君 は ロック を 聴か ない カラオケ。 【あいみょん】カラオケで絶対に外せない人気曲ランキングベスト5!

君はロックを聴かない / あいみょん

君 は ロック を 聴か ない カラオケ

安全な方法で「あいみょん」の『君はロックを聴かない』をまるごと全部無料で聴く方法をご紹介いたします。 無料でフルミュージックを楽しむ方法を探すとネット上に海外サイトと思われるMP3やRARといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。 その曲をダウンロードできたと思っても実は一緒にウイルスを招き入れているかもしれません。 突然パソコンがフリーズしてしまったり情報が抜き取られてしまうなど操作上のトラブルから、逮捕されてしまう可能性もあるんです! 『君はロックを聴かない』を購入せずにできれば聴きたい、だけど違法アップロードのものは嫌だ。 そんなあなたにオススメな方法があります。 『君はロックを聴かない』をフルで聴くならココ! 自分の好きな曲をできたら無料で安全に聴きたい。 そんな時にオススメなのが うたパス です。 うたパスとはau公式のBGMサービスで3000以上のプレイリストから音楽が聴き放題なんです! 月額300円(税抜)で利用でき、au簡単決済での初回登録のみ 30日間無料となります。 au以外のiPhoneを利用している方は初回登録で1ヶ月無料。 今話題のハイレゾ楽曲もあったりとお得感満載です^^ カラオケ好き必見の機能! 別途Player LISMO 無料 のダウンロードをすれば、カラオケ機能も利用できます。 そしてカラオケ予約もできて、火曜日はお得にカラオケも利用できるのです!!.

次の

あいみょん『君はロックを聴かない』歌詞の意味・解釈と考察

君 は ロック を 聴か ない カラオケ

この場合、好きなレコードを女の子に聴いてもらうという行為は、言葉で「好きだ」という以上の精神的に重たい意味を持っている。 確かに!って思いながら読んでいました。 自分の好きな音楽を開陳することは自分の大切な一部を見せることで、それが当人にとってとても重要なこと、っていうのはとてもよくわかります。 にそういう描写が出てきて、わたしはこの夏にはっとしたんでした。 これからもはっとしていたい。 それと同じことが『君はロックを聴かない』にも起きていて、そこには「「好きだ」と告白する以上の意味」があるのはとてもよく理解できます。 だけど。 このコラムの中の、この歌詞の状況設定についてはわたしちょっと疑問です! 「君はロックを聴かない」は、男の子が女の子にドーナツ盤(レコードのシングル盤のこと)でお気に入りのロックを聴かせてあげる歌だ。 そしたら彼女が立ち上がり、一緒に踊った、とか、そのあと二人で冬の浜辺を歩いた、とか、そういう展開は一切ない。 聴かせただけといえば、まさにそれだけの歌である。 まって、 それにしては符合しないところが多くないですか? サビの前半を見てみます。 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて 「僕に近づいてほしくて」のところ、 恋愛前の関係にしてはちょっと主人公、尊大すぎませんでしょうか…? いや相手に近づかせようとだけするなよ? 歩み寄っていこうぜ?? 続く後半もちょっと変な感じ。 ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた 主人公が男子で、いま思いを寄せている女の子にドーナツ盤を聴かせているとして、 「僕はこんな歌であんな歌で/恋を乗り越えてきた」なんて言わなくない? なんかいい感じの男子と女子がいたときに、女子がアルバムを持ち出してきて、自分の過去のことを授業する、みたいなやつならあるあるだと思うんです。 身に覚えがあるぞ!! けど、男子は自分の過去のことを女子に授業したりしなくないですか? ましてや気になっている女子に向けて、自分が過去の失恋をどう乗り越えてきたのかとか言う? 男子はいつももっとカッコつけてるでしょ?? この歌詞の描写をもっと上手に拾える状況設定は、あると思います。 わたしの答えは 親子、です。 歌詞を読んだよ。 この曲の主人公は父親で、そしてこの曲の「君」はその息子とします。 そうすると、もっとたくさんのことが符合します。 少し寂しそうな君に こんな歌を聴かせよう 手を叩く合図 雑なサプライズ 僕なりの精一杯 父親は、息子の何らかの異変を察知して「精一杯」の「サプライズ」を企画します。 何らかの異変とは、失恋とか、そういうやつです。 埃まみれ ドーナツ盤には あの日の夢が踊る 真面目に針を落とす 息を止めすぎたぜ さあ腰を下ろしてよ 「あの日の夢」とはもちろん父親の青春時代のことです。 この歌詞が男女の恋愛を描いたものだったとしたら、この「あの日」をうまく設定に落とし込むのは難しいと思います。 フツフツと鳴り出す青春の音 乾いたメロディで踊ろうよ 新幹線に乗っている人がそれを認識できないように、青春のただ中にいる人が「青春」という言葉を使うのはとても難しいことです。 ここに「青春」が出てくるのは、青春を過ぎた人がこの歌詞の中にいるからです。 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた 父親は傷心の息子の背中を押したいと思いながら、音楽を聴かせる、という不器用な方法でしかそれができません。 でも不器用だからこそ、このエピソードは歌詞になります。 音楽を聴かせることは、不器用だけど効果があります。 なぜなら、好きな音楽を聴いてもらうことは、自分の一部を見せるような、そういう大事な意味があるからです。 そうした不器用さと初めてが、一体になったエピソードがここには描かれています。 そんなところが、この歌詞のオリジナリティの源泉になっていると、わたしは思っています。 そういうふうに捉えると、この歌詞のより多くの部分が登場人物のキャターの一部になって動き出していくように思います。 これはの効果です。

次の

君はロックを聴かない(あいみょん) / コード譜 / ギター

君 は ロック を 聴か ない カラオケ

『君はロックを聴かない』は、私が初めて出会ったあいみょんの曲だった。 二年前、一緒にカラオケ行った子に「あいみょん知ってる?」って言われて、「名前だけ知ってるけどなんか学生が聴くやつでしょ」と答えたら「いやいや、まあとりあえず聴いてみろって」と言われてデンモクから送信されたその曲に、一瞬で心を掴まれた。 その後すぐに『貴方解剖純愛歌』や『満月の夜』を、その一年後に『マリーゴールド』など、色んな曲を聴き漁った。 でも、あんなにも心を動かされたあいみょんの曲は、後にも先にも『君はロックを聴かない』が一番なんじゃないかなと思う。 「君」とは誰なのか。 この曲の解釈で一番無難なのが、「好きな子は自分とは違う趣味だけど僕の好きなロックも聴いてくれたらいいな」的なやつ、かな? 多分これには、リリース当初から色々解釈がされていて、腐るほど記事とかがあると思うけど、あえて私が一番落とし込まれた見解を書きたい。 ある日、ふとYouTubeのMVのコメント欄を見ていたら、こんなコメントを見つけた。 もう一回探すの大変だったYO これを読んだとき、最初は「?」と思ったが、そう思いながらもう一回聴いてみて「は!!!!」とした。 本当だ。 私は勝手に歌詞に「君」がでてきたらまあ8割方が好きな人、残りが友情系の曲、くらいにしか思ってなかったけど、もしかしたらこの曲の「君」と「僕」は、そういう見方なのかもしれない。 そして、このコメントでは「君」は恋に悩む娘と書いてあるが、息子と捉えても聴けるので、男の子はそう考えてほしい。 多分何が正解とかじゃないけど、私はその解釈で聴くのが一番しっくりくるなと思った。 「僕」の青春ロック。 歌詞の最初から。 聴いたことない人は是非聴いてみて 少し寂しそうな君に こんな歌を聴かせよう 手を叩く合図雑なサプライズ 僕なりの精一杯 埃まみれ ドーナツ盤には あの日の夢が踊る 真面目に針を落とす 息を止めすぎたぜ さあ腰を下ろしてよ フツフツと鳴り出す青春の音 乾いたメロディーで踊ろうよ YouTubeのコメント欄にもあったように、"ドーナツ盤"って多分レコードのことだよね。 「聴いてみろよ」と言うわけでもなく、それでも棚の奥から引っ張り出してきたレコードを、何も言わずにかける。 子どものために、と思ってるが、もちろんそれを聴いてるのか聴いてないのかわからない。 それでも自分の時代の青春ロックがレコードから流れ始める。 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた たぶん「ロックは趣味じゃない」と言う娘のことだから響いてないんだろうけど、 「僕」が乗り越えてきた恋は、こんな歌で、あの時のロックで、元気付けられたり忘れてきたりしたんだよ、って。 ロック「なんか」って表現してるところもまた良い。 僕の心臓のBPMは190になったぞ君は気づくのかい?なぜ今笑うんだい?嘘みたいに泳ぐ目 ダラダラと流れる青春の音乾いたメロディは止まないぜ 君はロックなんか聴かないと思いながら あと少し僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌で あんな歌で 恋に焦がれてきたんだ 流れてきた自分の青春時代の曲で、昔に戻ったような気持ちのお父さんが、1番では「ほら腰を下ろしてよ」と言っていたのに「乾いたメロディは止まらないぜ」と、少し若返ったような気持ちになっているのかなと思う。 乗り越えてきただけじゃなくて、恋い焦がれたり色々あったんだぞ、と。 そして、ラスト。 君がロックなんか聴かないこと知ってるけど 恋人のように寄り添ってほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で また胸が痛いんだ 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌で あんな歌で 恋を乗り越えてきた 恋を乗り越えてきた 普段全然恋愛の話なんてしないし、お父さんの昔の恋話なんてしたこともないけど、たまには聞いてやるから話せよ。 って、言いたいけど言えないお父さんの声が聞こえる。 あの曲で、この曲で、乗り越えた、忘れたなんて言うけど、今あの時のメロディーに乗せて思い出す青春で胸が痛くなる。 若い頃の恋愛は大人から見れば簡単だと思うかもしれないが、当人たちは必死だ。 解決することはなくても、あの曲で気持ちが救われた、そんな一曲が誰しもあるだろう。 それはいずれ、青春の曲となり、自分が大人になった頃には忘れてしまうかもしれない。 「簡単じゃないのはわかってるけど、そう落ち込むなよ。 お父さんだって昔はそうだったさ。 」と言いたくても言えない、そっとレコードをかける不器用な父と子の話。 曲の解釈には色々あるし、自分が正解とも何が正解ともわかんないけど そう考えたときに、私はこの曲がもっと好きになった。 今回の解釈をもとにして書いたショートストーリー.

次の