には自由党のほか、・・・・地域政党のといったいわゆる「」が、一方自民党公認の島尻には、国政の連立パートナーである、および沖縄県総支部が、それぞれ支援に回った。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 56 新 元論説委員 フリージャーナリスト 、、 、、 54 新 前、元 、沖縄県総支部 立候補を取りやめた人物 [ ]• 瑞慶山茂 - 弁護士 2019年2月27日に立候補を表明したが 、3月20日に立候補を取りやめ、屋良支援に回った。 石田辰夫 - 政治団体役員 2019年3月5日に立候補を表明したが 、4月5日に立候補を取りやめ、屋良支援に回った。 選挙結果 [ ] オール沖縄勢力がバックアップした屋良朝博が自民党公認の島尻に勝利し初当選。 島尻を支持した維新は、支持層の6割強が屋良に流れた。 年代別では、全ての世代で屋良が島尻を上回ったが、20代と30代では他の世代より島尻支持が高い傾向が表れた。 は党大阪府第12選挙区支部長の藤田文武を擁立。 は当初3月22日に、同選挙区から立候補経験のある元衆議院議員秘書の吉井芳子が立候補の意向を示したが 、同31日に同党衆議院議員の(単独)に差し替えた上で、野党統一候補として無所属で擁立すると発表。 党籍を持つ共産党に加え、、大阪府連も宮本の推薦に回った。 また、無所属で大阪12区を地盤とする元の(比例近畿ブロック単独)も補選への出馬を表明し、1月28日付けで議員辞職した。 候補者を擁立しなかった、は自主投票とした。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 59 無所属 前 前、日本共産党中央委員 ・・大阪府連 38 新 会社役員 59 無所属 前 前衆議院議員、元 北川晋平 32 自由民主党 新 会社役員 公明党 選挙結果 [ ] 日本維新の会公認の藤田が自民党の支持層を切り崩し 初当選。 これにより維新は、2週間前の統一地方選挙前半戦にて行われた大阪府知事・大阪市長のダブル選挙に引き続いての連勝となった。 告示日:2019年(令和元年)• 投票日:2019年(令和元年)• 選挙区:参議院1選挙区(2019年確定) 補欠選挙実施選挙区と実施事由 [ ] 参議院埼玉県選挙区• 選挙区:第24回参議院• 選挙事由:(、・)が、告示・8月25日執行のに立候補したことにより、8月5日付で議員を辞職したことに伴うもの。 選出議員扱いであるために、新選出議員の任期は大野の残任期間である(4年)までとなる。 参議院埼玉県選挙区 [ ] 立候補をめぐる動き [ ] 2019年の任期満了で埼玉県知事を退任したが、9月20日に記者会見で無所属で出馬することを正式に表明した。 なお、上田陣営は政党推薦などを受けない意向だとしているが、立憲民主党と国民民主党の両県連は上田の支援に回る方向とし 、両党は「友情支援」という形で自主的に上田の支援に回った。 一方、日本共産党は、上田の支援については「改憲を進める議席は絶対に認められない」とし、憲法への態度を見極めて対応を判断するとしたが 、共産党埼玉県委員会は総会を開いた末、対抗馬擁立を断念し、自主投票とすることとした。 また、社会民主党埼玉県連合も上田の支持には回らず自主投票とする。 自由民主党埼玉県連は、幹部による会合を9月24日に開き、今回の補選への公認候補者擁立を見送る方針を決めた。 その後、10月1日に自民党本部は役員会を開き、独自の候補者を擁立しない方針を決めた。 自民党が国政選挙で候補者を擁立しない、いわゆる「不戦敗」を選んだのは、2016年4月の衆院京都3区補選以来3年半ぶり。 自民党埼玉県連は、今回の補選は自主投票とした。 また、国政での連立パートナーである公明党埼玉県本部も自主投票とするとしている。 日本維新の会も、今回の補欠選挙において候補者の擁立及び支持・推薦を見送り自主投票とするとした。 これにより、自民党や旧民進党勢力 立憲民主党・国民民主党 ・共産党といった与野党の主要政党が公認候補を擁立しない国政選挙では異例の選挙戦となった。 上田の出陣式には、前首相、元外相、元旧建設相ら野党の重鎮 のほか、自民党広報本部長や名古屋市長らも参加し「与野党相乗り」の構図となった。 は、現職の党首が参院議員を失職する形で辞職して出馬する意向を表明した。 立花の辞職(失職)に伴い、での同党の選挙後の比例名簿登載者の順位で2位となった(参院選後の埼玉県知事選挙に出馬して落選)が、10月21日にが決定し 、23日付で告示された。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 52 前 前、元区議 71 新 前、元 (自主支援)埼玉県連・埼玉県連 ・の一部 選挙結果 [ ] 27日に投開票され、その結果、前埼玉県知事・上田が、立花を大差で破って初当選。 埼玉県選挙管理委員会によると、投票率は20. 81%。 衆議院議員又は参議院議員の公職選挙法第三十三条の二第二項に規定する統一対象再選挙(次条第二項各号において「統一対象再選挙」という。 )又は補欠選挙のうち、同法第三十三条の二第二項の規定により選挙を行うべき期日が平成三十一年四月二十八日となるものの期日は、同項の規定にかかわらず、同月二十一日とする。 本来は「参議院議員の任期満了日54日前」となるべき(公職選挙法第33条の2第3項)だが、その日に該当するがの会期中に当たるため、第25回参議院議員通常選挙の期日の「公示の日の直前の国会(第198通常国会)閉会の日」が期間末となる。 第25回参議院議員通常選挙の公示日前日• 当時は改元日は確定していたが、年号が確定していなかったので、執筆時点では平成表記• 改元後なので令和表記。 出典 [ ] []• 衆議院 立法情報. 衆議院. 2018年12月20日閲覧。 産経新聞. 2018年11月9日. 2019年3月20日閲覧。 日経電子版. 日本経済新聞社. 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 日本語. 日経電子版. 日本経済新聞社. 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. 時事ドットコム. 時事通信社. 2018年9月13日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 日本語. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 2018年12月26日. 2018年12月28日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信社. 2019年5月8日. 2019年5月9日閲覧。 日本語. 時事ドットコム. 時事通信社. 2019年7月4日. 2019年8月31日閲覧。 沖縄タイムス 2018年12月23日• 沖縄タイムス 2018年12月24日• 沖縄タイムス 2019年3月2日• 沖縄タイムス 2018年12月25日• 沖縄タイムス 2018年12月30日• 日本放送協会(NHK)• 沖縄タイムス. 2019年2月28日. 2019年4月23日閲覧。 沖縄タイムス. 2019年3月21日. 2019年4月23日閲覧。 沖縄タイムス. 2019年3月6日. 2019-04-閲覧。 産経新聞. 2019年4月5日. 2019年4月26日閲覧。 NHKニュース. 2019年4月21日. の2019年4月21日時点におけるアーカイブ。 琉球新報. 2019年4月22日. 2019年11月17日閲覧。 日本経済新聞. 2019年2月4日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年3月20日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2018年12月27日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年3月22日. 2019年4月15日閲覧。 日本経済新聞. 2019年3月31日. 2019年4月15日閲覧。 しんぶん赤旗. 2019年4月9日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年1月21日. 2019年4月15日閲覧。 毎日新聞. 2019年4月21日. 2019年11月17日閲覧。 時事ドットコム. 2019年4月22日. 2019年11月17日閲覧。 埼玉新聞 2019年9月21日• 産経新聞 2019年9月24日• 時事通信 2019年10月2日• ライブドアニュース 2019年10月10日• 毎日新聞 2019年10月2日• 朝日新聞 2019年9月24日• 讀賣新聞 2019年10月1日• 毎日新聞 2019年10月1日• 産経新聞 2019年9月30日• 毎日新聞. 2019年10月7日. 毎日新聞. 2019年10月11日. 2019年11月17日閲覧。 産経新聞. 2019年10月11日. 2019年11月17日閲覧。 産経新聞. 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 2019年10月21日配信 2019年10月21日閲覧• 『官報』第116号3頁 令和元年10月23日号• 朝日新聞. 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月26日. 2019年11月17日閲覧。 NHKニュース. 2019年10月27日. の2019年10月27日時点におけるアーカイブ。 フジテレビジョン 2019年10月28日.

次の