日本 ラグビー 韓国 の 反応。 【韓国反応】ラグビーW杯で盛り上がっている日本の姿を見て、韓国の反応がwww

韓国の反応「これが日本の本当の力だ、日本人吉野彰氏がノーベル化学賞受賞」

日本 ラグビー 韓国 の 反応

「Thinkstock」より 強豪国・南アフリカ相手に大金星を挙げて以来、空前の ラグビー人気に沸く日本。 日本 ワールドカップ史上初の3勝を上げるもグループリーグ敗退に終わったが、その関心が衰えることはない。 五郎丸歩をはじめとする日本代表フィフティーンたちは、連日のようにテレビや各種イベントに引っ張りダコだ。 そんな日本のラグビー・ブームを、隣国・韓国ではどう見ているのかといえば、ほぼ興味なし、といったところ。 野球、サッカー、ゴルフに五輪など、スポーツ競技になると日本へのライバル意識を燃えたぎらせる韓国だが、メディアで報じられた記事は「純血脱皮の日本ラグビー、世界的強豪の南アフリカを捕らえた」(聯合ニュース)、「日本ラグビー3勝してもワールドカップ一次リーグで敗退」(ソウル新聞)くらいである。 もっとも、それも仕方がないかもしれない。 韓国でラグビーはマイナースポーツに分類されており、まったく人気がないのだ。 どれほど人気がないのか、具体的な数字で見てみよう。 日本のラグビー競技者人口はおよそ18万人で、毎年冬に大阪・花園で行われる全国高校ラグビー選手権大会には約800校が予選に参加するといわれているが、韓国のラグビー人口はその100分の1にもならない。 その数、推定で1300人強。 アマチュアのチーム数も中学23チーム、高校20数チーム、大学9チームという少なさなのだ。 そんな状況だから、代表チームのワールドカップ出場歴はなく、日本にもまったく歯が立たない。 日本との通算成績は韓国の6勝25敗。 サッカーでは韓国の38勝13敗23引き分けと大きく勝ち越しているが、ラクビーの世界においては、その実力差は歴然。 2002年以降は、一度も日本に勝ったことがないのだ。 その理由を以前、韓国のラグビー関係者に聞いたところ「日本は外国籍選手も加わったチーム編成だが、我々は純血主義だ。 純血同士の対戦なら互角。 98年と02年のアジア大会では、我々が勝っている」と皮肉たっぷりに強がっていた。 強豪・サムスン重工業ラグビー部が解散 しかも、最近はさらに苦境に立たされている。 今年春、国内屈指の強豪だったサムスン重工業ラグビー部が解散したのだ。 同チームはその名の通り、サムスン・グループ系列の実業団チーム。 高校時代にラグビー部に所属していたこともあるサムスン・グループの総帥イ・ゴンヒ会長の肝いりで95年に誕生し、96~05年まで全国体育大会(日本の国体のようなもの)で10連覇を成し遂げたチームである。 国内トップ選手が集り、韓国代表の60~70%がサムスン重工業の選手だった。

次の

ラグビー日本代表・具智元、韓国代表は考えなかったのか|NEWSポストセブン

日本 ラグビー 韓国 の 反応

ラグビーワールドカップ日本代表で活躍した具智元 25・写真 選手が日本国籍を取得した。 17日、日本の官報本紙第151号によると、武田良太法務相臨時代理はこの13日、三重県鈴鹿市に居住するク選手の日本への帰化を許可すると告示した。 具選手は2019ラグビーワールドカップで活躍して日本の最初の8強進出に貢献して日韓両国で注目された。 具選手は少しでもよい環境でラグビーをするのがいいという父親の意思によって中学校2年生の時日本に渡ってきた。 高校時代には日本の高校代表、大学生の時はU-20日本代表として活躍した。 今回のラグビーワールドカップでは、ロシアとの開幕戦から南アフリカ共和国との8強戦まで日本代表チームが行った5試合すべて出場した。 ラグビーは、国家主義がなく協会主義を採択していて、3年以上居住した他の国籍の選手が代表チームに含まれることを認めている。 ラグビーワールドカップ当時、日本代表チーム31人には韓国国籍だったク選手を含め、トンガ、ニュージーランド、サモア、南アフリカ共和国のような外国出身選手が半分を超える16人が布陣した。 ク選手はラグビーW杯の閉幕後も、日本の公共放送NHKが集中的にスポットライトをあてるなど、日本メディアのスポットライトを浴びた。 NHKによると、当時、ク選手の姿を見たラグビーファンらはインターネット上で、「日本のために一生懸命走ってくれてありがたい」「韓国人として日本代表としてプレーするク選手を応援する」というメッセージがあふれていた。 具選手はNHKとのインタビューで、「両国 韓日 で応援してくれて嬉しい」とし、「 韓国と日本で お互いに好きな人が増えれば、とても嬉しい」と話していた。 日本外貨を稼いでくるのに帰化できないように防がなければ。 こんな売国奴と呼ばれて。 理解する。 うまくいくことを祈ります。 良い環境で運動? それで帰化? 行って頑張ってね。 どこでも一生懸命に努力して成功すれば良いのです。 韓国内の半恥さらし野郎どもが羨ましがるだろうな。 news. naver. nhn?

次の

ラグビーW杯日本代表の具智元の報道に韓国メディア腐心 圧力も?

日本 ラグビー 韓国 の 反応

「Thinkstock」より 強豪国・南アフリカ相手に大金星を挙げて以来、空前の ラグビー人気に沸く日本。 日本 ワールドカップ史上初の3勝を上げるもグループリーグ敗退に終わったが、その関心が衰えることはない。 五郎丸歩をはじめとする日本代表フィフティーンたちは、連日のようにテレビや各種イベントに引っ張りダコだ。 そんな日本のラグビー・ブームを、隣国・韓国ではどう見ているのかといえば、ほぼ興味なし、といったところ。 野球、サッカー、ゴルフに五輪など、スポーツ競技になると日本へのライバル意識を燃えたぎらせる韓国だが、メディアで報じられた記事は「純血脱皮の日本ラグビー、世界的強豪の南アフリカを捕らえた」(聯合ニュース)、「日本ラグビー3勝してもワールドカップ一次リーグで敗退」(ソウル新聞)くらいである。 もっとも、それも仕方がないかもしれない。 韓国でラグビーはマイナースポーツに分類されており、まったく人気がないのだ。 どれほど人気がないのか、具体的な数字で見てみよう。 日本のラグビー競技者人口はおよそ18万人で、毎年冬に大阪・花園で行われる全国高校ラグビー選手権大会には約800校が予選に参加するといわれているが、韓国のラグビー人口はその100分の1にもならない。 その数、推定で1300人強。 アマチュアのチーム数も中学23チーム、高校20数チーム、大学9チームという少なさなのだ。 そんな状況だから、代表チームのワールドカップ出場歴はなく、日本にもまったく歯が立たない。 日本との通算成績は韓国の6勝25敗。 サッカーでは韓国の38勝13敗23引き分けと大きく勝ち越しているが、ラクビーの世界においては、その実力差は歴然。 2002年以降は、一度も日本に勝ったことがないのだ。 その理由を以前、韓国のラグビー関係者に聞いたところ「日本は外国籍選手も加わったチーム編成だが、我々は純血主義だ。 純血同士の対戦なら互角。 98年と02年のアジア大会では、我々が勝っている」と皮肉たっぷりに強がっていた。 強豪・サムスン重工業ラグビー部が解散 しかも、最近はさらに苦境に立たされている。 今年春、国内屈指の強豪だったサムスン重工業ラグビー部が解散したのだ。 同チームはその名の通り、サムスン・グループ系列の実業団チーム。 高校時代にラグビー部に所属していたこともあるサムスン・グループの総帥イ・ゴンヒ会長の肝いりで95年に誕生し、96~05年まで全国体育大会(日本の国体のようなもの)で10連覇を成し遂げたチームである。 国内トップ選手が集り、韓国代表の60~70%がサムスン重工業の選手だった。

次の